FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

盗難

当店のお客様のトランポが盗まれました。トランポの中には、XR100モタードなど大切なマシンその他が入っていて、それごと盗まれてしまいました。このお客様には、慣れない鈴鹿ですごく親切にしていただき、どんなに感謝してもし足りない。どうか、無事に見つかって欲しい。

--------------------------------------------------------------

自宅前にある駐車場から、トランポと(積んでいた)ミニバイクを盗まれました。
もし何か情報があればご連絡ください!

防犯対策、田舎だと思って甘くみていました。窃盗団相手にどこまで個人の防犯対策が対抗できるのかはわかりませんが、しないよりした方が絶対良いです。
まだの人、ハンドルへの回り止め設置からでも始めて下さい!


<<追記>>
2006年式 トヨタ レジアスエース バン SUPER GL ガソリン
ナンバー:和泉400 た 67-01
車台番号:TRH200-0031734
車体色:シルバー
特徴:ほぼノーマル、荷室のガラスに遮熱用シート取り付け。前バンパーにSMSCのステッカー、リアゲートにラダーレシーバーあり。ドラレコあり。

2007年式 ホンダXR100モタード
車台番号:HD13-1100071
車体色:黒
特徴:鈴鹿ミニモト仕様、RUN R&D マフラー、メーターなし(外してました)、ダイレクトドットコム バックステップ、その他改造それなり
11269821_470344626451180_3069306869231615246_n.jpg
20029_470344716451171_4766160945473988165_n.jpg


相当厳しいとは思いますが、お心あたりのかた、情報よろしくお願いします!

------------------------------------------------------------------------

トランポ、そして愛機を失ったとき、私ならどのようになってしまうのだろうか。。。
もう一度トランポを買って、バイクも新たに買えるだろうか。。。

先日のDE耐で、前日夜にピットを設営し、マシン、工具その他を置いていこうとした私に、「最近盗難が多いから持って帰った方が良いのでは?」と親切にアドバイスくれた方がいたのに、翌日の朝の作業が増えるのがイヤで置いて行った私。
翌日ピットに行ったらマシンが無かった、なんてことになったら、チームの皆にどのように言い訳したのだろうか。。。

辛いな。。。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト



PageTop

2015DE耐レースレポートその13

ライバルである2位の♯17もチーム最速のライダーが乗っているので、簡単には追いつかないと思ったのですが、たった数周で追いついたMさん。さすがです。いつもは必ず途中でご機嫌を損ねていた当チームのGROMも、今日は現時点でも調子が良いようです。

このペースなら一気に追い抜いて、引き離しに掛かりたいところですが、ガソリンが厳しい当店。Mさんもそれを分かっているので、無駄にペースを上げず他車のスリップを使いながら燃費を稼ぐ走行をしている。
DSC_5312.jpg

♯17のライダーさんもめちゃくちゃ速く、Mさんと終始テールツーノーズ。延々1時間以上も続くバトル。もてぎのサーキットカメラも2台のバトルを追っています。
DSC_5712.jpg

DE耐の最終スティントは、ガス欠しないように燃費走行するペースの遅いマシンときっちり給油して全開で追いかける速いマシンとのバトルになることが多く、今回のように同じようなペースでガチでバチバチやり合うようなバトルは初めて見ました。
DSC_5465.jpg

DE耐は「同一周回は同一順位」というルール。たとえ♯17より後ろでゴールしても同順位になるので、無理せずガス欠しないでゴールする作戦を取るべきではないのか?というご質問を頂くことが多いのですが、そんな冷静な判断はDCRには無理です(笑)。最後は行くところまで行け!がDCRなのです。

いよいよ残り2周。計算上ではそろそろガス欠です(笑)。モニターのチャンネルを切り替えてMさんを追いますが、運よくまだ走っています。

最終コーナーはいつも前で立ち上がるMさん、そのすぐ後ろでスリップを使って前に出る♯17。毎周このパターンです。前で立ち上がるのは不利なように見える。

そしてスタートから7時間が経過!総合トップがチェッカーを受ける。

これがラストラップだ。それなのにいつものように最終コーナーを前で立ち上がるMさんとぴったり後ろに張り付く♯17。前で立ち上がって逃げ切れるのか?Mさん。

スリップから右に出る♯17。横に並んだままストレートを併走。そしてほぼ同時にチェッカーを受ける2台。

どっちが勝った?とモニターを覗き込む当チーム全員。。。

パラパラッとモニターの表示が変わり、♯17が上、当店が下に入れ替わって表示された。。。

あ~負けた~と声を出したチーム員全員ですが、みんなニコニコ笑っていた。

♯17との差は0.072秒。負けちゃったけどすごいレースでした。♯17おめでとう。Mさんありがとう。

ゴール後、Mさんに聞いたら「コントロールラインがもっと最終コーナー寄りだと勘違いしていた」とのこと。だから最終コーナーを前で立ち上がってきたんですね~。

パレードラップでもガス欠せず無事にストレートまで戻ってきたMさんに最初に言ったのは、「あのストップアンドゴーペナルティなんだけど・・・私の違反が原因です。」でした。ご本人は「オレ、何か違反しちゃった?イエロー無視とかしちゃった?」とずっと思っていたそうです。本当にすみませんでした。

♯98 ダイレクトドットコムレーシング 122周 
総合着順4位(周回数順位3位) GROMクラス着順3位(周回数順位2位)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその12

事件です。

給油所出口で指定されたアウト時間を待っているとき、

「ゼッケン98のチームの代表者の方、コントロールタワー3階まで来てください」

というアナウンス。

この種のアナウンスは、何かルール違反を犯した場合がほとんどです。
呼び出しをくらって、ペナルティを宣告されるか、違反の程度が軽ければ、厳重注意で済む場合もあるらしい。

とりあえず私はタイムカード時刻に給油所をスタートして次のライダーのMさんにマシンを渡し、急いでコントロールタワー3階へ向うと、先にコントロールタワーに行っていたKさんが戻ってきて、

「ピットロードで追い越しの違反を犯しているとのこと。3時10分にストップアンドゴーのペナルティを出すので、チームからもライダーに指示して欲しいとのこと。」と教えてくれた。

皆さん、ごめんなさい、私の違反です。ピットロードで他のマシンを追い越ししてしまいました。ああ、なんてことを。。。

ピットでは、サインボードを改造したり、ピット前で止まらずコントロールラインへ誘導する人を立たせたり、チームのみんなが知恵を絞って対策を考え実行する。即席チームなのにこの突発的な出来事に対応できるなんてすごい!と感心する一方、自己嫌悪200%です。ですが、この状況を作った張本人が一人落ち込んで何もしないなんて最低なので、コントロールランのペナルティBOXに向かいました。きっとペナルティの理由が分からず困惑しているはずのMさんに伝えなくては。

オフィシャルさんが出すペナルティボードに数周気付かなかったMさんですが、チームのサインボードで気付いたようでピットロードに入ってきました。制限速度の60Km/hがもどかしい。
ようやくペナルティBOXに戻ってきたMさんに「違反したのはMさんじゃなくて私だよ」と言いたかったのですが、そんな時間があるわけもなく、Mさんはあっという間に再スタート。

Mさん、ごめん~

そしてオフィシャルさんをはじめ、皆様ごめんなさい。

ピットに戻る足取りが重い。チームの皆に会わせる顔がない。うー、マジ泣きそう。多数のチームの方に慰められながらピットに戻る。そしてチームの誰も私も攻めないのが余計に辛い。

今出来ることを考えよう。クラストップ、クラス2位との差を測ったり、Mさんがゴールまでにあと何周できそうか、ガソリンがもつのか、を計算した。

クラストップの♯96はうちより1回少ない給油でゴールしてしまいそうだ。ノーマークだったがあっぱれだ。
クラス2位の♯17は給油に入った。これから10分間ストップするので、コースインするときには同一周回になるはず。
うちはMさんの速さをもってすればトータル121周行けそうだ。でもガソリンは事前の燃費データでは119周分しかない。

Mさんに交代する前に「ガソリンが厳しいので、狙うべきポジションを得たら、燃費走行に切り替えてください。」と伝えていた。が、本心は「そう上手くいくものか。最後の最後で燃費走行にしたところで2周分のガソリンを稼ぎ出すことはかなり難しい。最初の4スティントでガソリンが余り気味に見えたのが現実であってくれ。」と思っていました。

♯17が給油アウト、ライダーチェンジしてコースイン。その20数秒後にピット前を通過するMさん。

うー、やられた。ペナルティのストップアンドゴーのロスで先行された。

やばいな。。。

チーム最速のMさんなら、きっと追いついてくれるはず、と思いつつ、20秒のロスを追いつくためには全開で走るしかなく、ガソリンが節約できない。追いついたとしても最後はガス欠してストップする可能性が高まる。。。

