FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

自分との戦い

寒い日が続きますね~。

昨日トミンBコースに行く予定にしておりましたが・・・

結果的には予定通り行ったんですけどね

行くまでには寒さに負けそうな弱い自分がチラチラ顔を出したわけです

「こんな寒い日は走ったって仕方ないよ」っていう人、多いですよね。

「そうだよね、タイヤのグリップ悪いし、ね」と賛同したくなる自分がいますが・・・

一方で

「速くなりたいんじゃないのか!」と自分に喝を入れる強い自分もいて・・・

この2人の自分が戦うわけです。

今回は強い自分が勝ったので、トミンまで行けたわけ。

で、

気温5~6度なので、寒いことは間違いないのですが、タイヤのグリップが悪かったのかと振り返ってみれば、タイヤが滑ることは一度もなかったです。

まあ別の理由で転びましたけど、タイヤのグリップは、私のレベルでは全く問題なかった。

何度もタイヤの限界を超えてやろうと挑戦したのに、一度たりとも滑りませんでしたよ。

いつから「タイヤのグリップ悪いし、ね」なんてえらそうなことを思えるようになったんでしょうか、私。

これで「寒い=タイヤのグリップが悪い」と言う理由で走らないことが出来なくなった。

今後、もし私が予定していた練習を走らなかった場合は、タイヤのグリップ云々ではなく、ただ寒いのがイヤだったチキン野郎だと思ってください。

そんなチキン野郎が速くなるわけねーだろ!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト



PageTop

20120129トミンBコース Fサスの動き

Fサスの動きをオンボードカメラで撮影してみた。

ギャップが多すぎて、ブレーキングやコーナーリングフォース以外でのサスの動きが多くてよく分からないながら・・・

苦手感のある右コーナーでのFサスの沈み込みが浅いような気がする。

誰か解析・指導をお願いします。



↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

売りたし:NSR50フルカウル・シートカウル

バトルファクトリー製のNSR50(95-98)のフルカウル(アッパー+アンダー)とシートカウルをどなたか買ってくださいませ。

P1060959.jpg
P1060958.jpg
P1060960.jpg

2年ほど?前に新品で購入しました。
エイプやXRモタードをフルカウル化するためのステーを商品化しようとして購入したのですが、ステーの開発は進まず・・・
進まずと言うよりは、「やはりカウルは無いほうが良い」という思いがますます強くなってきて、開発意欲が湧かないわけです(笑)

という状況で、作業場の棚の上に保管してあったのですが、大きなゆれがあると落ちてきて怖いので(笑)、売ってしまおうというわけです。

実際には未使用ですが、購入後時間が経ってますし、棚から落ちて傷も付いていますので、当店に来ていただいて現品を見てもらえる人限定です。また発送するための梱包も大変なので、持って帰ってくれる方が条件です。

できればフルカウル+シートカウル一式でお願いしたいと思っております。

新品時定価は

アッパー+アンダーカウルが22000円、シートカウルが12000円なので定価の50%程度の17000円以上が希望です(欲張りすぎかな?相談には応じますよ)。

ご希望の方はご連絡ください~(メール info@direct-com-racing.jp)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

売上20倍!DCRフロントフォークイニシャルカラー

一気に売上20倍!

DCRフロントフォークイニシャルカラー

商品ページで詳細な説明を載せたところ、一気に売れるようになりました!

売上20倍と書くとすごく売れているような印象ですが、実は商品ページ改訂前はほとんど売れなかったというのが真相です(笑)。

P1060957.jpg


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその13

RサスをOHに出したら、少し時間がかかるということなので、とりあえずXRMのノーマルサスを付けておこうと思っていたのですが・・・

目の前にNSF用のサスが転がってまして・・・

アダプタを付けて延長すれば、エイプにも付くんだったよな~

P1060956.jpg
P1060955.jpg

手持ちのNSFのサスがピロボール仕様のため、アダプタがウネウネしますが(笑)・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその12

