FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

「抜ける」の正体探しはまだ続く

XRモタードの純正Rサスの「抜ける」ものは何なのか?
まだ続いております。

自分ではダンパー内のガスの圧力が正体だと思っているのですが、ガス圧を補充できないので、確信には至っておりません。

そこで・・・

購入。
P1010747.jpg

新品のRサスです。
P1010748.jpg


お客様よりほとんど使っていないRサスを貸してもらえそうでしたが、ほとんど使っていないとはいえ製造段階から時間はかなり経っているわけで、正体を確かめるためにはやっぱり新品しかないと腹をくくっての購入です。

パーツリストに記載されている金額は14200円ですが、只今の価格は20580円(税込み)。1.45倍の値上がりです。
2万円出すのなら社外品のほうが良さそうですが、それでは答え探しになりません。純粋なお勉強代です。勉強熱心です。

ロッドにシリコングリスでしょうか?べったり付いています。組んだ人に拭き取ろうという気が0%なのが分ります。
P1010750.jpg

次に車体につけてみます。車体後部を押してみます。シュコシュコという音がします。この音の正体も分りませんが、このシュコシュコ音がするときのほうが、戻りの減衰が効いているような気がします。
記念に動画も撮っておきます。2万円の出費とはそれほどのものです。



さあ分解です。スプリングを外してダンパーのみにします。
ちなみにスプリングの自由長は132mm。手持ちの長く使い続けたRサスのスプリングと長さは変わりませんでした。

いよいよダンパーのロッドを押し込みます。10mmほど押し込んだときの反力を測ろうと体重計も準備完了。
ちなみに使い古しの抜けたRサスはロッドを押し込んだら戻ってきません。新品なら10mm押し込むのも苦労するかなと、力を貯めて押し込んでみると
P1010756.jpg


ああ~

大した抵抗無くすす~っと入っちゃいます、当然一番奥まで。

ああ~ 2万円が・・・

絶望感MAXです。

押し込んだ手を離し、ロッドが戻ってくれるのを期待しますが、まったく戻ろうとしません。

ああ~ 新品Rサスでもこうなのね。。。

2万円で分ったことは、新品Rサスでもガス圧力は掛かっていないということです。

では「抜ける」の正体は・・・一体何なのでしょう?

ちなみにこの新品Rサス、ガス圧は掛かっていませんが、ロッドの動きは一定の抵抗感がありつつスムーズです。
使い古したものは抵抗感が一定ではありませんでした。

はあ~早く正体を見つけたい。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

勉強熱心さに脱帽です!


正体は、ダンパーロッド(ピストン)についてるピストンリングみたいなヤツの摩耗や、張りのヘタリかなぁ・・・

あと、オイルの粘度変化???

はたして正解は・・・

wingstone代表 | URL | 2013-09-04(Wed)22:13 [編集]


wingstone代表さま

何が原因なんですかね?

昨日、抜けたRサスのダンパーを手で押し込んだり引いたりを数回繰り返したら、ダンピングが復活したサスがありました。

またまた謎が増えました(笑)。

DCR店長 | URL | 2013-09-05(Thu)11:00 [編集]