ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMのショートケーブル装着インプレ

低いハンドルに交換すると、スロットルワイヤーやクラッチワイヤーがたるみすぎ、その取り回し如何ではスロットルやレバーの操作が重くなったりします。また無理やり純正状態と同じ場所を取り回した結果、ステアリングが切れにくくなったりもします。
そんな時には、適切な長さのケーブルに変更することで改善することがあります。

キタコ製ショートケーブル類を試してみます。60mmショートです。
P1070880.jpg
P1070881.jpg
P1070898.jpg
P1070899.jpg

純正ケーブル時
P1070894.jpg

ショートケーブル交換後
P1070900.jpg

写真だとちょっと分かりづらいが、純正ケーブルだと中身がぎっしり詰まった純正ライトは取り付けが難しかったのだが、ショートケーブルだと容易に取り付けできた。
P1070896.jpg

ただ下のようなレース用のゼッケンカウルであれば空間があるので、純正ケーブルでも大きな問題はなさそうです。
P1070895_201512251715001bb.jpg

ということで、このショートケーブルは公道ユーザーにこそメリットがある商品のようです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する