Rブレーキマスターシリンダーからリザーバータンクへのホース取り出し口の角度を変えるためのパーツ。
P1060954.jpg

どこかのメーカーが作っていた(という記憶がかすかにあった)からそれを探して購入しようと思っていましたが、見当たらず・・・

斜め後ろ上方に出すようにしました。取り付けボルトの穴が楕円になっているので少しだけ取り出しの向きを変えることが出来ます。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

PD22

セットが出しやすいと言う人もいるけど、私の場合はビシッと出たためしがないPD22。

セットが出ない理由を、自分のセッティング能力不足と決める付けるほどは自分に厳しくない私。
「キャブが悪いんですよ、キャブが!」と責任を物に押し付けてみる。

さ~、どうなるか?
P1060953.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ピボットボルト

NSR50/ミニ・NSF100のリンク式シフトペダル用のピボットボルトのリピート製造。
P1060952.jpg

転倒などの衝撃で緩んだまま走るとシフト操作によりピボットボルトが回されて脱落してしまいます。

その対策としての脱落防止タイプのピボットボルトです。

ボルトのねじ山にRピンを差し込むための2mm穴を開けるのが難しいのですが、あまりに地味すぎて難しさが伝わらない(笑)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

過ぎ

作り過ぎましたかね?・・・
P1060951.jpg

必要数は4個でしたから、明らかに作り過ぎでしょ~

で、

昨年のDE耐決勝のときは54キロ台だった私の体重は

ただいま

64キロ。

過ぎてますよね~(笑)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその11

NS50のガソリンタンクを付けたことで着座位置が後ろにズレたら・・・

バックステップも、よりバックしたものがしっくりします。

195mmバック・90mmアップバックステップキット
P1060939.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

1周も走らず

寒さと眠さに負けそうになりながらも、わずかに残った精神力を振り絞って行ってきました1月14日・富士スピードウェイカートコース。

渋滞を避けるために早めに出発するので、いつもトップでパドックイン。
P1060947.jpg

富士山がきれいに見える
P1060944.jpg

カートコースのショートコースと
P1060945.jpg

レーシングコース
P1060946.jpg

走行時間は10時からなので、しばし睡眠。

9時30分ごろ寝覚め、さー準備を開始しようかと思っておりましたところ

にわかに掻き曇り

雨というか、雪というか、みぞれというか・・・
P1060948.jpg

山の天気はこんな感じで急変しやすいものですが

急変しやすいということは、すぐに回復すると思われ

テント立てて、マシンの準備をやっておりましたが・・・
P1060949.jpg

一向に回復せず

もう走る気が100%なくなった14時過ぎにようやくお日様が出てまいりましたが
P1060950.jpg

結局1周も走ることなく修了いたしました。

う~ん、こういうことなら平地のトミンにでも行くんだった。

まあ~、雨でも雪でもみぞれでも、やる気のある人は走るんでしょうね・・・負けてますね、気持ち的に(悲)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその10

今年もエアクリーナーBOX仕様?
P1060936.jpg
P1060938.jpg

ヨシムラのデュアルスタックファンネルなんて使えると格好いいのですが・・・

ボルトを吸い込んで0周リタイヤした経験がトラウマで、やっぱり異物の混入対策はしたい・・・

となると、やっぱりエアクリーナーBOXかな~

昨年のいきなりの土砂降りでも、全く水を吸っていなかったからな~。

格好良くはないのですが、優れものですエアクリBOX。

エイプやXRモタード純正のコネクティングチューブは細すぎて、PD22にはまりませんので、CRF100のコネクティングチューブを使用します。

オイルキャッチタンクからの戻しを差し込む部分もあるので便利です。

P1060937.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその9

エンジンを載せますが、その前に・・・

このエンジンはNSF仕様になっていたので、クラッチレバーをエイプ用に交換。
P1060929.jpg

そのついでに、オイルポンプのガスケットのチェックをしておこう・・・
(耐久茶屋前にエンジンブローした原因のひとつが、ガスケットが切れていたことだったため)

が、いつも外れないのが、このポンプを止めているボルト。簡単に緩んだためしがない。
P1060930.jpg

良いのか、悪いのか、分からないが、ショックドライバーで・・・

でも緩まない。

いつも、こうです。そのうちイラついてきて、ハンマーで手を打ち悶絶するのがいつものパターン。

今回は頭を使います。

「手袋着用」。大して頭は使えていないことが分かります。
P1060931.jpg

が、この「手袋着用」後、2~3発で緩んだ。珍しい~、こんなに簡単に緩むなんて。

もしかしたら、手袋の滑り止めが効いたのかも?

