ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

20150401 4ストミニバイク走行会

先日の4ストミニバイク走行会、皆様お疲れ様でした!

午前中はもつけど・・・という天気予報どおり午後から雨が降りましたが、最後にはまたドライで走れる幸運もあって、まあまあな練習日となりました。皆さんはいかがでしたか?

2回の練習会ともベストが3分10秒という低値安定の当店チームのGROMですが、O2センサーのキャンセル方法をエニグマ製品から単なるボディアース方式に変え、それにあわせた燃調をインプットしたGROMを持ち込みました。公道でのテスト走行では問題がなかったこの仕様ですが、このもてぎで上手くいくという保証はなく、まだまだ手探り状態です。

そんな状況のわがチームの唯一の保証は、今回新規加入したライダーM氏。長野からの遠征参加です。
鈴鹿ミニモトで表彰台に乗る飛びぬけた才能、耐久茶屋ではGROMをクラス優勝に導いた輝かしい実績、そしてそんなことを微塵も感じさせない気さくな性格と個性的な風貌(笑)。
これまで彼と当店はあまり接点がなく、かろうじてFacebook上のお友達というかすかな繋がりにもかかわらず、「DCRからDE耐に出たい」と立候補するあたり、並みの神経じゃなさそうです(爆)。

そんな彼が、走行前に当店のGROMを暖機しながら「甲斐田さん、このGROM、良い感じですよ」と。

そう言われても、3分10秒低値安定の当チーム。「暖機中のスナッピングだけでマシンの調子が分かるものか!気休め言わなくても良いですよ!」って、内心そう思っていました。

走行1本目。いつ雨が降り出すか分からないので、当店のGROMに乗ったことのないM氏を最初に送り出す。長野から4時間以上も掛けてきてもらったからにはドライで乗ってもらいたいという私の優しい対応です。

7年ぶりのもてぎらしいが、計測1周目で早くも私のベストタイムを更新!まったく。。。失礼な奴です。
タイヤはここ1年使っていない中古だし、ブレーキパッドが新品だから最初は様子見てねと言っておいたのに。
その後も失礼なタイムアップを続け(笑)、ベストは2分58秒台。チームベストを一気に12秒も上げてしまいました。何度も言うけど失礼です。


う~ん、マシンの仕様変更が当たったのか?それともライダーが速いだけなのか?どっちだ?

その検証のために、前回も走行しているK氏を投入します。もしK氏のタイムが上がらないとなると、マシンの性能がアップしたのではなく、単にM氏が速いだけという結果になります。
さらに・・・前回の走行会のタイムがチーム平均より遅かったK氏、今回3分10秒のチーム平均に届かなかったらDE耐参加を取りやめるという背水の陣で今回の走行会に参加しています。
そんなさまざまなプレッシャーの掛かる中、K氏自己ベストを10秒も更新の3分4秒台。自ら設定したDE耐参加条件を見事クリアしました。


そんな1本目が終わった当チームは超ハッピームード。
しかし今から思えばそこが頂点でした。世の中、そんなに甘いものではありませんでした。反省。

2本目。
M氏による3分切り、K氏による10秒のタイムアップ。そんな高いハードルを設定され、昼食も喉を通らないのは残りのライダーであるY氏と私。さらに雨が降り出し天気までもがハードルを上げます。

ウエットなら私は走りたくないので(笑)、Y氏に走らせます。チームリーダーである私の命令には絶対に従わなければなりません。それがチームDCR。

そして、M氏&K氏&お天気&私に高いハードルを課せられたY氏は、期待通り(?)に最終コーナーで転倒。

幸いにもマシン・ライダーとも大きなダメージはなく再度走行することが出来ました。マシンが重いのでもっといろいろ壊れるかと思っていましたが、うれしい誤算でした。

当店のGROMはこれまで転倒履歴がなかったので各ライダーは今ひとつ思い切っていけなかったのですが、Y氏が転んでくれたことで他のライダーのプレッシャーがなくなったことでしょう。そういう意味ではY氏も重要な役割を果たしたことになります。

雨はほとんど止みましたが路面はまだかすかにぬれている3本目にはファイナルを変えて私が騎乗。ほとんどドライなんですが完全ドライじゃないと走れない私はチーム最遅タイムにて周回。やばい。私がDE耐参加を辞退すべきタイムだ。
そう思って気合を入れ直すも、M氏・K氏が絶賛するほどのパワーは感じられず、気づけば警告ランプが点灯していた。

う~ん、楽しくないぞ~。やけくそでピットレーンリミッターをバラバラと効かせて遊ぶ。


調べてみると警告ランプの意味はO2センサー異常でした。
ボディアースにてO2センサー機能をキャンセルしていたのだが、どうやらその方法ではO2センサーが壊れているとECUは判断するようだ。

う~ん、2時間以上も走った今頃になってなぜ警告ランプが点くの?分からん。とりあえずECUを初期化して、セッティングも絶好調だった1本目と同じ仕様に戻して、4本目は全員で少しずつ走る。

M氏ベストから6秒落ち、K氏も5秒落ち。やっぱり復調していないようだ。
でもY氏・私は3月の走行会から4秒アップ。


結局、3月よりは良くなったが、1本目の絶好調に程遠いまま今回の走行会は終了しました。

天国から地獄、そんな浮き沈みの激しい一日でしたが、一瞬でも天国が見えたのはこれまでは無かったことですので、収穫があったということにしておきましょう。

5月の走行会までには絶対に改善策を見つけるぞ!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する