ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMグロムのマニュアル類

バイクをいじるとき、レースするときに必要なのがサービスマニュアルとパーツリスト。

しかしそこに書いてある内容に間違いがあったときは、メーカーのHPかどこかで正しい情報を確かめることが出来るのだろうか?

GROMグロムの吸気温度センサー(写真右)。
P1060184.jpg

サービスマニュアルに下記の情報(40℃ 21.2~16.4KΩ)があったので測ってみたが、もっと小さな値しか出ない。
P1060182_20150411182000f2a.jpg

となると、センサーが壊れていると普通思いますよね。

で、新品の吸気温度センサーを買ってみたが・・・数値は変わらず。
P1060177_20150411181928cfa.jpg


サービスマニュアルの記載値が間違っているのか?それとも新たに買った新品センサーが壊れているのか?

こういうことってどこに確認したらよいのでしょうかね?


GROMのクラッチ。
P1060223.jpg

サービスマニュアルとパーツリストの図が違いますよ。図の向きだけならともかく、あるパーツ(ワッシャー・10)の位置関係が違います。
●サービスマニュアル(「ワッシャー」の位置)
P1060208_20150413153852114.jpg
●パーツリスト(「10」の位置)
P1060209_20150413153854ed4.jpg

で、パーツリスト通りに組むと、クラッチが切れません。
サービスマニュアル通りに組むと正しく切れます。サービスマニュアルの図のほうが正しいというわけです。

でもエンジンばらしをある程度やっていくと、パーツリストのほうが便利に感じるようになって来ます。組みばらししながら、必要なパーツの品番を調べられますからね。

こういうこと(サービスマニュアルとパーツリストが異なる)があるとどちらを信じたらよいかわからなくなって来ますね。

と、愚痴っていますが、このおかげでクランクの遠心フィルターやクラッチを分解できました。こんなことでもないとわざわざ分解しないからな~
P1060203_20150413154637e8c.jpg
P1060215_20150413154639db7.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する