ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

モトピクニックレース当日その2

課題は最終コーナー。

今の自分では全開では回れない。どこかで一瞬抜かないと。

数周掛けてアクセルを抜くポイントを探る。進入と同時に抜くのではなく、全開で入っていって、途中で抜くのが良いようだ。問題はその途中というのがどこかということだ。目印の設定が出来ず、毎周ポイントがばらばらだ。

タイムは42秒中盤まで上がってきたがそこで伸び悩んでいる。やはり最終コーナーを攻略できないとタイムアップは難しい。

あと何周残っている?ふと我に返る。残りの周回数がわからない。どこかでボードが出ているのかな?他のクラスのレースの時に良く見ておけばよかった。

メーターの周回数は12周を示している。そんなに走ったかな?あ、そうだ、コースインラップやウォーミングアップも入っているからだ。ってことは・・・なんて考えていたら、1ヘアでイエロー。

2ヘアで誰かが再スタートしようとしている。トップ集団で転倒があったようだ。

再スタートしたマシンから黒煙爆弾がボッと出て、まともに喰らう(う~やられた~)。

気付くと、マシントラブルなのかペースが上がらないマシンが前にいる。1ヘアで真後ろにつける。ブレーキングの深さを測ってみる。うーん、簡単には抜けそうにない。

1コーナーから1ヘアまでは私のマシンのほうが速そうだ。ここで追いついてブレーキングでパス!と言うシナリオを描く。
そのためにはメインストレートを離されずについていきたいところだが、最終コーナーが遅いので、どうしてもストレートで離される。

翌周、運よく周回遅れがからんで、前車の最終コーナーのスピードが鈍った。チャンス!
が、自分も失速してしまい、微妙に離れ気味でストレートを通過。あと何周残っているんだろうか。

1コーナーで前車が少しはらんだ。こちらはインベタで通過。ここからのスピードはこちらに分があって、一気に差が縮まる。

思い切ってインに飛び込んでみた。先日の富士のカートコースで右回りの特訓をしたのが活きたのか、前車をパス。

よーし、気分も新たにまたタイムアタックするぞ~!ってストレートに出てきたら、チェッカーが!(笑)

あ、おわっちゃった。せっかく気合を入れなおしたのに~。

ピットイン時に5位入賞で車両保管と言われる。私個人のスプリントレースでは初の入賞。ちょっとうれしい。

保管所にマシンを止め、パドックで休憩していると、アナウンスで名前を呼ばれる。

「げ、車検で失格とか?」

走って保管所に向かうと、入賞者が全員集まっている。

何だこの物々しい雰囲気は?

マシンをばらす車検をするのか、入賞者の合意でばらさず申告制にするかの協議らしい。

あ、そういうこと?

ばらすかばらさないかは主催者側が決めるのかと思っていたが、こういう方法もあるんですね。

協議の結果、申告制にすることに。

主催者が読み上げた項目に各自答えていく方式。

キャブのジェットの番手とかファイナルとかタイヤ銘柄とかCDIメーカーとかマフラーメーカーとか、答えていきます。

ふ~ん、こういうものなのね。勉強になるな~。

ポート・・・いじっていません
カム・・・ノーマルです
ボアアップ・・・してません
何か悪いこと・・・してません

って答えるのかと思いましたよ~(笑)

これで車両保管解除となり、無事レース終了。

最後に表彰式。

賞品やメダルをいただいて、ちょっとうれしい。うちに帰ったら子供に自慢しよう。

モトピクニックの総括はまた後日。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト

PageTop