FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

2017年ありがとうございました!

今日はバックステップの部品を作っておりましたが、このままだと年をまたぎそうなのでwwwここで終了。

2017年今年、WEBSHOPダイレクト・ドットコム・レーシングをご利用いただきありがとうございました。
http://direct-com-racing.jp/

またチームダイレクト・ドットコム・レーシングにてレースを戦っていただき、練習で一緒に汗を流していただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで今年も幸せな1年を送ることが出来ました。

先ほどDCRマシンとトランポに貼ってあったお守りを外してきました。
P1100772.jpg
無転倒というわけにはいかなかったですが、大きな怪我をすることもなく無事に2017年を終えることが出来て、ほっとしております。

来年のWEBSHOPの営業は正式には1月9日からですが、まあ例年通り2日くらいからごそごそやっていると思いますので、たくさんご利用いただければ幸いです。

また2018年も練習やレースを思いっ切り楽しみたいと思って、構想を練っておりますので、お付き合いください~。

では皆さん、よいお年をお迎えください~

スポンサーサイト



PageTop

2017DE耐参戦記その1(春のDE耐GROM編1)

半年以上前のことですが、2017年5月7日にツインリンクもてぎ開催された「DE耐」に参加しました。
今更ですが、私にとって一番大事なレースだったのでブログに書き残したいと思います。

参加を決意したのは、2016年の秋頃だったと思います。
当店のGROMは長らくST(ストック)クラスのレースに参加していたのですが、「あれしちゃいけない、これしちゃいけない」というレギュに疲れwww、「もっといじりたい」という気持ちを抑えられなくなり。。。

「もうSTは終わりにしよう。でもその前にやり残したことがある。DE耐のGROMクラス制覇だ!」
2014年、2015年と♯96SatuHATIというチームに負けていましたので、最後にどうしても勝ちたい!

その思いを、2014年、2015年とライダーで参加した水口君に伝えたら、「分かりました。他のライダーは俺に任せてください!」とライダー陣のリーダー役を引き受けてくれました。これが2016年の年末頃だったかな。
18403085_1777274658966300_5004937511001784837_n (1)

数日後、水口君から連絡があり「エビとカレーを連れて行きます」と。
DSC_32807a-1024x683.jpg

エビ?カレー?・・・一体何の話?あ、DE耐のライダーの件ね。
エビはエビちゃんこと海老名さんですよね?
カレーは???矢崎さんのことでした(この時まだ面識無し)。インド人に似てるからカレーというニックネームらしい?
二人ともとても有名な最速ライダーです。

水口君にこの2人が加わったら・・・ライダー力としては史上最強・最速じゃないでしょうか?
夢を見ているような気分と少し震えたのを覚えています。

♯96SatuHATIさんに勝ちたい、このメンバーなら勝てるかもしれない、いや勝たないとマズイ。そんな緊張感がレース当日まで続くのでした。

その緊張感から開放されたくて、早いうちに一度みんなでもてぎの走行会を走って、マシンやパーツのテスト、サスやファイナルのセッティング、タイムや燃費のデータ取りをして行きたいと思い、ライダー陣の予定を聞いたら、なんと4月22日の公開練習会しか参加できないと。。。

まじか。。。事前練習がたった1回。。。レース前日の特別スポーツ走行も欠席と。まじか。。。

ならばその公開練習会までにマシンを仕上げないといけない、しかも私が仕上げないといけない。ライダーとしては数段レベルダウンする私が、です。緊張感に加え、焦りやプレッシャーを感じる日々で、そりゃもうストレス溜まりまくりでしたw。

ピットクルーには永田正二と土谷君と私の3人体制。いつもはピットクルー1人の当店ですが、今回はライバル♯96SatuHATIさんのレース中の動向もしっかり把握しておくためにピットクルーの人数を増やしました。

PageTop

ブレーキパッドの特性

これまでブレーキパッドを選ぶ時の私の基準は「効きの強さ」でした。
握力がないので、効きの弱いパッドだとすごく疲れるのです。

エイプやXRモタードに乗っていた時は、デイトナのゴールデンパッドを愛用していました。

GROMに乗り始めたとき、ブレーキの効きの弱さを痛感し、ゴールデンパッドを探したのですが、GROM用は販売されていませんでした(今も売っていない気がします)。

で、同じ素材でGROM用を探して見つけたのが、Faito製のパッドでした。満足できる効きでしたね~。

その後しゃあ水口選手から、キタコSBSオフロードシンタードを勧められて使ってみたら、これがまた良い感じ!それ以来キタコSBSシンタードを使ってきました。Z125でも使っています。

XRモタードにも今年の春ごろに装着したのですが・・・気付けばその頃からフロントフォークのセットが気になるようになりました。あれこれセットを変えてみましたがどうもしっくり来ない。

う~ん。。。と悩んで整備記録ノートを眺めていたら、ブレーキパッドの銘柄変更の記録が目に入りました。そうだった、変えていたんだっけ、忘れてたわ。
P1100769.jpg

個人的な感想ですが、キタコのSBSシンタードは握りはじめにガツンと来ます。GROMやZ125ではそれでも良かったのですが、XRモタードではちょっとガツンすぎるのかな。まあ私の場合は、ですが。

ということで、購入しました、デイトナゴールデンパッドXRモタード用。試すのが楽しみです。

私もブレーキパッドの特性を語る人間になりましたwwwまあでたらめですけどね。

ついでに、Z125のパッドも買いました(キタコSBSシンタード)。こちらはパッドの厚みが1.5mmにまで減っていて効きが弱く感じたためです。ちなみに新品の厚みは4mmです。ちょっと使いすぎたかな?www
P1100770.jpg
P1100763.jpg


PageTop

Z125のRサス追求作業

Z125PRO。エンジンは速いんですが、車体が。。。前後サスペンションが。。。

フロントは後回しにして、Rサスペンションを追求しております。

Rサスペンションといっても、出ているレースのレギュレーションで、ダンパー本体はいじれないので、スプリングくらいしかやれることがありません。

今日も3種類のスプリングを茂原ツインサーキットでテストしてきました。
DSC_2698[1]

ここ1ヶ月、XR100モタードに乗っていて、ようやく乗りなれてタイムも上がっていたのですが、Z125に乗り換えです。
ああ~、いつもこのパターンだ。2月にはまたXRモタードに戻るのですが、その時はまたタイムが落ちていることでしょう。残念です。同じマシーンで1年通してみたいですw

で、テストの方は、3種類のスプリングそれぞれでイニシャル小と大の合計6セッション。どのスプリングもあまり変わりませんね。。。レートを大外ししているのか、Rサス以外に問題があるのか?
一番硬いスプリングでイニシャルをたくさん掛けた時に唯一「おお!」という良い感触があったのですが、なぜかタイヤが滑りまくる。。。
良い感触だとタイヤが滑る・・・どうしたらいいんですかね?www

まあ年明けもめげずに頑張ります。Z125ファンのために!(いるのかな?)

DSC_2701[1]
↑この写真は今日一日の練習でブレーキ・クラッチレバーがこの位置になりましたよという報告です。

PageTop

20171210 MOBARA MOTO WEST S-1 GP Rd.6(最終戦)に参加してきました。

12月10日、茂原ツインサーキットで開催されたMOBARA MOTO WEST S-1 GP Rd.6に参加してきました。今回が2017年の最終戦です。

エントリーしたのはM3クラスとMiniMotoOpenクラスのWエントリーです。

M3クラスは、以前よりあったM3エンジョイクラス(38秒~40秒)の卒業者向けクラスです。8月のRd.4でM3エンジョイクラスで38秒を切ってしまった方が多数生まれました。とても素晴らしいことではあるのですが、この方々が次のレースで上のクラスであるM2クラス(36秒~37秒)に参加してくれるかどうか・・・M2クラスで後ろの順位を走るなら出ない方がマシ・・・そう考える方がいると残念だと思い、茂原ツインサーキットさんに相談したら、新たにM3クラス(37秒)を作ってくれました。感謝です~

作ってもらったはいいがエントリーする人がいなかったらマズイ。。。そう思って、まずわたくしがエントリー。その後M3エンジョイクラス卒業者さんが続々とエントリーし、結果8人ものエントリーになりました。茂原盛り上がってます!
※新しくM3クラスを作ったことで、既存のM3エンジョイクラス、M2クラスのエントリーが減ったらいやだな~と思っていたのですが、M3エンジョイクラス17台、M2クラス12台とどちらも盛況でした。

台数は格好がついたのであとは内容。M3エンジョイクラス卒業者としてM3エンジョイクラスとは違うタイムをしっかり出して、M2クラスへのステップアップが現実味のあるようなレースがしたい、そう思って事前準備に取り組んでいたのですが。。。

マシンのレベルアップを図る予定で、あれこれ手を付けていたのですが、ほとんどがボツとなり、結局Rサスの変更だけで前日練習に乗り込むことになってしまいました。これは情けなかったな。。。

土曜日の前日練習は金曜日の雨でウエット路面だった午前中の走行はパスして午後から走り出します。3本しか走行できないので前後サスのセッティング、CDIセット、キャブセットに絞って作業します。
キャブセットは早々に外していることに気付きMJを濃くして解決。前後サスも硬くなる方向にセットを直して、自己ベスト(37.3秒)まであとわずかのところまで来たところで時間切れ。仕方ない、CDIはレース当日にいじることにします。

練習後のスタート練習にも珍しく参加。11月の模擬レースで見た小松田さんのロケットスタートが頭から離れない。一度でもそんなスタートをしたい、とその後機会があるごとにスタート練習しているが、この日もイマイチ上手くいかず。もっとスパッとクラッチを繋ぎたいがフロントが浮くのが怖くて半クラッチが長い気がする。明日はもっと思い切って行こう~!

練習後は、タイヤ交換とオイル交換。小松田さんが「今日は珍しく熱心ですねー」と。そうかな~、毎戦やっているんだけどな~。私って、そういうイメージですかね?まあタイヤもオイルも交換サイクルは人の2倍くらいかもしれませんけどねw

練習後は、ラーメンコジマル&旅館鈴木屋。少しずつ茂原ツインサーキット周辺の開拓も進めております。

明けてレース当日。
朝5:30サーキット着。パドック側は4~5台ほど空きスペースしかなく、トイレ前スペース入り口に増設した駐車スペースに止めさせていただきました。過去最高のエントランス数だったようですので、駐車スペース拡充は助かりました~。

受付、車検、ブリーフィングを完全防寒で快適に済ませ、いよいよ練習走行に挑みます。

M3練習走行=40.1秒。2コーナーから2ヘアの日陰部分が濡れていたので慎重に走ったのはありますが、それにしても目標より3秒も遅いのはちょっとショック。車の中に引きこもってお菓子を食べてショックを癒しますwCDIのマップを変えて予選を待ちます。

M3予選=38.1秒。濡れていた部分がほぼ乾いて全力で攻めたのですが38秒が切れず、あ~駄目だったと思ったが、何と順位は1番。???みんなどうしたんだ???

Minimoto予選=37.5秒2位。シンさん、津川さん、羽鳥さんという茂原マイスター達が前を走る。上手いな~きれいだな~と見とれていてタイムアタックを忘れてしまったが、37.5秒の好タイム。上手い人たちに引っ張られてラッキーでした。

M3決勝
https://youtu.be/uiUo8QlFOTM

スタートを決める!1周目を頑張る!そう言い聞かせてグリッドに着く。日章旗が降られてスタート!
クラッチミートが上手くいき、2速へシフトアップまではよかったが、3速に入れるのが早すぎた。走りがギクシャクする、そう感じた瞬間、頭の中が真っ白になって、あとは何も覚えてませんwでも自己ベスト更新の37.2秒です、ウレシイ~
32017122302.jpg
20171223.jpg


Minimoto決勝
https://youtu.be/eOw68nhXo70

グリッドに着くとポールにいるはずのキッシー君がいない。???どうした???
そのままウォーミングアップスタート、グリッドに戻るとピットロード出口にキッシー君らしきライダーが見える。ピットスタートなのか?ならば勝てるのかも?いや、すぐに追いついてくるはずだ。でも逃げ切れるんじゃないか?いや彼は速い、無理だろう。でも勝ちたい!

スタートから2周、自分でも分かるくらい落ち着いて走っていて、後ろのライダーの気配もしっかり感じ取れていたのですが、「ベストタイム更新を狙え!」という声が聞こえた気がして。。。プッシュプッシュ!4周目にベスト更新の37.1秒が出るも、その後は息が上がり、腕が上がり。。。追い上げてきているはずのキッシー君の影におびえながら何とかゴール~
2017122302.jpg
32017122303.jpg


この後M2にワイルドカードで参戦できる資格があったのですが、とてもそれどころではなく表彰式までへばってましたw情けない~~~

表彰式ではDCRメンバー全員でじゃんけん大会に闘志を燃やし(まあ~じゃんけん弱いことw)、寒いけど熱い一日が終了しました。
来年も茂原のレース出続けていきたいな~、そう思える2017年の茂原でした~~~

PageTop