FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2009耐久茶屋レースレポートその4

1分19秒台が出て、とりあえず目標の第1段階はクリア。
ダンロップ~MCでもっとアクセルを開けたままでいられれば
18秒台も出そうな感じ。

しかしクリアラップはなかなか取れず。そんな中で無理すると
接触や転倒のリスクが高まりそう、と判断してこのスティントは
20~21秒台を安定して刻むことに集中することにした。

私が転んで、他の2人のライダーが乗れないまま
レース終了ってなってしまうという最悪の事態だけは
避けないといけないですからね~

50分のスティントも体力的・精神的にさほどきつくもなく
集中力を保ったままライダーチェンジの時を迎えます。
結局15位までダウンしちゃったみたいです。ごめんなさい。

ピットからの「P」のサインに足で合図し、ピットに向かいます。
ピットロード入り口のからの60キロ制限をしっかり守り
ピット前に止まります。

さあ、給油&ライダー交代です。
2速に入れたままピット前にジャックナイフでストップ。
S嬢からタンクキャップキー解除のドライバーを受け取り
タンクキャップオープン。
第3ライダーのNさんがすかさず3Lを給油。
落ち着いてキャップ&キーを締め、マシンから左に下りると
間髪入れずに右から第2ライダーSmi氏がマシンに乗り込む。
私がスタンドを外し、押し掛けで再スタート!

お見事!100点満点!!昨日の練習の成果が出ましたね!!!

第2ライダーのSmi氏。事前の練習は2ヶ月前に1度乗ったきり。
その後はお仕事が忙しくてテスト走行できませんでした。
で、それまでのベストが1分27秒台。
「22秒は出ると思うんだけど」と豪語するも
「その根拠のない自信はどこから来るんだ!」とNさんに一喝され・・・
前日の特スポも急なお仕事で走れず。
多分一番本人が不安だったはずですが・・・

耐久茶屋

走り出してみれば、8周目に自己目標の22秒台に入れ、
さらには1分20秒4までタイムアップ。
なんだ、やれば出来るじゃん、Smiさん。
順位も22位から16位までUP!
21秒台連発で受け持ちの50分を安定して走行しました。

給油&Nさんへの交代のためSmi氏がピットロードに入ってきました。

「よくやった!褒めてやろう」と暖かい気持ちでチームのみんなが待っていると・・・

なんとSmi氏、我々の前を通り過ぎちゃったじゃないですか!

「ストップ!ストップ!」
「Smiさん止まって!」
「オイこのバカ!」

10メートルほど行き過ぎてようやく気付いたSmi氏。
でもバックすると逆走でペナルティ取られるので、
そのままもう1周回ってもらうことに。やれやれ。

「サインボードで頭を引っぱたいてでもストップさせろ!」と
S嬢に指示しておく。

もう1周回ってきたSmi氏。
今度はちゃんと止まりました。当たり前か。
昨日の予行練習どおり、各員がテキパキ動きます。
ここまでテキパキ動けていたチームもそうはなかったはず。

第3ライダー、Nさんがスタートです。



関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する