何はともあれ、オイルポンプの取り外し成功。ガスケットは破れていないようだ・・・
P1060932.jpg

・・・

外してみると、やっぱり破れている。
まあ、外側が切れているだけなので、機能は果たしていたのかも知れない。
P1060933.jpg

オイルポンプのガスケット交換、ぜひ皆さんも。

エンジン搭載時には、ここに気をつけましょう。
P1060934.jpg
エンジンハンガーボルトの後ろ側・上側。エンジンとフレームのクリアランスがある場合はシムなどを入れておきましょう。クリアランスが広いのを無視して無理やり締め付けると、その後にボルトが折れることが多いです。
このボルトが折れると共締めしているクラッチケーブルステーがぐらぐらになってクラッチが切れなくなります。

これでようやくエンジン搭載完了。

P1060935.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその8

エイプ用RS125シートベース

P1060923.jpg

さすが専用のシートベースだけあって、シンプル。

P1060928.jpg

バッチリ取り付きます。NS50のタンクとのつながりも良いでしょ~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその7

リヤサスペンション。YSS製エイプ用。

P1060926.jpg

エイプ用のスプリングでは、XRモタードのスイングアームに合わないので、別メーカーのスプリングに変更しています。

エイプ・XRモタード共用というサスが多いですが、どうなんでしょうね~

相変わらず、サスを使いこなせていない私ですが、それでも劣化はするらしく、ダンピングの効きがおかしいです。
OH時期ですかね~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

XRモタード用センター出しマフラー

欠品中でご迷惑をおかけしている、XRモタード用センター出しマフラーですが、今朝メーカーのRUN R&Dさまに無理やりお願いして1月末までに納品していただけることになりました。

ご予約いただきましたお客様、今月いっぱいお時間をいただきます。何卒よろしくお願いします。

で、あと1本、予約を受けられますので、ご希望の方はメール(info@direct-com-racing.jp)にてご連絡ください。

今年はこのセンター出しマフラーを、あーして、こーして・・・思案中。

ダウンタイプのマフラーもただ今欠品中(ごめんなさい)。

こちらも今月末までに入荷しますので、ご予約くださいませ。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその6

車高アップキット
エイプスイングアーム用とXRモタードスイングアーム用の2種があります。
P1060924.jpg

エイプやXRモタード最大の弱点ともいえる、リヤの車高の低さを改善します。
車高が低くてバンク角が少ないというよりは、キャスターが寝ていることやスイングアームが奥に入り込むでのネガが大きいですね。
このパーツをつけたら、バンク角が増えたのはもちろん、よく曲がるようになったし、チャタリングもなくなったので、皆さんにもお奨めします。

きれいに掃除してグリスを薄く塗って組み付けます。
P1060925.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

富士スピードウェイ

また、行くぞ!富士スピードウェイカートコース!!

今度こそ、転べるといいな~

ガンバロ!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

NSRステップホルダー用プレートのシフトロッド

NSRステッププレートをエイプやXRモタードに使用するためのプレートのご注文が入りました、当店を良くご利用いただいているS様から。毎度ありがとうございます!

で、シフトロッドはどの車種のものがちょうど良い長さなのかとご質問があり・・・

このプレートは、ホルダー固定用の穴が上側にしか空いておらず、最終的な位置決めはお客様にやっていただくことを前提にしているので、まずはホルダーを固定してからシフトロッドの長さを決めるべきかと思いますが・・・

あれ~、作っておいた自分用のシフトロッドがなくなった~。
おまけにメモもなくした~。

ということで、新規に作成。

う~ん、170mm前後かな~
シフトペダルの角度って個人差があるのでね~、あくまで私の好みの場合ですね


正チェンジ
P1060909.jpg

逆チェンジ
P1060910.jpg

まあこんな感じでしょうか?S様、本日発送しましたのでお試しください~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

