FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2011耐久茶屋その3

決勝当日。天気の心配が要らないレースは久しぶりです。朝から快晴。

筑波はレース当日はパドックに車を入れられないので、台車でせっせと運びます。

荷物を運び込んだら、マシン整備です。
_B265140.jpg

・オイル交換・・・当初ワコーズのWR30R100%で行く予定でしたが、キットパーツを組み込んでパワーが上がっていること、クラッチ関係はぜーんぶノーマルで何一つ強化していないことから、WR30Sを混ぜてクラッチがすべることが無いように変更しました。かつWRRも30番から20番に変更。30Sと混ぜてWR25RSになるようにしました。

・タイヤ交換・・・新品タイヤをホイールに組み込んできたので楽勝。

・タペットクリアランス調整・・・K社キットエンジンには必須の作業。特スポ2時間走行ではクリアランスの変化は無かった。

・キャブはMJNに・・・結局開け始めの息つき&ぼこ付きは100%は治らず。MJNを持っているのなら試したいとのグリーン氏のリクエストにより、オリジナルニードルからMJNへ。
(CRミニオリジナルニードルにこだわってきたが敗北です。もうあきらめます。)

・ガソリン購入・・・のづっち野津氏が買ってきてくれました。重いのにありがとう。

・ブレーキレバー交換・・・私の腕上がり対策で、よりグリップに近いタイプに変更。

マシンの準備が整ったら、今日のライダーローテーション発表。

当初は50分×3人×2回を考えていたのですが、燃費が悪く、毎回給油になってしまう。

そのため下の写真のように変更。
l100[1] コピー


昨夜車中泊だったグリーン氏には申し訳ないが3回乗ってもらおう。
愛知からの遠征で相当疲れもたまっていると思うが最後は50分乗ってもらおう。

決して昨日チームオーダーを無視した罰ではありません。

チーム代表として如何に良いレースをするかを考えた結果です。

・まずくじ引きで一桁のグリッドを得る
・スタートライダーは、チーム最速のグリーン氏。
・各チームエースが走ることが多い序盤でマシンの速さチェックが出来る。
・間違いなく一桁順位でグリーン氏が戻ってくるはず。
・2番手はのづっち野津氏。
・プレッシャーがかかるがそこを何とかど根性で頑張る。
・のづっちの頑張りに引っ張られて3番手の私も頑張る。
・2順目も同じ展開で。
・最後の順位争いはエースグリーン氏。ピットは盛り上がる。

こんな展開を予想してのローテーションです。

まだ朝の寒さが残っているうちに練習走行が始まります。
スタート練習を兼ねて、本番同様のルマン式スタートです。

グリーン氏順調に周回します。
ピットインしてのづっち野津氏にチェンジ。
l54[2] コピー
ここでSCが入ります。もともとSCの予行練習をすることになっていたんですが、場内アナウンスを聞くと本当に転倒者がいたのかな?
残り10分で私にチェンジ。ここまでは順調でした。。。

ピットロードを出て行って1コーナーを回る。

あれ~。昨日よりフロントが路面に近いぞ。

が、そんなに悪くないフィーリングのまま2周。軽く流して1分18秒台。まずまずじゃん。

この練習走行のあとは程なく決勝のスタート進行が始まるのであまり時間がないから、チェッカーまで全部走らなくても良いかな~と思いながら入っていった第一ヘアピンでまさかのスリップダウン。

え~なんで~

マシンに駆け寄るとハンドルが折れていてピットに戻れそうにない。オフィシャルさんが手際よくあっという間にマシンをスポンジ裏に隠し、私もスポンジ裏に逃げるように言われる。

やばいぞ。こんな時にブログのネタを作っている場合じゃない。

ハンドルは予備を持ってきている。レバーも持ってきた。
心配なのはステップバーを固定式にしたステップホルダー周りだ。フレームにクラックなんかが入っていたら万事休すだ。

ピットでは、私が戻ってこないから怪我でもしているんじゃないかと心配していたそうだ。ごめんね、心配掛けて。

のづっち野津氏が気づいてくれてヘアピンに。大声で破損箇所を伝えるがヘルメットをかぶっているのでなかなか伝わらない。

まもなく練習走行終了。

レッカー車に乗れと言われて待っていたが、レッカー車は無情にも通り過ぎて行った。

手押しで1ヘア入り口からパドックに抜け、自分たちのピット裏に。スタート前チェック締め切りまで20分。
l93[1] コピー

「さあ間に合わせるよ~」とのづっち野津氏が本領発揮し、サクサクっと修理完了。

当日ピットクルーで来ていた田辺氏が「こんなに早く直っちゃうんだ」と驚いていました。
(何度も転んでいるうちに整備力が上がってしまった訳じゃないんだよ~)

私は申し訳ない気持ちでいっぱい。ただでさえスタート前はあわただしいのに、余計な仕事を増やしちゃって。
決勝前に一汗かいたのづっち野津氏。
l98[1] コピー

おまけにせっかくきれいにペイントしてきたマシン、スタートする前に傷だらけにしちゃって、ほんとごめんなさい。
l97[1] コピー

そんな気持ちからか、表情が険しい私。さあどーなる、ダイレクト・ドットコム・レーシング。
_B265155 コピー

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する