FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

9/13もてぎショートコース選手権Rd.4その4

ここからSWエースカツーンのタイムアップショウのはじまりはじまり。

強引に無理なタイムアップを狙うというより、各コーナーのラインを見極めたり
自分の好みとは異なるサスやブレーキの感触を徐々に理解しながら
スムーズにタイムアップしていくというライダーさんのようです。

前車をパッシングする時も、インをズバッと刺すというよりは
立ち上がりできれいに交わしていく。

もてぎショートコース選手権

そして長身で窮屈なマシンに違いないのにしっかり伏せている。

52秒台から始まったショウは最終的には48秒2まで詰めてきた。

「さすがだな~。いっそこのまま47秒台に突入して欲しいな」ともらすと
スズカワークス店長「47秒台は甲斐田さんが出さないと!」。

そう、でした。弱気になってましたね。
47秒台は速いライダーが出すんじゃなくて、私が出してこそ意味があるんでした。

「頑張れ、自分!」もう一度気持ちを入れなおします。
つったまま走った左足がかなり痛く、一歩歩くとまたつりそう。
必死にセルフマッサージして何とか歩けるようになったころ
レースは残り15分。再度私の搭乗です。

もてぎショートコース選手権

結局エースカツーンは48秒をぎりぎり切れず。

でもあのタイムアップのペースからするとエースカツーンが
47秒台に入れないのはちょっとおかしい。
わざと入れなかったんじゃ・・・

私が47秒台を出すためのお膳立て???

泣かせるじゃねえか、エースカツーン&スズカワークス!

そして私にライダーチェンジ。残り15分。絶対に出すぞ!47秒台!

この気持ち・・・いつかも感じたこの気持ち。
そうだ、もて北をSTマシンで50秒を切る!と覚悟を決めて
前で引っ張ってくれているK氏に必死に喰らいついている時に
感じたのと同じ気持ち。

私のような遅いライダーを応援してくれる人がいる。
何とかその応援に応えたい。

心のスイッチ、ばっちり入りました!!

もてぎショートコース選手権

1周目から飛ばします。間もなく48秒0!あと0.1秒だ、頑張れ!
48秒1、48秒0ともう少しで47秒台というタイムが続きます。

前方にマシンが見えてくる。クリアラップはこれが最後という感じ。
いい雰囲気で走れたが最終コーナー立ち上がり~ストレートで
3台の集団に追いついてしまった。

ここでアクセル緩めるわけには行かないんだ~
1台分空いた一番アウト側にマシンをねじ込む。
頼む、寄ってこないでくれ~~~あぶない、あぶない

きわどくその集団を1~2コーナーで抜いて
ラップタイマーを見ると・・・

「47秒9」

やった、やった!

翌周ストレートに戻るとピットから「47」のボードが出ている。激しくうなずく。

うれしい~!もう言葉にならない。

ここでまたアクシデント発生で白旗フルコースコーション。
ペースダウンしてストレートを通過。
「47」のボードを出すスズカワークスの面々の表情が見える。
たまらずガッツポーズ。

あ~うれしい。もういい。もう走りたくない。早くレース終ってくれ。

残り5周ほどでレース再開。でも完全に私、終ってました。

転ばないで絶対にチェッカー受けよう。記念のチェッカーになるはず!
49秒台にペースを落として安全にかつ各コーナーをジックリと味わいながら・・・

チェッカー!

ピットウォールにいるスズカワークスの面々の前を拍手をしながら通過する。

ありがとうございました!感謝、感謝です!!

ダイレクト・ドットコム・レーシング 10位完走。初ポイントGET!

ベストタイム47.956秒。
もて北3

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する