ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMグロムのレース

この1週間で同様のご質問を3件頂きました。

「今度GROMを買ってレースをしたいのですが、どこをいじったらよいですか?逆にここをいじったらレースに出られなくなってしまうなどの注意点も教えてください。」というものです。

現在「GROM」を参加可能車種として指定しているレースは、代表的なものとしては鈴鹿ミニモトST4h、DE耐、FSWミニろくでしょうか。
いずれもいわゆる「STレギュレーション」になります。各地のミニサーキットでST100クラスがあれば、そこにも参加可能なところが多くなってきていると思います。

125ccのGROMが100ccのエイプやXRモタードに混じっても優位にならないように、改造可能範囲が極めて狭いST仕様に限定しているレースが多いように思います。

なので、「いろいろなレースに出たいのなら、STレギュレーションの範囲内でいじりましょう」ということです。

ちなみに当店のGROMはDE耐参加時点ではST仕様でしたが、その後シュラウドが外れ、NSRホイールに変わり、エンジンにはハイカムが入っています。ここまで改造するとSTレギュのレースには出られません。もし出るならOPEN125的なクラスになります。
OPEN125はエイプ/XRの縦型エンジンや横型エンジンを社外のヘッドキットやクランクを入れて大きくパワーアップした車両が多いです。車体もNSR/NSFなどの運動性能の高いものに変わっている場合が多いです。
一方、今のところGROMには125cc社外ハイパワーヘッドキットが有りませんので、125ccのままでは大してパワーが上がらず、苦戦するのは間違いないと思ってます。(それを確かめるためにSUGO6時間耐久の練習会を走ってみる予定です)

ということで、現時点ではGROMでレースするにはST仕様一択じゃないでしょうかね。

将来GROMがレースバイクの主流になるころには、GROMオープンクラスなる改造クラスが出来ているかもしれませんが、エイプ/XRと混走のレースをしているうちは難しそうですね。

GROMのST仕様に関しては後日また書きますね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する