ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

エイプXRエンジンの組み立て

ばらしたままあちこちに散らばっていてこのままだと何がなんだか分からなくなりそうだったので、組み上げてしまうことにしました。

きれいに洗浄してベアリング類、オイルシール類を交換したクランクケースに、もう使わない中古クランクをいれる。
P1060120.jpg

この中古クランクは壊れているわけではないが、そこそこ使ったから交換された訳で。。。そんなクランクをせっかくきれいにしたケースに入れたくない気持ちが強くて、なかなか組立作業が始まらなかったのが本音。

今回はサービスマニュアルを見ないで組んでみよう。だって自分のエンジンじゃないから(笑)。
問題なく組めているように見えるが、トランスミッションの組み合わせに3時間もかかったことは内緒だ。
P1060123.jpg

ベアリングシムを入れてあげる。
P1060124.jpg

ノックピン、次に外す時まで錆びないといいな~
P1060125.jpg

腰下完成。
P1060126.jpg

うちでこれまで使ったきたオイルストーン、目が粗いような気がして、細目のストーンを買ってきたが、大差がなかった(泣)
P1060127_201504071206058a3.jpg

ベースガスケットは薄いものにして圧縮アップ!
P1060128_201504071206072f7.jpg

ピストンは新品にしてシリンダーを組もうと思ったら汚い。
ので、わざわざお湯を沸かして温かい洗浄液作ってみたが。。。
P1060132_201504071206356bd.jpg
P1060129_201504071206082a8.jpg

さほどきれいにならない(悲)
P1060130_20150407120612da7.jpg

カムチェーンテンショナー。これ、どこが壊れるのかな~。
P1060133.jpg

フライホイール。これ一度緩んだやつですよね。今後まめに緩まないようにチェックしてくださいね。
P1060134.jpg

ヘッドはカム、カムホルダー、バルブを新品にして漏れがないかチェック。
P1060131_20150407120611e32.jpg

ノーマルカムなので測る必要もないけど、ベースガスケット薄くしたから、念のためにチェック。
P1060135.jpg

完成。
P1060136.jpg

クランク大端ベアリングが破損したエンジンに対する正しい対処だったかどうかは「?」ですね。エンジンが掛かって普通に走れば十分です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する