FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

難しい・・・

ステップバーのローレット。。。なぜ目がそろうのか、なぜそろわないのか、分りません。難しい。。。
P1040040_20140530195656b55.jpg

画像は2014年DE耐に参加するDCRチームに唯一の無償提供品。チームDCRはDCR製品がタダで使えるわけではないのです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト



PageTop

暑い、暑すぎる

さあ明日は待ちに待ったDE耐公開練習なのだ。
って、DE耐のことばかりブログに書くとDE耐に参加しない方からのクレームが入るのだが、そんなクレームは無視ですw。あなたもDE耐に出ればいいのです。

しかし、暑い、暑すぎる。

明日の気温は30度。サーキットだとさらに2~3度高くなりそうですね。
さらに午後からの降水確率が40%とやや高い。大気が不安定でゲリラ的な雨があるのでしょうか?

大きな扇風機とサインエリア用の天幕をトランポに積みました。これで暑くても雨でも大丈夫!

さあ明日は思いっきり走るぞ~

DE耐な皆様、明日はよろしくお願いします(最終コーナーに近いピットにいると思います。明日のゼッケンは12で~す)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

オークション、出品!

相変わらず体調がイマイチなので座ってできることをやってます。

3ヶ月溜まった会計処理、各製品の取扱説明書のプリント・・・どっちも楽しくないぞ~飽きた。

そこでオークションに出品!

昨年秋に買ったXR100モタードの純正Rサスだ!どーだ、TC1000のSTエキパ達よ、欲しいだろ~?
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w103400725
P1040032.jpg

でもエキパな方々は、ヤフオクで2000~3000円しか出さないらしいので、きっと入札しないですよね。っていうか、入札されないように開始価格を10000円にしておきました(新品だと2万円超えますよ~)。

このサスの購入経緯は↓をご覧ください。
http://directcomracing.blog85.fc2.com/blog-date-201309-21.html

結局このサスを使うことなく、ST仕様のXRモタードも売却しちゃったので、今後使うことがなくなったための出品です。

しかしモトピクニックのST100、レギュではRサス交換OKなのだが、エキパの多くは純正サスを使ってます。純正のほうが社外品より良いはずはなく、みな社外品の優位性を認めているのに。みんな意地を張って純正です。そういう意地は嫌いじゃないです(が、私は社外サスにしますw)。


グロムの純正タイヤも出品してみました。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d154950995
P1040035_20140529180518432.jpg
ほとんど減っていないので見た目はGOODなタイヤです。グリップはサーキット用のタイヤとは較べようもありません。公道用と割り切る必要があります。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

5月31日は装備品検査

5月31日のDE耐公開練習会で、装備品検査(ヘルメット以外)が受けられます。ヘルメットだけは本番じゃないとダメなんですが、それ以外のものはこの日に合格すれば、本番はスルーできます。

本番時の作業を可能な限り少なくしておく。これ重要です。レース本番には何が起きるか分りません。余裕のあるときにやれることはやっておくべきです。

で、自分の装備を改めてチェックしてみたのですが、ヘルメットリムーバー、チェストガード、脊椎パッド、グローブは問題なし。

ブーツは底に穴が開いていたので補修材で修理。
P1040025.jpg
P1040026.jpg

つなぎはワッペンやバンクセンサーがはがれかけてきていたので、接着剤で修理しました。
P1040027.jpg
P1040030.jpg
P1040028.jpg

まあ修理しなくても検査に通りそうではありましたが、現場で指摘されるのもお互い嫌なことですので、できる限りのことはやっておきました。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

優先度が低いのは何故だろう?

レースの時って、多くの方がタイヤは新品入れるでしょ。
新品タイヤを履いていないと「どうしてなの?」と言われることも少なくなかったり。
タイヤは路面との唯一の接点だから、重要なことです。

P1030966.jpg
対して、レースの時にステップバーを新品にする方はそんなに多くはないですね。
転んで削れてしまって車検に通らないから仕方なく新品交換という方がほとんどです。優先度が低いですよね。

でもステップバーって、ライダーとマシンとの数少ない接点じゃないですか?そこのグリップ力は気にしないんですかね?

いや、「ステップバー新品を買えよ!(そしたらうちが儲かるw)」って言っているわけじゃないのです。滑りやすくなったステップバーで不安がないのかな~って思うだけです。

いつも足を載せる上側のローレット(ギザギザ)と足が触れない下側のローレットのギザギザ度を比較してみましょう。擦り減っている場合は、ステップバーを回転させて位置を変えてみましょう。滑らないと思い切ってライディングできるんですけどね、私の場合。

同様にペダル先端のノブ。
P1030969.jpg
ここのゴムも私は結構気になるんですよ。皆さんはどうですか?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

5/31用DE耐マシン完成

相変わらずの風邪の症状に加え、アレルギーでしょうか?くしゃみも止まりませんし、目も腫れてきましたが、昨日は5月31日のDE耐公開練習会用のマシンを組んでいました。

先日茂原を走ったSTチックなマシンからスタートです。先は長いぞ~
P1040002_20140528115109b34.jpg

純正タンクを外し
P1040005_201405281151131d5.jpg

シートを外し
P1040003_20140528115114778.jpg

当店製シートベース(只今欠品中ですが来週こそ作りたいと思います)を装着し
P1040004_201405281151183c8.jpg

当店製タンクステーを装着し
P1040006_20140528115120fee.jpg

当店製キャッチタンクを装着し
P1040007_20140528115200386.jpg

エンジンを下ろし
P1040008_20140528115210361.jpg

Rサスを取り付け
P1040011_201405281152119b8.jpg

エンジンには電装系発電をカットしたステーターをつけて
P1040009_20140528115212029.jpg

エンジンを載せて
P1040010_20140528115213f91.jpg

タイヤを交換しようとしたら、アクスルナットが緩まないという初めての経験
P1040012_201405281153029a5.jpg

何とか外したが、ネジは崩れて、アクスルシャフトも使用不可。
P1040014_20140528115310b68.jpg

スペアのアクスルシャフトをぶち込んでタイヤ交換完了。ちなみにファイナルはF18/R31です。
P1040019_20140528115310666.jpg

ハーネスは2本装着。
P1040020_20140528115311965.jpg

で、朝になってようやく完成。
P1040022.jpg

テストするキャブを取り付けてみて問題なく吹けるか確認しつつ、オイル漏れなのでチェックも行って、とりあえず完成です。
キャブは①=PD22(油面13.5、MJ98、SJ35、ニードルノーマル、クリップ5段)と②=PD22(油面15.0 MJ95、SJ35、ニードルノーマル、クリップ3段)のテストです。今回はどちらもパワーフィルター仕様で行きます。

DE耐で使用されるのと同じ形状のガソリンタンク。
P1040023.jpg
最後の一滴まで搾り出すには、どうしたらよいかテスト中。ガソリンの臭いでさらに体調悪化。

体調が悪い上に絵心がない・・・
P1040024.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

スプロケットの厚み

先日のレースで、「こんなに厚みが違うんだ~」と複数のメーカーのスプロケを較べて見せてもらったのだが、何故メーカーによって厚みが違うんだろう?どのような意図なのだろう?と半分納得できずにいた。

そもそも人の言うことは信じないタイプです、私。だから人から好かれないのですがw。。。

自分で確かめたいタイプなのです。だって、この業界、怪しい情報が氾濫してるじゃないですかw

ということで、同じ420サイズのスプロケの厚みを測ってみました。

キタコの鉄スプロケ。重いけど安いから使っている。
P1040015_2014052719481324f.jpg
他社のスプロケも大体同じ厚みだった。

サンスターのアルミ製420サイズ(本気のレースのときにしか使わない)。確かこれが厚みが違ったはず。
P1040016_20140527194818cb7.jpg

しかし・・・一緒じゃないか!?