まあ、そうなったら仕方ない。いまさら作戦の変更も出来ない。とにかく今は2位の♯17を追うだけだ。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

DCR的GROMオープンクラス仕様②

オイル交換。DE耐で使ったオイルはこれまでのDE耐でも使っていたワコーズWRの30R。7時間酷使したとは思えないくらいきれいでした。過去のDE耐と比較してもきれいなのは、エンジンがノーマルだからなのかな?
P1060473.jpg

今度はこれを使ってみます。ニューテックNC-50。
P1060483.jpg

タペットクリアランスはDE耐7時間で変化はありませんでした。
ちなみに当店はIN0.10mm/EX0.10mmです。
P1060477.jpg

プラグの焼けは。。。真っ白って感じじゃないのでこれでよかったのかな?今後は2極プラグも試して行きます。
P1060475.jpg

決勝前に別のチームの方から、「このボルトのスペアをお持ちではないですか?」とたずねられた。フライホイールのタイミングマークを見るための窓のボルトです。さすがにこれは持っておらず役に立てませんでした。このボルトが割れちゃったようです。割れるんだ。。。
P1060478.jpg

エアクリーナーBOXは外して、パワーフィルター仕様に変更。ゆくゆくはもっと空気を吸い込んでもらえるように変えていこうと思ってます。
P1060482.jpg

オイルキャッチタンクを装着します。
P1060480.jpg

今後はエンジン内部の改造だな。ハイカムはどこのメーカーのを使おうか?ヨシムラからはすでに出ているタイプのほかにもっとハイカムなのが7月に出るそうだが、ノーマル125CCに合うかは微妙かも?キタコかな~?HP見たら黒かったのでやめようかなw
100CCのハイコンプピストンがあれば使ってみたいがあまりなさそうですね。まあボアアップキットが各社から出ているのに100CCのままでパワーアップを狙う人がどれほどいるのだろうか?という気もしますし。レギュレーションの行方を占うのは難しいな~。とりあえずガスケットを薄くして精一杯の圧縮アップかな?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

再販商品:リアサスアダプタ(エイプ/XR)

PageTop

2015DE耐レースレポートその11

第4スティントはYさんが騎乗。2013年、2014年に続き、3年連続表彰台が掛かっているライダーさんです。

しかしここまで不幸続きで。

2月の練習走行ではキャブのインマニが切れ、3月の練習走行ではエンジン完全ブロー。4月の練習走行ではいざ走行というタイミングで雨が降り出し転倒、5月の公開練習ではいきなりのマシン不調。そして最後は特スポで前走車の転倒に巻き込まれる、という不幸のオンパレード。

どうしてYさんにだけ不幸が降りかかるのか?決勝では何が起きるんだ?

という、こちらの不安を払拭するような、見事な走り。レース中、自己ベストを2秒も更新する頑張りを見せる。

途中、1回モトクロスジャンプを試みたようですが、転倒なく切り抜け、指定された20周をきっちり走りました!

※とても頑張って走ってくれたのですが、残念ながら動画も静止画もないのです。Yさん、そしてYさんファンの皆様、すみません。

この時点でGROMクラスの3位。
トップの♯96はどうやら我々より1回給油を少なくする作戦に間違いないようで、もしガス欠しないのなら我々は追いつけないと判断して、追うのをあきらめました。

狙うのは2位の♯17。同一周回ながら20秒ほど先行されている。♯17のチームのライダーと我がチームのライダーの速さを比較して作戦を考えてみる。両チームともあと2スティント。給油回数も同じだろう。純粋にライダーの速さで勝敗が決まる。ならば速いライダーを長く乗らせる必要がある。20秒遅れている当チームはなおさらだ。

ということで、当店の作戦は。。。

次のライダーである私はタンク内に3Lの空きを作るために5周だけ走って給油イン。残りの全周をチーム最速のMさんに託す。というものです。ちょっと極端な作戦ですが、逆転するにはどうしても必要な作戦でもありました。

Yさんからバトンを受け取って、私の5周のスプリントが始まりました。ピットロードも制限スピードぎりぎりで走り、アウトラップも目一杯攻めます。たった5周なのですから一瞬でも手を抜かずに走りました。インラップも過去最高に頑張って給油イン。

これが最後の給油です。5周前に3L入れたばかりですから、ガソリンタンク内にはまだガソリンがたっぷり残っている。事後の計算では3.6L以上残っていたはず。タンク内の油面を見て「ここに3Lは入らないだろ」とピットクルー全員が思ったはずだが、怖くて誰も言い出せないw。
2Lくらい入れたらもう満タンな感じになった。が、ここからが当店のピットクルーの腕の見せ所だった。Fフォークを高く上げバイクを立てたり、タンクをたたいて中の空気を抜きながら、何とか3L全部詰め込んでしまった!

よし!これで最後の追い上げの準備は完了した!あとはMさんにお任せ。。。

そんな時に事件は起こりました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその10

私、20周を走り給油イン。給油所へ右折しようとしたらブラインドからの微妙なパイロン攻撃にビックリ。
DSC_3161.jpg
次のライダーのKさんにマシン調子、コースの様子を伝えます。
DSC_3198.jpg
ピットクルーが一滴も残さず給油します。給油後のガソリンの油面は測れませんので、ピットクルーが見た目で判断します。見た目で分かるなんて凄いです、当店のピットクルー。どうやら今日は少し燃費が良いようです。
DSC_3208.jpg

第3ライダーのKさん、お孫さんもいるおじいちゃんライダーw。3月の走行会では3分14秒のタイムで撃沈&参加辞退の可能性もあったのですが、特スポでは念願の3分切りを達成し、お孫さんもお喜びでしょう。このDE耐には息子さんもピットクルーとして加わってくれ、チーム力を大きく底上げしてくれました。
決勝前夜、DCR恒例のオンボードビデオを見ながらのライディングレッスンで決勝でのタイムアップのヒントを得て、更なるベスト更新に燃えて走行してます。

DSC_3391.jpg
DSC_3514.jpg
DSC_3516.jpg
DSC_3528.jpg

レース開始から2時間30分。この時点でGROMクラス2位。トップは♯96。彼らはうちより1回給油が少なく、ここでようやく2回目の給油に入った。2時間30分を6Lで走っているのか。。。すごく燃費がいいな。でもこのペースのままだと最終的には彼らも我々と同じ給油回数が必要になる。そうなれば逆転が可能だ。
だがもし♯96がタンク内にガソリンを溜めつつ給油していたとすれば。。。

そんな不安を抱えつつ、当店としてはとにかく当初の予定通りに進めていくことにした。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

5/29は茂原ツインサーキットのミニコースと2016DE耐!

まだ5月だというのにもう夏のような30度越えの気温が続く今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

DE耐前から体調を崩しておりまして、DE耐中はアドレナリンのおかげで気にならなかったのですが、DE耐後は、疲れや暑さも重なって最悪でございます。強烈な肩こりに半端ない眠気という妙な組み合わせです。

しかし、病は気から。次なるレースが決まっていないから病になるのだ。気が張っていれば大丈夫なはず!

ということで、今後参加するレースを物色してみたのですが、う~ん、GROMは改造しちゃうと出られるレースがまだまだ少ないのねー。オートポリスとか行ってみたいのですけどね。。。

とりあえず、改造自由なMAXZONEを次なるターゲットにしようと思います。

そのためのテスト第一弾!GROMにNSRホイールを装着するためのキットパーツの最終確認のために、29日金曜日は茂原ツインサーキットに行きます。
2ヶ月前に行って楽しかったミニコースで遊ぼうと思います。
http://directcomracing.blog85.fc2.com/blog-entry-2070.html

お時間がある方はぜひ!

