FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMグロムで久しぶりの公道

今日はお天気も良かったのでGROMで公道走行。

これ、GROMです。
P1050998.jpg

いまいち信用できないO2メーターの信頼性を確かめるために、純正のO2センサーとは別に、マフラーにワイドバンドAFセンサー搭載。
P1050937_2015032219594008c.jpg

ワイドバンドセンサーは、純正O2センサーとは異なり、正確な空燃費を測ることが出来ます。ただしセンサーをヒーターを暖めないといけないので、バッテリーが必要です。GROMにはバッテリーがありますが、ヒーターがどれだけ電気を消費してしまうかが分からなかったので、別のバッテリーを装着します。

こんなステーとボックスを使用してバッテリー装着。
P1050938_2015032219594126e.jpg
P1050939_20150322195942e17.jpg
P1050940_20150322195944bfc.jpg

うちにあるワンドバンドAFセンサーは、ロガータイプで、空燃費だけでなくエンジン回転やスロットル開度やその他5つの項目を記録できるのです。すごいです。でも多機能のお陰で本体がでかい!

トップブリッジに付けましたが、でかすぎです。
P1050986.jpg
P1050988.jpg
P1050987.jpg

まあ恐らく4輪用です。2輪ではこれを装着できるスペースはないですからね。

自賠責保険シールを貼って証書も持って、いざスタート。
P1050990.jpg

検証したいのは
P1050991.jpg
ロガー本体の先端に貼り付けた、キタコ(黒と黄色)のO2メーター。純正のO2センサーにつながっていてその数値を見えるようにするものです。その数値と今回取り付けたAFセンサーの数値を比べてみようというわけです。

で、実際に走ってみましたところ。。。

まあ以前から分かっていたことですが、数値の信頼性以前に、キタコのO2メーターの数値が見えません。日光の反射で全く見えません。日光の反射がないような角度にしていたのですが、サーキット走行のように伏せないと見れない。公道で危なくて伏せられません。

ということで、とりえあずAFセンサーが正しく機能しているかのチェックに終始。
O2キャンセラーを外してゼロマップで走行したのですが(つまり全くの純正状態)、アイドリングからアクセル中開、全開に至るまでず~っと14.7の理想空燃費。純正のECUはこれを狙っているんでしょうね。

次に一部の回転数域のみ+1500増量してみると、その回転数ではAF11台と濃すぎの状態。

とりあえずAFセンサーは正しく機能しているようですが、1時間もたたないうちにバッテリー切れ。AFセンサー用バッテリーには車体から充電するようにしていかなかったので仕方ないですね。一度帰宅して充電です。

昼間に全く見えないキタコのO2メーターはもうあきらめます。黄色文字は昼間は見えません。夜はめちゃ格好いいのですが。。。

が、そこでふとひらめいた。

うちには最近は使っていないタケガワO2センサー&メーターがある。このメーターをつなぐことは出来ないだろうか?

タケガワのメーターのカプラーを切って、GROMのO2センサーの配線につないでみると。。。出来た。
P1050997_20150322195253914.jpg

いざ本日2本目出発。
タケガワのメーター、いいです。日光が当たっても数字が見えます。文字も大きいので見やすいです。

で、AFセンサーの数値と比較してみると、14.7付近ではタケガワのメーターもほぼ同じ数値を示しますね。アクセルを戻したり開けたりするとしばらく数値がばらつきますが、アクセルを一定にしてしばらくすると数値も安定します。

O2センサーも14.7付近は信用して良いようです。

ただレースで速さを求める場合、14.7は薄すぎる。13くらいを狙いたい。12~14の間の数値の信頼性がどうなのか?

いざそれを試そうとした時、タケガワメーターがダウン。今度はこちらのメーターが電池切れ。そんなこともあろうかと予備の電池を入れてみるも復活せず。
※帰宅後チェックしてみたら電池のターミナルが外れていた。電池交換時にターミナルを落としたようだ。
P1050999.jpg

またしてもAFセンサーのみとなる。

ここでO2キャンセラーを接続してみる。するとアイドリングしない。AF17台で薄すぎるようです。でも僅かにアクセルを開けるとAF11台といきなり濃くなる。かまわず走ると高回転では15台でまた薄くなる。純正O2センサーの補正が入らないとこういう燃調なのだろうか?もしそうならサブコンでMAP作成するのは結構大変だったりしますね。

次にお客様に教えていただいたボディアースでO2キャンセル。こちらもアイドリングは17台で薄い感じですが何とかエンジンは止まらず済みます。そのまま走ってみるとアクセル中開でAF13、全開で14~15台。こちらの方が走っていても安定感を感じます。

う~ん、純正O2センサーの数値をECUに入れないという意味では同じはずなのですが。。。どういうことなのだろうか?

そうこうしているうちにまたもAFセンサー用バッテリー切れ。やっぱり車体から充電しないとダメみたいです。

次回は
・12~14のAF値時のO2センサーの数字の信頼性確認
・ボデイアースでのMAP作成
に取り組んでみます。

う~~ん、4月1日の走行会まであと1週間あまり。この状況では。。。焦ります。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する