FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

DE耐エンジンのOH

4月18日は4ストミニバイク走行会のRd2。2014年DE耐の練習走行の2回目となります。

当チームは、3月の走行会はコースに慣れることを第1目標にしたためノーマルエンジンで走行しましたが、今度の走行会では本番と同じキットエンジン(キタコ)で走る予定です。
本番と同じ状況で、タイムと燃費のデータを収集し、決勝のシミュレーションをしようと思っているわけです。重要な走行になります。

しかし、世の中、そうそう上手く行くわけなくて、重要なときに限って、エンジンがトラぶったりするものです。
当方のキットエンジンは、昨年のDE耐以降使用していないので、まだまだメンテ無しで使えるだろうと・・・そんな油断が一番危ないので、ここで全バラにします。

これが
P1030510.jpg

あっという間に全バラです。
P1030519.jpg
P1030520.jpg

燃焼室はとてもきれいで、ピストンの焼けも悪くない気がします。まあ気がするだけで確信はありませんが。
P1030511.jpg
P1030512.jpg
P1030516.jpg

キタコピストンのピンクリップ溝が崩れて、クリップが抜けてシリンダーガリガリ・・・ということを聞いたことがありますが、今のところ溝も大丈夫そうです。まあ確信はありませんが。
P1030513.jpg

ピストン裏やピストンピンもきれいです。温度があまり上がらなかったのでしょうか?
P1030514.jpg
P1030517.jpg

クラッチハウジングは・・・
P1030518.jpg
ガタはある。が、まだ使えるかも?ここの見極めは私には出来ない。多分レース前に交換。安心料ですね。高いですけど。。。(以前リベットを取り外し、ギヤとハウジングをボルトナットで止めてみたが、ナットがケースに干渉してNGでした(涙))

エイプ、XRモタードで3速から4速、4速から5速でギヤが入りにくかったり、ギヤが抜けたりするという話をよく聞きます。
クラッチを切らずにシフトアップするとそのようになることが多いですが、マシン側にも問題がないか、チェックします。
P1030527.jpg
P1030528.jpg

クランクを交換します(写真忘れました)。昨年中古クランクを再生してもらったクランクです。コンロッドと大端ベアリングとサイドベアリングは新品になっていて、かつ、芯出しされています。新品クランクを買ってもほとんど芯がずれているので、それなら再生クランクのほうがお得です。
昨年は出番がなかったのでここで投入です。振れを測りましたが左右とも0.01です。素敵です。

クランク組込み時にはシムを入れてクリアランス調整します(写真忘れました)。

ここまで組んだところで・・・
キックギヤが出てきました(笑)。またやり直しです。夜にゆっくりやるとします~
P1030531.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する