NSFの欠品部品ようやく入荷

注文していたNSF100のイグニッションコイルとステータが入荷しました。
P1060903.jpg

発注したのが11月初旬。耐久茶屋に向けて予備として取り寄せておこうと注文したのですが、耐久茶屋はとっくに修了して、記憶からも薄れつつある頃にようやくです。

これらのパーツは、壊れたら交換するしかないですよね~。たぶん一般の人では修理は出来ないと思われるパーツ。

うちは予備としての発注だったから良かったが、これがないためにレースできなかった人とか居ないのだろうか?

不安ですね、NSFでレースするのって(笑)。

そしてこれがカムチェーンを調整するためのレンチ。
P1060908.jpg
NSFはフレームとエンジンの隙間が狭いため、このような特殊工具が必要になります。曲がったメガネレンチで無理やり作業していたのですが、やりにくいので自作しようかと思いましたが、サービスマニュアルに記載の単価は@300円。作るより圧倒的に安いのでこれも発注。

が、納品されてみたら、@6962円!20倍以上の値上がり!(笑)

何かの間違いだろうと仕入先に確認したら、サービスマニュアルの記載ミスとのことで、@6962円が正しいとのこと。

この値段と分かっていたなら、もちろん自作していましたよ(悲)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ホイールカラーの選び方

DCR製ホイールカラー。ダストシールを外して使用しますので、抵抗なくホイールが回り続けますよ=。

12インチ用は3本スポーク、6本スポークの区別のほかに、スピードメーターのギヤ爪の有無によって、タイプが異なります。

これが爪です↓
P1060904.jpg
P1060907.jpg


スピードメーターの爪は、公道用の市販車についています。つまりエイプやXRモタード、NSR50です。
レース用の車両=NSF100やNSRミニにはついていません。
P1060905.jpg
P1060906.jpg

お手持ちのホイールを確かめてからご購入ください。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその5

今年はNS50Fのタンクを装着します。
ノーマルタンクが容量5.6L。対してNS50タンクは9.0L。
耐久レースでは給油回数を減らせますから有利ですし、コーナリング中のひざの引っ掛かりにもなるのでポジションが安定しますし、いろいろ便利です。

DCR製ステーを付けて
P1060896.jpg

後部ステーには、これまたDCR製オイルキャッチタンクを装着。
P1060897.jpg
NS50タンクを装着すると、タンク下側にそれはそれは巨大なスペースが出来ちゃうんですよ。で、このスペースにうまいこと入り込むように作ったのがこのキャッチタンク。

そして

DCR製DIYフロントステーベースを使って
P1060898.jpg
・メーター
・ゼッケンカウル
・オイルクーラー
も取り付けます。

タンクを載せると一気にバイクらしくなりますね。
P1060899.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその4

ステムが付いたので、今度はフロントフォーク。
P1060895.jpg

当店のマシンは、もともとはドラムブレーキのエイプをディスクブレーキ化するために、XRモタードのフロントフォークを使っています。

中のシートパイプもXRモタード純正です。NSRミニやNSFのシートパイプを使用する方が多いですが、私は使っていません。縮み側の減衰をあまり効かせたくないのです。アクセルオフだけでスコンと沈んで欲しいのです。

DE耐などミニバイクでロングコースを走ると、ブレーキングせず、アクセルオフだけで入っていくコーナーが多く存在します。もてぎだと1コーナーとか最終コーナーとかですかね。

一方、ブレーキング後の伸び側の減衰は効かせたい。あのビヨ~ンって強烈に伸びてくるのが好きではないので。
で、「DCR製イニシャルカラー」を使っています。

このDCR製イニシャルカラーは・・・
シートパイプとスプリングの間に挟んで使用します。一般的なイニシャルカラーはスプリングの上ですけどね。
P1060900.jpg

DCR製イニシャルカラーにはスプリングにイニシャルを掛けるだけでなく、ノズル部分がシートパイプのオリフィス(伸び側)をふさぐ役目があるので、減衰が効くのです。
P1060901.jpg

