FC2ブログ

ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記

ミニバイクレース用パーツメーカーのDCR店長が綴る!

筑波2000



今日筑波2000をちょっとDE耐マシンで走ってきました。半年振りの筑波ですが、らくらくベスト更新です。1分19秒5。
でも1コーナーが全く上手くありませんね。スピードとシフトダウンとライン取りと・・・。何だか全てが上手くかみ合わないんですよ。皆さんアドバイスください!私が乗っても18秒台には入るマシンだと思います。速い人が乗れば17秒確実かと。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

スポンサーサイト



PageTop

作業場快適化計画

パーツ製造の肝は・・・高いテンションです!

そのテンションを下げているのが作業場が狭いこと。まあ狭いと言うか、きちんと片づけが出来ていないだけという話もありますが。

こんな状態ではマシンの整備も出来ません。
P1050457.jpg

どうする・・・そうだ、ワゴン!(意味不明)

作業場を占有している荷物を動かせるようにしよう。そうすればスペースが生まれて・・・

ワゴン到着。デカイ・・・

P1050456.jpg

組み立てるスペースが無いが、無理やり組み立ててみる。

P1050458.jpg

さらにスペースがなくなった。通り抜け出来ません。

かなりヤバイデス。とりあえず近いうちには使わないであろう物を倉庫へ。
P1050463.jpg

すこ~しスペース確保。
P1050459.jpg

が、間髪入れずに、また大荷物入荷。
P1050461.jpg

教訓:スペースを空けてから物を買いましょう。

そういえば、先日ブログに書いた不要品に数件お問い合わせを頂いております。ありがとうございます。ぜひ当作業場においで頂き、あれこれ持って行って頂き、当作業場快適化のお手伝いをお願いします(笑)。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

不要品整理

最近作業場に入りたくないんですよ。狭くって。

物が多すぎるんですよ。オークションでも開こうかな~

出品候補リスト

■車両 
・QR50(中古で買ったものですが我が家の子供が数回乗っただけ。パドック内の移動に使おうかとも考えたのですが、そもそもサーキットに積んでいくだけのトランポ内スペースがない)
・TZM50(これも中古で購入。2003年に数回乗って、その後は2年ほど前にSED氏がラップタイマーのテストで回したらエンジンかかりました)
・ドリーム50R(2006年までもてぎロードレースに出てました。本当は今一番乗りたいマシン。お金も掛かっているので簡単には処分しにくいマシンでもある)
・XR100モタード(先日中古で購入したマシン。ただ今ST仕様になってます。地元サーキットであっけなく自己ベスト出ちゃって、実は一番戦闘力があったりして)

■旧タイプ品・試作品
・材質変更前のステッププレートとかシフトロッドとか(在庫がなくなってから材質変更するのが賢いのでしょうけど、思い付いたらやってしまいたいタイプなので。。。)

■古タイヤ
・まだ使えると思うけど程度のものが数本。

■ベンチプレス用ベンチ
・昔筋トレしていた時のもの(最近はただの腰掛になってます)

■魚群探知機付きラジコンボート
・購入後4年経ちますがまだ一度も動かしてません(笑)

■ウインドウズVistaOSのデスクトップPC
・動かす前にWindows7の時代に。。。

まああれこれありますな。ご興味のある方はどうぞお問合せ下さい。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

マシン製作その4

XRモタードのタンデムステップ部分・・・

タンデムステップバーを取り付けるコの字の部分やヘルメットホルダーなどかかとに当たって集中できません。
(レース用のバックステップを取り付けた場合)

エイプ100ならタンデムステップ部はフレームにボルトオンなので取り外すことも簡単ですが、XRモタードは溶接されてますのでカットするしかない。

P1050379.jpg
P1050375.jpg
潔くサンダーでカット。このカット形状が一番簡単だと思ってます。

P1050374.jpg
ヘルメットホルダーはフレーム内側からサンダーで凸部を削って外します。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

