ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2015DE耐レースレポートその7

いよいよ特スポです。特スポはチーム最速のMさんは欠席。残りの3名のライダーで各自ベスト更新を目指してもらいます。

決勝を翌々日に控えた特スポですから、一般的には本番に向けての微調整を目的にするのでしょうが、ここでベスト更新を目指してもらうのには理由があります。

この時点でMさん以外のライダーのベストはMさんから5~6秒遅いため、作戦が立てにくいのです。全員の速さが揃っていると誰がどのスティントを走ってもよいことになるので、とてもシンプルな作戦にできるのです。

ということで、今回はひとまず3分3秒を目指してもらうことにして、1本目は私からスタート。

今回も電気的な安定が最重要課題なのだが、もう一つ試したかったのがファイナルの変更。
これまで「F15/R35でコーナー3速、ストレートで4速使い切り」で合わせていたのですが、ダウンヒルストレートで吹け切り気味なことと決勝ではスリップを使える場面が増えるのではないかと考え、「F18/R34、コーナー2速3速、ダウンヒル・スリップのみ4速」という仕様にしてみました。

特スポの参加台数が非常に少なく、スリップはほとんど使えませんでしたが、各コーナーでのエンジン回転数も特別悪くはなく、これはこれでアリかも。すぐに3分2秒が出てマシンの調子も悪くなさそうなので、急いでピットに戻り、Yさんに交代。
これまでの走行会ではYさんが騎乗するタイミングでなぜかGROMが遅くなる状況が続いていたので、好調なマシンをYさんに渡せたことで今日の私の任務はほぼ終了。
みんなの期待が集まる中、初めて好調なGROMに乗ったYさん、見事3分01秒の自己ベストです。チームも盛り上がります。

2本目にはKさんが絶好のスリップ(原田選手と五百部アドバイザー:撮影中だったみたい)を見つけ猛アタック!ついには2分59秒台突入!

おおー、来たね来たね!チーム最速のMさんにしか3分を切れないと思っていたが、Kさんが突破口を開ける。

いい流れだなー。各ライダーが刺激しあってタイムがどんどん上がっていく。

この時点で3分3秒という当初の目標で満足するライダーはいなくなり、全員が「3分を切る!」という目つきに変わっていました。

ある意味すばらしい!しかし今冷静に考えると、大人気ないぞ(笑)!大事な決勝を翌々日に控えているんだぞ!このタイミングでマシントラブルやライダーの怪我があったらどうしようもないぞ。

そうです。好事魔多し。

3分切りを目指してコースインしたYさん、台数が凄く少なくて終始単独走行。タイムは3分を切れそうで切れない。そんなタイミングで引っ張ってくれそうなマシンに遭遇。ストレートで離されつつもコーナーで喰らいつき、いよいよ3分を切れそうなまさにその瞬間。。。

前走車が転倒、避け切れずYさん激突。

救急車でメディカルに運ばれてきたので、めちゃくちゃ心配したが、2人とも大丈夫だった。後日激突の瞬間のオンボード動画を見ましたが、2人とも本番のレースを走れるくらいの軽症で済んだのは幸運だったといえるほどのシーンでした。

転倒したマシンがレッカーで戻ってきた。
P1060416_201505221720219cb.jpg
外装パーツが壊れていたが、周囲の方に工具やパーツを借りることが出来、何とか修復できた。Nさま、ご協力いただきありがとうございました。

3本目、マシンに不具合がないかを確かめるために出たはずの私ですが、マシンに問題がないと分かれば、タイムアタックです。みんな自己ベストを更新しているのに私だけ出来ていないなんて許せない!

当初7周程度で終わりにするつもりだったのですが、気付けば10周も走ってしまい、他のライダーが乗れなくなったのですが、ベストを更新(2分59秒)できたので良しとします(笑)。

特スポ3本の結果、ライダーのベストタイムは2分59秒~3分00秒、燃費は32Km/Lとまずまずのレベルになりました。

午後は受付で本日一番タイムが遅かったYさんが罰ゲームとしてグリッド抽選を行い、なんと12番という好グリッドを獲得!
P1060417_201505221720292f6.jpg

車検も装備品チェックも指摘なしでパス。

決勝に向けて、タイヤ交換、オイル交換、空タンク化の練習なども行って、準備万端!

あとは決勝を残すのみです!!!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する