ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMグロムの新商品!ECU初期化カプラー

長年このブログをご覧になっている方はご承知でしょう。私が電気が苦手なことを。
電気のプラス・マイナスは一応分かっていることにしてもらいますが、電圧、電流あたりからすでに怪しいです。
抵抗になると100%終わってます。

そんな私が作る、電気関係パーツ第1弾がこれ!
GROMグロム用ECU初期化カプラー

P1050835_20150315164630a58.jpg

GROMグロムのECUに保存されたDTCを読み出したりECUを初期化するときに使うカプラーです。

ホンダの純正部品としても販売されているので、常識ある方はそちらでご購入ください。お値段も同じです。

私が作ったものも基本的にはホンダの純正部品と同じです。これがホンダ純正品。
V12175370-4.jpg

違うのはカプラーから伸びている配線の長さと配線が長いのと、2本の配線がつながっておらず、オス・メスの端子が付いていることです。

ECU初期化の作業はちょっと面倒で、「このカプラーを接続してメインスイッチをONにしたら、カプラーを外す。そしたらメーターのランプが点灯するので、5秒以内にまたカプラーを接続する。」というマニュアルを見ないと覚えられない手順を行う必要があるんです。
そんな面倒くさい作業のくせに、このカプラーを接続する相手のカプラー(サービスチェックカプラ)はシートを外して、車体の隅っこのフレームの奥にあります。そこで作業しながらメーターのランプは見なきゃいけないし。まあとにかくやりにくいわけです。

シートを外して
P1050829.jpg
これが相手のカプラー
P1050831.jpg
ひっぱってもこれくらいしか出てこないよ
P1050832_201503151646097ca.jpg

ということで、カプラーの抜き差しで初期化をするのではなく、カプラーは接続したまま、配線の端子部分の抜き差しで初期化を行う方式にしました。配線が長い分抜き差しがやりやすいのとメーターのランプが多少見やすいです。
P1050834_2015031516461112f.jpg

当店のマシンはセンサーをいじったりパーツを変えたりすることが多いので、初期化作業が頻繁です。なのでカプラーの端子の先にオンオフスイッチを接続してハンドルに取り付けています。
P1050837_20150315184630003.jpg
シートを外すこともなく、メーターも見やすいので、パーツ変更の時だけでなく、まめに初期化しています。

GROMグロム用ECU初期化カプラー

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する