ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2015年DE耐 練習第1セット

5月のDE耐決勝に向けて6回の練習走行を行う予定ですが、最初の2回を第1セットとして考えてみます。

1.2月上旬 京葉スピードランド
2.2月20日(金)または3月6日(金)もてぎ4ストミニバイク走行会

この2回の練習をセットで考えるわけです。

もちろん2のもてぎでの4ストミニバイク走行会のほうがメインで、そこでのパフォーマンスを高めるために事前にミニバイクコース(京葉スピードランド)で練習しておくわけです。

4ストミニバイク走行会へはどんなマシンに仕上げていけばいいのか?

DE耐本番まではまだまだ時間がありますのでまだ本戦と同じ仕様になっていなくてもOKですが、キャブだけは本番と同じものにしたいですね。そのキャブで普通に走れるように事前のミニバイクコース(京葉スピードランド)でセッティングをしておくということです。
初回の4ストミニバイク走行会はマシンが普通に走ればそれで十分です。初走行のツインリンクもてぎを各ライダーがたくさん走るのが主目的になります。
(ちなみに昨年の当店チームの場合は、最初の走行会はキットエンジンを搭載せずノーマルエンジンで行きました。キットエンジンは消耗が激しいので温存したわけです。)

1人最低1.5時間くらい走れるようにしたいですね。1時間じゃちょっと物足らない。走行時間が3時間なので2人で1台のマシンをシェアするのなら1.5時間走れますね。
3人以上で参加するならマシンの台数を増やしたいですね。決勝とは違うマシンでもコースをたくさん走ることが重要です。
(ちなみに昨年の当店チームは、ライダーの人数分のマシンを持ち込みました。)

走行会当日はタイムと燃費を計りましょう。まだまだ寒い時期ですからタイムも出ないことが多いですがそれでもタイムを計りましょう。お話にならないタイムしか出なくても、その時の燃費も記録しておきましょう。

タイムはどのように計るのか?
サーキットのトランスポンダーを借りるのか、ピットウォールでメンバーがストップウォッチで計るのか。マシンに付けたラップタイマーを使うなら、その操作方法は各ライダー知っているか?

燃費はどのように計るか?
当店のようにガソリンタンクごと重量計で重さを量って算出するのか?タンクから残ガスを抜いて計算するのか?逆にタンクにガソリンを一定のところまで足して算出するのか?
※ちなみに燃費は各ライダーごとに計らないといけません。1時間を3人で乗って計ってもそれでは使えるデータになりません。

練習段階からタイムや燃費を計ること、これは結構面倒だったりしますが、DE耐においてはこれらのデータがないとDE耐を楽しむことができませんので、面倒なく計れるような工夫が必要です。何回も計測していくうちにより良い方法が見つかったり、計測の精度が上がってきます。なので早い段階から計測をしておく必要があるのです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する