FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

ラップタイマーでやる気アップ!タイムアップ!

在庫切れになるギリギリ寸前に入荷しましたラップタイマー「ez-Lap」。
当店のお客様でもかなり多くの方にお使いいただいております。

サーキット走行の楽しみは、「ラップタイムだけじゃない」かも知れませんが、自分自身のラップタイムがリアルタイムで分かるとやる気も違ってきます。ちなみに私はラップタイマーを忘れた時、走らず帰ったことがあります(笑)。それくらいラップタイムが大きなモチベーションになっているわけです。

ここでラップタイマーez-Lapの活用法を1つ伝授!

ez-Lapには、「ラップタイム表示のみモード」と「ラップ&リアルタイム表示モード」の2種類のタイム表示のパターンがありまして、出荷時は「ラップタイム表示のみモード」になっています。このモードの場合は計測ラインを通過したときにタイムを表示したら、次に計測ラインを通過するまでずっと変わらず表示されたままです。なので計測ラインを通過してすぐにタイムを確認しなくても良く、自分に余裕のあるときにゆっくり見ることが出来るわけです。カートコースなど小さいサーキットにはこちらのパターンがお勧めですが、もてぎ本コースなど大きなコースではもうひとつの「ラップ&リアルタイム表示モード」に切り替えてみてはいかがでしょう?

「ラップ&リアルタイム表示モード」では計測ライン通過後15秒間はラップタイムを表示しますが、その後はリアルタイムに切り替わります。この仕組みを利用して・・・

たとえば、もてぎの5コーナーを立ち上がって立体交差下をくぐるところに目印を決めて、リアルタイムをチェックします。ここで自己ベストに足りないようなら、「サーキットの後半部分を猛プッシュ」し、自己ベストを更新しているようなら「サーキット後半を大事に行く」とか。

せっかく2つのパターンを搭載しているので、フルに活用してみてください。
(ez-Lap Ver2,Ver3(現モデル)は上記の切り替えが可能です)
P1000994.jpg

あとセンサーのモードを間違えている方が多いので気をつけてください。もてぎ本コースは磁石が1つなので「J1-SNS」というモードで使用してくださいね!!

ez-Lap @22000円(赤外線発信機付き)、@19000円(赤外線発信機なし)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する