ちなみにサンスターの415サイズ(超本気のレースでしか使わない)の厚みは、これ。
P1040018_20140527194818507.jpg

現場で見せられたのは415サイズだったんじゃないのかな~?それともサンスターじゃなかったのかな~。

しかし420サイズのチェーンに対し、厚みの薄いスプロケを使う意図はどこにあるんだろうか???

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

DE耐公開練習会は真夏?

今週末のDE耐走行会は雨じゃなさそうですね。毎度雨だと滅入りますから。。。

が、現時点の天気予報だと、最高気温31度!マジッすか?

これは結構きついですね。

燃費データを取るために1時間の連続走行を行う予定だったのですが。。。暑さでぶっ倒れそうですね。

ということで、各自扇風機持参でマシンもライダーもしっかり冷やしましょう。

さて、その31日に向けてマシンを整備しなくてはいけないのですが、先日のレース後から体調が悪く、発熱・鼻水・吐き気・頭痛・のど痛・関節痛・腹痛です。先週うちの子供らが風邪ひいた~って言ってましたから、移されたかもしれません。本日京葉スピードランドに確認走行に行く予定だったのですが、それもキャンセルです。うっちーごめんね。

走行はしなくてもマシンは整備しないといけないのですが、寒いし、でも少し動くと暑いし。最悪現地にエンジン・タイヤ・タンク・シートを持ち込んで、メンバーみんなに整備してもらおうかな(笑)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROMの錯覚

GROMに乗りはじめて。。。ブーツ、ガリガリに擦っちゃうんですよ。レース直前に新品に替えたスライダーがもう半分削れましたよ。
P1030988.jpg

いや~俺ってGROMだと攻められるんだろうか?GROMとの相性がいいのかも?

・・・なんて思っていたんですが、先日のレースの画像や動画を見せてもらうと、「お前やる気あるのか?」と思わせるくらいに寝てない。本人は「こんなにガリガリ擦っているんだから、どんなに深く寝ているのだろうか」と思っていたので、画像見て凹みました。

何故だ。。。

ステップが低過ぎるのかと、地面からの高さを測ったら、XRモタードのステップバーと全く同じ高さだった。う~ん、低過ぎるわけじゃないのか~~~

あ、もしかして・・・

左右のステップバーの端から端までの長さを測ってみる。

XRモタードが約40センチ。
P1030995.jpg

GROMは約50センチ!そうGROMのステップが外に張り出しているのが原因で、バンク角が損なわれているのでした。
P1030996.jpg

10センチということは片側5センチ張り出しているというわけで。。。そりゃブーツも擦りますね。

ということで、次回作のステップは内側に追い込んでみようかな。でも左側はRフェンダーがスイングアームに被さっていて1センチくらいしか隙間がない。Rフェンダーの干渉部をカットすれば2.5センチ追い込めそう。ブレーキ側もそれくらいいけそうです。あとはステップバーの長さを1センチくらい短くして。。。それでも足らないかな。。。もう少しステップ位置を上げないといけないのかも知れませんね。
P1030997.jpg
P1030999.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

続きを読む

PageTop

業務連絡

●KMDさま
私のGROMについているハンドガードはZETA製です。
P1030501.jpg
P1030498.jpg

ZETA アーマーハンドガード ベンド

STなハンドルバーにも使用可能ですが、KMD様のようにブレーキレバーを外側に持ってくる場合は、ガードとブレーキレバー先端が当たるかもしれません。そんな時には間にカラーを挟んでください。
転んだらどうなるかは私まだ転んでないので分りません~

しかしマルケスばりに体をインに入れようとするからせっかくの試作品が使えず台無しじゃないですか~(爆)

●Kホンダさま
001バックステップで逆チェンジシフトペダルを使った正チェンジいう何とも分りにくい仕様の件、進めています。出来上がりが見えてきましたらご連絡いたします。


上記2名様は、「ワンオフは作りません」と度々言っている既製品メーカー(当店)に、いろいろと個人的な要求をしてくる方々です。ブラックリスト入りです!・・・

って、少し前ならそう思っていたんですが、今じゃマクドナルドですら、「○○増量」とかオーダーが出来る時代ですからね(笑)、対応しないといけないんでしょうね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROMでレースに参加しました!

昨日TC1000(筑波1000)で開催されたミニバイクレース「モトピクニック」の第2戦に参加してきました。
P1030984.jpg
マシンはGROM、クラスはST100フレッシュマン。
モトピクニックのレースに出るのは2012年以来です。なのに主催者さんが私のことを覚えていてくれました。サービス業の鏡ですな~。私はなかなか顔と名前が一致しないので、尊敬しちゃいます。

当日参加できるかどうか怪しかったし、雨なら出ないので(適合するレインタイヤが無い。実はあるのかな?良く探していない。)当日エントリー。枠に余裕があったのでST100フレッシュマンにエントリーできました。

その後車検。
P1030982.jpg
サイドゼッケンは鈴鹿ミニモトでシュラウドに貼っていたGROMを見たので、同じようにしたのだが、モトピクニックのレギュレーションに書かれている通り、リアに取り付ける必要があるそうです。今回は嘆願書サインで走らせて貰えましたが、次回は必ずリアに装着していきます。主催者さん、ごめんなさい。

予選前。
先日の練習で薄すぎてパワー感が無かったのだが、全く濃く出来なかったインジェクションをさらに弄る。今回は本当に薄いのか確認するためにO2モニターを購入した。
P1030970.jpg
コントローラーの取り付けも大変だったが、このモニターの取り付けも大変だ。電気作業は苦手である。が、何とか取付完了。
P1030977.jpg

が、いざという時に前日に取り付けたO2モニターの電源が入らない。
P1030980.jpg
ハーネスのあちこちをチェックして端子の圧着ミスだったと判明。素人はこれだから困ります。

インジェクションコントローラーでガスを増量します。スマホのアプリからコントローラーの設定を書き換えるのですが、焦ってスマホを落としスマホがバラバラです。
P1030979.jpg
これでスマホが復活しなかったらもうレースは走れないのですが(汗)、何とか復旧しました。

とりあえずアイドリング付近のガスを上限いっぱいまで濃くしてみて、コントローラーがちゃんと動いているか確認してみる。アイドリングが苦しそうになりプラグを見たら真っ黒でしたので、とりあえず機能しているようです。
P1030965.jpg

予選はエンジン回転4000~10000RPM、アクセル開度0~100%でMAX増量、これに加えて加速ポンプ機能もMAX増量してみます。濃過ぎてかぶってしまってもよいのです。薄すぎるところから変化があるのが分ればOKなのです。

予選。コントローラーの増量が効いたのか、濃くなっている感じがします。いや、濃過ぎます。エンジン回転の上がりがとても遅いです。重たいです。
O2モニターの数字が濃過ぎを示す数値になっていれば体感と一致するのですが・・・周りが明るすぎて見えません。バックライトがなく、日が当たるところでは全く見えませんでした。意味ないじゃん。
予選は10分と短く、今更どうしようもないので、O2値が見えないまま、回転が重いまま走ります。
44.5秒。前日の練習のタイムより0.5秒アップしました。順位的にはブービーですが、少しうれしい。