志は高く。圧縮も高く。

P1050455.jpg

ノーマルのピストンは凹型、圧縮比を上げるために凸型に加工してます。

ま、加工そのものは短時間で終わりますが、テストするためには当たり前ですが、エンジン下ろして組み替えないといけません。その時間がなかったりします。

そういえば、このピストンを組み込むエンジン、OHしてからもう1年経つな~。

かなりやられているような気がします。まじめにやったらケース交換かも。お財布が・・・(涙)

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

別軸バックステップ キット&補修パーツ 製造しました

転倒したときに壊れにくい、ステップバー軸、ペダル軸を別にしたタイプの「別軸バックステップ」。
別軸バックステップ


私、お気に入りです。ミニモトST本戦でも使用しました。
P1050385_20100924203907.jpg


この「別軸バックステップ」、キット品が在庫切れになっておりましたが、製造しましたのでご利用ください。

■別軸バックステップ145mmバック/90mmUP

※マフラーとの干渉を避ける為に、アップマフラー(センター出し、サイド出し)用とダウンマフラー用の2仕様になっております。お使いのマフラーに合わせてご選択ください。

また「別軸バックステップ」の補修パーツ、こちらはこれまでHPに載っておりませんでしたが、ようやくアップしました(まだ説明文とか書いてませんけど)。

キット、補修パーツとも基本的に受注生産ですが、少量は在庫するようにしますので、どうぞご利用くださいませ。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

筑波はキャンセル~

今週末25日、筑波2000に行こうかと予約入れてました。

耐久茶屋に参加する予定だったので、その練習のつもりだったのですが、耐久茶屋は今年は不参加となりまして・・・

う~ん、どうしようか?でも晴れそうだから、特別な目的無くても走ろうかと・・・

今日天気予報を見たら雨です。キャンセルするなら今日までです。明日以降だと有料になります。

5分ほど悩んでやっぱりキャンセルしました。

あ~、今年の筑波はついてないな・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

エイプ/XRモタード用NSRステップ取付プレート

2012.1.13追記
※当商品は正式商品化いたしました。現行販売価格@10000円。
ご注文はこちら↓
http://direct-com-racing.jp/shopdetail/009000000008/brandname/


--------------------------------------------------------

P1050440.jpg

NSR50のステップを取り付けるための商品、すでに販売されてるんだそうです。お安いものも出ているようなので、使っている方も多いですし、自作している方も良く見かけますね。今回製作依頼のあった、もて北チャンプM氏も当初は自作品でした。

既存品や自作品のほとんどはフレームに平らなプレートを取り付けるだけなので、そのプレート分、ステップが外に張り出してしまい、結果としてステップバーやペダルノブが擦れるという不具合が多いようです。

そこで当店製はステップを取り付ける部分を4mmえぐってます。

また

P1050441.jpg

プレートの内側(フレーム側)も3mm~6mmえぐって、プレート自体を内側に追い込みました。

これで単なる平らなプレートポン付けに比べて、ブレーキ側7mm、シフト側10mm内側に追い込めました。

ポジションはもて北チャンプM氏のリクエスト位置なので、このポジションで不満がある方はM氏へどうぞ(笑)。
(ポジションは十人十色なので、ステップ取り付け穴(下側)を開けないで売ろうかとも思ってます。各自好きな位置に開けてねーみたいな感じで)

今回3回目の試作ですが、今回の変更点は、ブレーキペダルの角度。

NSR50のステップのブレーキ側はブレーキペダルの高さ調整がない!おまけにブレーキペダルを高くセットしたいのにステップホルダーにペダルが当ってそれ以上上げられない。もともとNSR50ステップにはこういう問題?点があるのです。

で、そのブレーキペダルを高くセットできるようにステップ取り付け穴の位置を変更しました。

このブレーキペダルの角度を考慮している既存品はあまりなさそうなので、今回の製品がお役に立てばと思います。

今後この商品は受注生産にて販売いたします。プレート左右にカラー、フレームへの取付ボルト等をセットにして1セット@12000円の予定です。正式販売開始時にはまたご案内します。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

たまりにたまったお仕事を

ミニモトへの参戦は他のお仕事全てをストップさせてしまうほどのプレッシャーでして、現在お仕事たまりにたまってます。

正式受注分は遅滞なく発送いたしておりますが。問題は新規開発品です。やばいくらいたまっております。

ということで、1つ1つこなしてまいります。

まずはもて北チャンプご愛用のNSRステップ用プレートの角度変更バージョン。ご依頼が2レース前です。次が最終戦ですからそれに間に合わせなければいけません。今日明日で仕上げて見せますとも!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 決勝4

最後のスティント、コースインです。

ガラガラです。さすがにスタート直後のような集団はなく、前にも後ろにもいない単独走行です。

こんな状況では予選の時のようなスリップを使ってのタイムは刻めないだろうと、各コーナーを攻める「練習」に切り替えます。

2コーナーは倒しこみのタイミングとその量、そして伏せたままでいられるかをテーマに。
2コーナー立ち上がりでバイクが直立した時の回転数が、失敗した時が7900rpm、上手くいった時は8100rpm。たった200回転の差ですが、デグ2まで全開区間が続くのでとても重要です。
第1スティントでは上手く行きませんでしたが、このスティントでは何回か上手く走れました。自分のイメージよりもうちょっと奥でバンキング開始、バンクの量はイメージよりチョイ深めがいい感じでした。

S字は、師匠K氏より「インからインへ直線的につなぐ」とアドバイスをもらってましたが、上手く走れたかどうかの検証ができません。何を持ってして上手く走れたかどうかの確認が出来るのだろうか?

ダンロップ登りで一番回転が落ちるのところで7600rpm。これはいつも変わらない。なぜ?S字の走り方や2コーナーの立ち上がりスピードによって変化が出ても良さそうなのに。

デグ1は小さく伏せたまま。

問題のデグ2。
5速で・・・ブレーキ掛けちゃいけませんがついつい指が伸びます。スタート直後と違ってコースが空いているので自分のタイミングで飛び込めるんだからここを頑張らないと。そういえばピットでK師匠が「デグ2は全開」って言ってたなあ。「早めに向き変えてすり鉢に下りながら全開にする」そうな。やってみる。。。できない。体が固まります。
アクセルオフのタイミングを早めて開けながら入っていくように修正し、少しずつアクセルオフの量を減らしていきます。
数周トライしたあと「縁石超えても緑色のところはアスファルトだから普通に走れます」というK師匠の言葉を信じて全開固定で突っ込んでみましたら・・・

ガンっという大きな衝撃がマシンに伝わり、前後のタイヤが真横に滑ってます。滑っているというより、はじかれたように飛んだ感じ(ちょっと表現は大げさかもしれませんが・・・)。ライダーはかなりびっくり。思いっきり鼻水でます。はじかれて着地したのが縁石の凸凹の上でさらに外にはじかれて、緑色の部分に飛び出しようやく挙動が収まりました。一体何が起きたんでしょうか。サスが底づいたんでしょうか。すすり上げられないくらい垂れた鼻水が気になりヘアピンでシフトミスします。

ヘアピンでは5速から3速に落とすんですが、ミスして4速のままアプローチしちゃったんですが、まあこれでも走れます。いやむしろ4速でコーナーリングに集中した方が私には良かったかも。

西シケイン。特スポから右への倒しこみに集中した結果、大分マシになったのですが、まだ倒しこんでみないとラインが見えません。入り口で一瞬戻せば安定して走れるんですが、いつかは全開固定で走ってみたいコーナーです。

スプーン入り口。今思えば第1スティントはここでも伏せ方が足らなかったよな~。

スプーン出口。伏せたまま曲がれた金曜日の再現は出来なかったけど、第1スティントよりは上手く走れる。

シケイン。まあ安定しませんな。ブレーキングを早めに終わらせて1個目のインにつけるときもあるんですが、その後アクセルを開けるのが遅いんでしょうね。どうしても立ち上がりで離されます。離された分をストレート1本のスリップを使ってようやく追いつくと言う感じです。

しょっぱいです。タイムもしょっぱいですが、垂れた鼻水が口まで下りてきました。すっかり忘れてました、鼻水。このままヘルメット脱いでピットに帰ったら笑われるな。

なんてことを考えていたら、サインボードに「UP」の文字が。

げ、UPかよ、手抜いているわけじゃないんだけど・・・

単独で29秒ペースで走れているので私としてはよくやっているんですが。

次の周も「UP」が出てる

第1スティントはM氏がサインボードを出してくれていた。やさしいやさしいM氏が「UP」なんか出すか?

このあたりから首がきつくなってくる。支えることが出来ない。がつがつとタンクかどこかにヘルメットが当るんです。不快です。ストレートでは左手をタンクの上においてその上にヘルメットのあごを乗せ安定させるんですが、コーナー中は自力で頭を上げないといけません。もう辛いです。

ストレートに戻ると「UP」が3つになっている。いやいやM氏がそんなボードを出すわけ無い。ヘルメットが揺さぶられて視界が定まらないので1つの「UP」が3つに見えているだけだろうと。

翌周も「UP」「UP」「UP」。犯人はピットクルーSEDだな!奴ならそんなサインも出しそうだ(笑)

ま、SED氏は無理なサインは出したりしないんです。やれば出来る場合しか出さないんです。ということはもっとタイムアップできるはずだと思ってくれているわけです。

そんな期待に応えようと自分なりの精一杯で走りましたが、予選で出したタイムの更新はならず、3分27秒台どまりでした。ごめんね~。

現状は完全単独で28~29秒。1~2台のスリップが使えて26~27秒。4台以上の集団の中ではかえってタイムが落ちる。というのが私の実力。。。期待に応えられず申し訳ありません。

残り時間が分からん。ストレートのブリッジに時刻が出ているはずなんですが、首が上がらず読めません。メーターは16周を示しているのであと1周か。。。ヘアピンやシケインのブレーキング時に指が伸びなくなってきた。来年はもっと体力つけて来よう。え、来年も出るつもりなの?

という自問自答しながらシケインを立ち上がったら、チェッカーが見えた!

ゴーーーーール・・・・・やっと終わった~~~~~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 決勝3

第2ライダーのS浦氏にチェンジ。ピットストップの3分はマシンに取り付けたキッチンタイマーをライダーが押すのと、ピットクルーのSED氏がストップウォッチで計る2方法で万全です。

給油作業も無難にこなしS浦氏ピットアウト。

S浦氏、参戦を決めた6月の段階では鈴鹿未走行、その後の合同走行会も雨にたたられ、なかなか満足な練習が出来なかったんですが特スポで36秒台のベスト。決勝もスティント前半で37秒台を出して順調です。

皆さんはご存知かどうか・・・ミニモトにはメタボ?クラスと言う独自の?クラスがありまして、S浦氏は勇気を出して?(喜んで)エントリー。「20kg」のステッカーをたくさんもらって喜んでました。メタボクラスはラップタイムを体重で割るんだそうで、スティント終盤には35秒台を出したS浦氏のメタボクラスでの順位が気になります(笑)。

16周を走って第3ライダー RUN R&D氏に交代。
RUN R&D氏、参戦を決めたときに、ツナギもなかったサーキットバージンです。参戦を決め、HYODにツナギをオーダーし、出来上がるのがレース直前だと分かると、すぐ手に入るツナギをもう1着オーダーした、決めたら動くの早いタイプのようです。レースまでの美浜サーキットの走行枠も全走行して、一気に走行経験を積み上げてやる気十分です。(このST決勝の翌日のOPEN練習枠も予約してあるのにはびっくり)
特スポで44秒台だったのに決勝ではいきなり6秒も縮めてベスト38秒台はお見事です。きっとこの勢いで自社のマフラーの開発もしてくれることでしょう。70キロ後半のヘビー級な方が30秒を切れるようなマフラーをぜひお願いします。

第4スティントはもう1回私が走ります。
いや~、しかし、みんなベスト更新ですごいな~。これは私もベストを更新しないと。少なくとも第1スティントのような33秒台平均ではいけません。頑張らないと・・・いけないのですが、体が重~い。腰がイタ~い。あと1時間は辛~い。でもそんなことお構い無しにRUN R&D氏、ピットイン。

私、最後まで頑張ってきます~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

売り込み

先日パーツの売り込みの電話がありまして

「○○ですが、DE耐で使えるパーツを作ったので買ってください」と。

まあ、いきなりです。

話を聞いてみると、どうやらキャブを作ったらしいのですが、

「ポン付けで圧倒的に速い。100m、200mすぐに差が付く。」と。

「それはどこかのコースを1周回って来ての差ですか?」とたずねると

「電信柱1~2本の間で・・・」と。

どこでテストしてるんだ(笑)~

「20000回転回る」らしい。
「電気やバルブの制約で回らないだけで、うちの電気に変えれば回る」と。

そういわれても、見てもいないもの買える訳が無いですよ。

「HPやカタログとかないですか?」と聞くと「HPはあるけどまだ載ってない」と。

さらに

「うちのこと、知らない?」と。

申し訳ありませんが存じ上げません。レース屋じゃないのでチューナー様のことはあまり存じ上げないんですよね。

近々、インマニなんかも出来上がってくるらしいです。一体どんなキャブなんでしょうね。

誰か、買って!そして貸して!!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 決勝2

西シケイン抜けたら、スリップが効くか効かないかのところに2台、その前ははるか彼方で、早くも第3グループを作っちゃったみたい。

金曜日に開眼したスプーンではらむ、シケインではオーバーランする、重要な2コーナーもはらむ・・・全く良いところなし。

ヘアピン立ち上がる際に視界の左隅に入るのはヘアピンに進入する大集団。

あ~この集団に飲み込まれたくない。

2周目 3分32秒3
3周目 3分29秒8
4周目 3分30秒6
5周目 3分32秒8
6周目 3分31秒7
7周目 3分34秒4
8周目 3分33秒0
9周目 3分33秒0
10周目 3分32秒6
11周目 3分33秒0
12周目 3分32秒4
13周目 3分34秒9
14周目 3分34秒3
15周目 3分31秒9
16周目 3分32秒1

2周目からライダーチェンジまでのラップタイムです。決して手を抜いていることはなく頑張ってはいるんです。

しかし3分33秒台平均のラップが続いている現状。あっという間に飲み込まれる。集団の中では思い切った倒しこみが出来ず、せっかくの集団スリップも抜け出すきっかけがわからず、全くタイムが上がらない。

スタートで上げた順位はライダーチェンジ時には予選順位以下になってしまい、競り合いに弱いことを露呈してしまった。

途中苦し紛れにS字を1速落として上ってみたがタイムは変わりませんでした。S字の問題ではないのが分かっています。2コーナーなんです。何故だか金曜日の特スポの時の良いフィーリングがまったくないんです。

ピットインのサインが出される。正直ほっとする。一度ピットに帰って頭の中を整理し直してまた走りたい。このまま走っててもダメな気がしていたのでありがたいピットサインでした

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

変更

ミニモトのレポートの途中ですが・・・

当店の今年のレース予定が変更になりそうです。

・11月末の筑波耐久茶屋ですが、予定していたメンバーがNSFグラチャン参加のため離脱。
 いつも最低人数でエントリーする当店ですから、一人欠けたらいきなりピンチです。

・12月の美浜6Hも、声を掛けてくれた方がお怪我をしたと言うことで、遠征は難しいと。

いつもならここから他のメンバーを探すんですが、気付いたんです。

エントリーしないという選択肢があることを!

耐久茶屋の2週間前にはちょっとDE耐で出ている私です。インターバルは正味10日ほどのはず。出るとなればエンジンをはじめマシンのメンテが相当忙しいはず。自分で自分の首を絞めることは無い。休みなさいと言う神の声です、きっと。

美浜も遠いじゃないですか。片道6時間です。地元にもサーキットはあるじゃないですか?

ミニモト直後で疲れきっていることもあって、積極的にレースに出る方向で考えることが出来ません。温泉にでも行きたいです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 決勝1

第2~第4ライダー予選も終了し、いよいよ決勝です。

トップチームならここで風向きなどをチェックして、ファイナルのセッティング変更などするのでしょうが、そんなことしたらどこで何速なのかが分からなくなってしまう頭のレベルなのでいじらず行きます。

全く何もしないのも何なので?、オイル交換してみます。せっかく2種類用意していただきましたからね、気温・路面温度も上がってきたので、粘度を変えてみます。

このあたりの作業はモトキッズの方々やSED氏がてきぱきとやってくれ、スタート前チェックまでサクッと終らせてくれます。ライダーは乗るだけ。ホント助かります。

サイティングラップ開始。
すぐに出て行くとグリッドで長く待つことになり、この暑さでは参ってしまうと思ったのですが、万が一ピットクローズになったらどうしようとか、初心者丸出しの精神状況で、そそくさとピットアウト。

グリッドに着いたら、すぐにマシンを受け取ってもらう。ライダーには休憩用のイスにタオルに飲み物が準備されてます。う~ん、分不相応な接待を受けている感じ。
スタートまであと20分近くある。普通ならヘルメット脱いで汗拭いてイスに座って水分補給ですが、緊張でヘルメット脱げません。手が震えてヘルメットのストラップ締められそうにありません。

すっかり忘れていた記念撮影。そんな余裕は一切ありませんでした。が、M氏がわざわざピットまで取りに行ってくれて・・・ありがとうございます。

さあピットクルー退去、カウントダウンが始まります。

マシンを支えている第2ライダーのS浦氏が何か大声で叫んでます。メインスタンドを指差してます。振り返るとモトキッズM弟氏。応援してくれてます。嬉しいです。

3分前。

2分前。エンジンスタート。

1分前。

最近の私、何故かスタートはちょっとうまい。クラッチミートより、マシンまでの駆け足のほうが心配。

5、4、3、2、1、GO!

心配だった駆け足ですが転ぶこともなく平均レベル。ハンドルつかんでアクセル開けてギヤ入れて・・・

ジャストミート!

うまい!過去最高のダッシュだったかも!10台以上は抜いていると思われます。1コーナーへ向けて3列、いや4列。1コーナー曲がっても4列、2コーナーのアプローチでまだ3列。。。前のバイクとは2~30センチしか離れていない。

怖~ これがミニモトか~ 回りがどんな動きをするのか全然分からない 信用して良いのか~

2コーナーへのカットインが遅れアクセルが緩み、あっという間に右から抜かれる

S字1個目左へ入ろうとしたら縁石の上からインに飛び込まれる あぶね~

少し右に逃げて接触を避ける。避けたのにさらに寄ってこられてラインをつぶされます。こら~

こんな調子で抜かれまくりますが、逆バンクあたりでようやく回りのスピードに同調して、ダンロップの上りでようやくスリップが効いてきたと思ったら、右にも左にもマシンがいて横に出れません。

この3列のままデグ1通過。さすがにデグ2は1列だろう、さあ誰がラインを取るんだ!

デグ2が下手な私ははやばや降参。1速落として誰かがカットインするのを待ちますが誰も行きません。みんな様子見ちゃったみたい。

こんな感じでぐちゃぐちゃな集団もヘアピンを立ち上がったらようやく1列に。1列になった安心感で?西シケイン失敗。立ち上がったらもう第1集団ははるか彼方。もうスリップはないぞ。

スタート半周でもう置いていかれました・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 予選

いよいよ、決勝当日。雨の予報も無くなって暑くなりそうです。

緊張します。昨年も走っているんですが、予選アタッカーとなった今年は緊張度が全く違います。

ピットには、昨日レースを終えたばかりのモトキッズな面々が。ピットクルーとして手伝ってくれるとのこと。豪華です。豪華すぎて余計に緊張感が増します(笑)。

当チームの頭脳ピットクルーのSED氏が話しかけてきて、私の精神状況を探ってます。緊張している時はリラックスさせ、たるんでいる時は喝を入れる。SED氏とはもう15年以上もの長い付き合いなので、私をコントロールする術を知っているようです。

予選は他のマシンのスリップを最大限に使わないといけません。私の実力的には抜くより抜かれる方が多いだろうと判断して、予選出走順番待ちの列の前の方にマシンを並べておく作戦にしました。抜かれながらスリップを使おうということです。

