ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2016DE耐マシン エンジンメンテその1

3月5日の走行会は当店チームにとって最初で最後のテストDay。

なので、いきなり本番仕様でマシンを作り上げて持ち込まなければなりません。

ということで、エンジンのOHを開始。

昨年秋のちょっとDE耐でライダー達が「振動が大きい」と言っていたので、クランクの芯出しをしてみようかな(自分で出来ないけど)とエンジンをばらしてみたら・・・

クランクケース左に・・・
P1080159 コピー

クラックのようなものが・・・
P1080160 コピー

裏側から見てみると・・・
P1080161 コピー

裏までのクラックですか???

99%(いや120%か?)クラックのようですが、確かめてみます。
P1080190.jpg


使い方は、洗浄液で汚れを落とし、赤い浸透液を吹き付けます。この赤い液体がクラックの隙間に入り込みます。その後再度洗浄剤で表面をキレイにしたあと、白い現像液を吹き付けます。するとクラックの隙間に残っていた浸透液が表面の現像液に引っ張られて表面に赤い亀裂が浮かび上がるというものです。

洗浄後浸透液を吹き付けます。この時点ですでにクラックが浮かび上がっていますがwww
P1080198.jpg

見なかった振りをして現像液を吹き付けてみますと・・・かすかに赤い亀裂が浮かび上がりました。
P1080201.jpg

これだけの見事なクラックなのでもっと明確な赤いラインが浮かび上がると思っていたのですが。。。
裏側を見るとクラックから浸透剤がこぼれ出てしまっています。
P1080199.jpg

裏からこぼれてしまって、表に浮かび上がるほど残っていなかったのでしょうか???

ということで、クランクケース左、余分にお持ちの方がいらしたら、お譲りくださいませんか?!

よろしくお願いします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。