ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レースその3:モトピクニックST100フレッシュマン

12月6日にチーム名「Falcon DCR 和田卓也」として、モトピクニックST100フレッシュマン最終戦に参戦しました。

前回クラス優勝したライダー「しゃあ」&GROM。今回はクラス優勝と41秒切りが目標だったように思います。

ただ前週は耐久茶屋に参戦していたわけで、その時の転倒ダメージの修復やお仕事の調整などもあって、ぶっつけ本番の当日入りです。

耐久茶屋で発生した突然のエンジンストップの対策は間に合わなかったので、とりあえずマシンにお祈りだけしましたw

■予選

少し強めの風の中、タイムアタックするしゃあ&GROM。エキスパートライダーと混走というメリットを活かして是非とも41秒を切って欲しかったが41.1秒止まり。
まあ風もそこそこあったし、クラス2位には0.6秒も離しているし、エキパ組みに混じっても7番手のタイムなので、それほど悪くもないのだろう。

決勝に向けて、ライダーはファイナルをロングに振るそうだ。
私はいつエンジンが止まっても良いように?配線加工をしてニュートラル以外でもセルを回せるようにした。こんなことしか出来ない自分が情けない。もっとたくさん引き出しが欲しい。

■決勝

1コーナー外側の土手からビデオ撮影したので、それをどうぞご覧ください。

う~ん、ライダー「しゃあ」&GROMを写し続けるつもりだったのだが、途中でライダーのスイッチがOFFになったwのが伝わってきたので、2番手争いにカメラの方向を変えました。2番手争いは「本物のフレッシュマン」きのっぴ氏が「フレッシュマンとは名ばかりのおじさん達」に翻弄されている、見ている側は楽しいでもはがゆい展開でした。

結果、「しゃあ」&GROMは独走で優勝するも、タイムは予選より遅くなったようです。先頭を走っているからスリップが使えないことや変更したファイナルが外れスピードが伸びなかったこと、そして何よりライダーのスイッチが切れちゃったことが原因でしょうか?

41秒を切るための武器を何か1つでも提供できていたなら、もっと充実した内容になっていたのかも知れないと思うと申し訳ない気持ちになります。

来年はぜひ開幕戦からST100エキパで走ってもらいたいと切に願います。(いろいろ決まりはあるのだろうけど)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。