FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMサーキット化第二弾

サーキットを走るためにしなければならないこと。

それはマフラーを変えることではない。性能面のアップは先の話なのだ。


まずは安全面。保安部品を外して、アンダーカウル(オイル受け)を付けて、ドレンボルトとフィラーキャップにワイヤーロック。あとスプロケットガードも。まだまだやらなきゃいけないことが多数です。

アンダーカウルは専用の市販品を買おうかと思ったのですが、ほとんどのものは底部分がない公道走行のドレスアップ品です。これではオイル受けになりません。

ということで、アイファクトリーさんの汎用アンダーカウルを購入。本日届きました。
P1030575.jpg
これ、うちのエイプ号にも使っていますが、深くて、ダウンマフラーには好都合なのです。
長さも比較的長くて、横型エンジンのGROMにはピッタリです。
P1030576.jpg
汎用カウルゆえ、ステーは付属していませんので、自作する必要があります。どこからどのようにステーを取り出すのが良いか・・・一番苦手な空中戦ですが頑張って考えます~。


スプロケットガードは、エイプやXRモタードとスイングアームのパイプ形状が違うので流用できません。仕方なく自作します。

厚さ20mmのアルミ板から削りました。コの字のパーツ2つでスイングアームにクランプします。
P1030568.jpg
ここまででほぼ1日掛かっています。やってられません。が、これがないとサーキット走れないので仕方ありません。


P1030574.jpg
NSF100純正のガードが付けられるようにしました。

このガードのためだけにこんなクランプをつけるのはもったいないので、このクランプにスタンドフックのボスを取り付けました。GROMってスイングアームの垂れ角が大きいからか、通常のスタンドだと受け部分が滑ってしまい、スタンドがどんどん内側に移動してしまいます。なのでフック式のスタンドにしたかったのです。

当然右側にもクランプが必要です。
P1030572.jpg
む?これでRブレーキのキャリパーは外せるのか?(汗)気にしないことにします(笑)。

ようやくRスタンドが掛けられるようになったので、バイクをまっすぐに立てられるようになりました。こうしないとアンダーカウルとかも取り付けにくいんですよね~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する