ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

エイプXRモタードのクランクばらし2

遠心フィルターのふたが開けられないのですが、もう我慢ならん!

鉄のフラットバーをふたに溶接し
P1060067.jpg

プレスで押しました。何とか外れましたが、結構な圧力ではまっているようでした。
P1060071.jpg

中はスラッジがいっぱい。こりゃ定期的に掃除してもらったほうが良さそうですね。

クランクのシャフトの端から入ったオイルは
P1060075 コピー

ここから遠心フィルター内に入って、スラッジなどの重たいものはフィルター内の外側に遠心力で追いやられ、きれいなオイルのみが
P1060077 コピー

ここからクランクピンの中に入ります。
P1060076 コピー

クランクピンを抜いてみます。
P1060078.jpg

P1060080 コピー

P1060081 コピー

そしてクランクピンのここからオイルが出てきてコンロッドの大端ベアリングを潤滑しつつ、オイルをばら撒いてピストンやシリンダーにオイルを供給しているのでしょう。

いろいろ勉強になったなあ~。どんな本を読むより、目の前にあるものをばらすのが一番分かりやすい。

で、やはり今回のトラブルの原因は、コンロッドの大端ベアリングの破損です。
P1060079.jpg

ニードルベアリングがばらばら。鉄のニードルを保持している部分はアルミなんですね~

今回ベアリングを外す工具などを買ってまでばらせるだけばらしてみましたが、ばらすのはまだ簡単です。エンジン屋さんはこれを組み戻すわけですから。しかも精度良く。大変な作業だと改めて思いました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト

PageTop