FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

DE耐マシンのベンチテスト(キャブ編)

先日衝撃の事実が発覚しました。

うちのマシンにはPD22のチョークバタフライを取り外したキャブが付いています。
吸入側にあんなにずうずうしく存在するバタフライは、吸入効率を悪くしているに違いないと、昨年末に取り外しちゃいました。おかげで始動性の悪いこと悪いこと。でも一度エンジンが温まってしまえば始動性も悪くないので走行時の性能を優先していたんです。

それが・・・

キャブ比較

先日ベンチテストでキャブの比較をしたら、なんとチョークバタフライがあってもなくても差がないんです(うちのエンジンの場合ですよ。他の条件の時は知りません。)。
赤=PD22バタフライ付 
青=PD22バタフライなし

げ~っ、何だよ!

PE22とも比較しましたら、やはりPE22の方が上行ってました。やはり「パワーのPE」というのは本当なんですかね。
紫=PE22

※ちなみにノーマルのPC18が黄緑です。ノーマルキャブはありえませんね~

そして追加で衝撃の事実が・・・

チョークバタフライを取ると「キャブの加工に当る」ということでDE耐レギュレーションではNGとのことです。実際に車検ではねられた方からの情報なので、間違いないんでしょう。(皆さんは念のため事務局にお確かめください。私は確かめる元気もないです。)

ってことで、PD22を使う意味が・・・

俗に「燃費のPD」と言われていますが本当なんでしょうかね。パワーがあるキャブで、抑え目に走った方が燃費は良さそうですけどね。

ってことで5/3の公開練習会ではPEとPDの比較テストをしてみようと思います。

ところでキャブといえば昨年DE耐直前に販売され、みんなが右往左往して、何とか入手したと思ったらセッティングが出なかったあのCRミニに続き、今年はヨシムラがTM22MJNを出すんですね。今度はちゃんと出荷体制が整っているんだろうな!セッティングも出るんでしょうね!

怒っている?いいえ、怒っちゃいませんよ。
キャブ本体に3万円以上、MJNに1万円、インマニに数千円、さらにパワーフィルター取り付けアダプタに数千円、デュアルスタックに数千円と一体いくら掛かるんだこのキャブは!なんてこれっぽっちも思っちゃいませんよ。
ケイヒンの方に言われた「キャブの奥深さを楽しんでください」という言葉が胸に突き刺さっているだけです(笑)

■当店webSHOPはこちら

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する