ノズルが短いタイプはオリフィスの上の穴のみを内側からふさぎます。ノズルが長いタイプは2つのオリフィスともふさぎます。当然2つともふさいだほうが減衰がより効きますね。走るサーキットやライダーの好みで使い分けると良いと思います。
P1060902.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年DE耐マシン作りその3

P1060889.jpg
ステムを組み付けるまえに、曲がりのチェック。
定盤などまっ平らなところにおいてみて、Fフォーククランプ部が定盤にぴたっとくっついているなら曲がりなし。ガタガタするようだと曲がっていると判断しています。
ステムシャフトは90度のものを定盤に立てて比べてみることで曲がりの有無を判断しています。
いずれも自己流の判断方法なので、この方法が正解かどうかは分かりません。
曲がっている場合は修正してくれるショップがありますのでお願いしてみるといいでしょう。
修正の費用は新品を買うより断然安いです。

P1060890.jpg

ベアリングレースに打痕がないかチェック。
P1060891.jpg

グリスを塗って組み込んで、ステムナットを締めます。締めすぎて動きが悪いのはNG。緩すぎてガタがあるのもNG。言葉で表現するのは難しいですが、締めこみすぎ/緩めすぎの両方をやってみれば、なんとなく適正具合が分かってくるというものです。
P1060892.jpg

ステムには「DCR製ハンドルストッパー」を装着しましょう。
純正のストッパーはすぐに吹き飛んでしまい、修復には溶接が必要になります。が、このストッパーの溶接時の熱ひずみが原因でベアリングレースが抜けない・レースをまっすぐ打ち込めない車両が結構あります。
DCR製ハンドルストッパー」はボルトオン。溶接の必要もないため、熱ひずみの心配は不要。

P1060893.jpg
ジュラコンがフレームに当たることでハンドルの切れ角を制御しています。適度な柔らかさである「ジュラコン」を使ったのがミソで、衝撃を吸収しつつもストッパーとして機能しています。
P1060894.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

1/3富士スピードウェイカートコース

行ってきました、1月3日。2012年初練習。場所は富士スピードウェイカートコース。

富士山のすぐそばです。きれいな景色ですが、体感温度がググッと下がりますね。
P1060883.jpg

でも実際にはさほど寒くなく、普通に練習できましたよ~

ライダーとして1段上に上がる、という目標を掲げてからの初練習でした。かなり気合入れていたのですが・・・

転ぶことを目的に走ったのにね~

弱いですね

やらなきゃ、先に進めないのにね

失敗してもOKな状況なのに

トライできない

新年早々、かなり凹んでます~

次回はつなぎを着て前転やスライディングをしてからマシンに乗ろうと思います(笑)。

本日のベスト34.2秒(自己ベスト33.1秒)

その他、もろもろの準備不足も露呈。

P1060885.jpg
A/F計の電池が微妙に切れてる・・・電圧計で測るとまだOKなんだけど実際には作動不可。

P1060886.jpg
ブーツスライダー。これ以上使い続けると、ベース部分までやられるのは経験済み。
リヤブレーキを掛けながらバンク角を深くしていくとどうしてもやられてしまう。みんなはどのようにブレーキを掛けているのだろうか?

P1060887.jpg
転ぶのを前提の練習なのに新品ヘルメットで行ってしまった。心にブレーキがかかったかも。
ちなみにシールドはクリア、ライトスモーク、ダークスモークの3種持ってます。
昔はどんなに暗くなってもダークスモークだった(格好いいと思っていた)が、今はよほどまぶしくない限りはダークスモークは使わなくなった。

P1060888.jpg
Fフォークのセットを変更。油面130mm、イニシャルカラー25mmは、ハードブレーキングでちょっと厳しい(正確に言うと厳しいのではなく、底付き付近の固さが苦手)。アクセルを戻すだけのノーブレーキコーナーはこれでいいのだけれど・・・。カラーを35mmに変更。

さあ、次回の練習はいつ・何処にしようか?

自由に何回も転べるところ・・・何処かな?

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2012年明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

明日より通常営業開始いたします。

2012年もどうぞよろしくお願いします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop