FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

コソ練に向けて2

3月9日に富士スピードウェイカートコースにコソ練に行きます。
(ここに書いている時点でコソ練になっていないが・・・)

今回はXRモタードDE耐号1台で走りこもうと思う。

で、当店のXRモタードDE耐号は・・・

DCR製ステーでNSF100タンクを装着
DCRトップブリッジでハンドルを前方にオフセット
 Fフォーク30mm突き出し
P1000902.jpg

なのですが、

2月25日にツインリンクもてぎではOKでしたが、富士カートコースのように小さいサーキットだとちょっとハンドルが遠い(私の腕が短いというのも一因ですが)。

ということで、

DCR製トップブリッジのハンドルポストの位置を手前にセットしよう!

が、ハンドルポストを手前にするとFフォークの突き出しが出来ない・・・

ということで、

FフォークをNSF100シートパイプを組み込んだもの変更。
NSFシートパイプを使うと40mm短くなるので、突き出しを無くすことができる。

早速組み込もうと思ったら、このフォーク、ダウンフェンダーの取り付けボルト穴が開いていなかった・・・面倒だが仕方ない。フライスでねじ穴加工。
P1000903.jpg

トップブリッジを裏返し、Fフォークをセットし、ハンドルポストを手前にセット。
またがってみると私にはこちらのほうが良さそうです。
P1000904.jpg

Fフォークを押し込んで、動きを確認してみると、簡単に底付きしてしまいそうな気がしたので、オイルを追加してみたら、パツンパツンな感じになってしまった・・・サスセットって難しいですね~

ファイナルをもてぎの18-32から16-32に変更。
P1000897.jpg
スプロケによって取り付けボルト間のピッチ(距離)が異なることがあるようです。気をつけましょう。

フロントに18Tをいれるとケースカバーが若干削れます(軽量化になる?!)
P1000900.jpg

これで作業完了。3月9日はどうやら天気が悪くなく、気温もどんどん上がるみたいなので、楽しく走れそうです(花粉症だけが心配)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する