FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

ハンドルバー

今日はハンドルバーの製作。

ショートコース向けに左右のグリップ間隔を広めにして操作性重視にするも良し、本コース向けにグリップの間隔を狭くして伏せやすさを重視しても良しの、グリップ間隔調整幅がひろ~いハンドルバーを作ってます。

ここ1ヶ月くらいのテスト走行で、私にとっては、満足な仕様になっていたのが確認できたので商品化決定。後日WEBSHOPにも載せますね。

で。。。

P1060013.jpg

一見、完成しているようですが、実は失敗しています。溶接の一部分が汚く・・・
4本ともすべて同じ部分がキレイに溶接できませんでした。

最初の1本目、上手く行かなくて、「まあこんなこともあるさ!」。
2本目失敗した時は、「あ~くそ~~~」。
3本目失敗した時は「神様助けて~~~」。
4本目失敗した時は。。。

P1060014.jpg

腹が立って、失敗作を切り刻んでやりましたよ。あ~~すっきりした。

しかし、、、「神様は乗り越えられる人にしか試練を与えない」と言いますが、私、乗り越えられませんから~。どうぞ神様、もう試練を与えないでください。手を合わせて空に向かって祈ったのでした。

GWだっていうのにわざわざ出勤して、「何も出来ませんでした」では余計に腹が立つので、また一からパイプをカットして、作り直し。(あ~今日は早く帰ってゆっくりしようと思っていたのに~)

しかし作り直しの分もどうしても最後の溶接の部分が上手く行かない。
横に神様がいたら、溶接のアーク飛ばしてやろうかと一瞬ですが本気で思いましたよ。

P1060015.jpg

とりあえず4本作り直しました。

4本目の溶接をやっているときに、「もしかしてパイプの中の空気が抜ける部分がなくて、そのためアルゴンガスが入っていかないのか?」と思ったんですが、実際はどうなんでしょうかね。

次に作る時はパイプの中の空気を抜く穴を開けてみようと思います。

あ、ちなみにこのハンドルに使っている材質アルミ7N01は、溶接したら1週間くらいおかないと強度が戻らないらしいです。面白い材料ですね~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト

PageTop

もてぎショートコース選手権に向けて

GWの最終日5月8日のもてぎショートコース選手権に向けてマシン整備。

出来上がりの姿。
P1060002.jpg

一見、何も変わっていない様に見えますが、微妙に変わっています。
レースで使うのはパートナーのF村さんのマシンなので、それに近いポジションになるようにしました。

シート変更
P1060001.jpg
うちのシートはアンコ抜きしてあります。ハングオン時にひざが引っ掛かるように、前側はコブ状に残して、後ろ側はスポンジをほとんど抜いています。ノーマルのシートは私にとってはフカフカしていて乗りづらいのです。
しかしレース車両のF村号はノーマルシート。レースまでに慣れておく必要があります。

ハンドル変更
P1060003.jpg
ここ1ヶ月くらいは開発中のハンドルを使用していましたが、これもF村号に近いハンドルに変更。

あとはタイヤ交換やこまごまとした作業が残ってますが、また後日。

今日の購入品。
P1060007.jpg
あこがれの縦型携行缶。ステンレス製でキラキラ。
これまでは一般的な赤い横型20L缶でしたが、震災復興支援団体に提供してしまったので、新しく購入する必要があったのです。ずっと売り切れ状態でしたがようやく入荷したので早速購入。16000円也。横型の5倍くらいのお値段に一瞬躊躇しましたが、思い切って。しばらく倹約生活が続きそうです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

在庫情報

地震の後、あまりご注文もなかったので、量産製造はあまりやっていなかったのですが、そのツケが回ってきて、いくつか在庫が切れてしまったものがございます。

・トップブリッジ(エイプ/XR)・・・5月中旬くらいの製造完了予定

キャリパーガード・・・5月上旬の製造完了予定

Fフォーク突き出し効果カラー・・・5月上旬の製造完了予定

XRモタード用センター出しマフラー・・・5月下旬の製造完了予定

これくらいかな、在庫が切れているのは。うちのWEBSHOP、在庫が切れても管理者にメールとか来ないんですよ。なので、わたしが気付かないうちに在庫が切れていることも良くあります。

フロントアップスタンドは昨日作りました。
P1050997.jpg
 今回も皆さんのご期待通り(?)見とれるような溶接ビードが引けませんでしたので、お値段据え置きでございます。くやしい~!次こそはヨシムラも真っ青の溶接ビード引いてやる!(無理)

それと新商品予告!!!

