FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMハイスロプーリー、販売再開!

今年のレースの方がようやく終わったので、これからはパーツの製造を頑張ります~

P1110591.jpg

●GROMグロム用ハイスロットルプーリー(20%ハイスロ)

しばらく在庫が切れておりましたが、本日より販売再開しております。
http://direct-com-racing.jp/shopdetail/000000000246/

ご利用お待ちしております。

PageTop

20181007モトピクニックRd4に参加してきました~

10月7日に筑波TC1000で開催されたモトピクニック第4戦に参加してきました。

今回の参加目的は
1.ST100マシンで夢の40秒台を出すこと
2.GROMCup耐久にきのっぴのペアライダーとして参加
の2つです。

【前日練習】

朝サーキットに着くと。。。昨晩の雨でコースが濡れています。雨男工藤じじいさんが来ていますから、致し方ないですwww。
1本目をパスして路面が乾いた2本目から走行スタート。。。スタートするもコースインしてみると、2ヘアがまだ乾いていませんでした。テンション下がりながらも精一杯走っていたら、雨男工藤じじいに2回もラップされた。。。さすが雨の練習量が半端ない工藤じじい、まったく敵いません。更にテンション下がります。もう帰ろうかなwww

しゃあ水口選手から鈴鹿ミニモトで使った青い腕章をいただく。ライダーブルー・・・憧れです。この腕章で0.3秒ほどラップタイムが上がる気がします。テンションを持ち直します。
43294866_1847300738699535_1047400995732062208_n.jpg

3本目、もう乾いた頃だろうと気を取り直してコースイン。燃調を合わせながら周回を重ねていくと、前方にきのっぴの姿が!
きのっぴ、俺にスリップをくれ!との祈りが通じて、自己ベスト更新の41.1秒。いつもならベスト更新した時点でやめてしまうのですが、今回はこのまま周回してさらにタイムアップをを狙いつつ、スリップをくれたきのっぴに今度はスリップを贈るべく頑張っていたら、なんと赤旗で中断を余儀なくされる。
徐行しながらコースの外に出る時に、最終コーナーで転んでいるきのっぴの姿が目に入る。マジか?きのっぴ。

医務室に入ったきのっぴ、数分後出てきたと思ったら、近くの八千代病院にサーキットの車で治療に向かうというので付き添いで飛び乗る。右腕がかなり痛そうだ。折れてるかも。

八千代病院に向かう車中、「治療が終わったら、自分で運転して自宅近くの病院に向かおうと思います」と言うきのっぴ。
「え~、運転できるの?無理でしょ~」ときのっぴ以外のすべての人は思ってましたけどwww

さらに「これで明日のレースは無理だとしても、12月のGROMグラチャンに出るには桶川のレースに参加しなきゃ」とか「家族や会社の人にどう話そうかな」などと腕の痛みに加えて先々の心配事で頭が一杯のきのっぴ。

あ~、代われるものなら代わってあげたいよ、きのっぴ。俺にはグラチャンもないし自営業だし。

サーキットの方の丁寧な運転で八千代病院に到着、すぐに診察・治療してもらうきのっぴ。
廊下で待っている私の耳に、痛みを押し殺したきのっぴの低く小さな唸り声とお医者さんの「脱臼」「骨折」「開放」「粉砕」などの単語が細切れに聞こえてきて。。。

あ~、ごめんきのっぴ、代わってあげられないwww

八千代病院での診察結果を聞き、自分で運転して自宅に帰るのを諦めるきのっぴ。この日は世の中的には3連休。私がきのっぴを自宅に送っていくにしても受け入れてくれる病院がすぐに見つかるか、怪しい。筑波サーキットの方から「この近くで受け入れてくれる病院をサーキット側で探しますから、そこに行くのが最も良いと思います」とのありがたい提案を頂き、そうすることに。

一旦サーキットに戻ってきたきのっぴ。痛くないはずはないのに、みんなに心配を掛けたくないので笑顔です。
20181013.jpg

筑波サーキットさんが西南医療センターに連絡してくれ受け入れてもらえることに。私のトランポできのっぴを搬送します。
きのっぴのマシンやトランポは筑波サーキットさんが預かってくれるという。もうホント、筑波サーキットさんには何から何まで助けてもらいました。ありがとうございました。

西南医療センターに着いてみると、そこはでっかい総合病院でした。病院が大きいというだけで安心します。そこの救急救命センターで受付すると、すでに筑波サーキットさんから話が伝わっていてスムーズチェックインです。

家族に連絡をするきのっぴ。こんな時どのように伝えるのがいいのだろうか?
DSC_3122[1]

レントゲン・CTスキャン・採血・診察。。。その間廊下のベンチで待つ私。。。他の患者さんがジロジロ私を見てる。。。あとで気がついたが、上下ピタピタインナーのままだったwww

いろいろなチェックが終わり、診察結果をきのっぴと一緒に聞く。。。う~ん、きのっぴしばらく入院みたいだ。骨折部の手術の前に傷口部の感染対策と腕を固定する手術を今日行うらしい。お医者さんがどんな手術かを手書きの絵で書いてくれたが、一般人には理解不能なものでした。でも細かく質問して詳しく回答されるとより辛くなりそうだったので、理解不能なままにしましたwww

車椅子で手術室に運ばれるきのっぴが「頑張って来ます」。決勝レースに向かう前にいつも聞くきのっぴの声でした。頑張れ~!

しばらくすると、工藤じじいから連絡が入る。「きのっぴのバイクと荷物は彼のトランポの中に積み込んだ。これからそちらに向かうから付き添いを交代しよう。甲斐田さんはサーキットに戻って自分のバイク・荷物の片付けをお願いします。」と。工藤さん、助かります。ありがとう。

工藤さんと付き添いを交代してサーキットに戻ると、みんなが寄ってくる。みんなきのっぴのことが心配で残っていたみたいです。
状況説明を聞いて、みな撤収。
工藤さんからきのっぴの一次手術が無事に終わり、付き添いは不要との連絡を受け、私は予約していた宿に。工藤さんは近くに宿が見つからず一旦帰宅することに。工藤さん、お疲れ様!

宿に着いて、う~ん・・・悩む、明日どうしようか、悩む、きのっぴの介護?www 悩む きのっぴのトランポ移動? 悩む レースに出る? 悩む どのクラスに? 悩む 何のために? 悩む・・・

宿の前にあるお弁当屋さんの大盛りから揚げ弁当に苦戦しながら出した結論は、「きのっぴが悔しがることをしよう」でした。意地悪ですが、それが一番私らしいかとw
DSC_3128[1]

ST100フレッシュマンクラスに出ることにしました。今回フレッシュマンクラスは台数が少ないので、ST100(エキパクラス)と混走になる模様。前回のレースでST100フレッシュマンクラスからエキパクラスに昇格したきのっぴが今後出るはずだったレースに先に出ちゃおう。きっと悔しがるに違いないwww

【レース当日】

レースに出るとなったら、オイル交換、タイヤ交換、エンジンメンテ、サブコンMAP書き換え、バッテリー充電・・・やらなきゃいけないことが満載で深夜3時台に宿を出発。自宅からサーキットに向かう時より早いじゃんwww

まだ暗いサーキットに着くと、そこでトランポが不調に。アイドリングしないぞ。自宅に帰れないじゃん。どうしようと思ったが、まあレースが終わってから考えようwww
最悪、筑波サーキットさんにきのっぴのトランポ同様、私のトランポも預かってもらおうwww

DSC_3132[1]

受付、車検、朝一練習走行とばたばたと過ごして、ST100の予選。

【予選】

単独で4~5周して41.6秒が出る。私としてはまずまずですが、エキパのスリップを頂ければ、もっとタイムを伸ばせるはず!と、一旦ピットインなどしてみたが、こんなことしたことがないので上手くタイミングを合わせられず、エキパ集団に加われずwww私の場合は、エキパスリップを狙うより単独で走り続けた方が良さそうです。
P1110519.jpg