決勝までに。
スマホを使ってガス量を調整します。調整するって言ってもどこをどうしたらいいかのノウハウがないのでテキトーです。
濃すぎたんだから薄くするだけです。調整している最中にスマホの電池が切れました。。。汗
こんなことが起きてもいいようにもう1台スマホを買うべきでしょうか?w
P1030987.jpg
スマホを充電している間にオイル交換なんぞしてみます。ちょこっとお高いオイルを入れてみます。超アナログにジョッキで注入。そのうちオイルもスマホで交換できる時代が来るかもしれませんね。

いざ決勝。(オンボードカメラの動画はネットにUPしないと誓約したので公開できません)

シグナルレッド。アクセルをひねって高めの回転を保っていたら、エンジンがストールしかかる。。。ECUが制御しているんでしょうか?仕方なく回転を落として、街乗りな感じでスタート。

クラッチミートは悪くなかったんですが、見る見る離されます。とても125CCと思えません。2速3速4速とシフトアップするごとに離されるような気がします。4速しかなくギヤが離れていて回転落ちが激しいからでしょうか?それともマフラーがノーマルだからでしょうか?それとも車体が15キロも重いのが災いしているのでしょうか?

コーナーの立ち上がりで「いざ!」とアクセルを一気に開くと、むしろ遅くなるような気がします。これもECUの制御でしょうか?

レースは、目の前でDE耐メンバーのきのっぴさんが一人相撲(笑)しているのを見ながら楽しんでしまい、気付けばビリでゴールでした(笑)。でもベスト更新(44.2秒)したので、少しうれしいです。

レース後、GROMってどうよ?と多くの方に聞かれ、皆の関心の高さにこちらがびっくり。

さあどうなんでしょうね。というのが現時点の私の感想です。まだまだ分らない部分が多いですし、手をつけていない部分もたくさんあるから期待だけは無限に膨らみます。まだ答えが出ていないバイクだからできる楽しみですよね。

今回ST100(EXP)でニューコースレコードを樹立しためちゃ速い方が「今度乗らせて」とおっしゃったのですが、丁重にお断りしました(笑)。だってポンと乗って41秒とか出しちゃうんでしょ。いや、あなたなら2~3周で出すに違いない。
そしたらもう言い訳が出来なくなるじゃないですか~。

あーだこーだと妄想したり、言い訳しながら自分を追い詰めずなが~く楽しみたいのです。EXPな方々は当分ご乗車ご遠慮願います(笑)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2014DE耐公開練習会に向けて。。。

来週土曜日5月31日はDE耐の公開練習会です。

ここがレース前の最後の走行という方が多く、意気込みからか焦りからか、ご質問が増えてきました。

腐っても?2013年DE耐の14時間耐久チャンピオンの当店DCR。
どうすれば好成績をGETできるか、DCRに聞けば何か有益な情報が得られるかもしれない、ということですかね。

でも14時間耐久チャンピオンっていっても、私以外のライダーが頑張ったからもらえた賞。だから当店には何のノウハウも無いのです。なので質問するなら当店のライダーさん達に聞いてもらったほうが良いかもしれません。

当店のライダーさんには情報統制はしてません。先日DCRに初加入のライダーのうっちーくんから「私の知り合いが今年のDE耐に参加するんですが、スプロケデータを教えても良いですか?」と聞かれましたけど「どーぞ、どーぞ」と回答しています。また私自身がエンジンや車体に行ったメンテナンスや改造もライダーにはSNSで全部オープンにしていますので、うちのライダーは全部知ってますから、直接当店に聞きにくかったら、ライダーに聞いてみてください。
まあほとんどのことは私自身がブログにUPしてますけどね。

質問の多くは、燃費です。燃費が悪く、完走できそうもない、DCRは昨年完走していますが、どのキャブを使っていますか?セッティングは?という質問です。

今年も当店は2台体制ですが、昨年同様2台ともPD22を使います。

メンバーに預けている1台はニードルの太さを変えてセッティングしているみたいですが、私がメンテするもう1台はノーマルのニードルのままセッティングしています。今年は油面に注目し、油面ごとにセッティングを出しておいて、燃費比較をしてみようと思っております。

思っております、って書いているくらいですから、まだこれだ!という正解に達していません。3月の走行会は初もてぎのライダーの慣熟走行のためにノーマルエンジンでしたし、4月の走行会は雨でしたし。。。なかなか確実な燃費データが測れていません。

そもそも燃費はライダーによって大きく変わります。なので各ライダーのデータを取らなきゃならない。その中でキャブセットの比較テストもやるには、ちょっと時間がたらないのです~。結局は半信半疑なデータしか得られない中での決勝レーススタートとなるのが恒例です。

5月31日の走行会ではしっかりデータを取りたいと思っていますが、有益なデータが得られましたら、ブログでお知らせしますね。

最後によくある間違い。。。走行枠の1時間を3人くらいで走って、燃費を算出する方法。で、燃費が悪い数字になったとき、真っ先に責められるのが一番タイムの速い人。「おまえが飛ばし過ぎるんだよ。エンジン回し過ぎなんだよ。」と。

ちなみにうちのチームでは、一番タイムの遅い私が一番燃費が悪いです。そして多分ほとんどのチームがそうです。遅い人ほど燃費が悪い。

そんなチームの燃費を良くするには、「速い人が回転抑えてラップタイムを落として燃費を稼ぐ」のではなく、「遅い人が速く走れるようにたくさん練習すること」です。速くなれば結果として燃費も良くなってきます。まだ1ヶ月あります。もうもてぎを走る機会は無くても、ミニサーキットでたくさん走れば効果は出ます。

結局、「最後はライダー力」ということですかね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

業務連絡

KMDさんへ
2mm短く加工しました。短過ぎたらワッシャーで調整してください。
しかし、もうバンク角の限界ですよー。
P1030963.jpg

Uさんへ
ダブルコック用のボスです。5月31日にもてぎでお渡しします。最終コーナーに近いピットにいると思います。
P1030962.jpg

Yさんへ
バンクセンサーです。5月31日にもてぎに持って行きます。
P1030960.jpg

Uっちーさんへ
ラップタイマーの赤外線発信機です。モニター品はそろそろ期限ですよ、新規購入お願いします。
P1030961.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROMでレース前の練習

今週末のモトピクニックに参加するため、事前練習に行ってきました。
DE耐メンバーのきのっぴ、うっちーも参加。DE耐のための練習にもなっています。
P1030956.jpg

今日はガソリンを買わずに来ました。その代わりサーキット近くでトランポにガソリンを満タンにしておき。。。
この「ロングしゅぽしゅぽ」でトランポのタンクからガソリンを抜き取る作戦です。
P1030954.jpg

が、しゅぽしゅぽやっても全然ガソリンが吸い上がってきません。何故だろう???ホースの先がガソリンの中に上手く入っていないのだろうか???
P1030955.jpg

仕方なく、ガソリンを買いに一旦サーキットを離れます。アホですな~。
近くに有人のスタンドが無く往復30分も掛かってしまった。。。あ、TC2000にガソリンスタンドあったよね。アホですな~

さて昨日作ったゼッケンですが、その出来栄えには多くの非難の声がありましたが、そんなこと気にしていられません。ゼッケン数字を貼っちゃうのです。
P1030957.jpg

