FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2010鈴鹿ミニモト4HST 予選

いよいよ、決勝当日。雨の予報も無くなって暑くなりそうです。

緊張します。昨年も走っているんですが、予選アタッカーとなった今年は緊張度が全く違います。

ピットには、昨日レースを終えたばかりのモトキッズな面々が。ピットクルーとして手伝ってくれるとのこと。豪華です。豪華すぎて余計に緊張感が増します(笑)。

当チームの頭脳ピットクルーのSED氏が話しかけてきて、私の精神状況を探ってます。緊張している時はリラックスさせ、たるんでいる時は喝を入れる。SED氏とはもう15年以上もの長い付き合いなので、私をコントロールする術を知っているようです。

予選は他のマシンのスリップを最大限に使わないといけません。私の実力的には抜くより抜かれる方が多いだろうと判断して、予選出走順番待ちの列の前の方にマシンを並べておく作戦にしました。抜かれながらスリップを使おうということです。

時間になりいよいよ予選開始。

5~6番くらいでコースイン。新品タイヤなのでちょっと様子を見ようと思っていたのですが、あっけなく前に離されはじめたので、いきなりの全速力です。
1周目 3分32秒。これではピットで殺されます。前に2台速そうな人がいるので付いていくことにします。
2周目 3分27秒。いきなり自己ベスト2秒更新です。ストレートが追い風でパワーバンドを振り切ってます。
3周目 3分29秒。
もっと大きな集団のスリップを使えたらとてつもなくタイムアップするんじゃないかな~なんて考えて、スローダウンして集団を待つ。けど、台数が少ないからか、集団が来ない。このままのペースで走っているとコントロールライン通過しちゃって2周つぶしちゃうぞ。もっとペースを落とせばいいのでしょうけど、それはそれでイケナイことのような気もしてしまい・・・。要はこういうことになれていないんですよね。

で、もう少しでシケインというタイミングで集団を見つけ加わるのですが、どうやらトップクラスの集団のようで、シケイン立ち上がりでスリップに入る前に振り切られているような・・・全くスリップの効きを感じないまま1周しコントロールラインを通過すると
5周目 3分26秒。おお~やりました!自己ベスト更新!目標達成!

その後は2~3台のスリップで27秒台が続き、最後の9周目3分26秒9がベストタイムでした。

予選順位は28位。前半スタート獲得です。タイムも順位も目標を達成できて良かった良かった。

とはいえ、タイムはほとんどスリップのおかげでして、走りの内容は金曜日の特スポで得た実感には程遠いものでした。
さらに、冷静に戦える集団は3台まで。それ以上の集団になるとどこを走ったら良いか分からなくなってしまいます。
スリップの効きもかなり違うんですが、スリップから抜け出た時の風の抵抗もすごく大きく感じちゃって、とにかく上手く行きません。

決勝の序盤がとても心配です。10台・20台以上の集団ですからね。ちょっと恐怖です。まずは集団の中でしばらく過ごしてなれることに専念しようと思いました。集団から離れないこと。これが決勝の目標です。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する