それと。。。GROM中心になってしまって、過去1年間で1回しか乗らなかったXRモタード号。今後乗る機会が増えるとは思えず。。。しかし売却してしまうのも。。。さみしい。。。

そこで!2016年DE耐はこのXRモタードでもう一回参加してみようと思います!メンバー募集します。参加資格は1年間みっちり練習できる人。ご応募はメールでinfo@direct-com-racing.jpまで。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら当店のGROM用バックステップ

PageTop

2015DE耐の思い出①

今年のDE耐には、あの「原田哲也」氏が参戦。週刊バイクTVという千葉テレビのチームでGROMクラスにエントリー。

同じクラスなのでレース中コースでお会いできないか?と思っていましたが、私とは走行タイミングが違っていたようで会えずじまい。

が、当店のライダーK氏はおいしい思いを特スポでしていたのだった。
特スポで数周に渡って原田氏のすぐ後ろを走れたのです。


まあ当のK氏は、それが原田氏だとは知らなかったらしい。もったいないですねー。

原田氏のすぐ後ろで撮影していたマーシャルバイクの五百部さんが「撮影中だから近づかないでね」と、手で後ろに下がるように合図したのを誤解し、「俺様に下がれって言いやがった!」とキレてマーシャルバイクに突っかかっていった時がベストタイムでした。人間、怒りが最高のモチベーションですなー。

せっかくの原田氏のスムーズなライディングは、マーシャルバイクの五百部さんの絶妙な妨害により、よく見えません。週刊バイクTVでご堪能ください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら当店のGROM用バックステップ

PageTop

DCR的GROMオープンクラス仕様①

DE耐が終わりようやくSTレギュレーションから開放された、当店GROM。

2015年後半は自由に改造していくのだ。まあ自由といっても自分なりの縛りはあって、将来のレースレギュレーションを予想して先取りしたなかでやっていこうと思います。

2015年、鈴鹿ミニモトSTの総合優勝はGROM。DE耐日曜日も総合2~4位がGROM。GROMの時代が来つつあるのは間違いないでしょう。

しかし今年DE耐でGROMを使ってみて思ったのが。。。GROMは決して速くない、ということです。

GROMは125ccなので、100ccのエイプ/XRモタードに比べて有利だと思っている方がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。STレギュレーション下で改造が許されないGROMを速く走らせられるのは、速いライダーだけです。そう断言してしまいましょう~。

そこで、です。

GROMにそこそこの改造が許され、特別速くないライダーでも、エイプ/XRモタードと同等に走れるようになる、そんな未来像を求めて当店は改造していこうかと思っております。イメージは「DE耐土曜日にGROMオープンクラスが出来た!」です。

DCR的DE耐GROMオープンクラスは、DE耐クラス同様、車体の改造はかなり自由になる。
Fサスには社外インナーキット、Rサスも社外品に交換。予算がなくて実際にトライするのはう~~~んと先になりそうですが。。。

今すぐできるのはホイールの交換です。NSRサイズのホイールに交換します。そのためのキット開発を進めています。私のテスト走行が終われば、製品化にGO!サインを出せる予定です。
P1060472.jpg

タンクのシュラウドは不要です。無駄に大きくて空気抵抗にしかならないので、外してしまいます。

今後どのような形になっていくか、乞うご期待。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら当店のGROM用バックステップ

PageTop

2015DE耐レースレポートその9

マシンの調子が今日は抜群に良いのか?前走車のスリップが効いているのか?それともMさんが速いだけなのか?


スタート前に「シミュレーションの平均ラップタイムは3分5秒とのことですが、それ以上速く走れる場合でも3分5秒に合わせて燃費走行したほうが良いですか?」とMさんに聞かれ、「いえ、全力で走ってもらって構いません」と答えていましたが、決勝でいきなりここまで速いのも困りものです。想定していたチーム平均より10秒も速いとこれまでのデータが活用できなくなりますから。


今日のマシンが特スポ時に比べてさらに良くなっているなら、第2ライダーである私のタイムもかなり上がるはず。私のタイムが上がるならKさん、Yさんのタイムも上がるはず。そうなると周回数が増えるので、1回キャンセルするはずだった給油を行った方が得になる可能性も生まれる。

そんなプランBを描いている間にも順位を2位にまで上げ、予定通り15周で給油インするMさん。

私の最初の数周のタイム次第で今後の展開を決めることにして、第2ライダー私の20周がスタート!

マシンの調子は悪くはない。特スポ時よりも少し良いような気もするが。しかし私のタイムは特スポと同じ3分フラットくらい。Mさんのようにベストを4~5秒も更新するような感じではない。コースが空いているときは良いが、混戦に弱いのが露呈し、平均ペースを上げられない。

そんな感じで3周ほど走ると、前方にGROM発見。♯17だ。
※結果としてこの日はこの♯17との接戦になるのだが、その時はまだそんなことは分かっていない。


車体のセットが決まっていないのか、燃費走行しているのか、♯17のペースが上がらない感じなので、程なく追いつき追い越す。しかし♯17のライダーさんも上手い方で、コーナー入り口~立ち上がりで私を抜いていく。私も負けじと数回抜き返してみたものの私の実力ではたとえ抜いても引き離せない感じだ。上手いライダー同士ならお互い協力し合ってペースを上げられるのだが、どうも私が足を引っ張ってタイムダウンしてしまったので、その後はあえて抜かずに♯17の後ろで燃費走行することにした。

そもそもゴール時には残ガスゼロの予定の当店チーム。かつ、第1スティントが予想以上のハイペース。なのでここでできるだけ燃料をセーブしようと考えました。
結果、タイムは上げられず、第2スティント以降も当初の計画通りに進めることになりました。




↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら当店のGROM用バックステップ

PageTop

GROMバックステップ

今回のDE耐で思ったのは、当店のGROM用バックステップは意外と良さそう、ということです。

自分で開発・製造・販売しておきながら、「意外と良さそう」という表現はまずいのかもしれませんが、パーツの評価はそれを使う人それぞれに異なるものですから。

当店チームはGROMに乗ったことがなかったライダーが2人、乗ってレースをしたことがあるライダーが2人、の合計4ライダーだったのですが、どのライダーからもステップに関する苦情・要望がなかった。

適正なポジションになっているだと思います。

レース中に他のGROMに出くわした時に「乗りにくそうだな~」と感じたマシンが数台ありました。

ハンドル、シート、ステップ、この3点はある程度きちんと合わせないと、体は痛くなるし、伏せられない。

きちんと合わせていればこんなに伏せられます。
DSC_5204.jpg

本日はステップバー製造。
P1060454.jpg
当店GROM用バックステップユーザー様からのリピート注文はステップバーのみが多い。他のパーツまでは壊れないのかな?そういう当店もDE耐前にステップバーとペダルノブのゴムを新品に換えただけです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら当店のGROM用バックステップ

PageTop

欠品商品が欲しい場合は・・・

大変申し訳ありません。下記パーツが欠品となってしまいました。

NSF100/NSRminiリアサスアダプタ(エイプ/XRモタード用)

もしこの商品のように欠品している商品が欲しい場合は、その商品ページの「» 再入荷お知らせ申し込み」をクリックして、メールアドレスとお名前をご記入ください。

この「» 再入荷お知らせ申し込み」ですが、欠品商品のうちどれを優先的製造するのか?の判断材料にしております。「» 再入荷お知らせ申し込み」がなければ製造しない場合もございます。

製造が完了し、販売を再開した場合には、即座にご登録いただいたメールアドレス宛にご案内が行く仕組みになっております。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその8

さあいよいよ決勝です。本日の天気は終日晴れ予報。お天気の心配のないDE耐は久しぶりです。

朝5時に全員ピットに集合し、マシンを暖機して最終チェック。タンクを空にしてスタート前チェックに一番乗りで向かいます。GROMのややこしい燃料ポンプ~インジェクターのカプラー外しも事前練習のお陰でスムーズに出来て、指摘なく通過。最初の3Lの給油を行います。一滴も無駄にしないようにガソリンタンクに詰め込みます。昨年から無駄に大きかった給油缶が小さくなり給油作業が楽になりましたね。

3L給油後は恒例の油面チェック。タンク内のガソリンの高さを測ることでガソリン量を把握できます。もちろん事前にピットで500CC単位で油面を計測済みですが、給油所路面が傾いているためここでも測っておき、ピットでの計測との差を確認しておこうとしたら。。。

「その作業は給油作業ではありませんのでここでは出来ません」とオフィシャルさまから注意されました。

え~、マジッすか?

昨年も一昨年も同じことをやっていましたが、見ていたオフィシャルさまからも指摘されたことはなく。。。そもそもこの油面計測は当店がDE耐に参加する前から諸先輩がやっていたことで、う~ん、何故ここでいきなりNGなのだ~

という反論は受け付けませんという固い表情をオフィシャルさまはされていましたので、素直にご指摘に従うことに。

予定外の出来事でしたが、慌てず騒がず、落ち着いて決勝に向かうために気持ちを切り替えます。

ブリーフィング前にピットクルーも含めて全員で打ち合わせ。内容は下記。

・目標はGROMクラス優勝。その結果として総合でもTOP10入りを目指す。
・走行順は、Mさん、私、Kさん、Yさん、私かKさん、Mさん。
・レース中給油5回の6スティント(トータル18L)。
・平均ラップタイム3分5秒で、15周、20周、20周、20周、20周、24周で119周。
・これまでの燃費データ32Km/Lだとギリギリ119周可能。ただし残ガスゼロ。
・SCが入ったら給油イン。転倒してマシンダメージがあったら給油イン。

その他ピットサインの出し方やそれを確認した時のライダーのアクションを決めたり、予定外の出来事が起きた場合の行動を確認しあいました。

当初の予定では給油時に毎回ガソリンタンク内油面を計測し作戦を調整・変更するつもりでしたが、油面計測がNGになったので、これまでの練習走行で蓄積したデータを信じて、あとは神頼み(まあいつも最後は神頼み)。

ブリーフィングも終わり、いよいよスタート進行。

Yさんが引き当てた12番という好グリッドで記念撮影。DE耐日曜日は3グループ分けの時差スタート。先頭のグループからスタートできることはかなり有利です。
P1060419 コピー

メンバー全員で固い握手を交わし、気合を高めます。

ウォーミングアップラップ開始、3分前。エンジン始動します。油温センサーを外している当店GROM、冷間時の始動がちょっと不安でハラハラしましたが、何とか始動完了。

スタートライダーはチーム最速のMさん。スタートライダーに立候補してきました。
最初のスティントはガス欠しないように少しガソリンを残さないといけないので周回数が15周と短め。速いライダーの周回数が短いのは得策ではありませんが、他のライダーも特スポでMさんに匹敵するタイムを出すまでに成長したので、立候補を受け付けることにしました。言い換えれば、Mさんに希望通りスタートライダーをやってもらうために、他のメンバーが特スポで頑張ったともいえます。

ウォーミングアップラップはスタートの予行練習を兼ねているのでルマンスタート。予行練習なのでのんびり走るライダーも多いのですが、本気のダッシュを見せるMさんが私は好きです。

そして、10:00。いよいよ決勝スタート!

「GROMの半クラッチ、出来るかな~不安だな~」と分かる人には分かる不安を口にしていたMさんでしたが、抜群のスタートを決め1コーナーに飛び込んでいった。


DE耐クラス、エンジョイクラスのマシンには戦闘力で劣るはずのGROMですが、Mさんが乗ると遜色がないように見える。

1周目を6位で戻ってくる。予想以上だ~。タイムもこれまでのベスト2分58秒を大きく上回り、その後54~55秒を出しちゃってます。マジ?



↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

再販商品:フロントアップスタンド

少し長い間欠品状態でありました

■エイプ/XRモタード専用フロントアップスタンド

ですが、本日数個製作しまして、販売再開しております。

今回の製造で部材の一部がなくなったので、今後の製造は無いかも知れません~
必要な方は在庫のあるうちにお願いいたします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

本日営業中~

本日は営業しております~

フロントアップスタンドの製造中です。

代引きのご注文であれば商品の発送もいたします。

来週発送予定だったマフラーも本日入荷予定です。在庫あと2個です。
XR100モタードレーシングマフラー(センター出し)

明日はすみません、お休みします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその7

いよいよ特スポです。特スポはチーム最速のMさんは欠席。残りの3名のライダーで各自ベスト更新を目指してもらいます。

決勝を翌々日に控えた特スポですから、一般的には本番に向けての微調整を目的にするのでしょうが、ここでベスト更新を目指してもらうのには理由があります。

この時点でMさん以外のライダーのベストはMさんから5~6秒遅いため、作戦が立てにくいのです。全員の速さが揃っていると誰がどのスティントを走ってもよいことになるので、とてもシンプルな作戦にできるのです。

ということで、今回はひとまず3分3秒を目指してもらうことにして、1本目は私からスタート。

今回も電気的な安定が最重要課題なのだが、もう一つ試したかったのがファイナルの変更。
これまで「F15/R35でコーナー3速、ストレートで4速使い切り」で合わせていたのですが、ダウンヒルストレートで吹け切り気味なことと決勝ではスリップを使える場面が増えるのではないかと考え、「F18/R34、コーナー2速3速、ダウンヒル・スリップのみ4速」という仕様にしてみました。

特スポの参加台数が非常に少なく、スリップはほとんど使えませんでしたが、各コーナーでのエンジン回転数も特別悪くはなく、これはこれでアリかも。すぐに3分2秒が出てマシンの調子も悪くなさそうなので、急いでピットに戻り、Yさんに交代。
これまでの走行会ではYさんが騎乗するタイミングでなぜかGROMが遅くなる状況が続いていたので、好調なマシンをYさんに渡せたことで今日の私の任務はほぼ終了。
みんなの期待が集まる中、初めて好調なGROMに乗ったYさん、見事3分01秒の自己ベストです。チームも盛り上がります。

2本目にはKさんが絶好のスリップ(原田選手と五百部アドバイザー:撮影中だったみたい)を見つけ猛アタック!ついには2分59秒台突入!

おおー、来たね来たね!チーム最速のMさんにしか3分を切れないと思っていたが、Kさんが突破口を開ける。

いい流れだなー。各ライダーが刺激しあってタイムがどんどん上がっていく。

この時点で3分3秒という当初の目標で満足するライダーはいなくなり、全員が「3分を切る!」という目つきに変わっていました。

ある意味すばらしい!しかし今冷静に考えると、大人気ないぞ(笑)!大事な決勝を翌々日に控えているんだぞ!このタイミングでマシントラブルやライダーの怪我があったらどうしようもないぞ。

そうです。好事魔多し。

3分切りを目指してコースインしたYさん、台数が凄く少なくて終始単独走行。タイムは3分を切れそうで切れない。そんなタイミングで引っ張ってくれそうなマシンに遭遇。ストレートで離されつつもコーナーで喰らいつき、いよいよ3分を切れそうなまさにその瞬間。。。

前走車が転倒、避け切れずYさん激突。

救急車でメディカルに運ばれてきたので、めちゃくちゃ心配したが、2人とも大丈夫だった。後日激突の瞬間のオンボード動画を見ましたが、2人とも本番のレースを走れるくらいの軽症で済んだのは幸運だったといえるほどのシーンでした。

転倒したマシンがレッカーで戻ってきた。
P1060416_201505221720219cb.jpg
外装パーツが壊れていたが、周囲の方に工具やパーツを借りることが出来、何とか修復できた。Nさま、ご協力いただきありがとうございました。

3本目、マシンに不具合がないかを確かめるために出たはずの私ですが、マシンに問題がないと分かれば、タイムアタックです。みんな自己ベストを更新しているのに私だけ出来ていないなんて許せない!

当初7周程度で終わりにするつもりだったのですが、気付けば10周も走ってしまい、他のライダーが乗れなくなったのですが、ベストを更新(2分59秒)できたので良しとします(笑)。

特スポ3本の結果、ライダーのベストタイムは2分59秒~3分00秒、燃費は32Km/Lとまずまずのレベルになりました。

午後は受付で本日一番タイムが遅かったYさんが罰ゲームとしてグリッド抽選を行い、なんと12番という好グリッドを獲得!
P1060417_201505221720292f6.jpg

車検も装備品チェックも指摘なしでパス。

決勝に向けて、タイヤ交換、オイル交換、空タンク化の練習なども行って、準備万端!

あとは決勝を残すのみです!!!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその6

1ヵ月後、5月公開練習会です。

この1ヶ月のインターバルで、エンジンをOH。SUS441さんに依頼しました。実はSUS441さんとはお会いしたことがないのですが、メールの対応だけで信頼のできる方だと分かりますよ。
今回はこちらの日程がタイトで、次の走行まで2週間しかない。一番不安なのはGROM純正パーツの欠品です。部品が入荷しなければ、SUS441さんとしてもどうしようもないわけです。そこでSUS441さんからOHに必要な部品を教えてもらい、それをこちらで事前に入手した上で、エンジンと一緒に送ってOHしていただきました。その結果1週間でエンジンが戻ってきました。これはとても助かりました。

というのも、前回の走行会で発生した突然の不調を解明する時間が必要だったからです。
電気に詳しい友人のSEDさんに協力してもらい、ECUがどのような働きをしているのか、解明作業を始めました。
O2センサー、吸気温度センサー、油温センサー。。。各センサーの値を変えると燃調にどのような変化が起きるのか?
いろいろ調べてもらいましたが、いくつかのセンサーが複合的に関係しあっているようで、分かるようで分からない、そんな状況でした。

とりあえず、各センサーの値を固定してみようということになり、公開練習会にはO2センサーはアース、油温センサーは外して、吸気温度センサーは5段階切り替えにしてみました。

1本目、チーム最速のMさんにセッティング出しをお願いする。3分フラットで周回。要改善点はあるもののマシンは概ね良好のようだ。マシンの状態が崩れないうちに私も乗せてもらい、3分3秒の自己ベストが出た。

う~ん、全く速さを体感できない。

むしろ3分10秒しか出ていなかった2月3月の走行会のほうが速く感じるが、今回の方がタイムが良いのだから、これがGROMの正しい姿なのだろう。

2本目、3本目もマシンの調子は悪くはなく、各センサーの処理はこれで良いのかも?と思い始めていた4本目、Kさん、Yさんのタイムが遅い。またまた出たか、突然遅くなるGROM病。失火も併発しているようで、今回も1日を通してマシンを安定させることは出来ませんでした。

決勝まであと2週間。もう時間はない。改善のヒントもない。

仕方なく、ECU、サブコン、イグニッションコイル、プラグコード、プラグといった電気に関係するパーツを新品に交換。根拠はない。でも何かしないと改善しない。ライダーが必死に走っているのに何もしないわけには行かない。

そしていよいよレースウィークを迎えました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその5

4月練習走行会。2月、3月と低値安定だったので、今度こそ!の思いで臨みました。

今回はDCR初登場のMさんがいる。彼がどこまでタイムを上げるのか?興味津々でした。

当日は午後から雨の予報が出ていたので、ドライのうちにMさんに乗ってもらおうと、1本目を任せました。

「リアタイヤは新品だけど、フロントはしばらく使っていない中古なので、最初は様子見てください」とコースに送り出したのですが、計測1周目でチームベスト更新です。もてぎは7年振り?らしいが、そんなことは全く関係ないのですかね?

不具合があればすぐにピットインして!と言っておいたのですが、ピットインする気配もなくタイムを上げ続けます。間もなく3分を切り、2分58秒という信じられないタイムをたたき出しました。

おお~、すげー。MさんといえどもGROMで3分切れるとは思っていなかったのでびっくりです。

次なる興味は、「マシンが良くなったのか?それとも単にMさんが速いだけなのか?」です。

それを検証するために、Kさんに乗ってもらいます。Kさんは「今回3分10秒を切れなければDE耐に参加しない!」と言っているので、マシンが好調なうちに乗ってもらう必要もありました。

Kさんも少ない周回ながらあっという間にタイムを上げ、3分4秒台を出します。前回のタイムを10秒も更新しています。

こりゃすごいぞ!Kさんも大きくタイムを上げたことで、マシンの戦闘力が格段に上がったことが証明された。

ピットに戻ってきたKさん曰く「3月までと全く違う。ピットを出て行く瞬間にすぐに違いが分かった」と。

ピットの中は大盛り上がり!2月3月のお通夜のようなピットとは真反対です。

よし!今度は俺達が10秒アップする番だ!と、走行準備をしていたYさんと私だが、ここで無常にも雨が降り出す。

何だよー。

雨の走行データも必要なので、Yさんがピットアウトするものの、ビクトリーコーナーで転倒。ここからチームは下降線。

修復なったマシンで私もコースに出たが、さほどパワー感を感じず。

ファイナルを変えたり、マフラーのゆるみが発見されたり、サブコンの設定を変えたりしてみたが、どれも効果がなく、結局1本目と同じ仕様に戻してみたが、Mさんをもってしても3分4秒が限度でした。

う~ん、1日の間で、5~6秒もタイムが変わってしまう。一体どういうことだ。後から聞いた話では他のGROMユーザーも同じように安定しない状況だったようです。

GROM、手強いな~

この日、一度はお祭り騒ぎだった当チームも最後はお通夜な雰囲気になったのでした。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

RUN R&D XR100モタードセンター出しマフラー再販!

2月に数量限定で再製造・再販売した、RUN R&D社製XR100モタード用センター出しマフラーですが、当店のためにもう少しだけ製造してもらえました。

先日開催されたDE耐には、このRUN R&Dの社長さんが見学・応援にいらしてました。たくさんのユーザーさんからご意見もいただけたようで有意義だったようです。今回の追加生産もDE耐でユーザーさんからもらったエネルギーが生んだのかもしれませんね!

限定数4個・発送は来週はじめの予定です。

2015年5月末発送分予約 XR100モタードレーシングマフラー(センター出し)
P1040637_20150521160224787.jpg
P1040636_20150521160223f94.jpg

・STクラスのようなノーマルエンジンからOPENクラスのキットエンジンまで使えます。
実際に当店DCRで使用して、2013年DE耐最多周回数賞、2014年DE耐優秀周回数賞獲得のマフラーです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその4

全く進歩のないまま終わった3月の走行会。次回の4月の走行会まで約3週間。何かしなければ。このままではつまらない。

まずダイエットだ!4キロ減では全くタイムが上がらなかったので更なる軽量化が必要だ!1日1膳。

続いてエンジンだ。タペット調整とオイル交換しかしたことがなかったので、腰上をばらしてみました。ピストンにカーボンたっぷりでスキッシュがなくなっていました。

あとは何をすれば速くなるのだ?

GROMというバイクは・・・

純正のままだとO2センサーがAF値が14.7になるように常に調整している。AF14.7が一番排ガスがきれいに出来るらしい。しかしサーキットを速く走ろうとした場合、14.7は薄すぎてパワーがない。なのでサブコンを装着し燃料を増量して濃くする。濃くなるとパワーが出るのですが、O2センサーが濃くなったAF値を感知して、14.7に戻そうと燃調を薄くする。これがO2センサーのフィードバックと呼ばれる機能です。

このフィードバックはある特定のエンジン回転域&アクセル開度域でのみ働き、サーキットで使われるエンジン高回転域&アクセル全開域では働かないといわれている。働かないならサブコンでの増量分燃調を濃く出来るはずだが、実際にはある瞬間いきなり薄くされたりします。

このフィードバックがいつ、どのような条件下で働いているのかが分かりません。サービスマニュアルにも一言も書いてありません。分からないのは厄介なので、「え~い、O2センサーを外してしまえ!」となるわけです。

O2センサーを外してもエンジンが普通に掛かり、なんとなく普通に走れてしまうので、「な~んだ、O2センサー外しても平気だ!これでO2フィードバックもないからサブコンで思い通りの燃調に出来るぞ!」

と、とてもシンプルに考える人がいる一方で、

いやいや、純正ECUはO2センサーでいろいろなコントロールをしている。O2センサー外したら警告灯が点いてセーフモード(とりあえず動くだけというモード)になってよろしくない。ECUには「O2センサーは外れていませんよ」というダミー信号を送ってセーフモードに移行させないようにしないといけない。ついでに「燃調も濃くも薄くもないですよ」というダミー信号を送ればO2フィードバックも働かない。なのでそのような機能を持ったマイコン制御のO2キャンセラーを装着しないとダメです。

という人もいます。

いったい何が正解なのだ!(未だに正解は分からず)

とりあえず当店が使用しているサブコン(エニグマ)メーカーがO2キャンセラーを売り出したので、それを装着したのが昨年秋。それ以降3月の走行会まで使用し続けていて、警告灯が点いたり、いきなり燃調が薄くなることもなく、AF値は狙い通りの13をキープできていて、O2センサーの処置には問題がないと思っていたのですが、どうもこのO2キャンセラー装着以降速かったことがない。う~ん、O2キャンセラー外しちゃおうかな?いっそサブコンも他メーカーに切り替えようかな?

そう思い始めていた時、フェイスブックでお客様が「私はO2センサーは外してアースしています」とメッセージをくれました。
警告灯も点かないし、セーフモードにもならないとのこと。

さっそくO2センサーをアースして公道テスト。

むむ?何か違う!O2キャンセラー装着時と何かが違う。

より細かく正しくAF値が測れるワイドバンドAF計を装着して確認してみると、O2キャンセラー装着時はあるエンジン回転域は濃すぎ、別の回転域では薄すぎなのに対し、O2センサーアースだとその濃い/薄いのばらつきが少ないのが分かった。どちらにしてもサブコンで調整はできるのだが、ばらつきが少ない方が調整が格段に楽だ。

ということで、今後はO2キャンセラーでのO2センサー処理をやめて、アースでいくことに決定。O2アースでサブコン増量を煮詰め4月の走行会に挑みました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

再販商品その4:ハンドルストッパー(エイプ/XR)

ストッパー部品が欠品しておりましたが、先ほど製造いたしました。

P1060448.jpg

ハンドルストッパー(エイプ・XRモタード用)

ご用命、お待ちしております。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその3

2月の走行会から2週間後、3月の走行会にKさん、Yさんと参加しました。
長野のMさんは欠席で4月以降の練習会から参加することになりました。

2月の走行会が3分10秒(燃費29Km/L)でしたので、今回の目標は3分5秒(燃費32km/L)です。
根拠はありません。希望です。

3分5秒で燃費32km/Lだと119周できます。そうするとDE耐クラスやエンジョイクラスのマシンともそこそこ戦えるのではないかと考えました。逆に言えば、レースが終わった後、楽しいと思えるには、そのあたりのレベルは必要だなとも思いました。

前回70キロだった体重を4キロ減量してきました。何をどうしたら良いかが分からず、減量くらいしか思いつきませんでした。
さらに今回は私より15キロ近くも軽いKさんもいるので、重量差がタイムや燃費にどれほどの影響を与えるかが分かるかもと期待していました。

http://directcomracing.blog85.fc2.com/blog-entry-2059.html

ライダー3人で、それぞれ頑張ったのですが。。。チームベストは3分10秒、燃費は28Km/L。ファイナルやマフラーや燃調をあれこれ変えたのですが全く変化が起きず。。。この走行会のタイム次第でDE耐に出るかでないかを決める予定の軽量ライダーのKさんにいたっては、久しぶりのサーキット走行で感が戻らなかったこともあり、チーム平均より4秒も遅いタイムで撃沈。

チームの雰囲気はくら~い感じになりました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその2

レース参加が本決まりじゃない故に、タイムが出なくてものんびりしていたのですが。。。

いきなりフェイスブックのメッセージに

「DE耐の選手募集記事をみたのですが…一緒に走らせて頂くことはできませんか?やる気と根性はあります。」とライダーに立候補してくる方が登場!

フェイスブック上のお友達関係ではありましたが、面識はないし、名前を見ても「う~ん、どなただろう?」という感じでした。

これまでもライダーへの立候補は何回かありましたが、「まずは一緒に練習しましょう」とお返事しています。私が人付き合いが上手くないので、どんな方とも上手くやれる自信はないのです。なので、まずは練習で行動を共にして、私のことを見て知ってもらって、その上でレースに一緒に参加するかどうか決めてもらおうという考えです。

しかしこの時点ですでにDE耐のエントリーが始まっていました。もう一緒に練習している時間はありません。しかも立候補者は長野県民とのこと。こまめに会うこともできません。どうしようかな~?というよりは、どのように断ろうかな?と考えていた時にお店に電話が!

立候補者のMさんです。「メッセージだけでは失礼だと思い電話しました」と、礼儀正しく挨拶されました。

う~ん、断りにくいじゃないか~(笑)。

とりあえずその時点では、まだ他にメンバーはいないこと、心当たりを誘ってみるけどメンバーが揃わない可能性もあること、当店DCRには技術も資金もないこと、現状のGROMはすごく遅いこと、マシンを速くしてレースに勝つことよりライダーが頑張って走って1つでも上位を狙うことに重きをおいていること、などをお話しした記憶があります。まあ全部うそではないのですが、やんわり断っている雰囲気も漂わせてみました。

が、Mさんからは「楽しみたいのです。チームのメンバーと力を合わせて耐久レースを楽しみたいです。」と私の思いとは180度反対のポジティブで明るい返事が返ってきました。

これで決まりました。「よし、やるか!」

数分前までは参加しない気持ちのほうが強く、断ろうと思っていたのに、数分の電話で変わってしまうなんて。。。
それだけMさんの言葉がやる気に満ちていたんでしょうね。

ただ、まだライダーはMさんと私の2人です。規則で3人以上必要ですから、最低でももう一人探さなくてはいけません。

誰を誘おうか?時間的猶予はあまりない。DE耐は費用もそれなりに掛かる。もちろん誰でも良いから頭数だけそろえるなんてことは絶対したくない。そう考えると誘える人はおのずと限定される。
そんな中、一昨年、昨年とチームDCRに参加してくれたYさんが参加してくれることになり、これでようやく最低人数のライダー3名になりましたが、もう一人ぐらいいてもいいかも。

そんなタイミングで、当店の長年のお客様であるKさんから「3月の走行会でGROMに乗らせて欲しい」とメールが。どうやら私が3分10秒の壁にぶち当たっているのをブログで知って、オレ様ならもっと速いタイムを刻めるぜー、と思ったようでした。
この申し出は受け入れましたが、その代わりにKさんがDE耐のライダーに強く勧誘されたのは当然です。一度足を踏み入れたら、簡単に抜けられないのがチームDCR。抜けるためには私より速くなって、卒業という形を取らないといけないのです。

結局、Kさんは3月の走行会のタイム次第でDE耐に参加するかどうかを決めるという条件付参加となったのですが、そんな条件は私自身は内心認めていませんでした。レース本番と同じもてぎ本コースを走れる貴重な走行会に参加しておきながら、タイムが出なかったら参加しないなんて、そんな自分勝手が許されるものか!

まあつい先日まで「タイムが出なかったらレースに参加しなければいいや」と考えていたのは私ですが(汗)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐レースレポートその1

2015年5月16~17日にツインリンクもてぎで開催された「DE耐!」に参加してきました。
参加したのは今年新設された「GROMクラス」。

実は昨年のDE耐終了時に、かな~りの満足感を得てしまい、今後のDE耐は裏方に回ろうと思っていました。

それが、昨年秋に「2015年のDE耐にGROMクラスが新設された」と知り、GROMのパーツも開発している当店としては、「それならば参加するしかない!」と方向転換いたしました。

まず昨年秋の4ストミニバイク走行会にGROMで走ってみて、どんな感じなのか大雑把にイメージを得たかったのですが、主催者さんに確認したら「この秋の走行会ではGROMでの参加はNGです」と。

「なぜ?来年のDE耐に向けての練習走行と銘打っているこの走行会に、来年の参加車輌であるGROMが走れないのはおかしいだろう~」と優しく穏やかに抗議した(笑)のですが、「GROMが遅すぎて危ないからです」という返事に笑ってしまった。

さらに主催者さんは「来年の練習走行会では他のマシンとは別の枠で走ってもらうことも考えています」と。もう笑うしかない。そんなに遅いのか?とたずねたら「テスト走行のタイムが3分10秒」だと。

3分10秒か。。。たしかに速くはないな?ってか、誰がテストしたんだよ、そのライダーが遅いんじゃないの(後日そのライダーは元国際A級500CCライダーだったことが判明。失礼しました(謝))?サブコンちゃんと付けてるの?オレ様が乗れば楽々3分切ってやるわ!

そう思いつつ挑んだ、2月の走行会。
http://directcomracing.blog85.fc2.com/blog-entry-2039.html
ラップタイマーが3分10秒から動かない。最初は故障に違いないと思った。死ぬ気でコーナーを攻めても3分10秒。たま~に巨大スリップの恩恵を受けて3分9秒あたりのタイムが出るものの、単独走行だとキッチリ3分10秒。寒い季節なのに冷や汗が止まらない。
途中から雨がぱらっと降ってきたことを口実にこの日は走行終了したのですが、実際はこれ以上走ってもタイムが上がるとは思えなかった、すなわち退散です。

かなりショックではありましたが、この時点ではまだレース参戦を100%決めていたわけではなく、メンバーも誰も決まっていなかったので、「タイムが出なきゃレースに参加しなければいいし。。。」とのんきにしていました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

再販商品その3:トップブリッジ

エイプ/XRモタード用トップブリッジ、製造が終了し販売再開しております。

P1060444.jpg

ハンドルオフセット高剛性トップブリッジ(エイプ/XRモタード)

今回のDE耐でも多くのチームに採用いただきました。
Fフォークの突き出し無限+車高アップキットで、もてぎで必要になるマシンの前後姿勢をばっちり作れます。
「もてぎはもうたくさん練習したのだけれど、なかなかタイムが上がらないんですよね~」という方はぜひお試しください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROM用NSRホイールコンバートキットの進捗状況

リア側は最終的にはこんな感じになります。これにホイールカラーが付属します。
P1060442.jpg

当初はもっと複雑な仕組みだったのですが、当ブログにアドバイスをくれた方がいらして、NS-1のリアブレーキディスクを使うことで簡単な構造にすることが出来ました。

NS-1のリアブレーキディスクは、もちろんホンダ純正品でもOKですが、安めの社外品を購入してみました。
P1060443.jpg

今週中に取り付けてみて、私自身早めにテスト走行をしてみたいと思いますが、実はすでにモニターさんにご協力いただいていて、この仕様での実走テストを実施済みです。

その実走テストがこれ!


後日インプレを載せますね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

再販商品その2:リアサスオフセットステー(エイプ用)

欠品しておりました商品の補充が完了しました。

リアサスオフセットステー(エイプ純正Rサス用)

P1060441 コピー

車高アップキットに対してちょっと地味な商品ですが、しっかりと効果を感じていただける仕様になっています。旋回性向上をお求めの方はぜひお試しください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

再販商品その1:ドラムブレーキ用バックステップ

DE耐参加のため3日間もてぎに行っている間に欠品商品が続々と発生。。。すみません。次回はこうならないように作り溜めてからサーキットに行くことにします。

ということで、今週はせっせとパーツを製造いたしております。

ホンダ エイプ100(ドラムブレーキ)用オリジナルレーシングバックステップ90mmUP仕様(商品コード003)
P1060440 コピー

最近はドラムブレーキでレース参戦している方が少なくなりましたね~。でも全くいないわけではなく、時々見かけるとなぜかうれしくなってしまうので、このドラムブレーキ用バックステップも作り続けているわけです。

またストリートライダーにはドラムブレーキの方が多いですよね。そんなストリートライダーが、ちょっとサーキットを走ってみたい!と思ったときに、ドラムブレーキ用バックステップが存在していることが必要かなとも思っています。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015年DE耐!お疲れ様でした!!!