本日は3本の走行。

1本目。45.0秒がベストです。XR100モタードでの自己ベストの2.7秒落ちです。ここから上げていくのです。

2本目。待望のインジェクションコントローラー投入。燃料噴射量をアップし、パワーアップ=タイムアップを目指しますが、体感的に全く変化を感じません。タイムも45.1秒。ほとんど変わりません。

う~ん、1本目ではパワー感が無かったので、燃料を濃くすれば、少しは変化があると思ったのに。タイムが変わらなかったことより、何も変化を感じなかったことにがっかり。。。

3本目。お客様のMさんとの会話の中で、「コントローラーで燃料増量しても、O2センサーが補正しちゃうんじゃないですか?」というヒントがあったので、O2センサーカプラーを引っこ抜いて走りました。
わずかでもいいから変化を感じたかったので、コントローラーの増量上限に設定してみましたが、45.2秒。やはり変化なしでした。

3本走って、45.0秒・45.1秒・45.2秒・・・。抜群の安定感だw。
安定するなら42秒台ぐらいでお願いしたい。

う~ん、O2センサーって、カプラーを引っこ抜くだけじゃダメなのかな?っていうか、コントローラーにはO2センサーの補正が入らないような仕組みは無いのだろうか?無かったら思ったようにコントロールできないよね?

早くも壁にぶち当たった感が・・・どうなる、GROMレース計画!?
P1030958.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROMでレース?

4回のサーキット走行を経て、徐々に進化・・・していないGROM。

なかなかはかどらないのですが、それでもレースに出てしまいましょう~。だってレースに出られるんですもの、GROM。

今週末にTC1000でモトピクニックRd2が開催されるので、参加が認められるなら、出てみようかと思っています。

で、これまでは赤い車両ボディにゼッケンを貼ってサーキット走行していましたが、
P1030755.jpg
モトピクニックでは、赤ゼッケンは前年の優秀なライダーさんにしか認められないので、ベースの色を何とかしないといけません。

白いカッティングシートで。。。
P1030947.jpg

サイドはシュラウドに貼ります。鈴鹿ミニモトでも認められていたようなので、モトピクニックでも大丈夫かと思われ。
しかしこんな凸凹したところに上手く貼れる筈はありません。
P1030946.jpg

ほら、ね(汗。
P1030952.jpg

ほら、ね(滝汗
P1030953.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

やれば出来る!マシンメンテ

マシンのメンテナンス、「出来ない」と言う方が非常に多いような気がする。

初心者さんならそれも分るけど、レースでエキスパートクラスを走るような方でもメンテ出来ない人がポツポツいるのは意外です。

本当は「出来ない」じゃなくて「やらない」だけなんじゃないのかな。やってみたら、「簡単に出来ちゃった」ってなるんじゃないのかな。

先日サーキットで「ブレーキレバーが入り込んじゃって・・・」とDE耐メンバーに相談をされました。

「エア抜きしてみた?」と尋ねたら

「やったことがない」と。

でもちゃんとブレーキフルード持ってきてるんですよね、フルードを抜くチューブもありました。

まあ、数分後にレースが始まるというタイミングで初めての作業は怖いですね。分ります。

でもやってみたら簡単でしたでしょ?

そんなことがあった帰り道、トランポからキーという異音が発生。どうやらブレーキパッドの残量がなくなったようです。

上記でマシンメンテナンスをオススメした私ですが、実はクルマはノータッチです。オイル交換すら自分でしたことがありません。ブレーキパッドなんて交換できませんよー。

でも今週はサーキットに行くので、トランポをディーラーに預けられないし・・・そうだ、自分でパッド交換してみようと、ここまでは威勢が良かったんですが。。。

これが磨り減ったパッド。パッドが減ってきてこの金属がローターに当たって「キー」となるわけです。
P1030920.jpg

急いでネットで注文したパッドが。。。やけに小さい。。。リアブレーキ用?が届いて失敗。ここでかなり凹でます。
P1030933.jpg

が、気を取り直して、カー用品屋さんに行ってパッドを買ってきた。「工賃5000円で交換しますよ」と言われたが、ここでお願いしたら敗北感倍増の200%なのです。もう自分で交換することでしか立ち直れないのです。

作業開始。
まずジャッキを掛ける場所が分らん。ジャッキアップしたことないのです。ネットで調べてみるも、なぜ平面ではなく凸部に掛けるのか、いまだに分らん。が、ネット記事を信じてジャッキアップしてみたら、問題なくタイヤが浮いた。ちょっとうれしい。
P1030913.jpg

ホイールを外す。これも人生初めてです。うれしい。今度Tレンチ買ってクルクル~ってやってみたい。
P1030912.jpg

ブレーキキャリパーを外してみる。ボルトがめちゃ固くて参ったが、(鉄パイプ導入で)何とかキャリパーを外せた。
P1030919.jpg

1ピストンなのか~、パッドでかい~、パッドピンが無いんだ~、と若干の違いはあるものの、バイクと変わらないんだな~と。

で、購入したパッドを組み込む。。。シムが合わん。。。パッドの突起が当たってシムがパッドに密着しない。
シムをカットして干渉を避ける。う~ん、DIY作業が発生するとは思わなかったが、やればできるじゃん。

で、完成して意気揚々と駐車場を試運転♪

今までの「キー」が「キーキーキー」と3倍に増幅しました(汗

なんだなんだ?

またまたネットで情報を調べて、鳴き防止グリスを塗ったり、面取りしたり、5~6回組みなおし&試運転しただろうか。。。

もう日が暮れる。。。やばい。。。サーキット行けないかも。。。悲しさが漂う当店店舗前
P1030943.jpg

もう一度新旧のパッドを見比べてみる。。。あ、パッドサポートが当たる部分が違う。。。もっと早く気づけよ、オレ。
P1030942.jpg

購入した用品屋さんにTELで問い合わせると、違う年式のパッドを買わされた模様。正しいパッドを親切にも用品屋さんが届けてくれました。

正しいパッドがあれば楽勝。もう5~6回組みなおしているので作業はマスター済み。さらにキャリパーを完全に外さなくても交換できる方法を発見。
P1030937_20140521123522762.jpg

フロント左右、30分ちょっとで交換完了。

「キー」音は全く無くなり、快適快適。やれば出来る。これからはトランポも自分でメンテしようかな。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら




PageTop

ガソリンタンク補修完了

先日クラックが見つかり、修理に出していたタンクが戻ってきました。

P1030818.jpg

業者さんに詳しく見てもらった結果、やはりT字のクラックが入っていたようです。

しかし何かがぶつかった跡があったわけでもなく、原因は不明です。

NSF100に乗っているお客様のMさんからも「私も同じ場所にクラックが入ったことがある」との情報を頂いたので、クラックが入りやすい箇所なのかもしれません。

で、鉄の板を当てて溶接で補修完了です。
(ガソリンタンクへの溶接は当店では出来ません。爆発しちゃうので。信頼のおける業者さんへ依頼しております。)
P1030934.jpg

これでDE耐も安心して走行できますが、やっぱりクラックの根本原因がわからないままというのがちょっと不安。

で、出来るだけの対策として、前後のゴムクッションを新品にしておきます。少しでも振動が減ってタンクへの負担がなくなればいいな・・・ということですね。

が、しかし!NSF100ガソリンタンクの後ろ側のゴムクッションが廃盤!マジ?現行車種なのに。。。

で、NSR50のゴムクッションを取り寄せた。

上がNSR50用、下がNSF100用。
P1030905.jpg

NSF100用はゴムに溝が入っているが、NSR50は溝なしです。それ以外は違わないように見えるので、流用可能かと思われます。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

昨日は茂原&京葉!

昨日は午前中は茂原ツインサーキットでDE耐メンバーのYさんと練習。

筑波1000でめちゃくちゃ速いSTライダーさんがたくさん来ていましたね。最終コーナー前のシケインがとてもきれいで見惚れましたわ~。

Yさんも初茂原ながらなかなかの速さで、練習の成果が現れているようです。

私はといえば、ようやくGROMになれたところでのXRモタードへの乗換えで、またまた違和感200%でしたが、最低でも試したかったキャブセットは何とかこなせました。

※いろいろな人を後ろから映したかったのですが、みんな速過ぎです。

しかし茂原、3クラス分けだったので午前中だけだと3本で修了です。もっといろいろ試したいことがあったのに。。。

午後は茂原ツインサーキットから30分ほどの京葉スピードランドへ。

DE耐メンバーでもある「うっちー」君がNSF100HRCトロフィーに参加するので応援です。

サーキットについてうっちー君の練習走行を見ていたら、初心者丸出しのかっくんかっくんブレーキングで、何をやってんだ!って喝を入れたら「ブレーキレバーが近くなってきてしまって・・・」。

ということで、急遽現場でエア抜き。もうちょっとかちっと直したかったけど、決勝はすぐ始まってしまうのでエア抜きのみ。
予選2位からスタートした決勝は1台に抜かれて、その後は一人旅。撮ったビデオは、うっちーファン以外には全く楽しくない映像になってしまいましたとさ(笑)。
次回はもう少しジュニアのライダーに近づけるように頑張ろう~!


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

ハーネス改造

日曜日はやっぱりGROMはやめにして、DE耐用XRモタードで行こうと決めました。

DE耐用のガソリンタンクがないので、純正タンクに戻す方向で仕様変更です。
タンクステー、シートベースを外して、純正タンク、純正シートを装着しようとすると・・・

CDIの置き場がない。。。
P1030898.jpg

DE耐用ガソリンタンク=NSF100純正タンクを使うなら、タンク下がスカスカなのでそこのCDIを設置していて、その位置に合わせてハーネスを作っていたのだが、純正タンクを使うとなると、タンク下は全くスペースがなくなるので、CDIはシート下におかざるを得ない。ということは、これまでのハーネスが使えないので、ハーネス作り直しということである。

パーツボックスをゴソゴソ探したら純正のハーネスが出てきた。ヘッドライトやメインキーまで全くの無加工のハーネス。レースには必要のないところがたくさんあって、それらが原因でトラブったりもするので、ここはやっぱりレース用に改造する必要があります。電気作業は苦手ですが今日はお天気も良いのでシャッターを開けて気持ちよい環境で頑張ろう~!
P1030897.jpg

純正のハーネス
P1030899.jpg

まずはビニールテープをはがしまくります。べたべたして気持ち悪いです。
P1030900.jpg

不要な部分は思い切ってカットします。一気にすっきりします。
P1030901.jpg

急に雨が降ってきました。外に出したバイクがびしょぬれになり、テンション下がります。
P1030902.jpg

気持ちを切り替えて作業を継続し、これだけになりました。アナログCDI専用と考えているのでレギュレータ/レクチファイアも繋ぎません。
P1030903.jpg

これでCDIをシート下に移設できたので、タンク・シートを装着できました。
P1030904.jpg

さあ、これで茂原を楽しもう~。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

18日は茂原!

今度の日曜日は茂原に行く予定です。

行くことは間違いないのですが、マシンが・・・

当初はDE耐に向けてキャブセットを。。。なんて考えていて、DE耐用のXRモタードで行くつもりだったのですが、ガソリンタンクにクラックが見つかりNG。

でも何としてもキャブセットしたいので、タンクやシート、外装をノーマルに戻して。。。なんて考えていたら、OHに出したRサスが間にあわない模様で、やっぱりNG。

またしてもGROMか?う~ん、Fフォークの底突き対策とインジェクションのコントローラーがないと、今以上にはならないしな~

どーしよ。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

本日の販売再開情報その2

欠品中でした、

NSRミニ・NSF100リアサスアダプタの「NS50F」用の製造が修了しまして、本日より販売開始です。
P1030896.jpg

NSF100/NSRminiリアサスアダプタ(NS50F用)@10800円(ポイント500)

この商品は複数のモニターさんのご協力により誕生したもの。私自身はNS50Fには乗ったことがないのですが、モニターさんから逐一報告が上がってくるので、まるで乗ったことがあるかのような錯覚に陥ってしまいます。

NS50Rの出玉が少なく、あっても非常に高価な現在、比較的入手が容易なNS50Fをどうぞ。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

本日の販売再開情報

お待たせしました。

欠品中でした「NSR/NSFステップホルダープレート」の製造が終わりまして、只今より販売を再開します。

P1030895.jpg

NSR/NSFステップホルダー取付用プレート左右セット(XRモタード・エイプディスク)@税込10800円(ポイント500)

ご用命、お待ちしております。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

パイプ曲げの感触が気持ちいい

パイプがじわ~っと伸びながら曲がっていく感触が気持ちいい。

が、そのためのジグ作りは面倒だ。

ブレーキプロテクター用に作ったパイプ曲げジグだが、「曲がった部分をもっと長く!」というリクエストがあったので、ジグを作り直した。

ジグ1号
P1030890.jpg

ジグ2号
P1030891.jpg

じわーって曲げる
P1030892.jpg

比較してみるの図
P1030893.jpg

比較してみるの図2
P1030894.jpg

KMDさま、22日にTC1000に持っていきます。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

販売再開商品情報!

欠品になっておりました

ハンドルストッパー

DIYフロントステーベース

本日在庫アップしまして、販売再開しております。

しかしまあ、段取りが悪いこと。組み立て途中でボルトが足らなくなりました。ボルトの入荷が1週間後なら一旦片付けるのですが、明日入荷するとのことなので、このまま放置です。

このような状況が3~4パーツあるので、あちこち散らかり放題です。
P1030884.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

逆チェンジシフトペダルで正チェンジにするのだ!

昨日の検証結果報告を受けて、F先輩から「080モデルのようにステッププレート内側にシフトロッドを移設できれば、シフトロッドとステッププレート・シフトペダルの干渉はなくなるのではないでしょうか?」というさらに渋いリクエストがあったので、さらに検証を進めました。

以前に080モデルのステップキットを作ったときにあれこれ検証したはずだったのですが、何せもう6年以上昔のことなので記憶がありません。また、細かいことをノートに記載しない性格なので、手元にある記録にもその検証結果が見当たりません。う~ん、小保方さん似ですね、私。

ということで、やってみました・・・できちゃったかも?
P1030872.jpg
P1030873.jpg
P1030874.jpg
P1030875.jpg

080モデルのチェンジアームを使い、チェンジアームにはM6雌ネジのピロボールをセット。
逆チェンジシフトペダルとピロボールの間にはカラーを用いて、シフトロッドをステッププレート内側に。
車体の個体差対策は、各部にワッシャーを使って微調整。
こんな感じで逆チェンジシフトペダルで正チェンジ完成です。

ただ、ちょっとシフトが固い=ストロークが短かすぎ。
これはシフトペダルのアーム長とチェンジアームの長さの関係なので、チェンジアームにもう1個穴を開けて調整できます。
P1030878.jpg
P1030879.jpg

あと、ペダルの角度を上げるには限界があります。
シフトペダルの角度を上げ過ぎるとペダルとシフトロッドを結ぶカラーがステッププレートに当たります。
(逆チェンジ用にシフトペダルの形状を決めたので仕方ないのですけどね)
P1030881.jpg

ここまで上げるとアウト
P1030882.jpg

ここまではセーフです。
P1030883.jpg

これでどうでしょう?F先輩。
いろいろな組み合わせが出来るようにモニター品を用意させて頂きます。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

逆チェンジシフトペダルで正チェンジが出来るのか?

先日会社の電話が鳴った。

私「はい、ダイレクトです」

電話のお相手は、それはそれは渋い声で・・・「Fです」と。

ここまで渋い声を聞いたのは、数年前にいきなり調査に来た税務職員以来ですw。

その渋い声の持ち主が、サーキットでめちゃくちゃ速いF先輩だと気付くまで、5秒ほど掛かりました(爆)。

で、そのF先輩は「ちょっと商品のことで伺いたいのですが・・・」とこれまた渋い声でお話を続けられます。

F先輩「私、御社の001モデルのバックステップを使っているんですが、これを逆チェンジ用のシフトペダルを使って、正チェンジに出来ますか?」

めちゃくちゃ渋いトーンに加え、とても丁寧な言葉を使われるので、「さすが、これが大人の男だな~」なんて考えていて、ご質問の意味が当初全く分らなかったことをお詫びいたします。

F先輩のご質問はこういうことです。

001モデルのバックステップキットは・・・
racerkaida-img600x450-1270118684qt7hhy14310.jpg
ステップバーの上側にシフトロッドがあります。

F先輩「ミニバイク乗りはステップバーの内側を踏む傾向にあり、その時にシフトロッドを一緒に踏んでしまう。これを何とか解消できませんか?」

というお尋ねなのです。

F先輩「080別軸モデルのバックステップは、シフトロッドがステップバーの下(しかもステッププレートの内側)にあるので、踏んでしまうことはないと思うのですが・・・」

その通り。080モデルはシフトロッドが気にならない位置に設置しています。
P1030851.jpg

F先輩「シフト側のみ丸ごと080モデルに変えようかと思ったのですが、001モデルのスペアパーツもたくさん持っているので・・・001モデルで何とかできないかと考えたのです。」

F先輩「001モデルの逆チェンジシフトペダルってありますよね?」

はい、これですね。
P1030852.jpg

F先輩「このチェンジアームを上下逆にしたら、正チェンジに出来ませんか?」

ここまで丁寧にご質問いただいてようやく理解できた私です(頭が固くて申し訳ありませんでした)。
逆チェンジにするために作った「逆チェンジシフトペダル」で「正チェンジ」にするなんて考えたことなかったです。

で、やってみました。こういうことですよね、F先輩!
P1030855.jpg
P1030853.jpg

一見うまくいったような感じですが。。。

1.シフトロッドとステッププレートの隙間がギリギリです。個体差によっては擦れるかもしれません。
P1030857.jpg

2.シフトペダルのノブの位置を高く上げようとすると、シフトロッドピロボール部のボルトがステッププレートに当たるかもしれません。
P1030863.jpg
P1030864.jpg

そんな時には、ボルトの頭をピロボール側にしてナットをペダル側にしてみてください。
P1030860.jpg
P1030858.jpg
P1030859.jpg

3.上記1・2の解消のためにシフトロッドピロボールをペダルの外側に取り付けるっていう手も。。。(ちょっとピロボールの角度がきついです)
P1030867.jpg
ステッププレートとシフトロッドのクリアランスは確保できますが
P1030866.jpg

4.ただこの方法だとペダルを下げるとシフトロッドに当たってしまいます。ある程度ペダルを高く設定する必要がありますね。
P1030868.jpg

5.それと、、、そもそも逆チェンジシフトペダルはシフトロッドを逃がすために5mmのスペーサーを入れてます。赤矢印がそれです(青がシフトペダル)。
P1030861_20140514220907994.jpg
それゆえ、ステップバーが5mm外側に張り出します。その分、ステップバー先端が接地する可能性はあります。

まとめますと、個体差を考えますと100%何の問題もないとは申し上げられませんが、何とかなりそうな感じでございます。

もし可能でしたらモニター品をお渡ししますので「逆チェンジシフトペダルの正チェンジ」をお試しいただけないでしょうか?F先輩!ご検討くださいませ!!


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2014年DE耐エンジン組み立て

5月31日のDE耐公開練習会に向けて、エンジンの組み立てです。

エンジンも車体も出来るだけ自分で作業したいのですが、出来ないこともまだまだあります。

そのうちの1つがエンジンヘッドのバルブシートカット。気密を保つために重要なところです(多分そうです)。

シートカットの技術を習得したい気持ちはすんごくあるんですが、失敗したら終わりなので、おいそれと手を出せません。レースまであと1ヶ月というこのタイミングで失敗したら。。。

それにシートカットは複数の角度のカッターが必要らしく、そんなお金もないので、ここは信頼のおけるプロに丸投げです。

P1030842.jpg

プロに丸投げなんて書くと相当お金が掛かると思われがちですが、実際にはそれほど高い金額ではないし、ヘッドの状況診断、部品交換の必要性、適切なアドバイス、数々のエンジンをメンテしてきた経験に基づく高い技術、+αの情報提供を考えるとむしろ安いかもとも思えます。

さてそんなすばらしいヘッドに新しいカム(キタコSEヘッド用オプション)を入れてみました。
P1030845.jpg

壊しちゃいけないという恐怖観念で、新しいパーツを試すことが出来ない傾向にある私ですが、何もしないのはワクワク感に欠けます。なのでほんのちょっとの冒険です。

P1030846.jpg

できました。

ヘッドカバーを取り付けようとしたら、先月の雨の走行で、非常に汚くなっていたので、
P1030847.jpg

Hさまに教えてもらったガラスクリーナー攻撃。
P1030848.jpg

液体タイプではイマイチ汚れ落ちが悪かったので、泡タイプを実行。
P1030849.jpg

ま、さほど効果に差はなかったんですが、キレイになりましたよ。かもさんもいかが?
P1030850.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2014年DE耐ゼッケン決定&チーム編成書送付完了!

本日はDE耐の希望ゼッケン受付日。

受付開始の11時きっちりにFAXを送信するも、なかなか送れず。希望が重なった場合は先着順になるので、少しでも早く事務局にFAXしないければならない。

1チーム分は2度目のFAXで送信できたが、もう1チーム分がなかなか送れない。30分掛かってようやく送信修了。
P1030840.jpg
どちらも希望の番号が取れた、ラッキー。

ゼッケン番号を記入する欄があるために、送付できなかったチーム編成登録書も、ゼッケン番号を書き込んで、登録料を現金書留に入れて、郵便局に行って郵送完了。
P1030841.jpg

これであとはレース前に事務局から書類が届くのを待つのみです。やれやれ。
(ま、届いたら届いたでメンバーに駐車証やパスを送る作業がまだ残っていますが)

参加されるチームには、必ずこのような手間のかかるエントリー作業をやってくれている人がいるのです。チームの担当者に感謝しましょう。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

FSWから京葉へGROMで連荘

週末は、土曜日はFSWカートコースへ、日曜日は京葉スピードランドへ。

今回もGROMです。

FSWでは深いバンク角を目指して頑張りました。バンク角を深くするのってコワイです。。。
P1030838.jpg

アクセルオフでエンジン回転の落ちが遅いGROM。。。燃費対策かなんかでインジェクションがそういうセッティングなんだろうと半ばあきらめていたのですが、この日は5000RPMあたりで2~3秒も回転が落ちなくなり、さすがにこのまま乗っていても楽しくないので、原因究明の開始。

アクセルワイヤーは十分に遊びがあるので、原因は他にあるはずと、吸気温度センサーのカプラーを外したら、回転落ちの悪さが一瞬改善した。なんだなんだ?

ついでにエアクリーナーBOXを始めて開けてみた。
P1030832.jpg
こんな立派な紙フィルターが吸気を制限しておりましたので、外します。ま、実際に制限しているのかは不明。そんなに吸い込むようなエンジンには見えないものね。

で、一瞬改善したと思った吸気温度センサーカットは、その後はまたまた回転が落ちず、原因はこれじゃない模様。

すぐに目に付くところに油温センサーがあったので、
P1030829.jpg
カプラーを抜いてみると、何とエンジン回転がスムーズに落ちるではないですか!?どーゆーこと?

理屈は分らないが、とりあえず普通にエンジン回転が落ちるようになったので、走り出すと、めちゃ乗りやすい。「GROMって好き!」ってちょこっと思えました。

ブレーキレバーが遠かったのは社外品のアジャスト付きレバーで改善できたものの、
P1030823.jpg
クラッチレバーの変な遊びはこの社外品でも改善せず。レバーとホルダーのこの隙間が悪そうだ。
P1030827.jpg

断腸の思いでカットしたサイドスタンドステー。
P1030828.jpg
おかげで思いっきりバンク出来ます(ライダーの問題で浅いですけど)。

しかし縦キズが多いな~このフロントフォークインナー。
P1030822.jpg

日曜日はリニューアルオープンした京葉スピードランド。DE耐チームライダーのうっちーと一緒です。
P1030839.jpg

来週行われるS-1に出るべくたくさん走ったうっちー君に対し、1時間30分で走行修了した私。2日間連続はさすがにキツイっす!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

明日はFSW・明後日は京葉

今日は暑いくらいのお天気でシャッター開けて作業していたら、「RHPのまっちゃん」さんがチームのライダーさんといらっしゃいました。

当店製ホイールカラーを使った17インチのエイプに乗ったら楽しかったらしく、もう1台17インチを作ろうかと思案中らしい。只今欠品中の「NS-1ホイール用カラー」ですが、来週か再来週に製造します。
・17インチホイールカラー

まっちゃんさんにはトップブリッジとNS50タンクステーもご購入いただきました。
・トップブリッジ
・NS50タンクステー(エイプ)
明日の茂原のレースで使うらしい。
基本的には明日のレースに使うパーツを前日に買うのは「危険行為」ですが、まっちゃんさんには以前にもこれらのパーツを使っていただいているので大丈夫でしょう。明日のレース、頑張って下さい~。

明日はFSWカートコースに行くのだ。カートコースの中のちっちゃいコースを走りこみます~。
明後日は新装開店の京葉スピードランドです(体力があれば走ります。なければ見学)。

ほんとはDE耐マシンで走りこみたかったが、ガソリンタンクのクラックによりGROMで練習です。
そのGROMは先日Fフォークをばらしたときにやはりシールを痛めたらしく、早くもオイル漏れです。
P1030820.jpg

ガソリンタンクは溶接してもらうので、中のガソリンを抜いてミニファンで乾燥中。
P1030819.jpg


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

最終形:レバープロテクター

いろいろ仕様を変更してみたが、結局は一番最初に考えた一番工夫のない形になった。

P1030821.jpg

良く言えば「シンプル」、悪く言えば「手抜き」。

当初の依頼者のKMDさんからは何のレスポンスもない(だってネット見ない人だから)ので、これでOKということにします(笑)。

え~、次にTC1000に行けるのは22日か24日です。現地に持って行きますね。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

DE耐マシンのタンクにクラックが・・・

ガソリンを1滴もムダにできないDE耐において、ガソリンタンクにクラックがあったんじゃ、もうどうしようもないわけで。

先日まで全く問題が無かったのだが、本日マシンを何気なく眺めていると、タンクの内側が汚れている。。。
この色からしてガソリンがもれてるのはすぐに分った。

P1030816.jpg

T字にクラック入っているように見えるが。。。
P1030815.jpg
P1030817.jpg

ということで、今週末の走行はこのマシンでは不可能。DE耐に向けてのあれやこれやをやりたかったのだが。。。

新車でレースしているのではないので、あちこちガタが来てますね。まあトラブルがレース当日じゃなくて良かったと考えるしかありませんかね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

ようやく・・・レバープロテクター

今年のGWはこれに終始してしまった・・・

ブレーキレバープロテクター。
P1030809.jpg

格好の良い物がすでにいろいろなメーカーからリリースされているので、もう格好の良い物を作る必要がないのがうれしい。必要最小限の工程で作るのだ。

本来の目的は接近戦での不意のブレーキ防止。その機能と転んだときのバーエンドのジュラコンによるハンドル保護(まあ気休め程度ですが)だけ。あとは考えないことにする。

プロテクターはパイプを曲げるだけの超手抜き仕様で安く作る。どうせ転べば交換ですから。

ハンドルバーの中の周り止めも建築材料を利用して、ここでもコストカット。

KMDさん、これで許してください(といっても、KMDさんはネット見ない人でしたね。って書くと親切な周りのお友達が伝えてくれたりしてw)。

しかしパイプって思った以上に硬いんですね。

直径12mm・肉厚2mmのパイプなんてかる~く曲がってくれると思っていたんですが・・・

一応こんな工具を使ったのですが、曲がらず。
P1030813.jpg
バーナーであぶったら工具のアルミ部分が溶けやがった。

で、こんな滑車を買ってきまして、
P1030806.jpg

分解しまして(これがステンレスだからなかなか分解出来ねーし)

パイプ曲げ工具を作って
P1030807.jpg

でもやっぱり曲がらなくて

バーナーであぶりながらようやく曲がりました。
P1030808.jpg

パイプが自由に曲げられるといろんなステーが作れそうですね。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

バックステップキット、補修用シフトペダル、販売再開!

欠品中でした、001・002・003シフトペダルの製造が上がりまして、本日より販売を再開しております。

当シフトペダルが組み込まれております、001・003バックステップキットも本日より販売再開です。
P1030805.jpg
ご注文お待ちしております。

001バックステップキット(エイプ/XRモタードディスクブレーキ用)
http://direct-com-racing.jp/shopdetail/003002000001/

003バックステップキット(エイプ100ドラムブレーキ用)
http://direct-com-racing.jp/shopdetail/003001000002/


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

キャブの個体差

PD22を使っていますが、手持ちの2個のPD22、1つはNSF100純正品、もう1つはタケガワ製。

チョークレバーの形状や、エアベント部の形状がわずかに違いますが、大した差ではなかろう、と思っていました。

でもわずかの差が命取りになるので、内部のパーツをすべて統一してみたのですが、なぜかセッティングに差が出ます。

この差の原因にず~っと悩まされ、ず~っと振り回され、ず~っとこだわって来たのですが、「個体が違うのだから差が出て当たり前」と結論付けることにしました。

きっと同じNSF100純正品同士でも差が出るのだろうし、同じタケガワ製同士でも差が出るだろう。

そういうもの。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

GROMのFフォーク分解

GROMのFフォーク、手を付けられる部分がないので、オイルの番手を大幅に上げたろう、って書いたら、F先輩より「極端な番手のオイルを入れるとオイルシールが抜ける」とアドバイスされたので、用品屋さんで一番硬いオイルを買ってきました(笑)。

ダメといわれるとやりたくなる。壊れるといわれれば壊したくなる。子供のころの純真な心のまま大きくなってしまいました。F先輩、お許しください。

P1030802.jpg

容量が少ないのに、えらく高いカヤバのフォークオイルです。

昨日の時点では、オイルなら何でも一緒だろうからエンジンオイルを入れてやろうと思ったのですが、「本当にエンジンオイル入れて大丈夫なのか?」とご質問があり、そう言われちゃうとこちらも不安になるわけで、仕方なくフォークオイルを買ったわけです。
カヤバのオイルは他のメーカーのオイルと硬さが全く異なります。20番、30番って他のメーカーと同じような番号が付いていますが、動粘度は段違いに大きいそうです。でも目的が「オイルシールが抜ける」ことですから、これを選択します。

で、オイル交換だけで様子を見ようと思ったんですが、「倒立フォークだからって非分解とは限らない」との、これまたF先輩からのアドバイスに刺激を受けて、とりあえず分解できるところまで分解してみましょうと方向転換です。

まずトップのフォークボルトを緩めます。手持ちのスパナでは全く合わないくらい大きいです。モンキーでもダメ。なんと二面幅36mmです。そんなの工具箱にありません。
P1030773.jpg
加工用の機械に使っているもっと大きなスパナでようやく緩みました。
P1030779.jpg

フォークボルトが緩んだら中から何かがビヨ~ンって飛び出してくるのかと思ったら、このサスの構造ではそのようにはならないようです。ふ~ん、分ったような、分らないような。
P1030781.jpg

次にフォークボルトとピストンロッドをばらします。ピストンロッドは12φの丸い棒。つかむところが無くてボルトと一緒に回ってしまいます。マニュアルでは「ウエスで包んでプライヤで固定」って書いてあるので、その通りにやりましたが、予想通り、ピストンロッドは傷だらけです。スパナがかけられるようにしないんですかね?
P1030782.jpg
P1030785.jpg

分解するとストッパーラバーとシートが残ります。
P1030787.jpg
このシートにFフォークインナーパイプが当たって「底付き」していたわけですが、倒立フォークの場合は、底じゃなくて上なので、「天井付き」って言うのですかね?ややこしいので底付きと表現します。底付きのショックを和らげるためにこのラバーがあるんでしょうね。

続いてインナーパイプを抜き取ろうと思います。

アウターのダストシールをこじって外します。
P1030789.jpg
このアウター、めちゃ傷つきやすい材質です。ステムから外しただけでこんな傷が付きます。
P1030778.jpg

クリップを外したらインナーをスライディングハンマーの様に使って、オイルシールを抜いて、インナーとアウターをばらします。ちょうどスライドする部分にオイル通路の穴があり、この穴が面取りしていないぴんぴんに角が立っているので、オイルシールは多分やられたと思います。この時点でテンションが大幅にダウンです。
P1030790.jpg
P1030791.jpg

ようやくインナー単体となりました。
P1030799.jpg

このインナーパイプから突き出たピストンロッドが上から抜け、内部にあるスプリングが取り出せるとハッピーだったのですが、上側はピストンロッドの太さの穴があるだけで、抜けません。
P1030796.jpg

構造的に考えると、おそらくボトムケースがインナーパイプから外れるのだと思う。
P1030798.jpg
そうじゃないとインナーパイプの中にスプリングやロッドを組めませんから。でもそれをやるにはちょっと厄介だし、それをやらないと出来ないセッティングパーツの開発なんて意味がないので、ボトムケースの分解はやめておきます。

ということで、分解はしてみたものの、やっぱりオイルの番手変更や油面変更くらいしか出来そうにありませんが、こんなにでっかい穴(8mm)が4個も開いているので、オイルの変更が効くのかどうか。。。
P1030793.jpg

インナーパイプの上に別途スプリングを入れるとか、オイルロックピース代わりの物体を仕込むとか、レギュレーション次第で可能ならやってみたいですね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

しびれるマシン

2014年DE耐の公開練習会(5月31日)の申し込みが始まっています。
http://www.twinring.jp/detai/information/2014practice03.html

ここを逃すと前日の特スポのみとなりますので、ぜひとも参加してタイムや燃費のデータを取ってくださいね~。

もちろん私も申し込み済みです。

その5月31日の公開練習会に向けて、いろいろ考えておりました。

特に電気のこと。電気系のパーツは新しくしていったのに、なぜか突然調子悪くなる。雨だからなのか???ハーネスを含め雨対策は施したつもりだったが、まだ何か足りないのか???

あ、そうだ、キルスイッチ。あれは防水タイプじゃ無かったよな。あれが濡れるとダメなのかも?

ということで、エンジン掛けてキルスイッチ部分に水をジャブジャブ掛けてみる。

う~ん、問題ないな~。キルスイッチじゃないのか。。。そう思いながらキルスイッチ付近を指で触ったら、ピリピリとしびれた感じがした。

む?何だ?

水をかけながら触り続けると、たま~にピリっと来るときがある。これ、漏電?何だろう?

その後も原因を見つけるために水をかけながらマシンに触り続けたが、そのうち電気の痺れなのか、それともエンジンの振動なのか?いや、そもそも老化が原因で自分自身が痺れているかw、分らなくなってやめました。


とりあえずハーネスを取り外して、新たなハーネスを作っています。
P1030772.jpg

CRF100のハーネスの流用です。これを真似して1個オリジナルのものを作ってみようと思います。
P1030771.jpg


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

すみません、欠品しました!

慣れないGROMに手を焼いている間に、欠品してしまいました。

・001/002/003バックステップ用シフトペダル

よって、このパーツを使用する001バックステップキット、003バックステップキットも欠品となります。
大変申し訳ありません。

5月中旬~下旬には揃うと思います。在庫が整い次第、改めてご連絡いたします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

倒立フォークって?

GROMには倒立のフロントフォークが付いているんですが、先日ブレーキング時に底付きを感じたので、調整しようとサービスマニュアルを見たら・・・

げ、倒立フォークって、インナーパイプの中にスプリングが入っていて(これ一式をダンパーと呼ぶらしい)、非分解ゆえ、スプリング交換やイニシャルをかけられない仕組みになっているんですね~。

知りませんでした。。。

じゃあどうすりゃいいんです、底付き対策は~?

P1030769.jpg

当初シートパイプを加工してやろうと思ったのだが、ダンパーから抜けないんだろうし、単品で部品が出ないので、下手な加工は出来ないし(ダンパー一式交換になってしまう=16600円也)。。。

結局オイルの番手変更か油面調整位しか出来そうにないですね。

う~ん、番手変更であのスッカスカなフォークが変化するとは思えないし、油面上げて突っ張るのは嫌いだし。。。

50番くらいのエンジンオイルでも入れちゃおうかなw

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら



PageTop