FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

ちょっとDE耐レースレポートその2

カウントダウン3分前。1分前。30秒前・・・日章旗が振り下ろされる

人間のダッシュOK!クラッチミート、ちょっと失敗気味の90点

でも右側にいる1、2番グリッドのマシンを抜き去り、1コーナーへ

やった、ホールショット!(人生初!うれしい~涙)
motegi03_20101126163720.jpg

1コーナーまでの距離が短いので1コーナー中でもアクセル全開です。

ホールショット取れたので、このスティントの私の役目はもう終った感じで、一気にリラックス。

で、3コーナーまでのストレートを走りながら・・・感じました。

今日のマシン、トキメキます!

1台圧倒的なスピード差で抜かれます。たぶんこのレースで優勝したマシンです。抜かれた瞬間にもう勝負できない雰囲気です。さらにもう1台抜かれますが3コーナーでラインがはらんだ隙に抜き返します。でも5コーナーまでのストレートでまた抜かれます。3位。

いくらトキメいてもノーマルエンジン改ではやっぱり無理かな(ちょっと弱気に)。

でも5コーナー~S字~V字~ヘアピンまで後続が仕掛けてこない。何か後ろでアクシデントでもあったのか?

前を行く2位のマシンとの差もあまり広がっていない。ヘアピンを立ち上がる。

ここでようやく気付く。

今日はエンジンがよく回ってます!先日のもてぎの練習会で感じた重たさが全くないです!

よ~し!このまま3位でピット前まで戻ってやる!!(俄然やる気!)
motegi02.jpg

といっても、新品皮むき無しのタイヤなのでマージン残しながら90度、ビクトリーをクリア。

3位のまま立ち上がる・・・誰も抜いてこないで~ピット前通過!

よし、これでNさんにも3位の雄姿を見せられたぞ!(ピットでは見逃していたという話も?)

もうこの時点で1位のマシンは見えません。リザルト見ると最終的には2分39秒台を出しちゃって優勝しちゃってますから、もう対象外です。
でも2位のマシンは50mほど先に見えてます。ライダーさんも後ろを頻繁に振り返ってます。

あ~そんなに後ろを見なくても良いですよ、仕掛けられるほど速くないですから、私。

でも50m先のマシンでも、スリップは使います。しつこくしつこく使います。あ、スリップ使っちゃいけないんでしたっけ、DE耐って(笑)。

そんな感じで2周目も後続に抜かれることなく終了。ラップタイマーが・・・

  2分52秒(たしか旧友SED氏のベストだったはず。これでやっと並んだ!苦節2年・・・涙)

いきなりの自己ベスト更新!!しかも2秒以上も!!

やっぱり今日のマシンは速い!

3周目は

  2分51秒

じゃあ4周目は50秒か

4周目

  2分50秒(確か師匠グリーンさんのベストだったはず。並んじゃった。これでも私も速い人になれたのか・・・涙)

本当に出ちゃった~マジかよ~~~

ここまで調子が良いとかえって不安になる。第一、後続が来ないのがおかしい。

2位のライダーさんが頻繁に振り返るので、つられて私も振り返る。

  え~  ダレもいね~

ビックリした。ビックリしすぎてその後タイム伸びず(笑)

というかタイム的に満足しちゃって攻められなくなったというのが正しいかも。

まあ、このあたりから周回遅れが出始めたので無理せず、この順位で給油まで頑張ることに。

途中2位のマシンが周遅れにつかえ、抜きに掛かった瞬間にマシントラブルが起きたようで、なんとうちが2位に上がっちゃう。
いや~タイムにも順位にもビックリだな~

10周目給油インのボードが出る。ホット一安心・・・するな!
この気の緩みが給油所に入り損ねるミスに繋がる(2009年DE耐より)

適度に緊張感を保ちながら給油イン。Hさんがいてほっとする。給油に入ってチームのメンバーが見えたこの瞬間って、すごく嬉しいですよね。

給油をしながらマシンの状況をHさんに話す。
「マシン絶好調です。3速11500までOKです。」
「トップのマシンが先に給油に入ったので瞬間的にうちが1位になりましたよ」

給油のタイミングのあやとはいえ、1位なんて・・・(涙)

給油が終って、油面をチェック。この後給油をキャンセルするにはここで4.2Lになっていないといけないのだが4.1Lしかない。これではちょっとキャンセルは無理かな。

まあ、もともとキャンセルするつもりは無かったので、特別落胆はない。あと2回の給油で行こう。

タイムカードに記載の時間になり、エンジンを始動させピット前に向かう。そこには次のライダーのNさんが。

「3速11500回ります!」と言ってマシンをNさんに預ける。お願いします、Nさん!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ちょっとDE耐レースレポートその1

決勝当日。

AM5:00までに集合なのに、ゲートオープンの4:00に来てくれるNさん、Hさん。
このあたりはエストレヤさんやそのご友人のN田さんとは決定的に異なります(笑)。

マシンや荷物を降ろし、ピット設営。

サインボードエリアにもPC2台で、ワークス体制です。

6時から受付・装備車検・マシン車検とあわただしくなるところですが、今回のメンバーのNさん、Hさんは本家DE耐に過去数年参加されてるので手際が良い。あれこれ指示しなくてもサクサクとすべてが進んでいきます。

受付はNさん・・・受付時に決勝グリッド抽選があるのですがなんと・・・

      3番グリッド

当店史上最高グリッドです。
この瞬間からスタートライダーである私の口数は半分に減りました。買って行った朝食も食べる気にならず(笑)

装備車検はHさん・・・こちらも問題なくサクサクっと終了。

マシン車検は私・・・アンダーカウル付けたまま行ってしまい慌てて外す。ガソリンタンクの改造申告書を出すも特に詳しいチェックはされず、必死に詰めた防爆材を後悔する。7Cさんにわざわざ発行してもらったクランクケース販売証明も求められず(押し付けてきましたが)、でしたが、ちょっと緩めの車検も終了。

この後は、サインボードエリアで、サインボードの出し方を話し合ったり、燃料補給シュミレーションのソフトを見ながら、給油をキャンセルするならあーだこーだとまったり過ごす。

8時からの特スポは走らず。ここで壊したら決勝までに直せないこともあるし・・・そう言いながら、予想以上に走っているチームが多いので若干不安になってくる。キャブセット合っているかな?バルタイ戻したエンジンどうかな?とか。
キャブセットは決勝前のサイティングラップ(義務周回)でやれば良いか~。

9時からレース前の車検&燃料補給。ガソリンタンクを空なっているかのチェックから。いつもなら気が狂ったようにタンクを揺さぶられるのですが、今回は上品に1~2度揺さぶってOKでした。まあピットで出来るだけ抜いてきましたからね。その後3L補給して封印シール貼られて車両保管。

ここからブリーフィングまでは何もすることがないのでメンバーは仮眠しながら体を休めておきます。

ちなみに今回のちょっとDE耐はもてぎロードレース選手権の中に組み込まれているので、同じピットにはST600マシンさんがいたりします。当店、ミニバイクのくせに?荷物がかなり多いので、ピットの1/4も占有してしまい申し訳ありませんでした~。邪魔だったでしょうね~

ブリーフィング・・・いつものDE耐ではピットロード上で行われますが、今回はブリーフィングルームで。暖かくて撃沈(笑)。サイティングラップの話がない・・・ないのか?いきなりレーススタートなのか?

車両保管解除。さあ、本番始まりますよ~。グリッド3番を知ってから6時間の間にトイレに行った回数6回。緊張しているんでしょうね。

当店の作戦は「アクセル全開全力疾走&状況次第で給油1回キャンセル」
ライダー順は
私30分、給油10分、Nさん60分、給油10分、Hさん60分、給油10分、私30分
です。
体力がなく連続で長い時間走れない私に合わせたローテーションです。

サイティングラップは結局なし。いきなりマシンをグリッドに並べます。3番グリッドは1コーナーまで50mmあるかどうかという位置です。ピットから遠いです。まあしかし3番なんて好グリッド、今後はなかなか無いでしょうからね、グリッドになかなかたどり着かないことの幸せを感じましたよ。

実際マシンにグリッドに付けるとある決意が!1コーナーまでとても短いのでダッシュさえ決めればホールショット取れるはず!!マシンの性能差は関係ない!!人間の足ダッシュとクラッチミートだけ!!絶対にホールショットとってくじを引いてくれたNさんにささげるのだ!

ウォーミングアップラップ開始。本番のレーススタートと同じようにルマン式でウォーミングアップラップも始めます(スタート練習を兼ねている)。人間のダッシュは軽めに、クラッチミート少し失敗。でも1番で1コーナーに入れました。後は最高8000回転までしか回さずにラップし、再度グリッドへマシンをつける。Hさんにマシンを預け、私はコース反対側へ。

12時・・・さあはじまります、2010年ちょっとDE耐。カウントダウン3分前。1分前。30秒前・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ちょっとDE耐レースレポート(準備編)

初開催のちょっとDE耐。

本家DE耐のレース時間7時間・ガソリン21L・最低ライダー数3人に対し、3.5時間・12L・2人です。

このレースの開催が決まって、6~7月にはエントリーをしていましたが、その時点ではライダーさんが決まっていませんでした。本気(あくまで当店レベルの本気です)のレースをするのか、エンジョイ的なレースをするのか、新規にパーツを開発するのか、現状のままで出るのか、全く決めていませんでした。

5月の本家DE耐では燃費重視のラップタイム10秒落とし作戦でしたが(結果はゼロ周リタイヤ)、当店で改良したノーマル改エンジンが結構良い感じに速かったので、燃費を気にしないアクセル全開のレースをしたかったというのはありました。

とりあえずはメンバーを探さないといけません。軽い気持ちでこのブログで募集したら、NさんとHさんが応募してくれて、ピットクルーとしてN奥様も加わってくれることになり、一気に体制完了となりました。

Nさん、Hさんは当店当初からのお客様で、実は当店の商品の中には開発段階で彼らに実験台になってもらったものがいくつかあります。トップブリッジ、フロントステーベース、可倒式ペダルノブ、195mmバックステップ、ハンドルストッパー・・・もっとあったかも?

彼らが昨年からRサスの長さをもっと伸ばしたい=リヤの車高を上げたいとあれこれトライしつつもまだ満足な形になっていないのを知っておりましたので、今回のレースは「リヤ車高UP」部品の開発をテーマにしました。

それとエンジン面では12PSを目標に、改造箇所はより少なく・ピンポイントでより深く追求することに。
あれこれやるんじゃコストが上がりますから。一番効き目のあるところをいじろうということです。

8月上旬・・・

7月にエンジンは出来て、もて北のレースで検証もしたのですが、なかなか良いなあと思ってベンチにかけたらなんと前回よりマイナス1PSの10PS。。。前回の11PSはスズカワークスヘッドが乗っていたのですが今回はノーマル。やっぱりヘッドを加工しないとダメなのかな~。しかしヘッドの加工はやりたくない。加工しちゃったらノーマルのレース(ST仕様)に出られなくなってしまう・・・
そこでもともと上げてあった圧縮をベースガスケットを薄くしてさらに上げてバージョンアップ。

リヤ車高アップ部品は、リンクブロックを新規に作成+リンクプレートを他社品パクリ?の暫定仕様で、さあどうなるか?

まずは地元のサーキットで私がシェイクダウン。猛暑の中のショートサーキットではエンジン面の比較は出来ず(ライダーの感性不足)、リヤ車高アップ部品の良し悪しもよく分からず(やっぱりライダーは感性不足)。
とりあえずいつもガリガリっとこすっていたコーナーで擦らなくなったので車高は上がったんでしょう的=やっつけシェイクダウン完了。

8月後半・・・

もて北にて、Nさん、Hさんがテスト走行(私はミニモトSTに向けての練習レースで不参加)。
エンジンに関しては最後の一伸びが足らないけど低速のトルクはキタコキット車以上だと概ね高評価。
が、車高アップ部品に関しては、車高は上がっているし奥での踏ん張りはすごくよい感じだが、空車~ライダー乗車までが柔らか過ぎということで、2~30点くらいか。。。

9月上旬・・・

もて北で再度テスト走行。今回は私も参加して初めて全ライダー3人+ピットクルーが揃いました。この日も猛暑だったなあ・・・
エンジンはそのまま。車高アップ部品に関してはリンクブロックを新規に作り直し。翌週がミニモトSTで、その準備に追われ、作り直しに着手できたのが前日夕方、完成したのが当日早朝。。。徹夜でもて北に。
最初にNさん、Hさんに乗ってもらい前回との比較をしてもらう。

1本目でかなり良くなったとのコメント。そこから車高が上がる方向、下がる方向を試しながら、それにFフォークのセッティング合わせながらのバタバタしたトライを重ねましたが、最終的にはリヤ側は皆が満足する仕様が出ました。(それに合わせたFフォークのセットはその後も続けましたが結局レースでもまだ不満が出たみたいです。)