3台しかいないフレッシュマンクラスではポールですが、フレッシュマンクラスの決勝スターティンググリッドはエキパクラスの2列後方からとなるそうです。まあどうせスタートは失敗するので後ろからのスタートで不満はないです。
P1110520.jpg

【決勝】

オンボード動画前
https://youtu.be/jS2fLIKcIBg

オンボード動画後ろ
https://youtu.be/yelhhue8m_4

エキパトップ集団
https://youtu.be/pAsthojyjcI

スタート前からテンパっていてメガネを掛け忘れた。視力0.3www
スタートはいつも通り失敗www
工藤じじいが抜群のスタートを決めアウトからまくるのかと思わせといて、遠慮するwww
村山さんのオーラがないwww
GROMさんに接触してしまった、ごめんなさい
KSRさんが目の前で滑っていく、こ、こ、こわい
青山君が洗練された
プロさんとヤマアニさんが激しい

最後は息も上がり、もう限界でした。
P1110521.jpg

ST100フレッシュマンクラス、優勝です。初です。フレッシュマンクラスは3台だけとはいえ、めでたい。
レースタイムは前回2位になった時より、9秒も縮めたぞ。9秒短縮って・・・別人だwww
でもやっぱり40秒台は出なかった(41.1秒)。まだまだです。
エキパクラスとの混走で総合では6位。いつも私とタイムを競い合っているきのっぴもここを走れるはず。
オンボードカメラ動画も上手く撮れていて、きのっぴを悔しがらせるには十分なものが残りました。レースに出てよかった。

今、きのっぴの歯ぎしりが聞こえますwww

PageTop

10/7はモトピクニック~

今度の週末は筑波TC1000でモトピクニックです。

天気予報が怪しい感じです。。。う~ん、せっかく猛暑が去ったっていうのに、雨ばっかりじゃん。

ところで前回まで参加していたST100(私はフレッシュマンクラス)ですが、今度のレースから、市販GROM車両もマフラーはHRCフロントパイプを使用しなくてはいけなくなりました。

レギュレーションブックにはシリーズ初戦時からそのようなことが書かれていたのですが、適用されるのはHRCGROM車両だけだと勘違いしていました。

私の市販GROMは当店オリジナルのマフラーで、当然フロントパイプもオリジナル。ってことは、このままでは参加できないってことです。
P1110494_20181001190538539.jpg

まあ終活真っ只中なので、これを機に、モトピクニックST100フレッシュマン完全終了でもよいのかな~と思っていたのですが、このST100フレッシュマンクラスに事前エントリーした工藤ジジイさんの話では、エントリー台数が少なくて不成立の可能性があるとのこと。

へ~そうなの?台数が少なくても、ST100(エキパクラス)に混ぜて走らせてもらえるに違いないと思っていたんですが、そうじゃないんだ~

う~ん、不成立はなんだか悲しいな。。。

ということで、廃マフラーを切った貼ったしてHRCフロントパイプ用のマフラーを作りました。あ~疲れたwww
P1110495_20181001190539557.jpg

GROMにHRCフロントパイプを義務にしたのは、排気量が小さいエイプ/XRモタードとの性能を同レベルにするためらしいが、HRCフロントパイプって性能がダウンするんですかね???っていうか、そもそもGROMってエイプ/XRモタードより速いの???

