FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

NSF/NSRタンクステー(エイプ用)

当店には「NS50タンクを装着するためのステー」と「NSF/NSRタンクを装着するためのステー」があります。

これまで私はNS50タンク用ステーのほうが好きでした。というのは・・・

エイプやXRのフレームは真ん中に1本背骨のようにあるので、そのフレームをまたぐ形状のNS50タンクのほうがフィットするからです。

ね、フィットしているでしょう?
P1010323.jpg

NSF/NSRタンクはまたぐ形状になっていないので、フレームにぶつからないようにするには、かな~り高い位置に装着することになってしまい、結果、タンクの下はスカスカになってしまいます。
P1010342.jpg
遠目に真横から見る分にはまだ許されるが・・・

P1010346.jpg
近くで見ると・・・ね、スカスカで、カッコ悪いでしょう?

だから、NS50タンクのほうが容量も多いので、着けるならNSタンク!と思っていました。

ただNS50のタンクは、中古品の玉数が少なく、入手が困難なのです。新品だとタンクキャップ含めて4万円近くになります(汗)

で、仕方なく(笑)、入手が容易なNSF/NSRタンクを装着する方のためにステーを作って来たのですが・・・

今年のDE耐でXRモタードにNSFタンクを装着してレースしてみたら・・・NSFタンク、DE耐に最適だわ!

DE耐では給油後にどれくらいのガソリンがタンク内にあるかを把握することがとても重要なのです。その目的のためにFRPで半透明タンクを作って、ガソリン量が見えるようにしたマシンもあるくらいです。

NS50タンクは油面が見えないので、ガソリン量は把握できません。事前にしっかり燃費データを取っておいて、決勝ではそのデータを信じるしかないのです。

しかしNSFタンクなら万事OK!。2.5L以上のガソリンが入っていたら油面が測れるので、あらかじめ油面とガソリン量の関係をデータ化しておけば、給油ごとにガソリン残量を把握することが出来るのです。

DE耐ではこんな深さゲージを使って(2011年に作ったものが運よくパーツBOXに入っていた)、給油ごとに油面を測ってペースコントロールしたことで、無事に完走出来たのでした。
P1010363.jpg


ということで、NSF/NSRタンクが一気に好きになった私です。

そのNSF/NSRタンクステーですが、在庫が切れておりましたが、本日追加製造しました。

■エイプ50/100用NSR50/NSFタンクステー(前側のみ)@5000円
P1010361.jpg


■XRモタード用NSR50/NSFタンクステー(前側のみ)もあります~@5000円

ぜひご利用ください!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

スポンサーサイト

PageTop

2013DE耐用パーツ入荷

本日パーツ入荷しました。
P1010360.jpg


DE耐で壊れた、Fフェンダーとキャブのニードル。
壊れたものはすぐに治しておく。これ重要です。


それと


別のニードルとプラグ3本。
これはDE耐前に注文していたのですが、今頃入荷・・・


今更届いてもね・・・


最近流行のCBR250Rやホンダが新たに発売を始める125CCマシンなどはタイ?製なんでしょ?もちろんパーツもタイとか海外生産なんですよね?
まあ製造が海外なのは良いとして(品質がよろしくないと聞くが・・・)、国内にパーツの在庫は十分にあるのだろうか?在庫切れになった場合にどれくらいの期間で次の入荷があるのだろうか?

レースの6ヶ月前とかからパーツの準備をしておかないといけないようになったらイヤだな。。。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

シート

XRモタード用シート。純正品はのぺーっと平らで長くて厚いです。

足の短い私は、あんこ抜き仕様です。
P1010357_20130530121849.jpg

こうすることで、ハングオフ時も外足がステップから外れることが無く、しっかり踏ん張れます。

シート前側はあんこを残してあるので、ハングオフ時外足のひざが上手い具合に引っかかり、体が安定します。

他のライダーさんからは、「あんこが薄いので、お尻が沈み込みにくく、体重移動が楽~」とか「路面の状況がお尻から伝わって来やすい」とか「純正はどこに座ったら良いか分らなかったが、これならポジションが安定する」とか、まあ評判は悪くないです。
強いて悪い点を上げるなら「伏せ」姿勢が一層厳しいことでしょうか。

長年使っていて、シート表皮がつるつるになってしまったので、仲間内で評判の「スパイラル」に張り替えています。

今回、ステップ位置で少々お悩みのお客様に貸し出します。どのようなインプレになるでしょうかね???

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐もろもろ

気付いたことをランダムに。

・特スポから3日間雨なし:もう最高っすね。毎年こうありたい。みんなテルテル坊主を作るべし。

・それに決勝2日間とも、SC・赤旗なし!転倒も少なかったように思います。

・オンボードカメラ破壊:キャブセッティング以上にカメラのアングル調整を頑張り、車載カメラ申請書を記入して車検でチェックまで受けたのですが、特スポの走行中の振動でカメラが上下2分割に(笑)。決勝では使用不可能でした(涙)

・初めて使用したDLタイヤ。かなりのペースでかなりの周回をしたが、磨耗の状態はとても安定していた。

・サインボードエリアの充実:捨てようとしていた古いPCモニターにアップスキャンコンバーター(4~5000円程度)をつなぐと、「タイミングモニター」として使えた。タイミングモニターがあるのとないのとでは楽しさが段違いだ。
ラップキーパー」はボードを出すタイミングが分かって超便利。

・ピット天井のモニターのスイッチやチャンネルを切り替えるための長い棒、必需品です。
・サインエリアの天幕を張る、伸縮ポールも地味に活躍しました。
P1010322.jpg

・鍛えておきたいこと:くじ運
P1010358.jpg

・42番ピット:一番最終コーナー寄りのピットです。当初は最終コーナーを立ち上がってすぐのところなので、サインボードが見難いのではないかと思っていたが、さにあらず。一番手前にあるのが自分のチームのボードなので、たくさんのボードの中から探す必要がなく楽チンでした。ヘルメットチェックは隣のピットだし、車検場にも近くて便利でした。

・燃費測定に重量計:重量計を使用すれば、走行前後のタンク重量を測るだけで、消費したガソリン量が分かる
。「満タン-満タン法」や「残ガス抜き取り法」に比べ圧倒的に正確で短時間だった。

・残ガス缶、レース後回収を忘れずに。

・NSF純正タンクは給油後の油面が測れるし、7.5Lと容量も十分なので使用価値大です。

・今年のDE耐後の疲れ方は半端なかった(今もまだ復活できず)。Wエントリーは今年で終わりかも?

・初めて使ったOGKヘルメット:SHOEIからの乗り換えでしたが、違和感なく快適でした。

・専属(?)カメラマン:いるのといないのとでは思い出の残り方が違う。でもカメラマンではなく、ライダーとしてまた一緒にレースしたいですね。。

・サイレンサーウール交換:我流で行ったのですが、性能も特別悪くなかったようですし、音量もパスしたので、多分間違ったやり方ではなかったのでしょう。

・キットエンジン:クランクの寿命を考えると、新品クランクと言えどもレース前日の特スポからしか使えないキットエンジン。タイムは5~6秒も速くなるので手放し難いが、今後はさてどうしたものか。

・エンジン:自分で組んだエンジンが一番の不安の種でした。そのせいで今も胃が痛い。

・Fフォークのシール:やられました。レースの激しさを物語っています。
P1010325.jpg

・Fフェンダー:タイヤに干渉したしようでめくれ上がっていました。
P1010341.jpg


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013年DE耐レースレポート日曜日決勝編:その3

昨日に引き続き、表彰台です。こんな幸せなことがあるのでしょうか?

