ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

サブコン

失火対策第2弾は、サブコンの交換です。

サブコンの仕組みは各社まちまちですし、今使っているサブコンが失火に関係しているかどうかも分かりませんが、トラブルシューティングのためには交換する必要がある場合もあります。

もう1個サブコンを買うなら、使用中のものとは別のサブコンを試したかったのが本音ですが、レースまで走行機会がほとんどない現状で、全く新しいサブコンにトライして上手くまとめる自信がありません。

ということで、同じサブコンを購入。エニグマです。
P1060344.jpg

スマホやタブレットで無線で燃調変更できるのが良い。いや正確には、タブレットで燃調変更している自分の姿が格好良く見られているのではないかという期待感と言った方が正しいかもw

ピットレーンリミッターも同じ。バラバラバラ~とリミッターが掛かったマシンでピットロードを走っている時の注目されている感がたまらないw。

燃調補正の方法はマイクロセックという訳のわからない単位で絶対値での増減です。何%アップ/ダウンのほうがイメージしやすいのですが、より難しい燃調補正をあえて選んでいる自分に酔う事が出来ます。

このエニグマにはO2キャンセラーが内蔵されて、かつ、配線作業が不要なカプラーオンタイプが売られているのですが、あえてO2キャンセラーが内蔵されていないタイプを購入しました。現在使っているものと同じタイプにする必要があったためでもありますが、O2キャンセラーを使う場合と使わない場合でECUのベース燃調が異なるように感じていて、O2キャンセラーなしでセッティングを出してきた当店マシンにはO2キャンセラー内臓タイプは合わないと判断しました。

さあこれで失火が直るのでしょうか?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する