・出す出すと言いながらなかなか出さない「車高アップキット」ですが、5月中旬~下旬には何とかなりそうです。
 ヘビー級の体重ゆえ、車体下をこすっちゃうあなた!もっと旋回力を高めたいあなた!とりあえず何かパーツを付けたいというあなた!(?)請うご期待!

・ハンドルバーは5月上旬に3本製作予定。ハンドルは好みの差が大きいですからね、誰にでもGOOD!というものではありませんが、もし試してみたいならどうぞ~的上から目線商品です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

京葉スピードランド

今日は京葉スピードランドに行ってきました。

パーツのテストだったのですが・・・

強風~~~~~

スタンドに立てたマシンが倒れそうでしたからね、相当強い風ですよ。。。

パーツのテストと言いながら、実は先日のもて北でのふがいない走りを反省し、ベストタイム更新を狙っていたのですが、この風ではなかなかタイム出ませんよね~

それでも1本目:36.3秒。ベストまで0.4秒と1本目のタイムとしてはそれほど悪くはないタイムにやる気もわいてきて。。。

2本目:パーツを取替えで36.2秒。少しキャブが薄い感じでしたのでMJを上げて

3本目:36.0秒。ベストまであと0.1秒~~~

風やまないかな~と願ってみるも、時にもっと強くなったりして、神様は無情ですね

4・5本目:パーツをノーマルに戻して36.0秒。ここで終了。。。

あと0.1秒だったんですけどね、簡単には行かないものです。
まあこの風の中で良くがんばったと自分を自分でほめてあげることにします。

テストしたパーツは性能面ではノーマルと同じところまでは来ているようですが、上回らなければ意味がありません。
もうそろそろ勘弁して欲しいという気持ちでしたが、あと一歩がんばってみようかと思います。

先日この京葉スピードランドを走ったというT太郎さま。タイムが出ないとおっしゃってましたが、あなたならいずれ35秒台に入るはずですので、がんばってくださいね~

今日の私のオンボード映像です。



左コーナー~S字~最終までがちょっと吹けきってますかね。この部分、怖くてタコメーター見ていられないんですよ~(笑)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

明日は京葉スピードランド

明日は筑波2000の予約を入れていたのですが、数日前の天気予報では雨になっていましたので、キャンセル~!
でも現時点の予報では何とか天気が持ちそうではないですか!?

ということで、いつもの京葉スピードランドにパーツテストへ行ってきます。
もうこれで最後にしたいキャブの極秘パーツのテスト。
奇跡が起きないかな~~~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

4/24もてぎショートコース

昨日もてぎショートコースに行ってきました。昨年12月以来ですので5ヶ月ぶり。
地震の影響で路面の一部に補修があるそうですが、全く気付かないくらいキレイでした。

今回は5/8に開催されるもてぎショートコース選手権にご一緒させていただくF村さんとの合同練習です。

朝8時到着。気持ちよく晴れております。

今回はお邪魔娘が同行。メインゲート付近にあるカートランドで遊ぶんだそうです。
カートランドなどは10時からの営業なので、それまで暇つぶしに工具箱の整理整頓をしています。
キレイにすし詰めにするので、工具が取り出しにくいです。
P1050995.jpg

10時になって、娘をカートランドまで車で送っていく。面倒だ。
当初は歩いていけるだろと思っていましたが、北ショートコースからだと1.2KMもあるんですよ。もてぎは広い~!

1本目:今日も懲りずにキャブの極秘パーツ。失敗に次ぐ失敗で試作20~30個目です。
が、今回の試作品は普通に走ります。だってノーマルパーツとほぼ同じ形状だから。普通に走って当たり前です。
ただ気持ちパンチがないような気がします・・・

2本目:パンチがない原因を求めてあれこれ作業して、コースインすると・・・

ウ、腕が上がっている・・・

1本目ですでに腕が上がりました。満足にブレーキング出来ません。ヘナチョコです。
老体に鞭打ってみるも、どうにもならず。
集中力が切れ掛かったところ、最終前のヘアピンで、ブーツセンサーと思われる落し物をライン上に発見。踏みたくない・・・と思うものの、バイクは見た方向に進むと言う方程式どおりに動きまして、Fタイヤが見事にブーツセンサーに乗っかって・・・転倒こそしなかったですが、コースアウト。そのままピットインで終了。なんとも情けない。


3本目:F村さんとランデブー走行して、いろいろ確認。極秘パーツをノーマルに戻して検証してみましたが、今回初めて試作パーツがノーマルを上回りました~。

これが試作したパーツの優秀性を示すのならうれしいのですが、ライダーの体力不足を示している可能性のほうが高いのが痛いです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

24日はもてぎショートコース

24日の日曜日はもてぎショートコースへ。今年はじめてになります。

2週間後のもてぎショートコース選手権に向けてXRモタードで行こうか?
DE耐に向けての練習走行としてエイプで行こうか?
それとも単なるお楽しみ走行としてアップハンNSFで行こうか?

どのマシンもイマイチ完成していないんですよね・・・

まあいいか!
とにかく震災で被災したもてぎが営業再開したこのタイミングで行くということ自体がとても重要なのです。

24日は晴れそうなので、ぜひ皆さんももてぎへGO!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

今日はバイクじゃなくて

今日もサーキットに行きました。連日のサーキットで体が・・・すでに人生の折り返し点はとっくに過ぎた46歳のオッサンには厳しいお仕事です。

今日はここ!
P1050973.jpg

大井松田カートランド!20代のころは毎週通ってましたよ!私の汗と涙が染み込んでいます。

「カートランド」と言うくらいですから乗ったのはこれ!
P1050974.jpg

レーシングカート!名門ビレルフレームに名門PRDエンジン。

名門某メーカーと新興某メーカーのテストに私も参加!

かつて全日本カートドライバーだった私にテスト依頼があった・・・

わけではない。

某メーカーがパーツのテストをするのだが、ドライバーが一人では体力的にしんどいと言うので

なら、私にも乗らせてくれ!

ということでちゃっかり楽しんできました。

ただただ楽しく乗ってましたので、あまりパーツのテストには貢献できなかったと思います。ごめんなさい~
でもまた呼んでね!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

今日も明日も

今日は京葉スピードランドでテスト走行。

開発中のハンドルはもう3度目の走行でして、体にもしっくりしてきました。ハンドルは今月中に製造予定です。

で、もうひとつのテストパーツはまたまたキャブの極秘パーツ。

過去20個以上は試作したでしょうか?まったく手ごたえがありません。もう心が折れそうです。

しかし昨日の夜、「あきらめるんじゃないぞ」という天の声が聞こえた気がして、またまた急遽試作。
今回は逆転の発想で作ってみました。

走行1本目は、体慣らしも兼ねてノーマルパーツ。36.7秒

2本目に試作品No1投入。上手くふけません。36.7秒

3本目は試作No3投入。36.3秒。タイムは上がったのですが、なんかフィーリングが良くない。

4~5本目は試作品No4のままキャブセッティングを変更し36.1秒。ようやくノーマルキャブ並みにスムーズにふけるようになった。

最後にまたノーマルパーツに戻して検証。36秒フラット連発の35.9秒。やっぱりノーマルが一番良い・・・

あ~、今回もまたボツですか・・・改善しようにも全く手がかりがありません。このパーツ、もうやめたい。。。

そんな傷心な私ですが、明日もサーキットです。明日はちょっと変わったところへ。。。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2011年DE耐日程決まる!

延期になっていたDE耐ですが日程が決まりました!

6/19 公開練習
7/12 公開練習
7/30・31決勝

真夏の耐久になりますね。これまでとは違ったマシン作りやレース戦略になるのかもしれませんね。
人間力も問われることになると思います。
一番大変なのは炎天下でタイムを計り続けるピットクルーでしょうか?

いずれにしても
日程が決まったことで、みなさんの心のエンジンにも火が入ったことでしょう!みんなでがんばっていきましょう~!!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

トミンモーターランドBコース

PageTop

もてぎショートコース再開

いよいよもてぎのショートコースの営業が再開されます。
5月のレースまでに数回走行日が設けられていますね。
平日あり、土日祝ありで、たくさん練習できそうです。

先日このもてぎショートコースのレースに参加するエストレヤ☆パワーレーシングのsumi氏がご来店されました。
1歳のとてもかわいい娘さん同伴です。

赤ちゃんや動物は本能的に良い人が分かるようで、私はこれまで泣かれたりほえられたりしなかったのですが、sumi氏の娘さんは終始泣いてましたね。。。(汗
まあバイクパーツ製造工場などというところは赤ちゃんには違和感バリバリなんでしょうね。

「いつもは保育園に行っているんだけど、今インフルエンザにかかっているので保育園に連れて行けない」とsumi氏。

「そうなんですか~」って私もなんとなく聞いていましたが。。。

インフルエンザにかかっている赤ちゃん、連れまわしちゃって良かったんでしょうか?

そして

その日以来具合が悪い私はもしかして娘さんのインフルエンザもらっちゃったんじゃないでしょうか?

まあもらっちゃったものは仕方がないので、明日トミンサーキットでNさんに移してくることにします(笑)。

そういえば、パーツ代金を頂く時に、sumi氏が「そんなに安くていいんですか?」ってしつこく聞いてきたのが不思議だったのですが、よくよく計算したら3600円少なくご請求してました。sumi氏は分かっていたに違いない(笑)

今から払えとは言いませんので、その分募金よろしくお願いします~!あ、端数は切り上げで、ね!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

テスト走行

今日はテスト走行に行ってきました。場所は京葉スピードランド。

テストするのはハンドルとキャブの極秘パーツ。

ハンドルは新開発のこれ!
P1050777_20110415164618.jpg

左右のグリップ幅をかなり広い範囲で調整出来るようにしてありまして、
ショートコースでは幅広めで操縦性重視、
P1050779_20110415164617.jpg
フルコースでは伏せやすさ重視に変更可能なのです。
P1050778_20110415164616.jpg

今日来ている京葉スピードランドはショートコースではありますが、あえてフルコース寄りにグリップを内側にしてみました。グリップ間が35センチです。
P1050937.jpg
P1050938.jpg

コーナーからストレートに移るときに自然と伏せられるいい感じです(ショートコースならこれ以上内側に入れないほうがいい気がしますね)。

ということで、このハンドルの形状はこれでOKとして、転倒時のダメージがどうなるかをテストしようと思ったんですが、簡単には転べませんよね~

まあ転倒の状況によってハンドルのダメージは異なると思いますし、アルミ製ですから曲がらないとは言えませんし、テストしてもあまり意味がないのかも?とも思っています。
とりあえず受注製造品としてスタートしましょうかね~

もうひとつテストしたキャブの極秘パーツは不発に終わりました。これは不発・不発の連続です。上手くいく予感すらありません。母さん、もうやめてもいいでしょうか?(笑)

今日の京葉スピードランドはたくさんの方が来場していてにぎわってましたね。当店製品を装着したマシンも多数いらっしゃいました。自分で作ったパーツを見かけるとうれしいけど、なぜか恥ずかしいですね。。。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

油温センサー用フィラーキャップ

油温センサーを取り付けるためのパーツもいろいろ作りましたが・・・

結局これが現実的かな。。。

P1050928.jpg

開発当初はドレンボルトにボスをボルト止めして、そこにセンサーを付ける方法でやってみたのですが、実温度の-20度くらいになってしまい。。。
ドレンボルトが走行風によって冷やされたクランクケースによって温度を奪われるようです。

やっぱりセンサーを直接オイルに漬けないとダメなのか。。。

となると、一番初めに考えつく方法が、ドレンボルトに穴を開けて、オイルを呼び込んでおいて、センサーで塞ぐという方法。

でも。。。
ドレンボルトの直径が12mmなので、そこにセンサーが取り付く10mmの穴を開けると、ドレンボルトの肉が薄くなりすぎて危険。実際にドレンボルトが割れたと言う話もあります。
もっと細いセンサー径なら行けるかもしれませんが・・・
しかしこの構造だと、センサーにワイヤーロックしないとダメなんじゃないかな~、車検的に。