今回もライダー4人、本当にみんな頑張りました。
私以外はDE耐初参戦で、不安だらけだったと思うのですが、みんなしっかりそして速く走りましたね!

ピットクルーも、土曜日のライダーのあっきーさん・グリーンさんがサインエリアから適切な情報を伝えてくれたので、ライダーはみな本当に安心して走れました。ありがとう。
P1010289.jpg

表彰台。
l50.jpg

DE耐クラスの『最多周回数賞』受賞。

昨日の表彰台にはいくら呼んでも上がって来なかった使われ手さんとracerFUJIさんも今日の表彰台にはいます。自分の走りで表彰台に上がってやるぜ!ということだったんですよね!それを実現させるなんて素晴らしいです。
l57.jpg


そして頂きました・・・『14時間耐久レースチャンピオン賞』
もうね、泣きそうでしたよ。(パネルを持つのはエストレヤ☆パワーレーシングsumiさん
l221.jpg

さらにさらに

『茂木賞』『ダンロップ賞』も受賞。(タイヤを首にかけるのはエストレヤ☆パワーレーシングsumiさん
l231.jpg
信じられません。金曜日の特スポ修了時点では24KM/Lというガス欠確実の燃費で愕然としていたチームが、その2日後には表彰台の上にいて、たくさんの賞を貰っているのですから。

今回のDE耐参戦に当たり、下記の皆さんのご協力、誠にありがとうございました。
l81.jpg


■ライダー
・使われ手さん
・racerFUJiさん
・nagayamiさん
■ピットクルー
・あっきーさん
・グリーンさん
■マシン
・エンジン加工 7Cさま
・WPC/DLC加工 不二WPCさま
・マフラー RUN R&Dさま
・ラップタイマー SEDさま


戦い済んで・・・


ピットに戻って記念撮影。
(エストレヤ☆パワーレーシングsumiさんがカメラマンとしていてくれたお陰で本当に良い記念になりましたよ)

頑張ってくれた2台のマシンを並べて、頂いた賞のパネルも置き場が無いほどで・・・幸せです。
マシンセッティングにはあまりこだわりませんが撮影のセッティングには皆さんこだわるようで(笑)、マシンの向きを変更します。
l511.jpg
l512.jpg
l519.jpg

メンバー6人全員で記念撮影。撮影しながら誰かが「6人しかいないんだよね、うちら。これで2レースしたんだよね」と。少ない人数だったので、一人ひとりの仕事量は多かったと思うけど、14時間のレースのどの瞬間を切り取っても、メンバーそれぞれが貴重な役割を果たしていましたね。

l528.jpg
l542.jpg


レース人生ではもちろん、私の48年の人生の中でも一番の思い出になりました。本当にありがとうございました。


PS 表彰式のときに「ダイレクトドットコムレーシングというインターネットショップがスポンサーになっているチームです」とアナウンサーの方に紹介されたのですが、ちょっと違うので訂正させてください。

正しくは・・・

ダイレクトドットコムレーシングは、店長甲斐田が勝手に描いた目標の実現のために、そのお客様が一言の文句も言わず全力で協力してくれているチームです。つまりお客様がショップをスポンサードしているのです。以後、お間違えなきようお願いします(笑)。



※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート日曜日決勝編:その2

続いては私DCR店長。
l320.jpg
土曜日組ではタイムが遅くて燃費が悪かった(と思われる)お荷物ライダーでしたので、日曜日組では役に立たなければなりません。現時点ではガソリンが足りませんので、かっ飛ばしたい気持ちをぐっと抑えて、燃費走行を敢行します。
l354.jpg
まあこれまで燃費走行を練習したことが無かったのであまり功を奏しなかったのですが、29.1KM/Lと最低限の仕事をして、バトンタッチします。

nagayamiさんは2分50秒ペース、かつ、29.1KM/Lという燃費で、ガソリンを貯めつつも順位を上げまくり。
l563.jpg
昨日も土曜日組ライダーとして走行しているので、スピードに体は慣れているようですがいまひとつ納得していない様子。どうやらペースの異なる他のライダーを上手く抜くことに難儀しているようでした。

さあここからライダー2巡目。残り時間と各自のラップタイムやライダー別の燃費データから、グリーンさんが計算すると、後半は各ライダー全開で行けるということです。ガソリンも300ccほど残るということなので、これでガス欠の不安から解消されてレースを楽しめるぞ!

使われ手さん、2巡目はタイムも大幅に上げつつ、タイムのばらつきも非常に少ないチームリーダーらしい走り!
l73.jpg

racerFUJIさん、足の怪我の件もあってペースが落ちてもおかしくない後半に、自己ベスト連続更新!
l301.jpg
ピットではモニターを見ながらracerFUJIさんのタイムアップを我がことのように喜ぶ他のメンバー。チームの一体感を感じますね~。

最後の給油を終え、残り時間から走行可能な周回数分のガソリンが残っていることが分った。あとは最終ライダーのnagayamiさんが・・・2分50秒ペースで走れればギリギリクラストップに立てる!
まるで昨日と同じ展開です。
そのnagayamiさん、走行前にグリーンさんに他のライダーの抜き方のアドバイスを自ら貰いに行ってました。貪欲ですね。

l187.jpg
給油で11位までポジションダウンしましたが、ここからショータイムの始まりです。
計測1周目から2分49秒台をたたき出し、その後も49秒連発です。
このレースウィーク前までは2分58秒がベストだった人なのですが(2月のもてぎ初走行では3分切れなかった(笑))、昨日たくさん走ったことやチームメンバーのアドバイスで、今では別人の速さです。
この最終スティントでは燃費走行でポジションキープを狙っているチームが多い中で、異次元の速さです。
ガソリンが持ってトップに立てば格好いいけど、ガス欠で止まったら笑われるという、イチかバチかの大勝負です。

しかし、ガス欠の症状は出ていないようで、どんどん順位を上げてついにクラストップに!男ですね~。
l263.jpg

そして17:00。感動のチェッカーです。

フェンスから顔を出してnagayamiさんを迎えよう!

nagayamiさんが最終コーナーから立ち上がってみんなが待ち構えている目の前を感動的に通過しようとした、まさにその時・・・
ボボボ・・・ガス欠です。

エ~~~~~ッ

と、みんな青ざめて驚くのかと思ったら、チームのメンバー、みんな笑ってましたね(笑)。
それまでの展開で十分満足しちゃってたのかな~?

疾風のように抜きまくってクラストップになったのに、栄光のチェッカーを惰性で受ける(笑)nagayamiさん。ここでブログネタを作りましたか~。しかし無事にゴール!!!