待ちに待った2015年DE耐!終了しました。

参加された皆さん、大変お疲れ様でした!

今日は疲れた体に鞭打って出勤、少し早めに帰宅された方も多いのではないでしょうか?
結果が良かった方もそうでなかった方も、楽しめた方もそうでなかった方も、まずはゆっくり休みましょう。
私もしばしゆっくりさせていただきたく存じます。

今回もたくさんのお客様に会えてうれしかったです。来年もそう思えるようにこれからの1年を頑張っていこうと思います。

恒例の参戦記、今年も書きますよー。お楽しみに?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐、いよいよスタート!

待ちに待ったDE耐、ついに今週末となりました。

最近は天気予報の精度が上がったからか、1週間前に付いた土曜日の雨マークが消えないままレースウィーク開幕となります。

みんな!テルテル坊主を作ろう!「雨はイヤだ!」って嘆いているだけではダメです。テルテル坊主、一人1つノルマです。作ってサーキットに持って来よう!

さて、当店は日曜日のGROMクラスに参加しますが、明日は特スポ、土曜日もお客様の応援でサーキットにおります。

あちこち歩き回っているとは思いますが、38番ピットにいることが多いはずなので、万が一何かありましたらお訪ねください。

GROMには必要ないけどキャブも積んだし、エイプ/XRの純正部品も積んだし、なぜかエイプのエンジンも。
持っていないものが壊れるのが常。だからこれでもか!っていうくらいパーツを持っていくのだ。
P1060412_201505141654424c7.jpg
P1060413_201505141654459fa.jpg

では、DE耐参加の皆さん、楽しんでがんばりましょう~

PS 今週日曜日から体調悪いです。くしゃみが頻発するので、何かの花粉がまた飛び始めたのかと思っていたら、関節がだるくなって、眠気が半端ないです。気のせいだ!と思うようにしていたのですが、どうやら風邪引いたみたいです。肝心なタイミングでこれだよ。。。とにかく今日は早く帰って寝よう~。あとはサーキットに行けば治る体質に期待!w

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら




PageTop

本日の最終出荷は15:00のご注文分まで~週末の休業のお知らせ

本日の出荷は15:00までのご注文とさせていただきます。あと1時間もないですが、何卒よろしくお願いします。

明日15日から17日まではDE耐参加のため、休業となります。休業中のご注文やお問い合わせに関しましては、18日より順次対応いたします。

どうぞよろしくお願いします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

いまだ増え続けるスペアパーツ

今年は壊れていないのにスペアパーツを持つのはやめようと誓ったのに、壊れているのかどうか微妙な症状なGROMのために結局たくさんのスペアを持つ羽目に。。。

これだけスペアがあるのに、これがないのはまずいだろうと、最後にもう1つ買いました。

バッテリーです。ま、これがないとGROMは走らないので、何はさておいても最初に持つべきスペアパーツかも知れませんが、高いんですよ、純正バッテリー。確か国内正規ルートで買うと13000円だったと思う。

どうせ買うなら、もっと軽量なリチウムだとかのバッテリーにしたかったのだが、互換性バッテリーを探すと、やれ横置き禁止・斜め置き禁止とか、一定以上の発電をするマシンには合いませんとか、サイズが1~2mm違うとか、面倒です。

ということで、結局純正と同じYTZ5Sを買いました。安くなっていたが送料も含めると8000円近くしました。互換バッテリーなら半額以下です。

P1060388.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

ヘルメットチェック

5月1日の公開練習会で、ヘルメット以外の装備品チェックは済んでいる当店チーム。決勝前日の特スポ日にも行っている装備品チェック時間にヘルメットのみ持ち込みます。

ヘルメット右側には名前シールを貼ります。決勝だけでなく練習走行会でもシールを貼っておく必要があります。
P1060382.jpg

本番は練習会でかぶっていたSHOEIではなくKABUTOなので、こちらのヘルメットにもシールを貼ってチェックを受けます。これで装備品チェックは完了となります。

決勝日当日の朝も装備品チェックは行われていますが、決勝当日は何かとバタバタするものです。出来るだけ前日までに終わらせておきたいですね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

買ったけど使わないオイル

エンジンオイルは今度のDE耐ではワコーズのWRで行きます。

先般の公開練習会ではWR20RとWR30Rを混ぜてWR25Rにして4時間走行しました。3時間までは調子良かったのですが、最後の1時間のパワーダウンがGROMの電気的な問題なのかオイルがタレたのか。。。分かりません。

なのでレース直前の特スポではWR30R単体で行ってみようかと思っています。

30番にしても特スポ中にタレるようなら・・・ということで、念のためWR40Rを買っておこうと、ネットで探したのですが、1L単位での販売がない。20Lペール缶での販売のようだ。「念のため」のために20Lは買えない。(先日WR20Rを20Lペール缶で買った.ばかりだし)

メーカーのHPを見てみると、どうやら30番と50番には4L単位の設定がある。少しだけ必要という場合は30番と50番を混ぜて40番にしろということのようだ。う~ん、でも4Lはいらない。1Lでいいのですよ、1Lで。

しつこく探してみたら、某オークションでWR40Rを小分け販売しているところを発見し、早速落札。無事レースまでに届きましたので、別の容器に移し替えたのですが・・・むむっ、どうも違う?

まず色が。。。ベースの色はワコーズWRの茶色系ではあるのですが、明るい緑が混ざっている。モチュール300Vのような、クーラントのような緑。しかも均一に混じっていなくて。。。
そして粘度が。。。手持ちのWR20Rよりさらさらです。

う~ん、これ本物なのか?誰か試してみたい人がいたら差し上げますw

P1060383.jpg

そうそう、先日20L缶で購入したWR20R、Kさんが3L買ってくれました(@3300円/L)。ありがとうございました。これでまた別のオイルを試す資金が出来ました~。
P1060298_2015042923200665d.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら





PageTop

まだまだ整備

プラグが届いた。燃料が濃すぎるのだろうか、失火気味の当店GROM。プラグの番手を落としてみます。
P1060368.jpg

フロントに18Tのスプロケを投入。ガードが当たらないように削りまくります。
P1060376.jpg
P1060377.jpg

最近あまり言われないような気がするが、以前はDE耐では必須だったのが。。。
・チェーンアジャスタの飛び出したボルトには燃料ホースをかぶせましょう。
P1060378_2015051211364680c.jpg
・フロントブレーキのキャリパーボルトのワイヤーロック
P1060379.jpg

かなりはがれたつぶつぶシート。全部張りなおすのは面倒なのではがれたつぶだけ足してみようか?
P1060380.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

ステップのメンテナンス

エンジンやサスペンションのメンテに目が向きがちですが、ぜひステップもメンテしてあげてください。

タイヤやオイルは毎回変えるのに、ステップはノーメンテという方が多い。多すぎます。

まずステップバー。
P1060369.jpg
右2本が使用中のもの、左2本が新品。

一番右のように転倒で削れているのは論外です。車検で落とされます。
右から2番目のものも良く見ると先端の部分のローレットというギザギザな部分がつるつるになっています。
P1060370.jpg

この程度ならつるつるになった部分を下側にするなどでも良いでしょう。
新品ステップは滑ることなくしっかり踏めて安心感が違いますね。

次に、ペダルノブ。
このゴムが硬くなってつるつるになってきます。
P1060373.jpg
シフトチェンジ、ブレーキング。繊細さが必要な操作を鈍感な足で行うのです。気を使いましょう。

ボルト類はネジロック剤を塗布。このようなひと手間が結果につながっていると信じたい。
P1060375.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

チェーン

RK派な私ですが、別にこだわりはありません。

ここ数回GROMに使ったチェーンが伸びる伸びる。いつまでたっても伸びが止まらないので、今回レジーナにしてみました。
P1060340.jpg

別にこだわりはないのです。ただ変えてみたかっただけです。サポートを受けているわけではなく、皆さんと同じようにお店やネットで皆さんと同じ価格で買っている立場なので、いろいろなものを使ってみたいだけなのです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

カヤバフォークオイルとチェーンカッター

カヤバのフォークオイル。600CCという微妙な容量のため2回のオイル交換には足りません。

1本では足らないのが分かっていたので、先日♯30番を2本購入しておいたのですが、ライダーからの要望は20番と30番の中間の25番。

前もって行動するとろくなことがありません(笑)。

♯20番を購入。容器が思いっきり変形しています(笑)。
P1060338.jpg

ついでにチェーンカッターも購入。バイクレースをはじめてずっと使い続けてきたチェーンカッター、なかなかこまが抜けなくて・・・。今度のはピンがきれいに抜けました。そうです。本当はこうでなくてはいけないのです。今まで10年近く、イケナイ工具を使っていたようです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

フロントスプロケット18T

すみません。どなたかにフロントスプロケット18Tをお貸ししておりませんでしょうか?

きちんと管理していない私がいけないのです。

お心当たりのある方は恐れ入りますがご連絡くださいませ。よろしくお願いします。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら




PageTop

DE耐ゲストパス他

●2015年のDE耐、今週の土曜日、日曜日に決勝があるわけですが、参加チームに10枚くらい配られているゲストパス、毎年余ってしまいます。
P1060343.jpg
今年も余ってますので、欲しい方はご連絡ください。

●「GASパネル」作りました。
P1060367.jpg

「3Lのガソリンが給油できるようになるまであと○○周走りなさい」という指示をライダーに出すためのものです。
大きいガソリンタンクを搭載していれば、このような指示の必要はなくなるのですが、GROMのタンクは5.5Lと微妙に小さいのです。

●ダイエット
GROMでDE耐に出ると決まってからダイエットを始めて2ヶ月が経ち、なんとか目標の60キロを切りました。2ヶ月前まではDE耐ヘビーウエイト賞を狙って70キロまで増量していましたので、10キロ減です。手段は1日夕食だけの1食。夕食を抜くほうが良いといわれていますが、空腹では眠れないのです。夕食1食は私にはあっているようです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐のお天気Ver2

PageTop

2015DE耐前最終整備

今日はDE耐に一緒に参加するライダーYさんがお店に来て、GROMの整備を行ってくれました。

・前後タイヤ交換・・・やっぱり90度バルブは作業しにくい
・ホイールベアリング・・・オイル注入
・Fフォークオイル交換・・・カヤバ♯20と♯30を50:50で混合して♯25番にしました。油面は70mm。
・ステムベアリンググリスアップ・・・自作フロントアップスタンドのシャフトが曲がる。GROMってやっぱり重い。
・スイングアームシャフト・・・グリスアップ
・チェーン交換・・・新規購入したチェーンカッター使ってみた。そうだよね、こうじゃないといけないよね、という構造でした。
・エンジン交換・・・ワコーズWR30R。前回のWR25Rと比較してみる。
・ブレーキメンテナンス・・・オイル交換、グリスアップ

朝7時から午後1時まで掛かって無事終了しました。Yさん、ありがとうございました。

そして今日の一番の収穫は、ガソリンタンクの燃料ポンプからのカプラー抜き作業。昨日自分ひとりでやってみて、これで良いと思っていた方法が間違っていた。より良い方法が分かり、決勝当日の不安が1つ減りました。これも2人で作業したからですねー。Yさん、本当にありがとうございました。

最後にガソリンタンクが空になってエンジンがどのように止まるか検証してみました。ほほーっ、GROMの死にガスってゼロ?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

スタート前の空タンクチェックが最初の関門

DE耐と言えば、スタート前にタンクの中にガソリンが入っていないことを車検官の前で見せなければなりません。

具体的にはタンクを車体から外し、給油口を下にしてブルブルと振って、ガソリンが出てこないか、チャポンチャポンと音がしていないか、そんな作業になります。

GROMもやるんですよね?空タンクチェック。

どのボルトを外せばよいのか?そのためにはどんな工具が必要か?一番効率の良い作業方法は?

これらを確かめるためにタンクを外してみました。GROMのタンクを外すのは燃料ポンプの交換に続いて2度目。まだまだなれない作業ですから、本番までにしっかり練習しておかないと。

まずタンクを外すには、左右のシュラウドを外す必要があって、シュラウドを外すにはシートを外す必要があります。
タンクからオーバーフローしたガソリンをエアクリBOXに流し込むホースも外す必要があります。

次にタンク自体を固定しているのは、前1つ、後ろ2つのボルト3本。これは良く見えるところにあるので難しくありません。

問題はここからです。

ガソリンタンクの裏側に燃料ポンプがあり、ここに燃料ポンプへ電気を送るカプラーとガソリンをインジェクターに送るカプラーが付いています。
P1060355.jpg

電気側のカプラーはロックを外して引き抜くだけなのですが、ガソリン側のカプラーが厄介でした。
はじめて見るカプラーの種類で外し方がなかなか分かりませんでした。ここで説明するのも難しいので、GROMで参加する方は一度練習しておいたほうが良いでしょう。
燃料ポンプもカプラーも樹脂なので、無理やり作業して割っちゃったりしたら大変です。スペア持ってます?私はありません。
外すのも大変なら取り付けるのもちょっと大変でした。う~ん、これをDE耐本番のレース前にやるのか。。。やりたくないな。。。

あと、一度空になった場合、燃料入れてもスイッチオンオフを数回繰り返さないと燃料ポンプが正しく動かなかった。こういうことも事前に一度試しておきましょう。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

サブコン

失火対策第2弾は、サブコンの交換です。

サブコンの仕組みは各社まちまちですし、今使っているサブコンが失火に関係しているかどうかも分かりませんが、トラブルシューティングのためには交換する必要がある場合もあります。

もう1個サブコンを買うなら、使用中のものとは別のサブコンを試したかったのが本音ですが、レースまで走行機会がほとんどない現状で、全く新しいサブコンにトライして上手くまとめる自信がありません。

ということで、同じサブコンを購入。エニグマです。
P1060344.jpg

スマホやタブレットで無線で燃調変更できるのが良い。いや正確には、タブレットで燃調変更している自分の姿が格好良く見られているのではないかという期待感と言った方が正しいかもw

ピットレーンリミッターも同じ。バラバラバラ~とリミッターが掛かったマシンでピットロードを走っている時の注目されている感がたまらないw。

燃調補正の方法はマイクロセックという訳のわからない単位で絶対値での増減です。何%アップ/ダウンのほうがイメージしやすいのですが、より難しい燃調補正をあえて選んでいる自分に酔う事が出来ます。

このエニグマにはO2キャンセラーが内蔵されて、かつ、配線作業が不要なカプラーオンタイプが売られているのですが、あえてO2キャンセラーが内蔵されていないタイプを購入しました。現在使っているものと同じタイプにする必要があったためでもありますが、O2キャンセラーを使う場合と使わない場合でECUのベース燃調が異なるように感じていて、O2キャンセラーなしでセッティングを出してきた当店マシンにはO2キャンセラー内臓タイプは合わないと判断しました。

さあこれで失火が直るのでしょうか?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

本日営業中です。

今日は表向き定休日ですが、DE耐に向けてGROMの整備もしなくてはいけないし、パーツの製造もあるので、出社しています。

WEBSHOPのご注文も代引きのみですが発送できますので、ご利用の程よろしくお願いします。
http://direct-com-racing.jp

あ、明日も営業します~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2015DE耐のお天気

PageTop

GROMハイスロプーリー&クラッチレバー位置アジャスタ

PageTop

新品タイヤ投入のタイミング

DE耐決勝ではもちろん新品のタイヤでスタートするのですが、それまでは手持ちのタイヤで賄いたかったのが本音。

4月の走行会でフロントは程良い中古、リヤは手持ちの新品を投入。これで特スポまでもたせたかったのだが、先日の公開練習会で「タイヤが・・・」という意見がライダーから出た。

そんな状態のタイヤでレース直前の特スポで転倒しても馬鹿馬鹿しいので、特スポにも新品タイヤ投入です。
P1060339.jpg

パワーがないGROMの場合、ライダーが頑張るしかなく、その結果タイヤに掛かる負担が大きいのだろうか?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

プラグ

GROMの失火対策第1弾は、プラグのイリジウム化だ。

イリジウムにすると失火が直るのかは不明です。ただ買いたかっただけ?かも知れません。

今現在GROMに使っているプラグは2種。

1つは納車時に付いていた「CPR6EA-9」の♯8番=CPR8EA-9、もう1つは2極プラグCR6EKの♯8番=CR8EK。

先日のDE耐公開練習会でどちらのプラグが良いかを検証したかったのだが、いずれのプラグでも失火が発生し、比較テストになりませんでしたが、それぞれのイリジウムタイプも購入。
P1060341_20150507151057b2a.jpg

CPR8EA-9のイリジウムは日本では未販売のようで、仕方なく♯7番=CPR7EA-9を購入。

CR8EKのイリジウムタイプは、CR8EIX。あれ?イリジウムタイプは2極じゃないのね。。。
P1060342_20150507151114d84.jpg

これまでエイプ/XRでレースしていた時から当たり前のように「♯8番」を選んできましたが、失火の原因が番手が合っていないとかあるのだろうか?う~ん、いまさらながら勉強せねば。

プラグといえば、レース前に新品プラグに交換した際、品番が間違っていて、レーススタート前に壊れてしまったチームがいたなあ。お店の人が間違って渡したのが原因でしたが、レースは帰ってきませんから、十分確認してから装着しましょう。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop