ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2015DE耐レースレポートその13

ライバルである2位の♯17もチーム最速のライダーが乗っているので、簡単には追いつかないと思ったのですが、たった数周で追いついたMさん。さすがです。いつもは必ず途中でご機嫌を損ねていた当チームのGROMも、今日は現時点でも調子が良いようです。

このペースなら一気に追い抜いて、引き離しに掛かりたいところですが、ガソリンが厳しい当店。Mさんもそれを分かっているので、無駄にペースを上げず他車のスリップを使いながら燃費を稼ぐ走行をしている。
DSC_5312.jpg

♯17のライダーさんもめちゃくちゃ速く、Mさんと終始テールツーノーズ。延々1時間以上も続くバトル。もてぎのサーキットカメラも2台のバトルを追っています。
DSC_5712.jpg

DE耐の最終スティントは、ガス欠しないように燃費走行するペースの遅いマシンときっちり給油して全開で追いかける速いマシンとのバトルになることが多く、今回のように同じようなペースでガチでバチバチやり合うようなバトルは初めて見ました。
DSC_5465.jpg

DE耐は「同一周回は同一順位」というルール。たとえ♯17より後ろでゴールしても同順位になるので、無理せずガス欠しないでゴールする作戦を取るべきではないのか?というご質問を頂くことが多いのですが、そんな冷静な判断はDCRには無理です(笑)。最後は行くところまで行け!がDCRなのです。

いよいよ残り2周。計算上ではそろそろガス欠です(笑)。モニターのチャンネルを切り替えてMさんを追いますが、運よくまだ走っています。

最終コーナーはいつも前で立ち上がるMさん、そのすぐ後ろでスリップを使って前に出る♯17。毎周このパターンです。前で立ち上がるのは不利なように見える。

そしてスタートから7時間が経過!総合トップがチェッカーを受ける。

これがラストラップだ。それなのにいつものように最終コーナーを前で立ち上がるMさんとぴったり後ろに張り付く♯17。前で立ち上がって逃げ切れるのか?Mさん。

スリップから右に出る♯17。横に並んだままストレートを併走。そしてほぼ同時にチェッカーを受ける2台。

どっちが勝った?とモニターを覗き込む当チーム全員。。。

パラパラッとモニターの表示が変わり、♯17が上、当店が下に入れ替わって表示された。。。

あ~負けた~と声を出したチーム員全員ですが、みんなニコニコ笑っていた。

♯17との差は0.072秒。負けちゃったけどすごいレースでした。♯17おめでとう。Mさんありがとう。

ゴール後、Mさんに聞いたら「コントロールラインがもっと最終コーナー寄りだと勘違いしていた」とのこと。だから最終コーナーを前で立ち上がってきたんですね~。

パレードラップでもガス欠せず無事にストレートまで戻ってきたMさんに最初に言ったのは、「あのストップアンドゴーペナルティなんだけど・・・私の違反が原因です。」でした。ご本人は「オレ、何か違反しちゃった?イエロー無視とかしちゃった?」とずっと思っていたそうです。本当にすみませんでした。

♯98 ダイレクトドットコムレーシング 122周 
総合着順4位(周回数順位3位) GROMクラス着順3位(周回数順位2位)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する