ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2015DE耐レースレポートその9

マシンの調子が今日は抜群に良いのか?前走車のスリップが効いているのか?それともMさんが速いだけなのか?


スタート前に「シミュレーションの平均ラップタイムは3分5秒とのことですが、それ以上速く走れる場合でも3分5秒に合わせて燃費走行したほうが良いですか?」とMさんに聞かれ、「いえ、全力で走ってもらって構いません」と答えていましたが、決勝でいきなりここまで速いのも困りものです。想定していたチーム平均より10秒も速いとこれまでのデータが活用できなくなりますから。


今日のマシンが特スポ時に比べてさらに良くなっているなら、第2ライダーである私のタイムもかなり上がるはず。私のタイムが上がるならKさん、Yさんのタイムも上がるはず。そうなると周回数が増えるので、1回キャンセルするはずだった給油を行った方が得になる可能性も生まれる。

そんなプランBを描いている間にも順位を2位にまで上げ、予定通り15周で給油インするMさん。

私の最初の数周のタイム次第で今後の展開を決めることにして、第2ライダー私の20周がスタート!

マシンの調子は悪くはない。特スポ時よりも少し良いような気もするが。しかし私のタイムは特スポと同じ3分フラットくらい。Mさんのようにベストを4~5秒も更新するような感じではない。コースが空いているときは良いが、混戦に弱いのが露呈し、平均ペースを上げられない。

そんな感じで3周ほど走ると、前方にGROM発見。♯17だ。
※結果としてこの日はこの♯17との接戦になるのだが、その時はまだそんなことは分かっていない。


車体のセットが決まっていないのか、燃費走行しているのか、♯17のペースが上がらない感じなので、程なく追いつき追い越す。しかし♯17のライダーさんも上手い方で、コーナー入り口~立ち上がりで私を抜いていく。私も負けじと数回抜き返してみたものの私の実力ではたとえ抜いても引き離せない感じだ。上手いライダー同士ならお互い協力し合ってペースを上げられるのだが、どうも私が足を引っ張ってタイムダウンしてしまったので、その後はあえて抜かずに♯17の後ろで燃費走行することにした。

そもそもゴール時には残ガスゼロの予定の当店チーム。かつ、第1スティントが予想以上のハイペース。なのでここでできるだけ燃料をセーブしようと考えました。
結果、タイムは上げられず、第2スティント以降も当初の計画通りに進めることになりました。




↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら当店のGROM用バックステップ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する