まあ、そんなことはどうでもよくてw、大事なのは天気です。雨ならレースに出ないんですから、私は。何とか晴れて欲しいです~
P1110496_20181001190541020.jpg

PageTop

20180926もてぎ4ストミニバイク走行会

9月26日、ツインリンクもてぎの4ストミニバイク走行会に参加してきました~

4ストミニバイク走行会は・・・4月、6月にも参加しましたが、雨&雨。

今回も前日の天気予報では雨。もてぎまで行っても雨なら楽しくないので、行くのをやめようとしていたら・・・

雨でも行く気満々の段さんや工藤さんや小島さん。。。あなたたちが雨を呼んでいるのですwww反省してくださいwww

仕方ない、私も行くか。。。でも雨なら走らないので現地で暇になるので、メンテナンス中のエンジンを持っていくことに。雨なら腰下分解しようっと。

現地までの道のりは、今後のアイス活動のメイン「pino」です。
DSC_3102[1]
現地に着いたら、雨は止んでおり、走れそう。さすが私、晴れ男!www
DSC_3104[1]

よ~し、たくさん走るぞ~と喜び勇んで並んだ受付の列で。。。1時間以上待たされる。結果、ブリーフィングに食い込む。

今回はいつも受付などを手際よく進めてくれるライディングハートさんがいなかったからなのか。。。
いつ雨が降ってきてもおかしくない屋外で1時間以上待たせるなんて、まったくもてぎ事務局はダメだな。
受付・書類記入台・走行券販売・ビデオ講習のレイアウトを見直せば、並んでいる間に書類書いたり、ビデオ見ることもできるし、待っている行列も建物内に収めることもできるんじゃないのかな、パイプ椅子でも並べてくれていればなお嬉しい。
ゼッケン毎に受付時間を区切ったり、整理券式にしたり、いろいろ考えられないのかな~。単純にゲートオープン直後から受付開始してくれるだけでもいいのにね~。

と、ブルーな気分になったので、1本目の走行はパスして、持ってきたエンジンを分解し始めるが。。。

恒例のオイルポンプのねじが緩まない。もちろん、ぬかりなくショックドライバーは持って来ていて、トライしたら、ビットが割れましたwwwホンダのオイルポンプねじ、半端ないwww

そんな1本目は、DCRXRモタード号を段さんに試乗してもらいました。ルマン式スタートばりに、17番ピットから31番ピットまで走って来て飛び乗る段さんが素敵です。
https://youtu.be/Bw9Qhue-Rso

続く初心者走行枠をパスして、3本目は私が走ります。マシンはZ125。
Z125で参加した2017DE耐、2017ちょっとDE耐ではタイヤの消耗に苦しんだので、その対策を施したマシンでタイヤの荒れテストです。その意味では谷野さんや水野さんレベルの2分50秒を切れるライダーが走るべきですが、当初予定していたしゃあ水口テスターが参加できなくなったので、仕方なく私が走ります。

ギヤ比の関係か?それともファイナルが合っていないのか?それともそんなもんなのか?(←多分そんなもんなのだと思います)2速と4速はほぼ使えないです。でも唯一使える3速がすごくパワフルです。私でも2分52秒台~。

もっと行けるぜ~というタイミングで赤旗。ここで私は走行を終了し、サブコンでドエルタイムを変更して、2分50秒切りを目指します。

4本目、なんかすごくいい感じです。2分51秒台をマークし、うまくクリアラップが取れれば50秒切れるんじゃないか。。。
https://youtu.be/yfQyF-LUHuo
という時に、急にパワーダウン、何とかピットまでは戻れたが、一度エンジンを止めたら2度と掛からなかった(汗
何が壊れたんだろう。。。とりあえずプラグは交換してみて問題なし。
DSC_3106[1]
原因は未だに分かっておりません。誰か教えて下さいw
DSC_3109[1]

とりあえず1.5時間くらいは走れました。そのタイヤは結構きれい。これならタイヤ交換無しでのDE耐完走の可能性もあるのではないか?
DSC_3107[1]
DSC_3108[1]

最後の5本目はDCRXRモタード号で、段さんとランデブー走行します。まあ途中からは段さんにずっと引っ張ってもらってしまってますが(汗
前方カメラ
https://youtu.be/UXoAdQsJrzY
後方カメラ
https://youtu.be/NsgfipUP9-Y
引っ張ってもらったおかげで、もてぎでの自己ベスト2分47秒(2012年)を6年ぶりに更新しましたwww
DSC_3110[1]