もうチェッカー受けたんですから、コース脇に止まっていればいいものを、バイクをゆすって死にガスをかき集め、エンジン再始動してパレードラップに加わったまでは良かったのですが、最終コーナー立ち上がりで、完全にガス欠(爆)。ストレートをマシンを押してヘロヘロになったあなたを真のDCRライダーとして認めます(笑)。
l612.jpg


2013DE耐(日曜日) 
♯18 ダイレクトドットコムレーシング 
121周(着順 総合2位・クラス1位、 周回数順位 クラス1位)
l619.jpg

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート日曜日決勝編:その1

数日前の予報では雨マークが付いていた日曜日ですが、レース終了の夕方までは雨は降らないという予報に変わったのは、エントラント全員の日頃の行いの良さと「テル坊」のお陰です。ホント、良かった良かった。
P1010285.jpg

スタートまでの手順は昨日の土曜日と全く同じ。
ガソリンタンクを空にして(日曜日の空タンクチェックはとってもゆるかった(笑))スタート前チェックを受け、3Lを給油し、車両保管。

続いてチームミーティング。

ライダー順は、使われ手さん、racerFUJIさん、私DCR店長、nagayamiさん、使われ手さん、racerFUJIさん、nagayamiさんという7スティント。
ガソリンはレース中6回給油の21L使いきりの全速全開作戦です。
目標数回数は122周、平均ペースは2分55秒、そのためには最低限でも28.5KM/Lの燃費が欲しいところ。

ただ燃費が読めません。特スポ実走の24KM/Lとなるのか、土曜日チームのキャブ実績29KM/Lとなるのか分りません。そこで最初の2スティントは10周、11周の超スプリントにしました。この周回数なら、仮に燃費が24KM/Lだったとしてもガス欠はしませんから。
その後は給油ごとにガソリン残量を確認し、作戦を調整していくことにします。

ブリーフィングなどが終わり、スタート前の記念撮影。
l14.jpg
(愛知県は写真嫌いという県民性を持っているのでしょうか(笑))

今日のくじ引きグリッドは26位の好位置。スタート/フィニッシュラインよりはるかに1コーナー寄りでとても有利です。そして今日も、昨日70番グリッドという史上最悪のグリッドを引いてしまったあっきーさんは、みんなにいじられるのでありました。

スタートライダーは使われ手さん。DE耐初参加でスタートライダー。
チームの合同練習だけでは飽き足らず、メンバーに黙って「コソ練」に行っていた頑張り屋さんです。
この重責を感じていたのか、ちょっと目が「真剣」!すかさず先輩のnagayamiさんがフォローし落ち着かせています。この2人はいいコンビですね。

いよいよ10:00。2013年DE耐日曜日決勝、スタートです。

l142.jpg
見事スタートを決め、13台抜きの13位で1周目を戻ってくる使われ手さん。やりました!
先輩のnagayamiさんからは「最初はタイヤを作れ!」と言われていたそうで、ペースを無理に上げず安定したタイムを刻んでいます。タイムが安定しているだけでなく順位もどんどん上げていき4位です。
第1ライダーが安定しているとチームが落ち着きますね。

10周という超ショートスティントを見事にまとめ、使われ手さん、給油イン。
油面から燃費を測ってみると28.2KM/L。ギリギリですが、特スポの24KM/Lからは大きく改善している。
完走できるのかも?という期待が膨らんでくる。

ガソリン缶の蛇腹ホースに残るガソリンを絞り出しているnagayamiさん。この地道な努力が最後に効くんですよね!
l306.jpg
給油後の油面を計る使われ手さん。自然と油面計測の担当になってましたね。
l308.jpg

続いて第2ライダーはracerFUJIさん。DE耐には過去1回だけ30分だけ走ったことがあるとのことでしたが、もうかなり昔のことでしたので、実質的に今回が初参戦も同様です。
l332.jpg

ミニバイクコースでの練習走行はかなり積んで来たのですが、3月の4ストミニバイク走行会とレース前日の特スポが走れなかったので、もてぎで本番マシンでの事前走行がほとんど出来ていなかったのが不安材料。
さらに昨年ひざの半月板を負傷し未だ完治していない状況で長時間のライディングはかなり辛いはずなのです。
にもかかわらずの激走です。自己ベストを更新すべく毎周頑張っているのが伝わってきます。
l435.jpg

これまた11周のショートスティントを失敗無く走り切り、給油イン。
燃費が26.4KM/Lとちょっと悪化。第1~2スティントの平均で27KM/L。これだとガス欠間違い無しです。

ど~なる?DCR。

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート日曜日決勝前夜編

念願の表彰台に上がったDCRですが、ピットに戻るとまだまだやらなければならないことがありました。

そう、明日もレースなのです。
目指すは「14時間耐久チャンピオン賞」なので、まだレースの半分が終わったに過ぎないのです。

メインの作業は「キャブセッティング」です。
l409.jpg

当初、29KM/Lと完走可能な燃費の土曜日のキャブを日曜日のマシンに移植する予定だったが、土曜日のキャブセッティングが完全ではなかったので、グリーンさんのアドバイスを従ってニードルを変更することにした。運よく太さ違いのニードルが1本あったので組み込んでみることに。

組み込むために外した土曜日のレースに使用したニードルは・・・
ニードルのクリップが削れてしまって、ニードルが落ちる寸前だった。これはラッキーだった。

ニードル変更後のキャブセットはかなり良くなっていて、これなら私も普通に走れそうな感じだった。やれやれ。


続いての作業は「ガソリン残量ゲージのデータ取り」です。
l412.jpg

かなりの量のガソリンを入れないと油面が測れないと思っていたNSFタンクですが、2.5L以上あれば測れることが判明(今頃気付くな~)。

これなら給油後に毎回残量が測れるので、戦略の修正が可能になる。

使用する土曜日キャブの29KM/Lという数字と特スポ実走の24KM/Lという数字の差が非常に大きいので、どちらを信じていいか分らなかったのですが、これでもう大丈夫です。

21時近くなってようやく宿に帰ってゆっくりまったり。

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート土曜日決勝編:その5

入賞すると車検がある。今回はマフラーの音量を測るという。

あっきーさんが「このマフラー長く使ってますよね。大丈夫かな?長く使っていると音が大きくなるから・・・」と心配顔。
私が「いえ、大丈夫ですよ。レース前に私が自分でサイレンサーウールを交換しましたから!」と言ったら、あっきーさんの顔がいっそう不安気になった(爆)

エンジンを掛けて基準の4000rpmまでこわごわアクセルを開けるあっきーさん。
l437_20130524122345.jpg

実際測ってみると93dbということで98dbの基準を軽々クリア。ほっ。

DE耐クラス2位ということで「優秀周回数賞」がもらえるそうです。
表彰式が始まるのを待っている時・・・

これまでのDE耐、瞬間的には上位で戦えたレースがいくつもあったのですが、最終的には脱落して終わっていた。2009年は自分の転倒でレースをぶち壊してしまったし、2011年はすべて上手く行ったのに雨やセーフティーカーを味方に付けられず結果が残らなかった。
逆に今回のレースは前日の段階ではガス欠確実という最悪の状況だったのに、終わってみれば2位。上手く行くときはこんなものなのか・・・きっと女神が見守ってくれていたのでしょう。ありがとう、女神さん。


念願の表彰式!

頑張った4人のライダー、みんなが自分の役割を理解してチームのために走った結果です。

ピットクルーも7時間サインエリアでライダーに情報とエネルギーを送り続けてくれた。ありがとう。でも表彰台にピットクルー2人が上ってこない、少し離れたところで見ているのだが、来て来て!と呼んでも来ない。
恥ずかしがり屋なんだなあ~(って、その時は思っていましたが・・・)
l100.jpg



l120.jpg
l118_20130524113713.jpg
l384.jpg

今回のDE耐参戦に当たり、下記の皆さんのご協力、誠にありがとうございました

■ライダー
・あっきーさん
・nagayamiさん
・グリーンさん
■ピットクルー
・使われ手さん
・racerFUJiさん
■マシン
・エンジン加工 7Cさま
・WPC/DLC加工 不二WPCさま
・マフラー RUN R&Dさま
・ラップタイマー SEDさま


※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート土曜日決勝編:その4

ここまで14周、15周、15周、15周と前半4スティントは短めの周回数でバトンを渡してきました。これはライダーが一巡するまではガス欠無しで行きたかったからです。

問題はここからです。21周、21周、そしてゴールまで(計算上は24周)。後半3スティントはいずれも給油した3L以上の燃料を消費する周回数となるわけで、いつガス欠になってもおかしくなく、これまでにどれほどのガソリンを貯金できていたのかが問われます。

ラップタイムからの計算によると、前半若干ペースが速過ぎたので、ここで2分50秒平均に戻すべく、次のライダーのあっきーさんには2分53秒~55秒での走行をお願いしたのですが・・・
l215.jpg

2分50~58秒の間で毎ラップ大きくタイムがばらつきます。

速いライダーさんにとってペースを落とすのはとても簡単な事かと思っていましたが、落とし加減がすごく難しいようです。もちろん単にタイムを落とすのでは意味が無く、燃料をセーブしなければいけないので、さすがのあっきーさんも苦戦の模様。

ちょっとタイムが落ち過ぎな感じになってきたので、2分50秒ペースに上げてもらおうと、サインボードで「UP 250」と表示したのですが意味が通じなかったようで、次の周に「UPUP」と出したら「全開で行っていいのだな」と伝わってしまったようで、いきなり2分46秒の自己ベストを出しちゃってます(笑)。

もうすこし綿密にサインボードの出し方を打ち合わせるべきだったと反省したのですが、その後すぐにこちらの意図が通じたようで、2分52~53秒ペースで安定して巡航してもらえました。さすが、抜群の安定感ですよ、あっきーさん。

あっきーさん走行後の給油作業にて。
ガソリンタンクを外からコンコンと叩いてどこまでガソリンが残っているかを確認するグリーンさん。
しかし「ここまで残ってます」と言われましても、それが1Lなのか0.5Lなのか、私は分らないのであります(笑)。
分らないのは分っていても、全然ダメなのか行けそうなのか、何らかの感触を得たいのですよね。
l237_20130524113409.jpg
l259.jpg
l260.jpg

次はnagayamiさん。
l276.jpg

nagayamiさんも2分50秒ペースでひたすら我慢して走行。どうせガス欠するのなら最終スティントでのガス欠が一番ロスが少ない。「次のグリーンさんに全開で行って貰うために一滴もガソリンを無駄にしなかった!」と飛ばしたい気持ちを抑えて、引き立て役に徹したnagayamiさんは大人ですねー。
l22301.jpg
l4.jpg

さあ、最後の給油を終えました。最終ライダーのグリーンさん騎乗です。

走行前に
「ガス欠覚悟で順位を上げろというのなら「UP」サインを出してください。」
「もう追いつかないのでポジションキープで完走しろというのならターゲットタイムを出してください。」
「でも・・・」
「僕が毎周15秒ずつ追い上げたら3位まで上がれます」
とグリーンさん。

 つまり・・・全速全開で行きたいわけですね(笑)
 (いつもおいしいところもって行きますね~)

それはチームのメンバーもみな同じ思いです。そのためにあっきーさんもnagayamiさんもペース調整したのですから。

レース時間は残り1時間10分ほどです。順位は7位くらいか。
自分達より上位にいるチームが、今後給油に入るのか?どれくらいのペースで走るのか?
これが分らないと、どのチームがターゲットになるのか分らない。

サインエリアに置いたモニターを見ながら、みんなで考えている間もグリーンさんはひたすら飛ばす。2分45秒のハイペースです。

そのうち2チームが給油インし、5位。

さらに前の2チームは燃費走行していて、1周に付き15~20秒も差が縮まる。みんなで計算した結果、グリーンさんの事前試算の通り、全開で行けば直前の2チームには追いつく!

「順位を上げろ!ならUPサインを」とリクエストされていたのですが、これ以上はタイムは上げられないだろう(UPサイン出して転ばれても困るので(笑))と判断し、前車とのタイム差をサインボードで知らせることにしたのだが・・・

たとえば1分30秒差だとすると、130と表示するのもありだし、秒換算で90と出すのもあり。そのあたりの打ち合わせを全くしていなかったので、グリーンさんには通じていなかったようで。。。すみません。
まあサインボードの意味が分らなくても、もう全開で行くだけですよね。

みるみるうちに差が詰まってきて、4位浮上。続けてもう1台も抜き去り3位!メンバーは大興奮!
l356.jpg


ビクトリーコーナーの切り返しでこの伏せっぷり!
l15201.jpg

この時点でDE耐クラス2位でトップを走る常勝チームには1周遅れ。同一周回ではない後続には2周差があったので、ペースを落として完走を狙ったほうがいいんじゃないの?と他のチームの方がとても貴重なアドバイスを下さったのですが、チームのメンバーは誰一人として同意せず(爆)。
このペースで迫っていけば、トップがあわてて、何かが起きるかも?みんなそう思っていたのでしょうか?

グリーンさんも最後の最後まで2分45秒のハイペースで、何かが起きないのならオレが奇跡を起こしてやろうじゃないか!という感動的な走りです。
l288.jpg


17:00。トップがメインストレートを通過しチェッカー。そのわずか後ろでグリーンさんも無事チェッカーを受ける!
l369.jpg
l372.jpg

2013DE耐(土曜日) 
♯18 ダイレクトドットコムレーシング 
125周(着順・周回数順位とも総合3位、クラス2位)
l358.jpg
l361.jpg

過去最高のリザルトにメンバー大喜び!
l429_20130524122343.jpg

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート土曜日決勝編:その3

第3ライダーはnagayamiさん。今年DE耐初参戦です。2月から毎月もてぎの走行会には参加しているのに、巡り会わせが悪く、本番マシンにドライで一度も乗れないままこのレースウィークを迎えたのでした。

ようやくドライで乗れることになったレース前日の特スポでも、nagayamiさんが乗るタイミングでマシンはキャブセットの罠にはまっていて、「オレはこのセットじゃ乗れない」という状態でして。

そんなnagayamiさんに、レース本番では快調なマシンに乗ってもらいたかったのですが、失火状態のマシンをお渡しすることになってごめんなさい。

失火の状況を話すと、どうやらnagayamiさんが特スポで経験していた症状のようです。
とりあえずアクセル全開にしないほうが調子が良いことを伝え、あとはnagayamiさんが何とかしてくれることを祈るしかありません。

nagayamiさん、担当の15周のうち前半5周は2分53秒ペースで苦戦している感じだったのですが、中盤には2分50秒ペースに、後半には2分48秒ペースにアップし、トータルでは2分50秒という平均ペースを見事に作り、給油で落ちた順位を2位までポジションをアップさせたのはベテランライダーの実力なのでしょうね。

l43.jpg
l39.jpg

順調に給油を終え、次の15周を担当するのがグリーンさん。当ブログの読者にはすでにご存知の方が多いと思います。

速いライダーです。ドライだけではなくウェットでも速いです。スタート後の混戦の中で順位を上げるのも得意です。そのためいつもはグリーンさんがスタートライダーを担当していました。

非の打ち所が無いライダーですが強いて欠点を挙げるなら、まれに転倒してしまうことがあります。しかしごくまれにです(笑)。一緒にレースした過去9回のレースでわずかに5レースだけです、転倒したのは(爆)。

ということで、今回は気分を変えて最終ライダーを担当してもらうことになりました。
最終ライダーはガス欠の可能性が当然高いわけですが、ガス欠の罰を与えようとしたのではなく、チェッカーフラッグを受けてもらいたくて・・・本心です(疑)

グリーンさん、走り始めたら・・・速いです。計測1周目に2分45秒のチームベストを出しちゃってます。
l287.jpg

私やnagayamiさんが感じるマシンの不調などは全く問題ないようで、2周目以降も46秒ペースで走ってます・・・って、速過ぎでしょ。2分50秒で走りましょうねって朝のミーティングで言いましたよね、私!

メインストレートもバカっ速です。燃費を考えて4速で立ち上がる予定のビクトリーコーナーをちゃんと(?)3速に落としてフル加速しているようです。

終始2分46秒ペースで15周、給油で落ちた順位もガンガン回復、さすがの走りでしたが、ガソリンがもつのかどうか・・・。当初計画していた2分50秒より速いペースでここまで来ているので、このあとガス欠が心配です。
l53.jpg

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート土曜日決勝編:その2

10:00。2013DE耐スタートです。

時差スタートの第1グループ37台がスタートし、引き続いて第2グループもスタート!

70番グリッドから、第1ライダーのあっきーさんが猛ダッシュ!アウトいっぱいをすり抜け、ごぼう抜きなのであります。
l46_20130522202047.jpg
l58.jpg

ブリーフィングのときにストレートのアウト側の芝生の濡れ具合を確認していたあっきーさん。万が一の際には芝生の上を走ってでも前に出ようとしていたのか?実際1~2コーナーアウトのゼブラ外のアスファルトを使って抜きまくったという信じられない話も・・・

1周目38位でストレートに戻ってきました。70-38=32台抜きですか・・・(驚)
後半スタート組みのほぼトップまで1周で上がってしまったということなのか?

photo_13report1_02l.jpg
l102.jpg

まるで自分の速さを際立たせるために、わざと70番という後方グリッドをひいたのでは?と思わせますね~。

しかも、あっきーさんの速さはこれで終わらず、2周目32位、6周目10位、8周目9位、9周目7位、10周目6位、11周目4位と順位を上げまくりなのです。
l284.jpg

タイムも2分46秒台連発で・・・え?速過ぎるでしょ?朝のチームミーティングで2分50秒ペースで回ろうって言いましたよね?
まあ次のライダーが私で遅いですから、その分少し速めに走ってもらっているということで、まあいいか!

予定通り14周を走り切って、あっきーさん給油イン!

10分間の給油が終わり、第2ライダー私DCR店長の走行です。

不安です。

・まずこのマシンには2ヶ月乗っていません。その間にFフォークの突き出しが10mm増え、Rサスのスプリングが固くなったのですが、その変化に対応できるのでしょうか?
・2分50秒ペースで周回できるのでしょうか?ほぼ自己ベストで回り続けないといけません。
・15周、体力が持つでしょうか?このところ10周でギブアップしてます。

70番という超後方スタートですから、いくらあっきーさんがポジションを上げるにしても10番台だろうと思っていたのですが、4番で戻ってくるとは・・・プレッシャーが不安を倍加させます。

コースインして、1~2コーナーを回り、右端をキープしたまま3~4コーナーを立ち上がって、アクセルオープン・・・クッ、クッ、クッ・・・と失火します。げげ~。

キャブセットが合ってない?それとも電気系のトラブルか?4速で全然加速しないぞー。

や ば い 。

とりあえず10000RPMでショートシフトアップなどをしてみるも、失火状態は治らない。むしろだんだんひどくなっていく。

ま ず い 。

何が原因だ?キャブのベントチューブか?プラグキャップか?
走りながらいろいろ触ってみるも改善しない。

タイムは2分55秒ペース。まずい。遅過ぎる。しかしこれ以上速く走れない。ならばガソリンをムダに消費しないように高いギヤで低い回転で走ってみたりする。

無い知恵を絞ってあれこれやってみると、コーナー立ち上がりでアクセルを全開にしないほうが何故だか調子が良いことが分ってきた。

もうこの方法で走り続けるしかない・・・

と腹をくくったあたりから、徐々に失火状態が改善し始めた?いや単に失火状態に慣れただけなのかも?知れないが、何とか受け持ちの15周を走りきって2位で給油イン。
l118.jpg

途中瞬間的にトップにも立てたようなのですが、上記のようにいっぱいいっぱいな状態だったので、うれしいという気持ちより、とにかくマシンを持ち帰れた安堵感でいっぱいでした。
l257.jpg

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート土曜日決勝編:その1

いよいよ18日土曜日決勝日となりました。雨にたたられることの多い我がDCRですが、今日は良いお天気です。

朝5時半にサーキットに集合し、早速作業に取り掛かります。

まずマシンの暖機を行い、最終的なキャブセットのチェック。

それが終わったら、タンクからガソリンを抜きます。これが厄介です。タンクを逆さまにして振ってもチャポンチャポンと音はするもののガソリンは簡単には出てきません。
抜けるだけ抜いて、車検&スタート前給油に向かいますが、案の定車検でガソリンが残っていると指摘され、さらにガソリンタンクを振らされます。疲れ果てて?選手交代してさらに降り続け、ようやくOKがもらえました。
このあと3Lの給油を終えて、タンクを封印、車両は一旦保管されます。
l13.jpg

ブリーフィングが始まる前に、チームミーティング。
転倒した場合やセーフティーカーが入った場合などの行動を確認します。
ライダーの乗車順やサインボードの出し方など、一度すでに伝えていることや分りきっていることも、念のために再度確認しあいます。走行ペースは事前シミュレーションどおり2分50秒平均で回ろうと再確認。
チームのみんなはしっかりしているので大丈夫なんですが、私が忘れやすい性質なので私のためのミーティングなのであります。

ブリーフィングを終わり、車両保管からマシンがピット前に戻ってきて、任意の練習走行の時間。
この練習走行は決勝で使える21Lのガソリンで走らなければならないので、ガソリンギリギリの当チームは練習キャンセル。

特にやることは無いけど、ゆっくり座っている気にもなれない・・・そんなそわそわ感が画像からも伝わってきます。
P1010262.jpg

9時25分 抽選で決まったスターティンググリッドに向かいます。

チームDCRのグリッドは・・・70番
当然、時差スタートの後半組みですが、なおかつ最後尾から4台目です。先頭は「はるかかなた」です。
※70番グリッドからの眺めをお楽しみください↓
l27.jpg
信じられません。DCR史上最悪のグリッドです。誰だ、こんなにひどいグリッドを引いたのは?

