FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

ベストクラッチ探求への旅

最近XRモタードのクラッチレバーを変えたんです。ノーマルからNSF100純正に。
P1020106.jpg

というのも、ノーマルのクラッチレバーはレバー比の関係で操作が重いのです。
(しかもクラッチレバーホルダーが電装のスイッチやハーネスを兼ねていて確か6000円以上する。レース車両に使うのだから電装関係はまったく要らないのに・・・。)

一方、NSFのレバーはホルダーをかなり内側に取り付けることもあって操作が軽くてGOODです。
レバーホルダーもシンプルでしかも安い(確か2000円くらい)!遊びの調整も出来るので、めちゃ便利です。

ですが、NSFクラッチレバー&レバーホルダーはXRモタードに使えても、ケーブルはNSFのものでは短く過ぎて使えません。

クラッチケーブルはエイプがアウター905mmインナー+50mm、XRモタードがアウター1020mmインナー+50mm、NSFがアウター760mmインナー+105mm。(アバウトな自己計測)
これをあれこれ組み合わせてはじき出した結果、NSFのレバー&ホルダーをXRモタードに使うには、アウターがXR純正の1020mm、インナーは+70~80mm必要。もちろんアウターの端の形状はレバー側はNSFと同じ、エンジン側はXRモタードと同じである必要がある。

さて、このようなクラッチケーブルがあるのか?どのように探せばいいのだ?ネットでいろいろ調べたのですが、分るのはアウターの長さだけです。ということで、某有名用品屋さんに行ってきました。実際に品物を手にとって目で見て測って買えば間違いないはず。

で、買ってきたのがホンダ品番22870-MW3-970です。CB750NEW用のケーブルのようです。@1743円也。
お店で見たときに、ちょっとケーブルの太さが太いかな?と思ったんですが、タイコの大きさは一緒なので何とかなるでしょ、と。むしろケーブルが太いほうが切れなくていいでしょ、と。

早速取り付けてみますと、やっぱりケーブルが太過ぎてエンジン側のレバーの割り部分に入りません(汗)。
P1020103.jpg
まあレバーをマイナスドライバーでこじって割り部分を広げて無理やり入れましたが(臨機応変)。
P1020104.jpg

うちのマシンはグリップがかなり内側なので、ちょっとケーブル自体が長過ぎたかもしれませんが、ノーマルの超アップハンドルやSTの幅広ハンドルをつける事もあるだろうから、これくらいでも良いかな?

ということで、XRモタードに、NSFのクラッチレバーを無事装着完了。これで繊細な半クラッチワークが可能です(ウソ)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する