FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

万が一のための新品パーツは危険がいっぱい?

ちょっとDE耐まで1ヶ月を切りました。あせってきました。ここ2週間ほど作業が止まっていたのでヤバイデス。

今月中旬にOHが仕上がってくるはずのエンジンも月末にずれ込み、仕上がってから行う予定だったテストは時間的に無理っぽいので・・・

手持ちのSTエンジンに手を加えて、テスト敢行です。

ノーマルエンジンにキタコSEピストンを入れてみるの図。
P1040407.jpg

いや~ピストントップが盛り上がってますね~圧縮比は一体いくつになるんだ?
見るからに危険です。危険ですが、危険な匂いにはなぜか惹かれますよね、男って。

なんてかる~く考えていたら、すでにこの仕様で動かした方がいて、とても貴重な情報・ご忠告をいただきました。

まずプラグが当るそうです。そしてプラグを逃がしたとしても・・・

どなたかこの仕様で走っている方がいらしたら、情報くださいませんか?

で、小心者の私はキタコピストンを早々にあきらめ、もともとのアイデアを遂行します(まだ秘密)。

組みあがったエンジンを車体に載せ、エンジンを掛けようとしたら火が飛びません?
P1040410.jpg

なぜ?

プラグ、プラグキャップ、コイル、CDIと予備のパーツに変えていくもまだ飛ばず。

え~、もしかしてハーネスか???
P1040409.jpg

今回新品のハーネスをつけたんですが、そのハーネスに問題がある?

キルスイッチ部分も、サイドスタンドのキャンセル部分も問題なく加工しているのに・・・

2時間以上も格闘した結果、別のマシンのハーネスにチェンジしたら、すんなり掛かりました。

新品なのに・・・

万が一のために、予備パーツは新品を用意しているのですが、新品と言えども100%安心とはいえないんですね~
一度使って問題ないことを確認しておいてストックしておくのがベストか・・・面倒だ。

面倒といえば、エイプとXRモタードでハーネスのカプラーが違うこと。

今回用意していた新品ハーネスはXRモタードだったが、ジェネレーターから上がってくるカプラーがエイプとモタードは違うので、ポン付けが出来ませんでした。これではいざと言う時に困りますね。
かといって、予備ハーネスをエイプ用、モタード用と2本も持てるほどお金持ちでも無い。

のでアダプタ作りました。これでエイプにXRモタードのハーネスが使えます。
P1040413.jpg

ついでに新品ハーネスのどこが悪いのかチェックしようとテスターを取り出したものの、テスターの使い方が分からず断念(誰か教えて)。

チェックするにもノーマルハーネス状態では線がごちゃごちゃと多すぎるので、レーシングハーネスに改造。不要な線を取り除くとたったこれだけになります。
P1040412.jpg

きっとゼロから作ったらもっとすっきりするでしょうね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

テスターはΩマークのついたレンジありませんか?
そこで+と-を短絡(接触)させるとピー音とか数値が変化します。
あとは銅線を一本一本確認すればOKですね。
一応電気屋なもんで・・・。

七海 | URL | 2010-10-18(Mon)17:48 [編集]


七海さま

Ωマークありました。抵抗値を計るモードですよね。で、つながっていれば抵抗があるはず。断線している場合は抵抗が0となるはず。
ってところまではネットで分かったんですが、テスターの棒を当てても数値が安定し無いんですよ・・・今度もて北で使い方教えてください。

そのハーネスは余計な線をカットしていったら、なぜか問題なくエンジン掛かるようになってしまいました。怖くってこのまま使う気になれないですけど。

DCR店長 | URL | 2010-10-18(Mon)20:33 [編集]