FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

今日はTC1000

今日はTC1000(筑波1000)に行ってきました。

TM22のキャブセットが主な目的ですが、キャブセットって嫌いです。
だって面倒じゃないですか?
キャブ外して、ばらして、MJ交換して、組んで、取り付けて・・・
まあ面倒なんて言っている時点で「アウト!」な気もしますね、もう少し意欲的じゃないとね!

7時前にゲートに到着すると、ゲートオープンを待つ大きな黒いワゴン車が・・・
そう、泣く子も黙るO氏。あちこちに子分が存在する(?)ので、ピット取りなんかは子分にやらせるのかと思った(笑)が、そんなひどい人扱いをするような人ではないようだ。
今日はこの泣く子も黙るO氏と同じピット。以前はそのオーラに緊張しまくりで、とても同じピットに居続ける事なんてできなかったが、実はやさしくて面白い人だということが分かってきて、普通に接することが出来るようになった。

同じピットにいるとO氏が何をテストしているのかとか、その結果がどうだったかとか分かって勉強になるし、こちらの様子を伺っていてくれて、タイミングよくアドバイスをくれたりもする。

初心者のうちはエキスパートな方と同じピットはイヤだな~って思う事もあると思うんですが、遠慮や余計な心配しないで、同じピットに入り込むのが正解かもしれませんね。

さて9時からの走行に備えて8時30分に走行券を買いに行きます。今日は9~12時の3時間、台数が少なかったのでクラス分け無しの走行です。

受付で申し込み書を書いてライセンスと一緒に出す。今日はライセンス忘れなかったぞ!

っと思ったら、ライセンスをつき返された!

「なんて失礼なんだ」

と思ったら、差し出したのは「ツインリンクもてぎ」のライセンスだった(汗

とっさに軽いジョークにしてごまかそうとしたが、受付の方の目は笑っていなかった・・・



そんな感じで始めからつまずいた本日ですが、キャブセットのほかに重要な案件がありまして・・・

「バックオンボードカメラ~」

今までは前方を撮影していたんですが、カメラをつけているのが分かると、みんな私の前に出ようとして頑張るんですよ、映ろうとして。

そこで、私は考えました。

「後ろを映したら、みんなわたしのことを抜かずに後ろにとどまるんじゃないか?」

我ながら、ナイスアイデアである。

で、忙しいのに、昨夜ステーをこしらえまして、装着~
わくわくしながらアングルを調整しようとすると・・・カメラのスイッチが入りませんよ・・・故障か・・・
あ~、ショック。今日一番の楽しみだったのに。テンションダウン↓
DSC_0011.jpg

仕方ない、キャブセットやろう。まあこっちが本来の目的ですけどね。
MJはばっちり120番まで買い足して、総数16個。
せっかく買ったのだから、その買い足した番手でセットが出て欲しい、と思うのは人間の自然な気持ちですよね~
DSC_0012.jpg

で、まず出荷時についていた87.5番からスタート。普通・・・全く問題ない。もうこれでOKか?

いやいやもっと濃くしたほうがきっとパワーも出るだろ?(だって買い足したんだもん)って感じでMJを大きくしますが、フィーリングはさほど変わらず。タイムは落ちる。

87.5に戻すと、フィーリングは変わらないものの、タイムはアップ。

今度は薄い方向に振ってみますが、これまたフィーリングは大きく変化無し。タイムは落ちる。

また87.5に戻すと、タイムアップ。

ってことで、MJは87.5の出荷時のセットで合ってしまったんでしょうか?(汗
となると、買い足したMJは不要だったのか?(汗

「いや、もっと大きく振ったらより良いセットがあるのかもよ、ドンマイ自分!」と買い足した自分を追い詰めないようにしていたのに、

横にいたO氏から

「甲斐田さん、キャブセット合っているみたいだね。上手くセットが出ている排気音がしていたよ!」とダメ押しの一言が!(笑)

まあ、セットが出たんですから、良かったということにします。

今日のTC1000のピットには、2日後には鈴鹿ミニモトを激しく戦っているはずのけんぱー氏が、地味なトラブルシューティングをやっておられました。まさに灯台下暗しでしたね。。。週末は鈴鹿の風に乗って頑張ってくださいね~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する