FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2011年DE耐レースレポートその3

明けて決勝日。夜のうちに雨が降ったようでウエット路面です・・・スタートまでに乾くのか?という微妙な感じ。

朝5時にピットに集合し、エンジンの始動確認&ガソリンタンクのガス抜きを行い、6時からのスタート前車検&給油に向かいます。何事も早め早めの行動が肝心です。

今回もご指摘は何もなく、爽やかな朝を過ごせそうでしたが、給油を済ませたころから、雨が・・・

決して強い雨ではありませんが、乾くかも?という淡い期待を消してくれます。

給油作業エリアには、作業できるのがライダーのほかに3名のクルー?なのかライダーを含めて3名なのか?オフィシャルと一緒に悩んでおりましたら、別のオフィシャルの方が、「ライダーとは別に3名まで」と断言。いつもは最少人数での参加なので決められた人数を超える心配など無用なのですが、今回は充実の体制なので人数を明確に決めてもらわないと困ります。
※翌日のレース中には「ライダーを含めて3名」と正式に訂正されました(笑)

マシンはこのまま車両保管です。マシンが濡れないようにシートをかぶせておきます。

ピットに戻ると、SEDさんから集合命令がかかります。SEDさんを中心にライダー、クルーが集まります。
a9f4.jpg
そうです、ここで本日のレース戦略が発表されるのです。緊張します。スタートライダーが誰なのか、ガス欠の心配のなか走らされるアンカーは?
雨のタイムがいまいちだった私は、SEDさんの衝撃の発表「代走、オレ!」があるのではないかとびくびくしておりましたが。。。

第1ライダーグリーンさん、第2ライダーあっきー★さん、第3ライダー私、第4ライダーあっきー★さん、第5ライダー私、第6ライダーグリーンさんという発表です。

前日の雨のデータから、3分25秒ペース、1回給油をキャンセルして107周、最終的に1.1L余るという予想です。

各スティントの周回数や、給油に入っても3L入りきらない周回数などは、タンクに書かれることや、サインボードの出し方など細かい点も指示されます。

次のライダーはフル装備で待機することや、カッパを着る場合は腕章が隠れないように気をつけることなど、過去の失敗を繰り返さない為の指示も忘れません。ベテランライダーにはどうしても基本的な指示が抜けがちですが、そのような点までが念には念を入れて指示されるのが決勝の朝を感じさせます。

この後、ブリーフィング。雨が上がってきて、ピットロード上で開催。やっぱり乾くのか?

続いて練習走行。この練習走行は、決勝用のガソリンを使用して走ります。昨年までは最低でも2周は走らないといけなかったが(ポンダーの動作確認?)、今年からは任意になったので、我がチームは当然走らず、ガソリンを温存します。

雨は降らず、路面は徐々に乾きつつありますが、まだハーフウエット。

スタート進行が始まります。

手押しでグリッドへ。スタートグリッドは28番。恒例の記念撮影。レース中は写真を撮ることなんて、すっかり忘れているので、このタイミングではピットクルーも一緒にしっかり撮影します。
P1060342.jpg

さあいよいよスタートです!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する