ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2015DE耐レースレポートその5

4月練習走行会。2月、3月と低値安定だったので、今度こそ!の思いで臨みました。

今回はDCR初登場のMさんがいる。彼がどこまでタイムを上げるのか?興味津々でした。

当日は午後から雨の予報が出ていたので、ドライのうちにMさんに乗ってもらおうと、1本目を任せました。

「リアタイヤは新品だけど、フロントはしばらく使っていない中古なので、最初は様子見てください」とコースに送り出したのですが、計測1周目でチームベスト更新です。もてぎは7年振り?らしいが、そんなことは全く関係ないのですかね?

不具合があればすぐにピットインして!と言っておいたのですが、ピットインする気配もなくタイムを上げ続けます。間もなく3分を切り、2分58秒という信じられないタイムをたたき出しました。

おお~、すげー。MさんといえどもGROMで3分切れるとは思っていなかったのでびっくりです。

次なる興味は、「マシンが良くなったのか?それとも単にMさんが速いだけなのか?」です。

それを検証するために、Kさんに乗ってもらいます。Kさんは「今回3分10秒を切れなければDE耐に参加しない!」と言っているので、マシンが好調なうちに乗ってもらう必要もありました。

Kさんも少ない周回ながらあっという間にタイムを上げ、3分4秒台を出します。前回のタイムを10秒も更新しています。

こりゃすごいぞ!Kさんも大きくタイムを上げたことで、マシンの戦闘力が格段に上がったことが証明された。

ピットに戻ってきたKさん曰く「3月までと全く違う。ピットを出て行く瞬間にすぐに違いが分かった」と。

ピットの中は大盛り上がり!2月3月のお通夜のようなピットとは真反対です。

よし!今度は俺達が10秒アップする番だ!と、走行準備をしていたYさんと私だが、ここで無常にも雨が降り出す。

何だよー。

雨の走行データも必要なので、Yさんがピットアウトするものの、ビクトリーコーナーで転倒。ここからチームは下降線。

修復なったマシンで私もコースに出たが、さほどパワー感を感じず。

ファイナルを変えたり、マフラーのゆるみが発見されたり、サブコンの設定を変えたりしてみたが、どれも効果がなく、結局1本目と同じ仕様に戻してみたが、Mさんをもってしても3分4秒が限度でした。

う~ん、1日の間で、5~6秒もタイムが変わってしまう。一体どういうことだ。後から聞いた話では他のGROMユーザーも同じように安定しない状況だったようです。

GROM、手強いな~

この日、一度はお祭り騒ぎだった当チームも最後はお通夜な雰囲気になったのでした。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する