FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2010鈴鹿ミニモト4HST 練習走行会

7月29日、公式日程的にはSTクラスとしては最後の練習走行会。
走行量が圧倒的に不足している当チームとしては当然のように参加しました。

が、RUN R&D氏は所用により欠席。私とS浦氏、ピットクルーSED氏の関東組のみの参加です。
が、しかし、私は体調不良により乗れそうにもありません。
S浦氏に全枠乗ってもらい、OHしたエンジンの確認とS浦氏自身のタイムアップを図ってもらう予定。

鈴鹿に向かう途中の高速道路はところどころ豪雨。あ~

でも鈴鹿についてブリーフィングを終えると雨は上がっていて、路面もみるみる乾いていきます。

1本目はまだチョイ濡れですが、S浦氏の体重によるトラクション効果でしょうか?順調に走って3分42秒。

2本目は完全ドライで、OHしたエンジンでどこまでタイムアップするか、期待してましたが・・・
2周目に3分37秒に入るのですがその後タイムが伸びず40~42秒台。チョイ濡れ路面と変わらないじゃないか~?
3本目も2周目が3分39秒でベストでその後は43~46秒台。

走り込んで鈴鹿での走行量が増えるにしたがってタイムアップしないといけないのに、徐々にタイムダウン。

熱ダレしたんだろうか。

このマシンには油温センサーをつけていなかった。だってSTクラスはオイルクーラー付けられない。なら油温を知ってもしょうがないじゃないか?と。おかげで熱ダレなのかどうかの判断も出来ず・・・

とりあえず、S字で10000回転近く回しているので、リヤスプロケを1Tロングにしてみようとセッティングを変えたところで、また雨が降ってきて、この日は終了。

8月2日、この日はミニモトOPENの練習日でしたが、まだまだ練習量が足らないのでエントリー。
RUN R&D氏にいたってはこの日サーキット初走行です。前回体調不良で走らなかった私も不調のエンジンの確認のためにも走らねば。

RUN R&D氏は125のオープン車両を持ち込んで4枠全部走って、疲れた様子も無く、楽しい楽しいを連発。初走行で楽しいと思えたのは良かったです。もうイヤだ!ってなってたらミニモトも出れませんからね。

関東組は1本目、3本目を私が、2本目、4本目をS浦氏が走りますが、私3分35秒、3分34秒、S浦氏3分42秒、3分40秒とかな~り痛いタイムを刻んで終了です。

走行後ロガーを見直してみますと、昨年のデータとの比較でストレートで900回転ほども回ってません。
ライダーとしては昨年より頑張っているんですけどね。かなり凹んで最後の走行会は終了しました。

う~ん、どうしたらいいのだ・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する