それは・・・スタートライダーの あっきーさん です。

あ、言っておきますが、くじ引きの責任を取らされてスタートライダーを押し付けられたのではありません。DCRメンバーはそんな意地悪はしないのです。ライダー順は4月の段階ですでに決まっていたのです。

まあレースは7時間もありますので、正直グリッドは関係ないです。

グリッドで記念撮影。
(マシンは真っ白で、まるで色を塗り忘れた感じだし、メンバーのウェアも統一感が全くないのであります。)
l21.jpg

今回は自称プロカメラマン「エストレヤ☆パワーレーシングsumi氏」にDCR専属カメラマンとして特スポから3日間も来て貰っています。DCRは専属ピットクルーはいないけど専属カメラマンはいるのです。人数の構成を間違っていると言われますが・・・
P1010266.jpg

場内アナウンスではグリッド順にチームの紹介が続いていますが、70番の我々のところに来る前に、ウォーミングアップラップ開始です(笑)。やっぱりグリッドは前のほうがいいですね。

メンバーみんなと握手して健闘を誓い合い、いよいよレーススタートです。


※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐:ガソリンスタンドに置いた携行缶のお尋ね

え~、レースレポートの途中ですが・・・

DE耐のときに、余りガソリンを入れるためにガソリンスタンド横に置いた携行缶が無くなってしまいました。

取り間違えられてしまったのかもしれません。

どなたかご存知のかたは大変お手数ですがご連絡いただけないでしょうか?

以下が当方の携行缶の情報です。

・10Lの容量もの
・濃い緑色
・四角い形
・白いガムテープに♯18ダイレクト・ドットコム・レーシングと書いて貼ってあります

お客様からお借りした大事なものなので、よろしくお願いします。


連絡先:ダイレクト・ドットコム・レーシング甲斐田
TEL:047-477-5540
メール:info@direct-com-racing.jp

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート:特別スポーツ走行編

やれるだけの練習を積んで、ついにレース前日の特スポとなりました。
お仕事の都合で1人来ることが出来なかったけど残りの5人のメンバーが集合しました。

が、この時点で不安要素がありました。

燃費です。

4月の走行会では27km/L。これだと20分以上残してガス欠修了です。
何とかしなければと、もてぎの走行会後に富士スピードウェイでキャブセットを変更しテスト走行しました。
あーでもない、こーでもないと、いろいろやった結果、エアクリーナーBOX仕様を止め、パワーフィルター仕様にしたらMJの番手を落とせることを発見。
エアクリーナーBOX仕様では98~100番だったMJが92番まで落とせました。
3ランクもMJを絞れたら燃費も大きく変わるだろうと期待はするものの、実際は走ってみなければ分りません。

17日の特スポは日曜日決勝組みからの走行です。

1本目前半は私がエンジンの慣らしを行います。以前振動が大きかったこのエンジンですが、新品クランクをさらに芯出しして組み込んだので、大きな振動はなくなっていました。
20分の慣らし運転を終えて燃費を測ってみると、26.3KM/L???
慣らしなのに全開走行より燃費が悪くなっている~~~。どーゆーこと?
まだ各部の抵抗が大きくて燃費が悪いのだろうか???
1本目後半は「使われ手さん」が全開走行。25.6KM/Lという結果に。
l305.jpg

え~、マジかよ、燃費すごい悪いじゃん・・・

2本目前半、再度私が走行。今度は全開走行です。1本目よりエンジンの回転上昇が軽くなり、各部品の抵抗が少なくなってきているのが分ります。
そしてドキドキの燃費計測・・・

23.3KM/L・・・ チーン

しゃれになりません。レース1時間を残して修了の燃費です。
いやいや何かの間違いだろう。走っていて燃調が合っていない感じは全く無い。プラグ焼けもとてもいい感じに見える。

2本目後半は再度「使われ手さん」が騎乗。で、またまた燃費計測・・・24.0KM/L。もう言葉も無い。

1本目:26.3KM/L、25.6KM/L
2本目:23.3KM/L、24.0KM/L
数字のぶれは極めて少ない。間違いなく燃費が悪い。なぜだ。。。

このまま3本目を走っても仕方ないので、4月の走行会のときのエアクリーナーBOX仕様に戻して、nagayamiさん&使われ手さんが走行。どうか、改善してくれ~と願いつつ、燃費を計測してみるも・・・

3本目:24.0KM/L、25.5KM/L
がっくり・・・

3人のライダーが走って大きく違わない燃費なので、この数字を信じるしかないです。しかし、この数字ではもうどうにもならないわけで・・・

しかーし、我がチームはWエントリー。このあと土曜日組みが3本走行できます。そこで原因が見つけることができれば、その結果を日曜日組みのマシンにフィードバックできます。

日曜日組みライダーのそんな期待も背負って、土曜日組みの特スポが始まります。

1本目前半、エンジンの慣らしをかねて燃費走行をしてみるグリーンさん。37.2KM/L。
l148.jpg
1本目後半はあっきーさんが全開走行で30.1KM/L。
l237.jpg

あら~?こちらは燃費悪くないね~。

セッティング変えて2本目はグリーンさん&nagayamiさんが走り、33.4KM/L&33.8KM/L。
l144.jpg

再度セッティングを変えて3本目nagayamiさん&あっきーさんで31.4KM/L&29.8KM/L。

土曜日組みは燃費数字的にはギリギリ完走できそうな感じになって来ましたが、nagayamiさんは「このキャブセットじゃ乗れない」と言う一方、あっきーさんは「全く問題ない」と言うコメントで、キャブセットがバッチリというわけでもなさそうです。

しかしもう時間切れです。これで行くしかありません。

日曜日組みの燃費が圧倒的に悪かった原因はキャブの個体に何かあるのかも?ということで、日曜日組みは土曜日組みのキャブを借りてレースすることにしました。
もちろん燃費が悪い理由はキャブ個体ではなく、ライダーが悪いのかもしれませんが、ここはパーツのせいにして(笑)1日を締めることにしたのは言うまでもありません。

★本日のおまけ画像
1mほどラインを外してますが何かあったんでしょうか?使われ手さん!
l218.jpg

画像提供=エストレヤ☆パワーレーシングsumi氏

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート:練習編

レースへのアプローチはチームによってかなり異なると思います。

・エンジンの改造や社外パーツへの変更など、マシンのパフォーマンスに注力するチーム
・マシンをきれいにカラーリングしたりやお揃いのチームユニフォームを着たりするチーム
・ピット裏では炊飯器が湯気を出し、ホットプレートからは美味しそうなにおいを発するチーム

DE耐は着順やタイムを競うだけでなく、いろいろな楽しみ方が許されているレースイベントなのです。

我がDCRダイレクト・ドットコム・レーシングのレースへのアプローチは・・・

  ひたすら練習(笑)

だったような気がします。

2月9日:富士スピードウェイカートコース
2月25日:ツインリンクもてぎ4ストミニバイク走行会
3月9日:富士スピードウェイカートコース
3月16日:富士スピードウェイカートコース
3月25日:ツインリンクもてぎ4ストミニバイク走行会
4月20日:ツインリンクもてぎ公開練習会
4月27日:富士スピードウェイカートコース
5月3日:富士スピードウェイカートコース

チームとして複数人で練習したのが上記ですが、これ以外にもメンバーがひっそり「コソ練」していたりもするから、かなりの練習量です。
しかも1台のマシンをみんなでシェアして乗るのではなく、各自自分のマシンを持ち込んでましたから、1日の走行時間もかなりの量になります。

「ダイレクト・ドットコム・レーシング」はパーツメーカーですけど、レースはパーツやマシンではなく「ライダー」が主役になるべきと思っているので、とにかくたくさん走ってもらってライダー力を上げてもらいました。

すでに速いライダーは他のライダーへ、実践的なアドバイスを行います。みんな少しでも速くなりたいと思っているので素直にアドバイスが聞けますね。
P1000717.jpg

P1000720.jpg
P1000721.jpg
P1000722.jpg
P1000723.jpg
P1000737.jpg

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐レースレポート:チーム発足編

ご存知の通り当店にはチームがありませんので、一緒に戦ってくれるメンバーを集って、DE耐限定チームが発足したのが今年1月。

メンバーは
・グリーンさん(2008年のDE耐初参戦からご協力いただいています)
・あっきーさん(グリーンさん同様2008年からのメンバーです。)
この2名は愛知県民。
P1010289.jpg
・nagayamiさん(2011年から筑波1000STのレースパートナーさん)
・使われ手さん(nagayamiさんの後輩ライダーさん)
・racerFUJIさん(2011年もて北STのレースパートナーさん)
この3名は偶然みんな神奈川在住。
P1010274.jpg

以上の5名に私DCR店長を加えた6名のライダーでDE耐参戦が決まりました。


今回の参戦テーマは

・18日、19日の両日のDE耐クラスにWエントリー
・そして「14時間耐久レースチャンピオン賞」獲得を目標

です。

Wエントリー
これまで2008年、2009年、2011年と3回DE耐に参加してきましたが(2010年も参加したけど0周リタイヤしちゃったので記憶から抹消しております)、土日の2日間にWエントリーというのは初めてです。
楽しみが2倍になると同時に、マシン製作の苦労や参戦資金の負担も2倍になるので、悩みは尽きませんでした。

14時間耐久レースチャンピオン賞
たしかWエントリーが認められた2011年に作られた賞だと思います。
「ダブルエントリーチームで最多周回を記録したチーム」に贈られる賞で、
条件は「1名以上のライダーが重複して登録され、両日ともに同じチーム名を使用すること」となっております。

過去2年の獲得チームのレースリザルトを見てみると、どちらも日曜日のレースで優勝しています。なので我々DCRも日曜日ライダーのレベルアップが重要と考えていました。

※画像提供:エストレヤ☆パワーレーシングsumiさん

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!


←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です



■Facebookページはこちら


■Twitterはこちら

PageTop

2013DE耐、お疲れ様でした!

5月18日、19日の両日にツインリンクもてぎでミニバイク耐久レース「DE耐」が開催されました。

参加された皆様、大変お疲れ様でした!!

大いに楽しめた方もいれば、逆に悔しさいっぱいの方もいると思いますが、どちらの感情もまた次回出場したいというモチベーションになることでしょう。

また来年のDE耐で皆さんにお会いできることを楽しみに、日々のお仕事を頑張っていこうと思います~。

恒例の当店レースレポートは明日から書いていきます~



PS 今年のDE耐、一番いい仕事をしたのは、アドバイザーの五百部さんと川島さん・・・

ではなく(笑)

下の写真右に写っている巨大てるてる坊主の「てる坊」であることは、全エントラントが認めるところであろう(笑)
P1010285.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です


PageTop

2013DE耐スタート

さあいよいよやってまいりました、2013DE耐!

明日の特スポから土曜日決勝、日曜日決勝と3日間、皆さんよろしくお願いします。

3日間、42番ピットにいます。
携帯は090-1046-3049です。
スペアパーツも出来るだけ持っていきますので、お困りの際にはお尋ねください。

現時点の天気予報では、日曜日に雨のマークが付いてますが、皆さんの熱気で雨雲を吹き飛ばして行きましょう~。
P1010245.jpg
結局、事前に慣らしが出来なかったので、不安いっぱいなのであります。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

NSR/NSFステップホルダー用プレート、再販売開始!

欠品しておりましたNSR/NSFステップホルダーをエイプ/XRモタードに取り付けるためのプレートの製造が完了しましたので、再度販売開始します。

P1010247.jpg

■NSR/NSFステップホルダー取付用プレート左右セット(XRモタード・エイプディスク)@10000円

●取り付け穴をご自分で開けていただくDIY方式のため、ステップ位置を一定の範囲で調整可能です。
・ノーマル比195mmバック/135mmアップになります。
(この位置から【10mm前/10mmダウン】~【10mmバック/20mmアップ】まで可変)
●可能な限りステップが外に張り出さないように表も裏も削り込んでいますので、類似する他社製品より少し値段が高いかもしれませんが、価格差なりの性能差になっていると思います。

P1050534_20130514110724.jpg
P1050528_20130514110720.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2013DE耐マシン

何とか間に合った・・・DCRDE耐号、土曜日用エイプと日曜日用XRモタードの2台。
P1010245.jpg

この2台、かなり似ている仕様だが細かいところが微妙に異なるため、それぞれがお互いのスペアマシンにはなりえないという非効率。

今回は車体の整備に時間が掛かり(そろそろいろいろなところが壊れるお年頃となってきているようです)、エンジンに火を入れるのが今日になってしまった。

ドキドキの火入れ!

が、クランク新品買って、さらに芯出しまでして追い込んだのに、振動が消えてくれなかった・・・

ケースが原因か・・・は~、もうため息しか出ないのであります。

まあここからケース交換なんて出来ないので、これで行くしかないのです。
そう、これはエンジンの振動ではなく「鼓動」ということにしましょう~。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ハンドルバーエンド

車検で指摘される可能性があるのが、エンドキャップの削れ。

ステップバーだけでなくハンドルバーも気にしましょう。

P1010237.jpg
↑これならまだ車検通るかもしれませんが、せっかくレースに出るんですから、ここは新品にコ交換したほうが安心ですし、気持ちもいいですね。

P1010239.jpg
自分用に10個作りました。どれだけ転んでいるんでしょうかね?(笑)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2013DE耐マシン

時間的にかなり切羽詰ってきましたが、まだこんな状態です。マジでやばいです。
P1010244.jpg

今日はブレーキのメンテナンス実施。

お約束のパッドハンガーピンの段付き磨耗。
P1010243.jpg
新品に交換です。このピンは必ず段が付いちゃいますので、より硬いステンレスとかにしたらいいのではないでしょうか?ダメなのかな~

キャリパーを2分割。実はこうなることを昨年まで知らなかったというのは内緒です。
P1010241.jpg

ここまでやっても直らない引きずりは、ローターが原因でしょうか?振れているようには見えないのですが・・・
最終的には現地で力技(大型モンキーで・・・)を繰り出す(笑)しかないかも、です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

別軸タイプバックステップのステップバー在庫UP!

在庫が切れておりました、ステップバー(080別軸式バックステップ用)の製造が完了しまして、在庫UPしました。
P1010231.jpg

ステップバーは転倒により削れてしまうことがありますが、削れて鋭利になっているとレース前の車検でNGとなりますので、レース前には新品に交換しましょう。

また削れていなくても、ローレット(滑り止めのギザギザ)が磨耗してすべりやすくなっている場合がありますので、そんな時も新品に交換しましょう~。

■ステップバー(080別軸式バックステップ用)@1815円/本

ちなみに上記のステップバーはM8×P1.25のボルトで固定する一般的な形状ですので、他のバックステップにもご使用可能です。

手前のステップバーは自分用。販売用と間違えないように、溝の本数を変えています。自分用は作り方や仕様を若干変えたりして、より良いものが出来ないかトライしております。(まあほとんどの場合は改悪ですが・・・)
P1010233.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2013DE耐マシン

DE耐本戦に向けて出発するまであと1週間しかないわけですが、いまだ車体の整備は30%程度しか終わっておりません。黄色信号がチカチカしてきましたよ~。

何もやっていないわけではなく、やってはいるんですが、それがチマチマしたことなので、%があがっていかないわけです。

まずスロットルとクラッチワイヤーの注油。地味な作業です。
P1010226.jpg

スロットルホルダーも分解清掃して
P1010228.jpg

擦り減り気味のグリップラバーも交換
P1010227.jpg

2つあわせて5%にも満たないと思います。なので進捗しないわけです。

溶接で塗装がはがれたスイングアームも重い腰を上げて塗装しました。
P1010229.jpg
P1010230.jpg
スイングアームが付けばもう少しバイクらしくなるでしょう~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2013DE耐の書類

耐久チームの事務局係は結構たいへんです。

もてぎから送られてきたタイムスケジュールやピット割などの書類をコピーして各メンバーに郵送する作業があります。
メンバーがご近所ですぐに集まることができるなら、手渡しできるのですが、チームDCRの場合は住んでいるところがバラバラなので送らないといけません。

が、今年はもてぎのHPにPDFで掲載されました!
http://app.mobilityland.co.jp/info/download/416

メンバーにこのURLを知らせておけば各自見てくれるので、一発完了!です。

と思ったら、パスや駐車券は5月10日頃の発送とのこと。結局これを郵送する手間はなくならないのね~

しかしパスと駐車券、もう少し早く発行できないものだろうか?メンバーに届くのが直前過ぎるでしょ?

エントリーはシステム化したんだから、パスや駐車券の発行もシステムで出来ないものだろうか???

まあ、本戦まで1週間あまりとなった現時点で、まだマシンにエンジンが載っていない自分が他人の事は言えませんが・・・(笑)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ハンドルストッパー、売り切れ寸前でセーフ

エイプ/XRモタードの弱点のひとつであるハンドルストッパー。
純正状態はフレームのネック部に溶接された突起とステムの突起で機能するのですが、転倒一発でその突起が吹き飛び(笑)、Fフォークがタンクを直撃しタンクに穴が開くというのが定番ストーリーです。
P1020504.jpg

そこで考えたのが当店のハンドルストッパー!
P1010223.jpg

ステムのハンドルロックキー取り付け穴を使用してストッパーを取り付け、ジュラコンがフレームに当たることでストッパーとして機能します。
P1020476.jpg
P1020503.jpg
ジュラコンという固過ぎず、柔らか過ぎずという材質を選択したのがミソです(多分)。

切れ角もレース用として少なめにしています。ハンドルが切れない方が各部品へのダメージが少ないのとカウルを装着した場合にハンドルとカウル・タンクのクリアランス確保も考えた結果です(多分)。

在庫切れ寸前でしたが、朝から組み立てを開始し、ギリギリセーフでした~。
P1010220.jpg

レース前の車検で引っかからないようにハンドルストッパーは装着しましょう。

■ハンドルストッパー@3800円ご注文お待ちしてます。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

20130505京葉スピードランド

PageTop

20130503FSWカートコース

PageTop

NSF整備

目下京葉スピードランドでNSFトロフィー大人クラスのポイントリーダーである若手ライダーウッチー君がご来店。
P1010193.jpg

NSFの大先輩Tさんより教えていただいた、ファイナルに交換です。チェーンも交換するとのこと。
ということで、私がチェーンカットを実演しました(値段高めのチェーンだったので失敗しなくて良かった~)
P1010195.jpg

タペット調整も実演~!
P1010194.jpg

えっ?
NSFのタペットスクリューって先端が四角なんだ~
エイプやXRMはマイナスだよね?
いや私が持っているNSFのタペットスクリューはマイナスだった気がするが・・・

パーツリスト見ると、エイプ/XRの50CC用タペットスクリューとNSFのスクリューは同じ品番。エイプ/XRの100CCスクリューは違う品番。何故なんですかね~。不思議~。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です


PageTop

5/3はまたまたFSW

明日はまたまたFSW富士スピードウェイカートコースにお邪魔します。

いや~うちのDE耐メンバーは練習熱心です。昨日もあるメンバーは他のメンバーに黙ってこっそり(笑)練習に行っていたしね。
さすがの私もこれ以上の練習にはついていけませんよ(笑)

明日はGWの後半戦開幕なので、またすごい渋滞すると思われます。早めに行って早めに切り上げたいと思います。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2013DE耐マシン

エンジンが終わったので車体の整備に入りました。

これまでの練習走行で気になった部分に手を入れていきます。

タンクステーのボルト受け部にヘリサート挿入。
P1010190.jpg

何回もボルトの開け閉めを繰り返すと、アルミの部品はやられがちです。ステンレス製のヘリサートを入れることで、しっかりしたねじ山になります。

ヘリサート加工しなくても・・・
ステー下からボルトを差し込んで、上からナットでとめるように仕様変更するのも良いでしょう。
P1010192.jpg

こういう地味な作業でトラブルを減らしていくのです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

エンジン完成~

2013DE耐用エンジンがようやく完成。

P1010186.jpg
P1010184.jpg
P1010188.jpg

特にチューニングなどはしていない、いわゆる「素組み」なので、もう少し早く組めるようになりたいといつも思うのですが、いつもエンジンをいじっているわけではなく、年に1~2回組むだけなので、頭の中で考えている時間が長く、手が動いている時間はとても短いのです。

あとはレース前日の特スポで慣らしをして、いよいよ本番です。

DE耐7時間、壊れないといいな~(自分でエンジンを組むといつもビクビクしてしまいます)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop