ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

GROMをとりあえず濃くする

これまでGROMには燃調を濃くする方向のマップを作って読み込ませていたのですが、サブコンの限界まで濃くしているのですがもっと濃くしたいわけです。なんならちゃんと走らないくらい濃くなってくれてOKです。

ということで、PCX150用のインジェクターを買ってみました。他車純正品の流用です。
P1040680_20140827170055223.jpg

各車のインジェクターの吐出量が分れば良かったのですが、GROM純正の吐出量も分らないので、どの車種のものが使えそうか、見当も付きません。

とりあえず、GROMより排気量の大きいバイクから選んだのがPCX150でした。
ノズル部分やカプラーの形状が違うと流用できなかったのですが、幸いにも届いたPCX150用はGROMと同じ形状でした。
P1040713_2014083116182024e.jpg

違うのは識別のための?マーキングの色ぐらいか?GROMは白、PCX150は緑。
ガソリンを噴出する穴の数も両方とも6個で同じだ。穴の大きさも違いがあるように見えない。

付け替え作業はめちゃかんたん。5分くらいか?
P1040710_20140831161816960.jpg
ECUを一旦初期化しておいて、エンジン始動。
P1040714_20140831161837754.jpg


O2メーターがめちゃ濃い数字を表示してくれるとうれしかったのですが、相変わらず16台(かなり薄い)です。
(このO2メーター。。。信用していいのか?)
でもレーシングしてみると、回転上昇が重く、6000rpmあたりで少しばらつきますので、実際には濃くなっているのかもしれません。

サブコンで薄くする方向のマップを作って書き込んでみると、ばらつきなく吹け上がるようになった。上手く行ったのか?

実走が楽しみです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト

PageTop