FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

チェンジアーム

080別軸式ステップ用のチェンジアームです。
P1010736.jpg
在庫が少なくなっていたので、製造し補充しました。

先日ワンオフで作ったチェンジアームに比べ、オフセットが少ないので、比較的短時間で完成しました。
P1010718.jpg

転倒してもそこで終わりではない耐久レースには、ステップバー・ペダルがそれぞれ異なる軸(別軸)タイプのバックステップがオススメです。
別軸バックステップ

■別軸バックステップ145mmバック/90mmUP
秋の耐久レースに向けてどうぞご利用ください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト



PageTop

ミニろく

またお客様から頂いちゃいました。

P1010735.jpg

3本も。ありがとうございます。

このお客様、今週末、FSWでミニろくという6時間耐久レースに参加されるそうです。

レースに出るって聞くと、こっちもうずうずしてきますね。

お天気が少々心配ですが、楽しく頑張って下さいね~


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

リアサスアダプタ、販売再開です!

在庫が切れていて、9月上旬発送分の予約受付となっていた「リアサスアダプタ」ですが、本日製造完了しましたので、ご予約いただいたお客様には本日発送いたしました。

在庫もございますので、只今のご注文ですと即日発送可能です。
ご利用お待ちしております。
P1010733.jpg
ご注文・商品の詳細はこちらをクリック!

最近、XRモタードのノーマルRサスをいろいろいじっておりますが、まあどうにもならない感じです(笑)。ノーマルRサスのあとに、NSF100サス+「リアサスアダプタ」に変更しますと、「やっぱりサスってこうだよね」と感じますね。先日FSWで片手運転で練習した時も、ノーマルRサスでは怖くて切り返せなかったのが、NSFサス+アダプタではかなり安心感が増しましたからね。是非お試しください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

ノーマルRサス改

ノーマルRサスにイニシャルをかけてみるの図。
P1010729.jpg

ノーマルRサスにNSF100のオプション黄バネを装着してみるの図。
P1010731.jpg

え~、深い意味はありません。気にしないでくださいね。



↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

Rサスの「抜ける」正体探し

抜けたRサスを頂いたので、「抜ける」のが何か?を探すために、また破壊活動です。

「抜ける」という言葉から想像するに、その正体は「オイル」または「ガス」だろうと想像しているのですが、オイルが漏れた形跡はない。とすると残るはガスしかない。

ガスが漏れるのなら・・・と水の中に突っ込んで、サスダンパーをストロークさせてみます。
P1010724.jpg


ブクブク・・・

って気泡が出てくれば、「やっぱりガスだったのね~」となるのですが、全く出てきません。

子供が水鉄砲で遊ぶかのように1時間近く戯れてみましたが、全くそれらしい兆候はありません。

手がふやけてきたので、しばらくほったらかしていたら、押し込んだロッドが元に戻っている。

よ~く観察してみると、ゆっくりゆっくりロッドが伸びている。
P1010723.jpg


と、いうことは・・・

ガスはわずかに残っているということか?

新品時の一定の圧力が掛かった状態ではないが大気圧程度のガスが残っているんだろう。

そう仮定すると、「抜ける」のはガスということになりますね。
当たってますかね?


では抜けたガスをどうやって補充するか・・・
エアバルブがないので、基本的には無理っぽい。う~ん・・・手詰まり・・・


仕方ない、「抜ける対策」は後回しにして、目先をチェンジ!
抜けたサスにイニシャルを掛けてみました!掛け過ぎて沈みません(笑)
P1010725.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら





PageTop

頂き物

私、お客様に商品を買っていただく立場の人間なのですが、お客様に物をいただいてしまうことが多く、反省しています。

今日も、宅配便で届きました。ありがとうございます。
P1010720.jpg

・おいしそうなみずみずしい梨
・好き嫌いの多い私でも食べれそうと思わせる新鮮なたまねぎ

きっとこの送り主さんは農家さんなんでしょう。暑い中、収穫作業、大変ご苦労様です。

これらと一緒に入っていたのが・・・

XRモタードのRサス。
P1010721.jpg

すてきにデコレーションされています(笑)。

これで「抜ける」のが何か、真相に少し近づけるような気がします。ありがとうございます。

この送り主さん、2013年DE耐の回顧録をご自身のブログに書き始めています。

http://sumimac.net/2013/08/1bike-2013-de.html

-------------------------------------------------

そろそろ記憶も薄れつつありますが、今年の5月に行われたDE耐の回顧録です。

エストレヤ☆パワーレーシングのsumiはなぜ3日間の連続撮影に挑んだのか。
ダイレクト・ドットコム・レーシングはいかにして勝利を手にしたのか。

いまだからこそ語ることができる撮影秘話。
そしてダイレクト・ドットコム・レーシングに一番近い位置にいたからこそ見えた勝利の方程式をノンフィクションでお届けします。

--------------------------------------------------

「勝利の方程式」・・・そそる内容ですね。
まあ現段階では、カメラ機材の準備段階での苦労話に終始していますが・・・(笑)

しかし・・・

バイクと同じでカメラにも寿命があるんですね。
http://sumimac.net/2013/08/3bike-2013-de.html
10万ショットで寿命かもしれないカメラで1万5千ショット以上の撮影をしてくれていたのか・・・

カメラがデジタルの時代になって、フイルムも不要だし、ネットにアップするだけなら焼付けも不要。かかる費用は交通費や宿泊代くらいだろうと思っていたんですが、カメラ本体の減価償却も考慮しないといけないですね。

撮影してくれる方にもっと感謝しないといけないんだろうなと思った私でした。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら


PageTop

チェンジアーム

ご近所のバイク屋さんからのご依頼で、ワンオフでチェンジアームを作りました。

チェンジアームとは、エンジンから飛び出したシフトスピンドルにシフトペダルのロッドが取り付くパーツです。

当初、壊れたものを溶接で治してくれ!というご依頼なのかと思いましたが、削り出しでの製作をお願いされました。

P1010718.jpg

お盆休み明けで勘が戻っていないからか、時間が掛かりすぎてしまった・・・いや、元々工作のセンスがないのが原因です。

次回はもっと短時間で出来ると思いますが、次のご依頼は多分「無い」と思います(笑)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

販売再開!トップブリッジ

一瞬在庫が切れておりました「トップブリッジ(エイプ・XRモタード)」トップブリッジ
ですが、只今販売再開しました!

一般的な形状の他社製トップブリッジは、フロントフォークをトップブリッジ上に15mmほど突き出すとハンドルバーに当たってしまい、それ以上の突き出しが出来ません。

そこを改善したのが当店のトップブリッジです。フロントフォークの突き出しを増やしてもハンドルバーに当たらないような形状になっておりますため、一体どれくらいの突き出しが適正なのかというお問い合わせを受けることが多いです。

が、突き出し量に正解はありません。

というか、そもそもフロントフォークの長さが、エイプ、エイプD、NS-1、XRモタードで違いますし、シートパイプやインナー・アウターチューブの組み合わせによっても変わりますから。

こう言って突き放してしまっては親切ではありません(笑)

当店のセッティングを下記のページに示しますので参考にしてください。
http://www.direct-com-racing.jp/shopdetail/014000000001/
↑このページの中に太字で記載しています。ご参考にどうぞ!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

訳あり特価品

値引きもない、セールもしない、ポイントも付かない
3ナイSHOPのダイレクト・ドットコム・レーシングです。

NSR/NSFステップホルダープレート左右セットの製造完了しまして、販売再開中です。
P1050536_2013082113092071e.jpg


で、

1セット、傷が付いてしまいました。ちょっとした引っかき傷です。
P1010715.jpg

内側の面なので装着してしまえば見えませんが、定価で販売するわけにも行かないので、オークションに出品しました。
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u54091698
開始価格1000円~ 即決価格5000円です!

見た目を気にされない方はお得ですのでぜひご利用ください。

ちなみにこのプレートを使用すると、ノーマル比195mmバック、135mmアップとなります。かなりのバック&アップとなります。NS50やNSR50タンクなどに変更されてシート位置が大きく後退したマシンに適しています。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

鉄は手ごわい

アルミの加工に慣れてしまうと、鉄がめちゃめちゃ手ごわく感じます。

アルミと同じ厚さの板を切るのにも4~5倍の時間が掛かります。

きっと鉄には鉄に向いた工具やその設定があるのだと思うのですが、それが分らないので仕方ない。コツコツやるだけです。

ごっついな~ 重いな~

P1010620.jpg

きれいに塗装する自信がないので塗りません(笑)。まあ試作品ということでお許しください。来週実走テストで~す。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

営業再開しております

10日からのお盆休み休業は終わり、本日より営業しております。

どうぞご利用ください。
http://www.direct-com-racing.jp

このお盆休暇中、お店はお休みにしながらも、ガレージの中では毎日パーツ製造!

・・・のはずが、11日から本日まで1回も出勤しませんでした~。人生、予定通りには行かないものですな~。

毎年恒例の京都への墓参のついでに、ちょっと足を伸ばして神戸に帰省し、そのついでに、ちょっと足を伸ばして香川県で讃岐うどんを食べ、せっかくだからと帰りは新東名のドライブを楽しみ、ロングドライブで意識が朦朧とした中、奥さんの実家に帰省し、その帰りに念のために娘の突き指の治療に行き、ついでにレントゲン撮ったら骨折してて、紹介された専門の病院に行ったら翌日手術と言われ、手術して麻酔が切れたらイタイイタイと泣く娘と連日の暑さにやられて、お盆休みは修了となりました~

ま、明日から頑張ります=



↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

お盆休み初日

お盆休み初日はこの夏の最高気温更新中。

お休みと言っても表向きであって、裏ではやること満載なので出勤。

工場用の大型扇風機を回してみましたが、熱風が吹き付けるだけで全く涼しくありません。

マシン3台をガレージから出してみましたが、もちろんこんなことしても涼しくなりません。
P1010621.jpg

この暑さではやる気などおきません。むしろすべてを投げ捨てたくなります。

ということで(?)、下のXRモタードを手放す予定です。
P1010622.jpg

このマシンには思い出が詰まっています。

もてぎショートコース選手権には数えられないくらい参加したし、鈴鹿ミニモトSTもこのマシンで出ました。
他にもエイプやNSFを所有していますが、このマシンに一番多く乗ったからか、このマシンに乗っているときが一番安心するし、一番やる気が出る。
私が速いライダーでなかったために、このマシンでは優秀な成績を残せていないのが残念です。

そんな思い入れのあるマシンなので、簡単には売れない。「誰でもいいから買って!」なんて、絶対言えない。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

お盆休み前の最終出荷日です。

NSF100/NSRminiリアサスアダプタ
P1010617.jpg
8月下旬の完成予定でしたが先日完成しましてすでに再販売中です。残り2つとなっております。

明日からお盆休みです。18日までです。すみません。

本日15時までのご注文の場合は、本日発送可能です。残り3時間。急いでください。
http://www.direct-com-racing.jp/
(というか、この告知自体が遅過ぎる)

さあ、お盆休み中は「ライディングの科学」を理解するのだ。もう5~6回読み直したが、全然頭に入らん。やっぱり「ラインディングは科学なんかじゃねーんだよ!」と思っている自分が邪魔するんだろうか(笑)
P1010618.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

ステムのメンテ

ハンドルストッパーの取り付け方法についてのご質問がありました。

当店のハンドルストッパーを取り付ける場合はステムを外していただく必要があります。正確に言うと、完全に外さなくても工具が入るだけのスペースを確保するためにナットを緩めてステムを少し下げていただく必要があります。

その方法を解説するための画像を撮影するために先ほどステムをバラしてみました。

まず装着時の画像。これが出来上がり状態です。
P1010567.jpg

まずはハンドルを取りましょう。取らなくてもハンドルストッパーを付けることは可能ですが、ここはぜひハンドルを取ってください。
P1010568.jpg

タイヤも外しますが、そのためには、トップブリッジのすり割りボルトを緩めておきます。
P1010572.jpg

ブレーキキャリパーも外します。
P1010570.jpg

アクスルシャフトのナットを緩めておきます。
P1010571.jpg

フロントアップスタンドを掛けます。お持ちで無いなら買ってください(笑)。
P1010573.jpg

タイヤを外します。
P1010574.jpg

Fフェンダーを外します。
P1010575.jpg

ステムのすり割りボルトを緩めて
P1010576.jpg

ようやくFフォークが外れました。
P1010577.jpg

これでトップブリッジとステムだけになりました。この状態でステムを左右に動かしてみてください。動きはスムーズですか?重くないですか?カクカクってなりませんか?上下のガタはないですか?
P1010580.jpg

トップブリッジのナットを緩めてトップブリッジを外します。
P1010581.jpg

ステムだけの状態になりましたね。この状態でステムを左右に動かしてみてください。先ほどトップブリッジが付いた状態で動かした時と同じ感じですか?違う感じですか?
P1010582.jpg

ステムナットを緩めます。フックレンチを使います。
P1010587.jpg

手でステムナットを緩めていくとステムが下に下がってきます。
P1010588.jpg

これくらいステムナットを緩めると
P1010589.jpg

ステムはこれぐらい下に下がるので、ハンドルストッパーを取り付けるための工具が入るスペースが出来ます。
P1010591_20130805225039f2d.jpg

ステムを全部抜きたくない方はこの状態でハンドルストッパーを取り付けてください。でももうほとんど抜いたも同然ですから、抜いちゃって、ステムのメンテをしましょう。
P1010592.jpg

ネック部の下側のベアリングレースとかよく見てみましょう。打痕とかないですか?
P1010593.jpg

もちろんネック上部のベアリングやレースの状態もチェック!
P1010594.jpg

ステムを抜いた状態だとハンドルストッパーの取り付けも簡単です。この画像のような向きで装着してください。
P1010596.jpg

ベアリング、レースにグリスを塗って
P1010597.jpg

組み込みましょう。
P1010598.jpg

ステムナットを締めます。「ちょっときつめに締めて左右に動かして馴染ませる」なんて作業本には書いてありますが、いまだかつて馴染んだことないし(笑)。
P1010599.jpg

上下のガタ無く、スムーズに動くくらいの締め加減で。
私の場合はステムを左右に振ったときにストッパーが当たってカ~ンって跳ね返るくらいの締め加減にしています。

締め加減は結構微妙です。マイナスドライバーでカンカンと打って締めちゃう人を見たけどどうなんでしょう?締め過ぎちゃうんじゃないかな?
P1010602.jpg


P1010603.jpg

適度な締め具合になったら、トップブリッジを取り付ける。Fフォークをステムとトップブリッジに刺して位置がずれないようにしましょう。
トップブリッジのナットを締めるときに気をつけたいのは・・・トップブリッジの下のステムナットが一緒に締まらないようにすること。

P1010605.jpg
P1010608_20130805232000e06.jpg

トップブリッジが付いた状態でまたステムを左右に動かしてみてください。先ほどのトップブリッジがない時の感じと同じですか?

問題が無ければタイヤをつける前にハンドルをつけましょう。
P1010613.jpg

ハンドルが付いたらまたステムを左右に動かしてみましょう。ブレーキホースやクラッチケーブルが邪魔して、動きが極端に悪くなることがあります。その場合はホースやケーブルの取り回しを変えましょう。

最後にタイヤをつけて修了。

マシンの後部を支えながらバンクさせてみてください。自然とストッパーに当たるまでハンドルが切れますか?

これでステムのメンテは修了です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

セルフステア

サーキットにはコーナーがあって、そのコーナーをうまく曲がれないと速く走れない。

ではうまく曲がるには・・・

「セルフステア」を邪魔しちゃいけない

よく聞く言葉ですね~

もう耳にタコができてます。うっとうしさすら感じます。
反抗期の中学生なら「うっせーんだよ、ババァ!」と言ってしまうのではないかと思います(意味不明)。

バイクは傾いたほうにハンドルが自然に切れる仕組み(これがセルフステア)になっているから曲がるのだ、だからそのセルフステアを阻害するようにハンドルに力を入れてしまったらダメなのだ、ということです。

ではハンドルに力を入れてしまわないようにするには・・・ということで効果的と言われているのが「片手運転」です。

しかし随分乱暴な練習方法ですよね~。力を入れないためには『ハンドルを触らなければいい!」という論理ですからね。立派な大人がトライする練習方法ではないですよね~。

そう言いながら、昨日はFSWカートコースにて、そんな乱暴な練習をしてきました(爆)。

DE耐をご一緒したHさまとYさまも付き合ってくださいまして、大人3人で片手運転です。異様な光景です。

その片手運転で分ったこと。

・怖い。単純に手を離すことが怖い。  
 徐々に慣れてきたけどね。片手運転のあと両手を使うと勇気100倍で何でもできそうな気になる。

・右コーナーは良いが、左コーナーが怖い。右から左への切り替えしはもう絶叫しちゃいます。
 イン側の腕を使えないのはえらく怖いです。
 アクセルとブレーキは操作する必要があるから片手運転は右手運転ということになるのですが、イン側である左腕を使えない左コーナーが怖く感じるのだと思う。

・思った以上にハンドルが切れる。
 特に左コーナーが切れ込む切れ込む。イン側の腕である左腕でハンドルを掴んでいないからだと思う。
 切れ込む速さと切れ込む程度が読めないので、怖いんだろうな、と。
 だから両手が使える場合は左腕でハンドルを突っ張って、切れ込む速さと量をコントロールしているのかな。

・イン側の足でステップを踏み込む方向
 うまく表現できないけど、斜め後ろ(右コーナーなら左後ろに)に踏み込めた時が一番体が安定する。

・片手運転ばかりだと飽きる。
 片手運転がうまく出来ないうちに次のステップに進んではいけないと思いつつ、同じ練習が続くとやっぱり飽きる。一見片手運転とは違うことをやりながら、実はセルフステアを実感できる練習法を考えよう。

ま、この程度しか気付けませんでしたし、身についたことはほとんどないので、しばらくはこの練習を続けてみようかなと思います。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

新ライディング

昨日は久しぶりにバイクに乗りました。DE耐決勝以来なので2ヵ月半もマシンに乗っていなかったことになります。
ここまで間隔が開くとライディングのコツみたいなものはすっかり忘れてしまっているのですが、むしろ好都合。
だって私が身に着けていたライディングのコツなんて、そもそも大したレベルじゃないし、むしろ間違ったものが体に染み付いてしまっている可能性のほうが高い。ならば、そんなものはきれいさっぱり洗い流してしまって、ゼロから正しいものを身に着けたい。

これまで多くの方に言われてきました。
・「腕の力が入り過ぎ」
・「下半身でホールドできていない」
・「ブレーキングで頑張り過ぎ」

そう言われるたびに反論してました。
・「いやいや、エイプ・XRで下半身ホールドなんて無理でしょ」
・「ハンドルを力いっぱい握るとすげーやる気が満ちてくるんですよ」
・「0.1秒でも速く走りたいのに、ブレーキングで頑張らないなんておかしいでしょ」
こんな具合です。
根性や感情を前面に出した熱血ライダーと自分を美化してましたから、反抗期の中学生より性質が悪いです。

それでも、根性でブレーキングを遅らせ、アクセルを気合で全開にしたら、少しずつでもタイムアップしていましたし、上手く乗れたとか思い通りに操ったという感覚は無くても、ラップタイムが上がればそれで良しみたいな感じで、2004年からず~っと続けて来たのですが・・・

50歳をもう目の前にしてさすがにこのままでは続けられないなと。

最近サーキット走ると疲れ方が半端無くて、これからあと何回乗れるだろうかとかあと何年続けられるかとか考えるようになって。。。そうなるとサーキット走行1回1回が貴重なものに感じられてきたんですね。というか、走行1回1回を意味あるものにしないといけないなと思うようになったのです。やっと大人になったのでしょうか?(笑)

そんなわけで、正しいライディングを身に着けていこうと決めたのです(今更ながら)。運よく、現時点では次に参加するレースはまだ決まっていません。レースが目の前にあると、タイムを出すことに一生懸命になっちゃって、基本が出来ていなくても、先に進んじゃうんですが、レースの予定がなければ、出来ないことをできるようになるまで徹底的に練習できます(まあこれはこれで根気が必要ですけど・・・)。

このタイミング、この状況を、基本をしっかり身に着けることに使いたいと思うわけです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

FSWに向けて

明日FSWカートコースに行くためには・・・

マシンを走れるように整備しないといけませんが・・・

こんな状態です。
DSC_0181.jpg

エンジンレスでは絶対に走れない。いや足で漕げば可能かも・・・などと思う時点でもう頭がやられている証拠です。

整備のための時間は2時間のみ。

DSC_0182.jpg
お気に入りのDCR製ハンドルバーを

DSC_0183.jpg
XRモタードの純正ハンドルに変更。
純正ハンドルを持っていたことに自分自身驚いた。

エンジン載せてマフラーつけて
DSC.jpg

ここまでで時間切れ。

走れるようにするにはあと2時間ほど必要か?

でも今夜は時間がないので、明日の早朝パーツを車に放り込んでとりあえずFSWに行って、現地で組み上げることにします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop