FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オンボードカメラで速くなる

P1110673.jpg

今、動くものだけでも6台ものオンボードカメラがありますwwwマニアか?www

今年はマシンの前後に装着することが多かったです。しかもレース前日の練習走行の段階から。

すごく参考になり、撮った動画から得られた情報をもとに走り方を変えて、タイム更新したことも何度かありました。

また他の方にもカメラを積んで走ってもらうことで自分と違う部分や自分が足らない部分を見つけることもできました。

積んでいただいた皆様には感謝します。ありがとうございました。

とても役立つアイテムなので皆に勧めてきましたが、これからは勧めないようにします。

速くなるアイテムは自分だけが使いたいですからねw

スポンサーサイト

PageTop

20181125 茂原モトウエストRd5に参加してきました~

2018年11月25日、茂原ツインサーキットで開催されるモトウエスト第5戦に参加してきました~

このレース前に2週連続レースを戦ってきていて、このレースで3週連続です。

3週目にもなると、さすがに息切れ状態でして。。。金曜日夕方の段階でマシンは2週間前にミニろく6時間を走ったままという。。。

タイヤ交換、オイル交換、チェーン交換。。。徹夜すればなんとかなるかと思っていたところ、今回初参加のDCRビギナーズの杜さんがもう茂原に向かうとの連絡が!パドックを確保したいのでもう出発しますと。

初参加でまだいろいろ知らないことが多い杜さんを一人先に行かせるわけにはいかない!と思い、何の整備もしないままマシンと荷物を積み込み、杜さんより先にサーキット入りしました。
201812310003.jpg

朝早く起きて最低限の整備を行って、レース前日練習の開始~!
201812310002.jpg

今回も前回までと同様M2クラスにエントリーしているのですが、マシンはエンジンが変わっています。これまでの100ccから125ccになりました。

なので、ラップタイムは大幅にアップするはず~!と呑気に思っていたら、なんと100ccより遅いタイムしか出ない。
一生懸命走っているつもりですが、37秒を切れない(汗 参りました。

3週連続レースのせいか、何だかもう疲れちゃって、私なんてこんなものだよ~と諦めモードで撤収。
夜も不貞寝していたのですが。。。今年最後のレースがこんな状態って悲しいな~、このままだとくやしいな~
そう思ったらそこから寝られなくなり、朝4時にサーキット入りして、マシンからログを引き出してデータ解析。遅かった原因と対策を練ってマシンのセッティングを変更しました。

レース当日
201812310001.jpg

練習走行:タイムは遅いながらも変更したセットは良い感触。1位。37.1秒

予選:クリアラップが取れなかったけどいけそうな予感。3位。36.8秒

決勝
スタートで3位、1周目の中ストレートで2位、2周目の1ヘアでトップに!!
2位3位はNSF100のノーマルトロフィー仕様に対し、こちらは125ccキット。おそらく10キロ以上ストレートが速いから抜けるのは当たり前ですが、彼らはコーナーが私より圧倒的に速い。

レース序盤でタイムも36秒前半、ようやくちゃんと走らせられるようになった。よーし、逃げられるだけ逃げてみよう。と思ったころ、時計台先の右右コーナーでアクセルが戻せない。腕が上がっちゃってます。1コーナーではブレーキレバーに指が伸びません。

やばい、まだ7周も残ってるのにwww このタイムレベルで全然練習できていないので余計な力が入りまくって、腕上がりしちゃったのかな。

なんとか頑張って残り2周まで持ちこたえたのですが、8周目の右右コーナーでふらふらっとアウトにはらんだ隙に抜かれてしまい2位。その後はトップのペースについて行けませんでした。
https://youtu.be/epBt3Ix56RA
https://youtu.be/Y4L7_74GWqU
https://www.youtube.com/watch?v=06shuJjueYs

201812310004.jpg


まあ、こんなもんでしょうな、私の実力は。自分でもそう思っていたので特に落胆もないです。むしろ実力が出せたのでよかったと思っています。決勝レース中、ベストタイムも更新できたのは、今年初めてだったし。
そして、たった1周ですが35.9秒が出てしまったので次からはM1クラスに昇格ですwww笑います。

先日の年間表彰式で、競技長の岸田さんが「本当に昇格しちゃったんだw」と笑いながら盾をくれました。やっぱり笑っちゃいますよね~www
P1110671.jpg

PageTop

20181118 モトピクニックRd5 ST100Fに参加してきました~

2018年11月18日、筑波TC1000で開催のモトピクニックに参加してきました~
201812302.jpg

今回の目標は、「40秒台を出すこと」唯一つです。

前々日コソ練に行くために仕事を終わらせるべく徹夜。
午前中はマシン整備に費やし午後から10回以上転び準備万端でまた徹夜でTC1000の前日練習へ。

2日寝ないと何か別人になった感じですwww(意識が飛んでるのかも?www)

1本目 体をしっかり動かすことを意識して走ります。42.3秒。

2本目 1本目同様、ライダーが積極的に動きます。41.8秒。セッティングを間違えていたので次はもっと行ける感触あり。

3本目 さあ本気のアタックです。使い込んで使いやすいブーツに履き替え、いざ40秒台を目指しますが、単独走行に終始してしまい41.2秒。惜しい~

4本目 さあ本日最後の走行枠です。そして私にとってはもうこれが最後のTC1000走行かもしれない。そう思って、タイヤを履き替え、しゃあ水口君をスリップ役としてE枠を走ります。

41秒前半が出ていて、調子いいぞ!というタイミングでしゃあ水口君が引っ張ってくれます。そして、ついに。。。
2018123101.jpg

ラップタイマーフカガワロンが40.96秒を表示!
201812303.jpg

40秒台に入った。。。のですが、初めて40秒台の表示を見たので、その瞬間わからず、41.096秒と勘違いしていました。

う~ん、惜しい、もう少しで40秒台だったのに!悔しい、悔しすぎる。。。そう思いながら、引き続きしゃあ水口君のスリップにつく。

1ヘア進入時にフカガワロンがグリーンランプ!(←このままい行けばベスト更新のペースですよの意味)

うぉー、今度こそ40秒に入れるんだ!行けー俺!

1ヘアを上手く回り、次は苦手な2ヘアだが過去最高に頑張って進入したその瞬間、誰かがインに飛び込んでくる。

なぜここで来る~ やめて~俺の40秒台が・・・ 誰だよ、コノヤロー!

と、見えた背中に「誠」の文字が!www 
20181231.jpg

コ・マ・ツ・ダ~~~~許さん!www

結果この周は41.1秒。もうー、小松田!何やってんだよ!www

俺の40秒台を返せー!www

その後は私を引っ張ってくれていたしゃあ水口君も小松田さんと楽しく彼本来のペースで走り去ってしまいました。

がっかりです、最後のチャンスだったのに。。。

走行終了後、小松田さんに怒鳴り込もうとしていたところに、しゃあ水口君が「どうでしたか?」と尋ねてきたので、もう少しだったけどここまででしたとラップタイマーを見せると。。。

「おめでとうございます」と手を出して握手を求めてくるしゃあ水口君。

そこで40.96を41.096と勘違いしていることにようやく気付いた私。相当興奮していたのかな?それとも2日徹夜だったからかな?

う~ん、40秒台達成のその瞬間に喜べないなんて、残念すぎる~~~

と同時に、小松田さんに怒鳴り込まなくて本当によかったとほっとしましたwww

燃え尽きた~もう明日のレースはもう出なくていいよ~そう思っていたのですが、工藤じじいやアムロ君がST100フレッシュマンに出ろと言うので、参加することに。彼らにはこれまでST100の盛り上げに協力してもらったからな~今回はそのお礼的な感じで。

燃え尽きちゃってる・・・
自分でもそう感じているけどレースにエントリーすれば、そりゃちゃんとしゃきっと走るでしょ。
そう思っていたのですが、レース当日練習走行43.5秒というありえないタイム。
さすがにこれはマズイでしょと気合入れ直したつもりでしたが、予選4位、決勝4位。
201812301.jpg

う~ん、今、撮ってもらった動画を見ても、やっぱり気迫が足らないというか。。。
気持ちってごまかせないものなんですね。
https://youtu.be/Cb2MYsZL-5A

今後は気持ちがしっかり詰まったレースだけをやって行きたいな~と思いました。

でも参加して良かったのは、今回4位になったことで、ST100フレッシュマンのシリーズポイントが60点を超えたので、ST100(エキスパートクラス)に昇格したことです~。
2018123103.jpg

まあフレッシュマンで4位だったのに昇格って。。。という恥ずかしさはありますが、これまで参戦してきたご褒美としてありがたく上がらせていただくことに。

これで、あの方々と同じクラスだから、これからは「タカトシ!」「黒ちゃん!」って呼ぼうっとwww

PageTop

20181111 FSWミニろく クラス優勝&総合3位!

2018年11月11日、富士スピードウエイ ショートサーキットで開催された、ミニろくに参加してきました~
2018123006.jpg

ミニろくは3月の第1戦にも参加していて、結果は総合3位・クラス2位(100CCクラス)でしたが、今回はメンバーを一新。

今回のメンバーはきのっぴ、段さん、正二、そして私。このメンバーは2017年のDE耐/ちょっとDE耐のピットクルー・ヘルパーを務めた面々です。
2017年DE耐/ちょっとDE耐はエキスパートライダーばかりを集めた超本気モードで戦った回でした。そのエキスパートたちの戦いを間近で見ていたメンバーはきっと何かを感じて掴んでくれているはず!そんな彼らと本気のレースをしたくて召集しました。
2018123011.jpg

本気のレースです。クラス優勝は当然狙いますが、総合優勝も視野に入れて、125ccキットを発注しました。超やる気です。
マシンだけじゃなくて、ライダー力もしっかり高めるために、バンバン練習しよう!メンバー同士、練習から競い合って、毎回チーム内バトルを繰り広げよう!そう思っていました。
2018123004.jpg

しかし世の中思い通りにいかないもので。。。

2018123002.jpg
2018123003.jpg

・発注した125ccが受注生産につき納期1ヶ月
・正二のイクメン活動が多忙で練習機会が取れない
・段さんの練習マシンがバラバラ
・きのっぴの右ひじもバラバラ
・組みあがったマシンはクラッチが滑りまくる
・なぜか練習日に雨が降る

そんなこんなで事前準備は当初思い描いていた状態からは50%レベルだったかな。特に正二と段さんが遠慮気味で・・・。もっとガンガン、マシンに乗って欲しかった。本番までに大事なマシンを壊しちゃいけないという気持ちを強く持っていてくれたのはうれしかったけど。

レース前日は、正二おすすめの3時間待ちの「さわやか」でおいしいハンバーグを頂き、食後のデザートに買ったアイスpinoで星型を引き当て、運気アゲアゲで翌日のレースに突入したのでした。
2018123007.jpg
2018123001.jpg

6時間のレース、段さん、私、正二各々45分×2スティントを走り、最後の90分は順位争いをしている状況なら速い人が長く走るという作戦で、いざ、スタート!!

スタートライダー段さん、怪我でライダーを出来ずピットクルーとして駆けつけてくれたきのっぴから、「1周目1位で戻ってきてね!」とDCR伝統のプレッシャーを掛けられてます。なかなかの良いスタートを切った段さんでしたが、1周目は5位でした、残念~。まあここから1つ1つ順位を上げてもらいましょう~と期待していたのですが、私の予想より1秒ほど遅いタイムで周回。おかしいな~、段さんならもっと速いはずなんだけどな~

2018123012.jpg
ライダーチェンジ時、ピットロードはエンジンOFFで押し歩きというルールの中、メインピットクルーとして参加してくれた段さん奥さんが激走!ピットクルーが本気になるのはチーム状態が良い証拠。今日は優勝できる!そう感じました。

第2ライダーは私。125ccのパワフルなエンジンパワーに助けられ、3月のミニろくでのベストタイムを軽々上回ります。ベストは36.9秒~素敵♪でも台数が多く(フルグリッドの40台!)、安定して速いタイムを刻み続けるのが難しい。前車の動きを見極めるのが遅い自分にイライラしながら受け持ち時間の45分を無事に完走。

給油を挟んで、第3ライダーの正二です。セイフティーカーが導入され波乱のスティントでしたが、転倒やマシントラブルもなく無事にマシンを持ち帰ってきます。

この後、段さん・私・正二の順で各々45分間のスティント。段さんにはチームのエースライダーとして私のタイムを超えて欲しかったのですが、この時点でクラス1位を走っていたこともあって、安全に周回することを優先した模様。続く私も、正二も安全安心な走行でレースを進めます。

この時点でクラス1位(125-Cクラス)です。クラス2位には10周ほどの差をつけていて順調なレース運びです。
総合では6位。総合トップとは12周も離れていますが総合2位とは4周差。総合7位以下も僅差です。下から逆転される可能性も大いにあります。よい緊張感の中でレースが進んでいきます。

125-Cクラスのファステストタイムは36.6秒。我がチームは36.9秒(私)。う~ん、クラスファステストタイムは是非捕りたい!と思ったので、エースライダーの段さんに「125-Cクラスのファステスとは36.6秒ですよ!」と言って最後の走行に送り出します。きっとファステストを狙ってくれると思っていたのですが、どうした段さん?前回までは普通に37秒台で走っていたのに今スティントは1秒くらい遅いぞ。マシンパワーが落ちてきたのかな???

でも順位は総合5位に上がり、総合トップとは17周差に広がったものの、総合3位とは2周差。狙えるんじゃないか。。。モニターを見ながら作戦を考える。このまま段さんの走行時間を延長して上を狙おう!当初30分のところ50分まで延ばします。

更にモニターを見ながら、きのっぴと段さん奥さんと考える。残り40分、私、正二の順で走る予定にしつつ、状況によっては私が最後まで走ってさらに順位を狙うということに決定し、私にライダー交代!

ピットクルーがサインボードで現在の順位と上位とのタイム差と残り走行時間を毎周知らせてくれる。3回目の走行にもなると体力的に厳しくなってきてるけどサインボードを見るとエネルギーをもらえて頑張れる。曇るためメガネを外しているので実はよく見えないけど雰囲気でなんとなく分かるから不思議w

総合6位から徐々に順位が上がってくる。総合4位に上がって後続に十分な差をつけられたら、正二に交代かな?と思って走っていたのですが。。。

その頃ピットでは全員で作戦会議が行われていた模様。このままライダー交代せずに総合3位を狙うことに決定。サインボードで示されていた残り走行時間が一気に増えたことで、私もそれを悟ります。
最後の走行ができなくなった正二の分まで私が頑張らないといけません。総合3位とクラスファステストラップを捕ること、それが私のノルマになります。
必死に走ります。シフトアップが入りにくくなって左ひざがやばくなってきた。サインボードの上位との秒差がよく読めないが、ボードを持っているメンバーの興奮がボードの揺れで分かるので、差は詰まっているようです。

残り10分で総合3位になったものの、ここから正二に交代できるだけの差をつけることはさすがに難しく、あとは安全にゴールを目指しました。

♯8 ダイレクト・ドットコム・レーシング 522周 総合3位 クラス1位(125-Cクラス) クラスファステストラップ36.4秒

ライダー:段さん、正二、私
ピットクルー:段さん奥さん、きのっぴ
みんな、よく頑張った!
2018123014.jpg

クラス優勝~めでたいめでたい~段さんも正二も耐久初優勝だったらしい~それは良かった良かった
2018123015.jpg
2018123016.jpg

とりあえずレース当日は好結果に喜んだけど、翌日にはみんな課題を見つけ出したみたいで。。。

私も本気のレースを目指してスタートしたのですが、途中でテンションが下がったというか慎重になり過ぎたというか。。。
総合優勝を視野に入れていたはずが途中からは「総合優勝」を口にすることができず、そんな弱気なところがチームに漂っていたような気がします。段さんや正二が遠慮気味で慎重深くなっていたのは私が作った雰囲気のせいなんだろうなと反省してます。
私自身がもっと弾けていれば良かったかなと。そんなことを気付かせてくれたメンバーには感謝しています。
メンバーのみんなもこれからのレースで今回出た課題をクリアしてくれることでしょう~彼らの今後も楽しみです。

最後に各メンバーのコメントを載せておきます。

■ピットクルーきのっぴ
「DCRビギナーズの底上げを目的としてのミニロク参加でしたが自分は10月に負った怪我が原因で目標を達成する以前の問題でした、甲斐田さん誘って頂いたのに申し訳ありません、段さん・正二さん、抜けた穴をしっかり埋めて頂いてありがとうございました。

怪我してても出来る事を成すべきと思い当日は現地入り、晴れのドライの無風とコンディションはバッチリです。
スタートライダーは段さん、40台中の9番グリッドです。
「一番に戻ってきてね」とプレッシャーをかけましたが5番手で帰ってきましたw 段さん→甲斐田さん→正二さんの順番で各自3スティント、5~8番手くらいを上下しつつ順当に周回を重ねます、車両トラブルも転倒もなくピットクルー的には見てて安心な展開です。

でもって残り40分(5時間20分経過)を迎えた甲斐田さん最後のスティント、総合順位で少しでも上位を目指すという事でピットボードに1つ順位が上の車両とのタイム差を出すよう監督から指示が出ます。

甲斐田さんに交代してコースに戻った時には6位、ベストラップに近いタイムで周回を重ね残り20分で正二さんに交代の時間が迫ってきてました。この時に4位、1つうえの3位とは同一周回でペースはウチの方が早く最後の交代をキャンセルして甲斐田さんに最後まで走ってもらえば逆転3位、正二さんに交代すると3位に対して1周遅れとなり20分で挽回を要する状況となります。。。

監督が走っているので段さん・正二さんに上記状況を説明し、まずは最終ライダーたる正二さんの意見を仰ぎます。 ここで「俺、行きます。その上で総合3位をゲットします!!」という回答を期待してましたが、「総合3位になれるなら、最後走れなくても俺大丈夫です」と正二さんww

段さんも異論無し、甲斐田さんもきっと同じ判断をするだろうと言う事でピットボードを通じて甲斐田さんに決定事項を伝えます、こちら側の意図が伝わったのでしょう、ピットボードを見た瞬間に苦笑いしている顔がヘルメットを通じて見えました。 甲斐田さんも自分と同じで正二さんが華麗に最後を決める事を期待していたんでしょうw

残り10分の時点で想定通り、総合3位に浮上。しかもその周回にファステストを更新しています、当初の参戦意図からすれば甲斐田さん以外の3人の誰かがファステストを獲って成果を見せるべきところだったのに、最後の最後で「これがDCR魂だ!!」とのメッセージを突き付けられた気分でした。

総合3位/クラス優勝という結果ではありましたが甲斐田さんが求めるであろう期待にはまだまだ遠い内容だったかな、と思いました。
裏を返せばまだ期待されていると考え、その期待に応えられるよう怪我が治ったらまた精進しようと思うのでした。
甲斐田さん・正二さん・段さん・段さん奥様、お疲れさまでした&ありがとうございました~、最後までワクワクした楽しい耐久でした。」


■ライダー正二
「第1スティント

上記にあるように第1.2ライダーから1桁順位で受け取りピットアウト
久しぶりの富士ショートコースでも車体完成度が高いので気持ちよく走れ、たぶん38~40秒台(ラップタイマーなし、回転計のみの為)で周回をかさねていくも、第1.2ライダーの時より他ライダーの走りが不慣れ&不安定に感じました。直後に転倒車両からのSC導入!運よく隊列の6番手。

レース再開後、すぐクリアラップで走れるところに位置をとり残りの10~15分走行でピットイン。
水口さんから「耐久は空気が変わるから気をつけろ」とアドバイスもらっていたおかげで焦らず走行できました。

第2スティント

5、6番手で受け取りピットアウト
茂原と前日練習で集中的に練習した立ち上がり重視を意識しながら、第1スティントより速いペースで周回しつつ、順位が近いチームの様子を見つつ、走行が不安定な下位チームとは距離をおきながら走行。

この時の様子見が最後のライダーチェンジで役にたつ!!

第2スティントも荒れに荒れイン側グラベルに他者を巻き込み突っ込むとこ、ブレーキングで止まりきれずガードレールまで直進するとこ、何故かコース中央で転倒するとこ、ざっくばらんな転倒連発でまたSC導入~5分もせずに予定の45分終了

第3スティント
木野さんレポートにあるように1周半差をうちが追う展開

前スティントで3位チームのライダーが自分より1秒くらい遅いのを知っていたので甲斐田さんの36~7秒周回なら追いつくと分かりました。
それと春のミニ6で2分30秒差での逃げ切り劇場も甲斐田さん聞いていたので1分以上のマージンを稼げるか、甲斐田さんの体力が限界ならライダー交代する準備だけしてサインエリア待機。

その後は話し合いにより30分→50分甲斐田さん走行でそのままゴール

最終的にライダーチェンジキャンセルしましたが、走らない選択ではなく1つでも上でゴールする為の選択でした、たぶんw

そしてゴール

今回の練習とレースで得た経験は、個人スプリントで発揮できるように今後、練習していきます。

チームの皆さん改めて有難う御座いました。酷暑の耐久茶屋、茂原3時間を経験したからこそ、まわりを見る余裕ができ自分の走りも走りながら微調整できるようになったと思います。」


■ライダー段さん
「レポートを書くのが苦手なので自分が感じたこと・終わって思うことを中心に書こうと思います。

第1スティント
ダイレクトチームの重圧&木野さんの1番に戻ってきてねというプレッシャーに押し潰されそうな緊張の中なんとか無事スタート!
しましたが1コーナーで7番手・・・
一周してなんとか5番手・・・
木野さんのため息がヘルメット越しに聞こえました( ; ; )
その後ギア抜けさせてしまいビビリミッター発動❗️
早めのシフトアップで加速が鈍くペースを上げられず上位で甲斐田さんにつなげられず・・・

第2スティント
モチベーションを上げたつもりでピットアウト
が、さほどペースも上げられず見せ場もなく淡々と走行!
ここでしゃあさんが言っていた空気の違いを感じる事が出来たのが唯一の救いでした。

第3スティント
甲斐田さんから125cクラスのファステストは36.6秒だよと!
本来ならこのタイムを超えてやる!
とピットアウトするべきでしたが、クラストップを維持することしか考えず走行!
もちろん見せ場無し・・・
ベスト更新も無し・・・

クラス優勝🏅総合3位🏆

聞こえはいいですが、自分が何をどう貢献したのか書くことが出来ません。
動画で甲斐田さんのベスト時の走りと比べてみると自分の走りに速く走ってやる!という感じがありません。

当日は耐久で夢の優勝した!と浮かれていましたが、日が経つごとに納得出来ないレース内容だったと思うようになりました。

耐久はライダー・ピットクルー一丸となって闘うのはもちろんですが、個々でも全力を出し切る事が出来てはじめて良い結果だと言える気がします。

今回は甲斐田さんに総合3位にしてもらった❗️です(ーー;)
甲斐田さん❗️
またチャンスをください❗️

次は成長して、みせるレースをします❗️」

オンボード動画
https://youtu.be/bpkHjHRc4ZA
https://youtu.be/j6U4bEA3WWE
https://youtu.be/JQ5FGcS8iVY
https://youtu.be/pfePT3rC9S0
https://youtu.be/dGGsEVhNscs
https://youtu.be/Ijxj4PebiyY
https://youtu.be/x5DiPND-YTw
https://youtu.be/yji-5GmOzI8
https://youtu.be/9j7grK0JlTc
https://youtu.be/hzbD6Dfjkq0

PageTop

年末年始の営業スケジュール

2018年も残りわずかとなりました。

今年もダイレクト・ドットコム・レーシングWEBSHOPをたくさんの方にご利用いただきました。ありがとうございました。

年末年始休業は表向きは12月29日から1月6日となります。
実際にはこの期間中もパーツ製造しておりますので、可能な限りご注文の受付・商品発送は行っていきます~

また今年は老体に鞭打って、モトピクニックシリーズ全5戦、茂原モトウエスト全5戦に加え、ミニろく2戦、茂原3H耐久、ちょっとDE耐3.5Hにもライダーとして参加しました。さすがに14レースはきつかったですが、多くの方々といっしょにレースを楽しむことができて、幸せでした。ありがとうございました。

2019年もたくさんの方に商品を使ってもらうべくパーツ製造を頑張りますし、レースの方もまだ終活が完了していないのでたくさんサーキットに赴きたいと思っております。よろしくお願いします。

20181229.jpg

来年は転ばない予定ですwww

PageTop

2019年DE耐!

https://www.twinring.jp/detai/

2019年は出るのか?

PageTop

20181222 TC1000 走り納め&転倒まとめw

昨日は筑波TC1000に練習に行って来ました。
(寒い冬の朝でももちろんアイス活動=pino と きなこもちだいふく)
DSC_3227[1]

もてぎGROMグラチャンで不完全燃焼だった水口君、大野さん、工藤さんの3人に、今年限定チーム「DCR.jp2018」の段さんと私の、合計5人です。

DCR流パドック。トランポの色、発電機の置き方、いろいろ決まり事の多いチームです(ウソ)。
DSC_3231[1]

前夜雨が少し降ったようで路面は走行開始時にようやく乾いたかな?という感じで、工藤さんだけが1本目を走ります。チーム最高齢なのに元気です。

その工藤さんの走りをストレート横の土手から他の4人が眺め、思い思いにダメ出ししますwww
ストレートでひょこっと体が起きるのは何故だろうと4人で真剣に議論します。
タイムボードを確認してるんじゃないか?シフトアップしてるんじゃないのか?息継ぎしてるんじゃないか?
本人のいないところでは白熱の議論をするものの、誰も工藤さん本人には確認しないというwww

さて工藤さんが転ばなかったことで、路面がドライなのを確認できたので、2本目からみんな走り出します。
水口君、大野さんはエキスパートライダーなのに、我々に合わせてA枠を走ってくれるという、いつもながらの優しさです。

今回私のGROMはいろいろ仕様を変えてきました。本当は今年1つずつ変更したかったことだったのですが、これまでその時間がなかったので、今年最後の走行で全部いっぺんに変えてみました。
フロントフォークのオイル粘度をカヤバ♯30相当に、ハンドル取り付け位置を30mmアップ、ブレーキ・シフトペダルの位置変更、シート形状変更、Rサスのイニシャル2mm追加、エンジンオイルをHIRKOAG5に、サブコンMAP変更。

コースに入った瞬間にシート形状に違和感ですwwwでも今日はこのシートのまま走ると決めていたので我慢して走っていたら、タイムは悪くなく早々に41秒台。水口君のスリップを貰い40秒台も出ました~。でも何回かフロントタイヤが滑って焦った。。。

3本目、少しシート形状に慣れてきたものの、まだまだ違和感たっぷり。でもタイムは41秒前半と悪くなく、またまた水口君のスリップで40秒台。最後にもっと気合入れて走ってみたら、1コーナーでフロントが滑った。。。う~ん、何故?

4本目、まだペースが上がっていない2周目の1コーナーでフロントタイヤが滑る。運よく転ばなかったけどテンションダウン。ショートカットでフロントタイヤを見てみたが特に問題ない感じだったので、再スタートした翌周、また1コーナーでフロントタイヤが滑って転びました~

「あ~、やっぱり何かおかしいわ~」とヘルメットの中で叫びながら転がる。スピードの出ている1コーナーなのでそこそこ痛い。
痛いけど1コーナー奥の土手でDCR総監督と段さん奥さんがビデオ撮影しているので、痛くない我慢強い人を装いますwww
きっと迫力ある転倒シーンが撮れているだろうと思っていたのですが、何とその瞬間は撮っていないとの言葉を聞いて、膝から崩れ落ちそうになりましたwww
(しかし、この寒い中、1コーナーの土手まで行って、メンバーの走りをビデオに収めてくれた相方さん二人には感謝申し上げます。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします)

こんなこともあろうかと、マシンの前後にはカメラを付けておきましたので、その映像をどうぞ。
https://youtu.be/0E4rM6hD1wY
https://youtu.be/IicWuDoOnNs
意外と迫力ないw

しかし、何度もフロントタイヤが滑っているのだから、一度パドックに戻るべきだったな。パドックに戻ってしっかりチェックするべきでした。まあそうしたからといって原因が分かったかどうかは不明ですが。。。

DSC_3234[1]
DSC_3233[1]
DSC_3235[1]
DSC_3236[1]


そんな筑波TC1000走り納めでしたが、工藤さんに昼飯を奢ってもらい、凹んだ気持ちも持ち直し、深夜3時に無事に帰宅(いつものネットカフェで12時間豪遊w)しました。

今年2018年は5回も転んだ~。
1.TC1000練習 Z125 オイル処理の石灰を踏んで最終コーナー入り口で転倒。
2.茂原西練習 XRモタード 1コーナーで軽くフロントブレーキに触れたら転倒。
3.TC1000練習 XRモタード 最終コーナーでバイク揺れ出して転倒。
4.TC1000練習 GROM 1ヘアブレーキングで接触転倒。
5.TC1000練習 GROM 1コーナーでフロントタイヤ滑り転倒。

全部右コーナーなのは何か理由があるのでしょうか?そして今年も開けゴケが1回もありませんでした(泣)

PageTop

DCRGROM 2018バージョン!

今年は4月以降定期的にGROMに乗ってきました。

乗りながら、マシンをいじりたいな~と思うものの、同時にXRモタードも走らせていて、GROMをいじる時間がなく、まったく仕様が変わらないまま8ヶ月が過ぎました。

今日、ようやくいじれました。

今週末、TC1000で、DCRGROM2018バージョンデビュー!

P1110649.jpg
P1110654.jpg
P1110651.jpg
P1110660.jpg
P1110661.jpg

一番変わったのは、ステッカーかも?www
P1110658.jpg

PageTop

ステッカーチューン

新しく作ったステッカー、もてぎのGROMグラチャンで決勝当日ユーザーさんに配ろうと思っていたのですが、大会が中止になって配れなかった。。。
P1110593.jpg

サーキットに行くときには持って行っていますので、貼っていただけるDCRパーツユーザーさんはお声掛けください。

DCRGROM号に貼りました。
P1110658.jpg

ベストポジションはDCR総監督ステッカーが鎮座していますw

PageTop

GROMハイスロプーリーは旧型用、新型用があります

P1110628.jpg

在庫が切れそうになっていた

■GROMグロム用ハイスロットルプーリー(20%ハイスロ)

の追加製造が完了し、WEBSHOPの在庫積み増ししました~

ちなみに、このハイスロプーリーには・・・

2015年までの旧型GROM用と2016年以降の新型GROM用があります。
お間違いのないようにお求めください。

PageTop

リアサスアダプタ(エイプ/XRモタード用)、販売再開!

P1110627.jpg

欠品しておりました、

■NSF100/NSRminiリアサスアダプタ(52mm延長)(エイプ/XRモタード用)
http://www.direct-com-racing.jp/shopdetail/015000000001


■NSF100/NSRminiリアサスアダプタ(46mm延長)(エイプ/XRモタード用)
http://www.direct-com-racing.jp/shopdetail/000000000283/


の製造が完了し、販売再開いたしました!

エイプ/XRモタードはRサスで大きく戦闘力が変わります!
ちなみに私のXRモタードはリアサスアダプタ(46mm延長)タイプ+シフトアップN1サスです!!

PageTop

GROMグロム用クラッチレバー位置調整用ワイヤーアジャストボルト、販売再開!

P1110626.jpg

先週、ちょこっとだけ作った

■GROMグロム用クラッチレバー位置調整用ワイヤーアジャストボルト
http://direct-com-racing.jp/shopdetail/000000000265/

が売切れてしまったので、昨日と本日、あわてて再製造いたしました。

「GROMのクラッチレバーが遠い・・・」という感想が未だに多いですね~。
この辺りをメーカーが改良するってことはないのでしょうかね~
http://direct-com-racing.jp/shopdetail/000000000265/

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。