FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2010鈴鹿ミニモト4HST 決勝3

第2ライダーのS浦氏にチェンジ。ピットストップの3分はマシンに取り付けたキッチンタイマーをライダーが押すのと、ピットクルーのSED氏がストップウォッチで計る2方法で万全です。

給油作業も無難にこなしS浦氏ピットアウト。

S浦氏、参戦を決めた6月の段階では鈴鹿未走行、その後の合同走行会も雨にたたられ、なかなか満足な練習が出来なかったんですが特スポで36秒台のベスト。決勝もスティント前半で37秒台を出して順調です。

皆さんはご存知かどうか・・・ミニモトにはメタボ?クラスと言う独自の?クラスがありまして、S浦氏は勇気を出して?(喜んで)エントリー。「20kg」のステッカーをたくさんもらって喜んでました。メタボクラスはラップタイムを体重で割るんだそうで、スティント終盤には35秒台を出したS浦氏のメタボクラスでの順位が気になります(笑)。

16周を走って第3ライダー RUN R&D氏に交代。
RUN R&D氏、参戦を決めたときに、ツナギもなかったサーキットバージンです。参戦を決め、HYODにツナギをオーダーし、出来上がるのがレース直前だと分かると、すぐ手に入るツナギをもう1着オーダーした、決めたら動くの早いタイプのようです。レースまでの美浜サーキットの走行枠も全走行して、一気に走行経験を積み上げてやる気十分です。(このST決勝の翌日のOPEN練習枠も予約してあるのにはびっくり)
特スポで44秒台だったのに決勝ではいきなり6秒も縮めてベスト38秒台はお見事です。きっとこの勢いで自社のマフラーの開発もしてくれることでしょう。70キロ後半のヘビー級な方が30秒を切れるようなマフラーをぜひお願いします。

第4スティントはもう1回私が走ります。
いや~、しかし、みんなベスト更新ですごいな~。これは私もベストを更新しないと。少なくとも第1スティントのような33秒台平均ではいけません。頑張らないと・・・いけないのですが、体が重~い。腰がイタ~い。あと1時間は辛~い。でもそんなことお構い無しにRUN R&D氏、ピットイン。

私、最後まで頑張ってきます~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する