いやいやもっといける!とアクセルも千切れんばかりに頑張ったら、まじでワイヤーが千切れたみたいでスロットル全開のままになってしまい・・・(滝汗 一瞬、最悪のことを覚悟しましたwが、無事に生還~
DSC_3112[1]

と、まあいろいろありましたが、ドライで3本走れて、とても楽しい1日でした~

PageTop

20180909茂原3時間ミニバイク耐久レース

昨日は茂原ツインサーキットの大きい方のコース(東コース)で開催された「茂原3時間ミニバイク耐久レース」に参加してきました~

DCRには「チームDCRビギナーズ」 というチームがあるのですが、今年は目立った活動をしていないので、年に1度くらいメンバーみんなが集まってレースに参加しようと思って企画しました。

6人くらい集まって、それぞれ自分のバイクを持ってきて、難しいこと考えないで気持ちよく走ろう~1人30分も走れば十分楽しいじゃないか!

そんなイメージを持っていたんですが、集まったのはわずか3人www 石橋さん、杜さん、そして私。
(出席率悪すぎwwwもうDCRビギナーズは解散しますwww)

それぞれ持ち込んだマシンは、NSF100SP、NSF100ノーマル、Z125STで、SPクラスにエントリー。

結果は・・・1人30分×3人×2スティントを無事に走り切り、総合19位/38台。SPクラス6位/12台。ちょうど真ん中ですね~

まあ順位より、ペナルティや転倒、マシントラブルなく、全員が持ち時間の1時間を無事に走り切ったことが、「チームDCRビギナーズ」としては良かったと思います。

総合結果
クラス別結果
ハンデリザルト

オンボード動画

前方カメラ
https://youtu.be/pY_vUQ-BTzY
https://youtu.be/FuWaQVxYt3s
https://youtu.be/PF5POAY19sY
https://youtu.be/V7tQ8uzIcmc

後方カメラ
https://youtu.be/o4zcow0Fo3s
https://youtu.be/EpTh95ZEjkI
https://youtu.be/_2Tkx3hZFvs
https://youtu.be/DIgNBenAwhk

私個人としては・・・

■練習走行でアクセルOFFでパンパン音がうるさい、サブコンで燃料濃くしてもダメ、もしかして・・・と思ってチェックしてみたら・・・
割れてますwww(仕様違いのエキパイを持っていたので助かりました)
DSC_3053[1]

■ルマン式スタートでマシンに駆け寄ってハンドルをつかんだ瞬間、クラッチレバーホルダーがめちゃ緩んでレバーがダラーンと。。。手で持ち上げたが手を離すとまたダラーン。。。なぜこのタイミングでwww せっかくの8番グリッドでしたがほぼ最後尾で発信
DSC_3057[1]

■西コースとは違い東コースの縁石はみんな飛び越えるんですね~フロントサスセットがでたらめのDCR-Z125号では怖くて出来ない。フロントサスのセットを何とかしないと。タイヤの荒れがひどい。
DSC_3063[1]

リアタイヤはキレイ。リアサスの純正ダンパーの状況次第だな。ダンパーがまともならバネはそれほど硬くしなくて良さそう。
DSC_3061[1]

■やっぱりZ125はブレーキ効かないw

■最終コーナーの前半がチャレンジングな感じで好きかも。後半はコースとピットロードを分けるガードレールがどうしても目に入るので怖いw

このレース、通常の表彰のほかに、ハンデを加味した表彰もあって。。。

コース上ではかなり遅かった「チーム永田兄弟」がOPENクラスの3位で表彰台に。
「ライダーが全員坊主」「ライダーが全員75キロ以上」「ライダーがブサイク」などのハンデを積みあげた模様。おめでとうwww

DSC_3071[1]

PageTop