FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

ちょっとDE耐レースレポートその1

決勝当日。

AM5:00までに集合なのに、ゲートオープンの4:00に来てくれるNさん、Hさん。
このあたりはエストレヤさんやそのご友人のN田さんとは決定的に異なります(笑)。

マシンや荷物を降ろし、ピット設営。

サインボードエリアにもPC2台で、ワークス体制です。

6時から受付・装備車検・マシン車検とあわただしくなるところですが、今回のメンバーのNさん、Hさんは本家DE耐に過去数年参加されてるので手際が良い。あれこれ指示しなくてもサクサクとすべてが進んでいきます。

受付はNさん・・・受付時に決勝グリッド抽選があるのですがなんと・・・

      3番グリッド

当店史上最高グリッドです。
この瞬間からスタートライダーである私の口数は半分に減りました。買って行った朝食も食べる気にならず(笑)

装備車検はHさん・・・こちらも問題なくサクサクっと終了。

マシン車検は私・・・アンダーカウル付けたまま行ってしまい慌てて外す。ガソリンタンクの改造申告書を出すも特に詳しいチェックはされず、必死に詰めた防爆材を後悔する。7Cさんにわざわざ発行してもらったクランクケース販売証明も求められず(押し付けてきましたが)、でしたが、ちょっと緩めの車検も終了。

この後は、サインボードエリアで、サインボードの出し方を話し合ったり、燃料補給シュミレーションのソフトを見ながら、給油をキャンセルするならあーだこーだとまったり過ごす。

8時からの特スポは走らず。ここで壊したら決勝までに直せないこともあるし・・・そう言いながら、予想以上に走っているチームが多いので若干不安になってくる。キャブセット合っているかな?バルタイ戻したエンジンどうかな?とか。
キャブセットは決勝前のサイティングラップ(義務周回)でやれば良いか~。

9時からレース前の車検&燃料補給。ガソリンタンクを空なっているかのチェックから。いつもなら気が狂ったようにタンクを揺さぶられるのですが、今回は上品に1~2度揺さぶってOKでした。まあピットで出来るだけ抜いてきましたからね。その後3L補給して封印シール貼られて車両保管。

ここからブリーフィングまでは何もすることがないのでメンバーは仮眠しながら体を休めておきます。

ちなみに今回のちょっとDE耐はもてぎロードレース選手権の中に組み込まれているので、同じピットにはST600マシンさんがいたりします。当店、ミニバイクのくせに?荷物がかなり多いので、ピットの1/4も占有してしまい申し訳ありませんでした~。邪魔だったでしょうね~

ブリーフィング・・・いつものDE耐ではピットロード上で行われますが、今回はブリーフィングルームで。暖かくて撃沈(笑)。サイティングラップの話がない・・・ないのか?いきなりレーススタートなのか?

車両保管解除。さあ、本番始まりますよ~。グリッド3番を知ってから6時間の間にトイレに行った回数6回。緊張しているんでしょうね。

当店の作戦は「アクセル全開全力疾走&状況次第で給油1回キャンセル」
ライダー順は
私30分、給油10分、Nさん60分、給油10分、Hさん60分、給油10分、私30分
です。
体力がなく連続で長い時間走れない私に合わせたローテーションです。

サイティングラップは結局なし。いきなりマシンをグリッドに並べます。3番グリッドは1コーナーまで50mmあるかどうかという位置です。ピットから遠いです。まあしかし3番なんて好グリッド、今後はなかなか無いでしょうからね、グリッドになかなかたどり着かないことの幸せを感じましたよ。

実際マシンにグリッドに付けるとある決意が!1コーナーまでとても短いのでダッシュさえ決めればホールショット取れるはず!!マシンの性能差は関係ない!!人間の足ダッシュとクラッチミートだけ!!絶対にホールショットとってくじを引いてくれたNさんにささげるのだ!

ウォーミングアップラップ開始。本番のレーススタートと同じようにルマン式でウォーミングアップラップも始めます(スタート練習を兼ねている)。人間のダッシュは軽めに、クラッチミート少し失敗。でも1番で1コーナーに入れました。後は最高8000回転までしか回さずにラップし、再度グリッドへマシンをつける。Hさんにマシンを預け、私はコース反対側へ。

12時・・・さあはじまります、2010年ちょっとDE耐。カウントダウン3分前。1分前。30秒前・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する