それにドレンボルト周辺にはマフラーがあったりして、センサーのコードが焼けちゃうのが心配だったりもしますので、ドレンボルトへの加工はやめにしまして。。。

そうなると、もうここしかないわけですよ フィラーキャップ

フィラーキャップに穴を開けてそこにセンサーを入れる方式。

試作品はこんな手抜き方法で造られます。

M20の巨大なボルト。凶器に使えるほどゴツイです。
P1050927.jpg

こいつを旋盤やフライスで加工して
P1050928.jpg

センサー側も
P1050929.jpg

スパナをかける部分を削って
P1050930.jpg

で、この向きで
P1050931.jpg

合体!(シールテープを使ってオイル漏れのないようにし、最後にナットをワイヤーロック)
P1050933_20110414105339.jpg

これがケースにこのように付きます。
P1050934_20110414105338.jpg

構造上、センサーはケースの奥底まで届きませんので、ケースの底にたまるオイルには接触できません。

が、エンジンを回すと、クラッチがオイルをバシャバシャ飛ばすので、それがセンサーに降りかかって、温度が測れる?というわけです。

こんな方法で正確な温度が測れるんだろうか・・・と思いますよね。

3月のもてぎのテストではそれらしい温度になってましたが。。。

また近いうちにテスト走行してみます。

これは失敗作。
P1050932.jpg

センサーの加工をしている時にねじ部をつぶしてしまい、ナットが入らない。。。
このセンサーのねじピッチはM10*P1.0という特別なものなので、ダイスがないし、このためだけにダイスを買うのもなあ~

じゃあ金属用のパテや接着剤で止めてしまえばいいじゃないか!

と、今なら冷静に考えられるが、情熱的な私は

「溶接しちゃおうか」となるわけですよ。

溶接したら、その熱がセンサーを壊すのでは?

と、今なら冷静に考えられるが、楽観的な私は

「一瞬なら大丈夫じゃねえか」と考えてしまい・・・

燃えました・・・
P1050935.jpg

先ほど新規に購入しまして11025円の出費です。痛いです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

地味に難しい

NSR50/miniやNSFの純正シフトペダル用のピボットボルトです。
P1050926.jpg
ボルトが長くステップホルダー裏に貫通し、ベータピンで脱落防止するタイプです。
@800円です。

よく転ぶ人にはこのパーツの重要性が分かるようです。
800円でリタイヤしないで済んだ!と感謝のお言葉を頂いたことも多数。

ベータピンを刺す部分ですが、ボルトのねじ部に穴を開けるわけなので、難しいです。
凸凹してますし、穴径が2mmと細いので、刃物も折れやすいです。

最初は、2mmのエンドミルで平らな部分を作って、そこに2mmのドリルで穴あけをしていましたが、とても大変でした。@800円と言う値段をつけたことを後悔しましたよ(笑)

今はドリルガイドを作って凸凹部分にも穴を開けやすくしましたので、少々楽になりましたが、ドリルが折れやすいのは変わりません。万が一折れると、ドリルガイド内に折れた刃が詰まってしまうので、力加減しながら慎重にやっています。

話は変わりますが・・・

余震が続きますね。そろそろサーキットにテストに行かないといけないのですが、緊急地震速報が1日に何回も出ている状況で行くべきなのか。。。考えてしまいますね。
ちなみに地元の京葉スピードランドは営業しているそうです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ベアリング

当社のバックステップのうち、別軸タイプは、ペダルにベアリングを使用しています。
P1050924.jpg

高いんですよね、このベアリングが。
つば付きのベアリングで、かつ、インナーレースが厚いタイプ。
ベアリングメーカーのカタログにも載っていないのでどうやら特注品らしい。

なので高くても仕方ないのです。

インナーレースが薄いタイプなら安くあるんですけどね。。。
(薄いタイプだとシムがつぶれるのでNGなんですよ)

で、この高いベアリングで1つのペダルを左右から挟み込むので、さらにお高くなると言うことです。
P1050925.jpg

さらにさらに、良く見てもらうと分かりますが、ベアリングとペダルプレートの間にはスペーサーをかませています。

これだけ手が込んでいるので、価格は高いですが、ペダル操作のフィーリングはすごく良いです。
お財布に余裕のある方は、ぜひ別軸タイプを!
P1050541320.jpg

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

再利用

今日はペダルデー。ペダルにボスを溶接する作業です。
P1050905.jpg

一日で40個完了です。
P1050903.jpg

溶接に要する時間は1個当たり2分くらいなので1日で40個は少ない!と言われそうですが、溶接直後は熱くてジグから取り外しできないので、冷ます時間が必要なのです。10分くらい冷ましてますかね~

いつもは冷ましている間に、別のものを作っているのですが、今日はお掃除する時間に当てました。

当店のお掃除と言えば・・・右にあるものを左に移動して、上にあるものを下に置くだけ。。。
これでは一向に片付かないのだ。

ということで、今日は思い切って捨てる!を決意してお掃除開始!
P1050902.jpg

過去の試作品やジグ造り用の金具のほかに、まだ使えるかも?なパーツまで、ごそっとゴミ箱に。。。ぽいっ!

結果、こんなにキレイになりました。
P1050901.jpg

これでキレイになったの?という声が聞こえてきそうですが、いつもの当店の様子をご存知の方は、キレイになったのが分かるでしょ~。

でも捨てたものを眺めていたら、何だかもったいない気もしてきまして・・・

捨てたフロントスタンドの試作品と建築金物などを切ったり、貼ったりして、出来た再利用品がこれ!
P1050909.jpg

フレームスタンドです。高さ調整可能なので車高をいじったマシンにも使えます。
P1050908.jpg
P1050907.jpg

リヤのスリングアームを交換したり、リヤサスやリンク周りを外したりする時には、スイングアームにかける普通のリヤスタンドではNG。いつもは馬を置いて、その上にマシンをヨイショって乗せていたんですが、馬って倒れたり位置がずれたりするのが面倒だったんですよ~

でも、こうやって再利用が出来るのがわかると、またいろいろなものが捨てられなるんだよな~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

開幕は5/8もて北か!

昨日の余震も、とても余震と言えないくらいのゆれでしたね。いつまで続くんでしょうか。。。

しか~し!

来月5月8日に予定されていた「もてぎショートコース選手権 第2戦」は開催予定とのこと!
エントリーも予定通り受付開始するということです。

今も複雑な気持ちではありますが、開催されるならフルグリッドにしたいですね。
当店はWエントリーの予定。

もてぎ本コースも6月から再開されそう。

よ~し、ここから気合入れていくぜ!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ワンオフ

最近本当に時間がたっぷりあるので、いつもならお受けできない「ワンオフ」品のご用命を頂いております。

昨日のブログに書いたホイールカラー。

左のものをつば付きにしたのが右。

P1050878.jpg

ウ~ン、我ながらきれいな出来映えじゃ~。

もともとの左のカラーは切削面がちょっと・・・でした。こういうカラーは、旋盤という機械で作るんですが、その時に使うバイトという刃物が材料にあっていなかったんじゃないかな~。もしくは単純にぼろい刃物で削ったか。。。


もうひとつのワンオフはステップバー。
P1050879.jpg

「6mm短くしてくれ」というリクエスト。5mmなら分かりますが6mmって・・・
こういうリクエストをする人と言えば、エストレヤのSさんしかいませんよ~

本人曰く
「1mmにこだわる男」らしいです(笑)。

1mmにこだわるなら、軽く2~3mm芯がずれているスプロケットを直したほうが良いかもよ~(爆)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

車高アップキットXRM用

いまだ発売にならない「車高アップキット」ですが、ついに催促が・・・。

まあ相当お待たせしていますから、お叱りを受けても仕方がありません。

あと何日待ってくださいとはっきりといえない状況なので、今回は試作品をお安く買っていただくことに。

足らない部品を追加で製造しました。
P1050876.jpg

Kさま、近日中に発送できますので、もう少々お待ちください。

昨日は久しぶりにお客様がご来店。富士のショートサーキットのレースに出られるんだそうです。いいな~。
富士のショートサーキットのレースは昨年私も出ましたが、気持ちいいコースなんですよね~

で、新調したホイールに合わせてカラーを作ってくれとのご依頼。
P1050877.jpg
左の当店製カラーのようにつばを作って欲しいということです。皆さんいろいろこだわりますね~。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

XRM用シートベース、今度こそ?

当店のHPの「開発中商品」にリストアップされて久しい「XRモタード用RS125シートベース」。
「開発中」ということは「まだ商品化されていない」ということでして・・・

なぜか、モニタリングしてくれるお客様にレース活動継続が出来ない事態が連発して、そのたびに開発がストップしている、いわゆる曰く付きパーツです。過去3年で3名がギブアップしております。

先日、DE耐に参加予定のお客様より「試してみたい」というご依頼があったのですが、モニター用のものはすでに別の方に貸し出し中のため、新規に製造しました。
P1050870.jpg

XRモタードの場合、このシートフレームの出っ張りが厄介者。この出っ張りがあるおけげで、これ以上シート面を下げられない。おまけにシートベースを固定するためのボルト穴的なものがほとんどないのだ。
P1050869.jpg
P1050868.jpg

シートフレームにFRPのベースをタイラップなどで止めるシートもあるようですが、タイラップだとズレちゃうんですよね~(タイラップが切れちゃうこともある)。

ということで、当店のシートベースは、
ここはボルトで固定
P1050872.jpg

ここは金属バンドで固定するようにしています。
P1050873.jpg

シートを固定する穴は各自で開けていただくDIY方式です。

こんな感じでシートが付きます(穴を開けていないのでMブロックを重り代わりにしてます)。
P1050874.jpg

NSR50のタンク後端を受けるステーを取り付けることも可能です。
P1050875.jpg

過去3名のモニターさんからは「これで商品化してよいのでは?」とファーストインプレッションは頂いておりましたが、もう少し使い込んでもらう段階でいずれの方も頓挫!今回はどうでしょうかね。
ご依頼を頂いた翌日に「DE耐延期」が発表されましたからね。。。今回も頓挫するんでしょうか(汗)

ちなみに同じ仕様でよろしければ、@8000円で製造可能です。NSR50タンクステー後端は+1500円となります。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2011年DE耐延期決定

残念ながら延期となりました。
http://www.twinring.jp/detai/information/2011oshirase0403.pdf
とても残念です。が、状況を考えれば当たり前なのかもしれません。
代替日が決まったらまた気合を入れなおして、盛り上がって行きたいです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ノーマルタンクオフセットステー販売!

いつも新商品をリリースする時って、

これは売れそうだ!とか
バカ売れはないけどポツポツと売れていくハズ!とか

ある程度の反響があることをイメージするのですが・・・

今回だけは違います(笑)!

きっと誰も見向きもしないと思います。

P1040971.jpg
ノーマルガソリンタンクオフセットステー

ノーマルタンクって、ポジションが前過ぎるし、容量が少ないし、で
みんな社外のタンクカバーつけたり、NSやNSRのガソリンタンクに交換したりしてますよね。

でもタンクカバーだって2万円以上するでしょ?
ガソリンタンクに至っては新品なら3万円以上でしょう~
ケチって中古のタンクを買ったら、中がさびさびだったりして大事になったりして・・・

だからノーマルのガソリンタンクのままで何か良い方法はないかな~と思いながらあれこれ考えて、出来上がったのが「ノーマルガソリンタンクオフセットステー」。

P1040970.jpg
こんな感じにガソリンタンクが取り付きます。RS125のシートを付けたマシンにばっちり合います。

このタンクの内側に取り付けられる専用のオイルキャッチタンクも作っちゃいました。
P1040973.jpg
P1040972.jpg

売れる予感ゼロですが、個人的にはこれまでに開発したどのパーツより素敵なアイデアだと思ってます。これまで数人このマシンにまたがりましたが、みんな乗る前にはバカにしていましたが、またがってライディングポジションを取ってみるとみんなニッコリします。ぜひ皆さんにサーキットで乗ってみて欲しいですね。

さてここ数日いろいろなオイルキャッチタンクを作ってきましたが、最後に作ったのが「汎用オイルキャッチタンク」。
P1040975.jpg
P1040974.jpg
530CCの四角型・ニップル2個です。いろいろな取り付けが可能になるようなニップル位置にしました。
ただ今オークションに出品中。落札してもらえるんだろうか???不安です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ノーマルタンク用オイルキャッチタンク

オイルキャッチタンクのシリーズ化も終盤を迎えております。

本日はノーマルガソリンタンク用のオイルキャッチタンクの製造。
ノーマルガソリンタンクをオフセットステー(近日販売開始)を用いて取り付けたマシン用です。
5個作りました。うち1つは私の分なので、販売用としては4個。
多分これが最初で最後の製造かと。だってノーマルタンクのオフセットステー、売れそうな気がしないので(笑)。
で、
分かりますかね、左の2個と、右の3個の違い・・・
P1050839.jpg
左の二つはアルミ用のポリッシュ剤で磨いてみました。

P1050840.jpg
P1050841.jpg

おお~見違えますね。

最初のご注文を頂いたお客様には磨いたものを発送させていただきます。

その後はもう磨きませんよ~だって面倒なんですもの(爆)

磨くのも1つの楽しみ!と感じられるくらい、ピカピカになるのでぜひお客様ご自身でお試しください~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop