ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMグロムのガソリンキャッチタンク

レース車輌にはキャブがオーバーフローした場合にそのガソリンを受ける「ガソリンキャッチタンク」の装着が義務です。

GROMにはキャブがないので、「ガソリンキャッチタンク」は不要だと思っていたら、ガソリンタンクのオーバーフローを受ける必要がありました。

このホースですね。このホースはタンクのここの穴につながっています。
P1060321_201505042109496b0.jpg
P1060322_2015050421100985d.jpg


ガソリンを入れすぎた場合や転倒してバイクが横になったときにここからもれて来る可能性があります。

車検相談で係りの人から「問題ないのなら埋めても良いですよ」とアドバイス受けましたが、タンク内の気圧調整のための穴が他に見当たらないので、埋めちゃまずいのかもしれません。タンクキャップに気圧調整機能(まあただの穴ですが)がある車輌もあるそうですが、GROMのタンクキャップはどうなんでしょう?

仕組みが分からないくせに安易に埋めたらトラブルの元なので、ガソリンキャッチタンクを装着することにします。

先日の走行会で親切な方に教えてもらった位置にステーを作って装着。
P1060323.jpg

ガソリンキャッチタンクには通気孔が必要です。そしてその通気孔が雨水が入らないように対策します。
P1060324_201505042110157e7.jpg

この雨対策が無駄になるような天気を望みます!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する