ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

エイプXRモタードのエンジンばらし3

どうしても抜けないクランクケースのノックピン。

つぶれてこんな形になってしまいました。
P1060006_20150324101558b21.jpg

う~ん、どうしよう~

ここまでつぶれちゃったのなら。。。え~い、溶接してしまえ!
P1060007_20150324101601821.jpg

で、裏からボルトを差し込んで、プレスで押して
P1060008_20150324101857851.jpg

抜けました。さびさびです。さびが抜けない原因なのかな?
P1060009.jpg

右ケースカバーのオイルシール。キックシャフトが通るところです。シールを外すとそこにも鉄粉が。。。
P1060010.jpg

きれいにして新しいシールを打ち込む。
P1060011.jpg

続いてミッションです。まずメイン側から。シャフト単体にするとそこにも鉄粉が。
P1060012.jpg

スプラインワッシャーやクリップにも鉄粉が。
P1060013_20150324101630a75.jpg

こういう溝部分にも鉄粉が残ってますね。
P1060014_20150324101631423.jpg

カウンター側も。
P1060015_2015032410163340e.jpg

本来ケースに残るはずのベアリングがシャフトから抜けませんでした。これもさびが原因なのでしょうか?
P1060016_2015032410164717d.jpg

きれいに洗浄してワッシャーやクリップは新品にして組みました。
トランスミッションをマニュアルなしで組めるようにいつかなりたいと思い続けて早、数年。全く進歩がありません。マニュアル見ても半信半疑です(汗)。
P1060017_20150324101648ed0.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する