ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

当店製シートベースに適さないシートカウルの加工

当店にはシートカウルを装着するためのベース部品として

・エイプ100用シートベース(Ver2)

・XR100モタード用シートベース

の2種類がありますが、このシートベースはフラットな面を提供するので、このベースに適したシートもおのずと内側がフラットなものになります。

内側がフラットなものの代表はホンダRS125R用のシートカウルです。
逆にフラットではないものの代表はNSR50やNSF100のシートカウルです。ボルト止めする部分が凸形状になっています。
↓凸部
P1020929.jpg


今回はこの適さないNSFのシートを加工して、当店製シートベースに取り付けるのがテーマです。

まずあてがってみます。フレームその他に干渉する部分を確認します。
P1020928.jpg
P1020930.jpg
P1020932.jpg

糸鋸で干渉部分をカットします。
P1020931.jpg

これでまたあてがってみます。
P1020933.jpg

内側を覗いてみるとやはり凸形状のおかげでシート面が前下がりになっています。
P1020933.jpg

この凸部分を削り取ります。
P1020934.jpg

この部分をFRPで埋めるのが面倒でしたので、他の部分に穴を開けてベースに取り付けます。

こんな感じで取り付け完成!
P1020938.jpg


ストレートでお尻を後ろに引いてしっかり伏せられるような位置にしましたが、シート後ろ端がタイヤよりはみ出すことも無く、レギュレーションに違反しません。
このような加工をしていただければ、NSR50やNSF100のシートカウルも装着可能です。

最後に・・・
P1020939.jpg
後ろから見たらかなり曲がっていました(笑)。皆さんはもう少し慎重に位置決めしてくださいね!


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。