9月下旬・・・

次回の走行がレース間近の11月1日なので、この間のインターバルがエンジンOHのチャンス。OHに出す前にロングコースを走っておきたかったのですが、もてぎでの走行がなかったので、筑波2000でテスト走行。
あっさり自己ベスト更新!トキメキました!このエンジン仕様、速い!これでしっかりOHしたら。。。素敵な予感~
リヤ車高アップ部品も暫定的に他社品を流用してテストしていた部分をオリジナルで製作。いつもガリっと擦っていた1ヘアでも擦らなくなったし、最終コーナーも小さく曲がれるようになった。

10月下旬・・・

7CさんからエンジンOHから上がってきた。いつもの通り、バルブタイミングやスキッシュ、ピストン-バルブクリアランス他の計測データ付。その計測データから、面研した影響でバルブタイミングが遅れていると。数度早めたら良いかもとのサジェスチョン付。世界レベルのコメントに従い、初心者レベルの私がバルタイを調整する・・・ここが一番怪しい作業。

11月1日・・・

もてぎフルコースでの最初で最後のテスト走行。雨上がりの路面でよく分からないと言いつつ、トキメキを感じなかったエンジン。回っていかない気がする。
燃費は37KM/L。まあハーフウェットでベスト3分5秒での燃費ですから、レースで使えるデータなのかどうかは?
SEDさんに作ってもらったCDIを早速壊す。キャブのトラブル?も

11月5日・・・

筑波2000でテスト走行。ドライ。ここで11月1日の問題を解決しないと。
が、エンジン、トキメかない。9月にベストを更新したときにフィーリングと明らかに違う。私のフィーリングほどあてにならないものはないのだが、絶対に違う!
同行していたSED氏に相談したら「一番良い時の仕様に戻したら良いのでは?何が吉と出るか分かりませんよ」とこちらの気持ちを察した回答があり、帰社後即座にバルタイを戻す。
SED氏には11月1日に壊したCDIの代わりにもう1つCDIを製作してもらい感謝の気持ちでいっぱいでしたが、このCDIも翌日私がまた壊しました。ごめんなさい。

以上がレース当日までの経緯です。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ちょっとDE耐・・・終る

本日ツインリンクもてぎで「ちょっとDE耐」が開催され、当店も参加してきました。
今日は風もなく天気もまずまずで楽しく1日を過ごすことが出来ましたね。
当店のお客様も大勢参加されていました。お疲れ様でした~
レースレポートなどはまた後日書きます~・・・とにかく今は眠い

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

パートナー

明日のちょっとDE耐のパートナーです。

P1040495_20101112160441.jpg

マフラーのRUN R&Dさま、CDI開発のSEDさま。。。

レース前にはいつもステッカーを貼り直してます。貼るマシンがきれいじゃなかったりするので申し訳ないのですが・・・せめてステッカーは新品に。こんなことでは足らないくらいお世話になっているんですが、感謝の気持ちの表れってやつでしょうか。
今回はRUN R&Dさんのステッカーを大きいものに、SEDさんのステッカーは色違いタイプを貼ってみました。まあ、そばに貼ってあるカタカナ羅列のステッカーが雰囲気をぶち壊している気もしますが(笑)

しかし・・・パートナーといっても、こちらが勝手にそう思っているだけかもしれません。この辺りはお互いの気持ちを確かめ合うような恋人とは違うので、相手方がどう思っているのか不安になる時がありますね。

タイムが出なければ自分の技術を省みず「もっとパワーのあるマフラーを開発して~」と言ったり、時間のない中試作してもらったCDIを速攻壊したりしている私ですから、相手からは付き合いたくないと思われているのかも?
怖いので本心を聞かないことにします(笑)。

RUN R&DさんやSEDさんのほかにも、エンジンをメンテしてくれる7Cさんも「勝手にパートナー」にするつもりでしたがステッカーもらうの忘れました。あ、貼られると困るのでくれなかったのか?(笑)

もちろん、今回のレースは一緒に戦ってくれるライダー2名+ヘルパー1名が最大のパートナーです。
みんなで楽しんでこようと思います。

------------------------

最近オークションの出品が滞ってました~ごめんなさい~

今回は高額商品出品!
P104049701.jpg

ラップタイマーです
@3000円スタート→15000円即決


P104049601.jpg
そうそう、現行タイプのラップタイマーですが、赤外線発信機なしでも購入できるようになりました。磁石埋設サーキットしか走らないという人や発信機は仲間が持っているから不要という方、ぜひご利用ください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop