FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

20181007モトピクニックRd4に参加してきました~

10月7日に筑波TC1000で開催されたモトピクニック第4戦に参加してきました。

今回の参加目的は
1.ST100マシンで夢の40秒台を出すこと
2.GROMCup耐久にきのっぴのペアライダーとして参加
の2つです。

【前日練習】

朝サーキットに着くと。。。昨晩の雨でコースが濡れています。雨男工藤じじいさんが来ていますから、致し方ないですwww。
1本目をパスして路面が乾いた2本目から走行スタート。。。スタートするもコースインしてみると、2ヘアがまだ乾いていませんでした。テンション下がりながらも精一杯走っていたら、雨男工藤じじいに2回もラップされた。。。さすが雨の練習量が半端ない工藤じじい、まったく敵いません。更にテンション下がります。もう帰ろうかなwww

しゃあ水口選手から鈴鹿ミニモトで使った青い腕章をいただく。ライダーブルー・・・憧れです。この腕章で0.3秒ほどラップタイムが上がる気がします。テンションを持ち直します。
43294866_1847300738699535_1047400995732062208_n.jpg

3本目、もう乾いた頃だろうと気を取り直してコースイン。燃調を合わせながら周回を重ねていくと、前方にきのっぴの姿が!
きのっぴ、俺にスリップをくれ!との祈りが通じて、自己ベスト更新の41.1秒。いつもならベスト更新した時点でやめてしまうのですが、今回はこのまま周回してさらにタイムアップをを狙いつつ、スリップをくれたきのっぴに今度はスリップを贈るべく頑張っていたら、なんと赤旗で中断を余儀なくされる。
徐行しながらコースの外に出る時に、最終コーナーで転んでいるきのっぴの姿が目に入る。マジか?きのっぴ。

医務室に入ったきのっぴ、数分後出てきたと思ったら、近くの八千代病院にサーキットの車で治療に向かうというので付き添いで飛び乗る。右腕がかなり痛そうだ。折れてるかも。

八千代病院に向かう車中、「治療が終わったら、自分で運転して自宅近くの病院に向かおうと思います」と言うきのっぴ。
「え~、運転できるの?無理でしょ~」ときのっぴ以外のすべての人は思ってましたけどwww

さらに「これで明日のレースは無理だとしても、12月のGROMグラチャンに出るには桶川のレースに参加しなきゃ」とか「家族や会社の人にどう話そうかな」などと腕の痛みに加えて先々の心配事で頭が一杯のきのっぴ。

あ~、代われるものなら代わってあげたいよ、きのっぴ。俺にはグラチャンもないし自営業だし。

サーキットの方の丁寧な運転で八千代病院に到着、すぐに診察・治療してもらうきのっぴ。
廊下で待っている私の耳に、痛みを押し殺したきのっぴの低く小さな唸り声とお医者さんの「脱臼」「骨折」「開放」「粉砕」などの単語が細切れに聞こえてきて。。。

あ~、ごめんきのっぴ、代わってあげられないwww

八千代病院での診察結果を聞き、自分で運転して自宅に帰るのを諦めるきのっぴ。この日は世の中的には3連休。私がきのっぴを自宅に送っていくにしても受け入れてくれる病院がすぐに見つかるか、怪しい。筑波サーキットの方から「この近くで受け入れてくれる病院をサーキット側で探しますから、そこに行くのが最も良いと思います」とのありがたい提案を頂き、そうすることに。

一旦サーキットに戻ってきたきのっぴ。痛くないはずはないのに、みんなに心配を掛けたくないので笑顔です。
20181013.jpg

筑波サーキットさんが西南医療センターに連絡してくれ受け入れてもらえることに。私のトランポできのっぴを搬送します。
きのっぴのマシンやトランポは筑波サーキットさんが預かってくれるという。もうホント、筑波サーキットさんには何から何まで助けてもらいました。ありがとうございました。

西南医療センターに着いてみると、そこはでっかい総合病院でした。病院が大きいというだけで安心します。そこの救急救命センターで受付すると、すでに筑波サーキットさんから話が伝わっていてスムーズチェックインです。

家族に連絡をするきのっぴ。こんな時どのように伝えるのがいいのだろうか?
DSC_3122[1]

レントゲン・CTスキャン・採血・診察。。。その間廊下のベンチで待つ私。。。他の患者さんがジロジロ私を見てる。。。あとで気がついたが、上下ピタピタインナーのままだったwww

いろいろなチェックが終わり、診察結果をきのっぴと一緒に聞く。。。う~ん、きのっぴしばらく入院みたいだ。骨折部の手術の前に傷口部の感染対策と腕を固定する手術を今日行うらしい。お医者さんがどんな手術かを手書きの絵で書いてくれたが、一般人には理解不能なものでした。でも細かく質問して詳しく回答されるとより辛くなりそうだったので、理解不能なままにしましたwww

車椅子で手術室に運ばれるきのっぴが「頑張って来ます」。決勝レースに向かう前にいつも聞くきのっぴの声でした。頑張れ~!

しばらくすると、工藤じじいから連絡が入る。「きのっぴのバイクと荷物は彼のトランポの中に積み込んだ。これからそちらに向かうから付き添いを交代しよう。甲斐田さんはサーキットに戻って自分のバイク・荷物の片付けをお願いします。」と。工藤さん、助かります。ありがとう。

工藤さんと付き添いを交代してサーキットに戻ると、みんなが寄ってくる。みんなきのっぴのことが心配で残っていたみたいです。
状況説明を聞いて、みな撤収。
工藤さんからきのっぴの一次手術が無事に終わり、付き添いは不要との連絡を受け、私は予約していた宿に。工藤さんは近くに宿が見つからず一旦帰宅することに。工藤さん、お疲れ様!

宿に着いて、う~ん・・・悩む、明日どうしようか、悩む、きのっぴの介護?www 悩む きのっぴのトランポ移動? 悩む レースに出る? 悩む どのクラスに? 悩む 何のために? 悩む・・・

宿の前にあるお弁当屋さんの大盛りから揚げ弁当に苦戦しながら出した結論は、「きのっぴが悔しがることをしよう」でした。意地悪ですが、それが一番私らしいかとw
DSC_3128[1]

ST100フレッシュマンクラスに出ることにしました。今回フレッシュマンクラスは台数が少ないので、ST100(エキパクラス)と混走になる模様。前回のレースでST100フレッシュマンクラスからエキパクラスに昇格したきのっぴが今後出るはずだったレースに先に出ちゃおう。きっと悔しがるに違いないwww

【レース当日】

レースに出るとなったら、オイル交換、タイヤ交換、エンジンメンテ、サブコンMAP書き換え、バッテリー充電・・・やらなきゃいけないことが満載で深夜3時台に宿を出発。自宅からサーキットに向かう時より早いじゃんwww

まだ暗いサーキットに着くと、そこでトランポが不調に。アイドリングしないぞ。自宅に帰れないじゃん。どうしようと思ったが、まあレースが終わってから考えようwww
最悪、筑波サーキットさんにきのっぴのトランポ同様、私のトランポも預かってもらおうwww

DSC_3132[1]

受付、車検、朝一練習走行とばたばたと過ごして、ST100の予選。

【予選】

単独で4~5周して41.6秒が出る。私としてはまずまずですが、エキパのスリップを頂ければ、もっとタイムを伸ばせるはず!と、一旦ピットインなどしてみたが、こんなことしたことがないので上手くタイミングを合わせられず、エキパ集団に加われずwww私の場合は、エキパスリップを狙うより単独で走り続けた方が良さそうです。
P1110519.jpg

3台しかいないフレッシュマンクラスではポールですが、フレッシュマンクラスの決勝スターティンググリッドはエキパクラスの2列後方からとなるそうです。まあどうせスタートは失敗するので後ろからのスタートで不満はないです。
P1110520.jpg

【決勝】

オンボード動画前
https://youtu.be/jS2fLIKcIBg

オンボード動画後ろ
https://youtu.be/yelhhue8m_4

エキパトップ集団
https://youtu.be/pAsthojyjcI

スタート前からテンパっていてメガネを掛け忘れた。視力0.3www
スタートはいつも通り失敗www
工藤じじいが抜群のスタートを決めアウトからまくるのかと思わせといて、遠慮するwww
村山さんのオーラがないwww
GROMさんに接触してしまった、ごめんなさい
KSRさんが目の前で滑っていく、こ、こ、こわい
青山君が洗練された
プロさんとヤマアニさんが激しい

最後は息も上がり、もう限界でした。
P1110521.jpg

ST100フレッシュマンクラス、優勝です。初です。フレッシュマンクラスは3台だけとはいえ、めでたい。
レースタイムは前回2位になった時より、9秒も縮めたぞ。9秒短縮って・・・別人だwww
でもやっぱり40秒台は出なかった(41.1秒)。まだまだです。
エキパクラスとの混走で総合では6位。いつも私とタイムを競い合っているきのっぴもここを走れるはず。
オンボードカメラ動画も上手く撮れていて、きのっぴを悔しがらせるには十分なものが残りました。レースに出てよかった。

今、きのっぴの歯ぎしりが聞こえますwww

スポンサーサイト

PageTop