時間になりいよいよ予選開始。

5~6番くらいでコースイン。新品タイヤなのでちょっと様子を見ようと思っていたのですが、あっけなく前に離されはじめたので、いきなりの全速力です。
1周目 3分32秒。これではピットで殺されます。前に2台速そうな人がいるので付いていくことにします。
2周目 3分27秒。いきなり自己ベスト2秒更新です。ストレートが追い風でパワーバンドを振り切ってます。
3周目 3分29秒。
もっと大きな集団のスリップを使えたらとてつもなくタイムアップするんじゃないかな~なんて考えて、スローダウンして集団を待つ。けど、台数が少ないからか、集団が来ない。このままのペースで走っているとコントロールライン通過しちゃって2周つぶしちゃうぞ。もっとペースを落とせばいいのでしょうけど、それはそれでイケナイことのような気もしてしまい・・・。要はこういうことになれていないんですよね。

で、もう少しでシケインというタイミングで集団を見つけ加わるのですが、どうやらトップクラスの集団のようで、シケイン立ち上がりでスリップに入る前に振り切られているような・・・全くスリップの効きを感じないまま1周しコントロールラインを通過すると
5周目 3分26秒。おお~やりました!自己ベスト更新!目標達成!

その後は2~3台のスリップで27秒台が続き、最後の9周目3分26秒9がベストタイムでした。

予選順位は28位。前半スタート獲得です。タイムも順位も目標を達成できて良かった良かった。

とはいえ、タイムはほとんどスリップのおかげでして、走りの内容は金曜日の特スポで得た実感には程遠いものでした。
さらに、冷静に戦える集団は3台まで。それ以上の集団になるとどこを走ったら良いか分からなくなってしまいます。
スリップの効きもかなり違うんですが、スリップから抜け出た時の風の抵抗もすごく大きく感じちゃって、とにかく上手く行きません。

決勝の序盤がとても心配です。10台・20台以上の集団ですからね。ちょっと恐怖です。まずは集団の中でしばらく過ごしてなれることに専念しようと思いました。集団から離れないこと。これが決勝の目標です。


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 特スポ

いよいよレースウィークです。特スポです。

まずは受付から。ガソリン買って証明証を貼って全く問題なく終ります。

次に車検。消化器と給油缶も必要だったみたい。アンダーカウルも外して来いと。

この黒い箱は何?・・・CDIです。
オイル温度センサーはドレンボルトを貫通しているのか?・・・していません。
消化器の使用期限は今年いっぱいになってますよ・・・知ってます。
オンボードカメラ付けるなら申請書出して再度車検です・・・付けるの止めます。

という感じで車検も合格。

装備車検はヘルメットのみ。新品ヘルメットだったので全く問題なく合格。

これで手続きは終了。レース決勝当日でも受けられるんですけど、早めに終らせておけば、あとが楽ですからね。

で、午後から特スポ。走行券を買いに行く。

一番1コーナーよりのインフォメーションで売っているんですね。知らなくてあちこち。。。

係りの人に「6000円です」と言われ6千円出すと「1本で良いですか?」と。

私「?」

係りの人「1枠6000円です」

私「なに~!。じゃあ4本全部走ったら6×4=24000円って事ですか?」

これから3日間鈴鹿で過ごさないといけないのに、いきなり大出費です。

気を取り直して特スポ1本目は私とS浦氏が走行。OHしたエンジンをチェックします。普通に走ります。裏のストレートも本来の回転まで上がります。しかしタイムが・・・3分33秒。やば・・・このタイムじゃ7CのF澤さんにしばかれます。

2本目はRUN R&D氏と私。1本目よりエンジンが回ります。3分29秒の自己ベストタイです。

3本目はS浦氏とRUN R&D氏。

4本目は全員で走ります。練習してきた右コーナー対策の効果もあったのか単独でも3分30秒を切れるようになりました。

走るたびにエンジンが軽くなっていきます。OHの重さが取れてきているんでしょうか?
油温も低いレベルで安定していて、今回使っているオイルは良さそうです。

それでも目標にしている3分26秒台にはあと3秒も必要。スリップを上手く使えるかどうか。特スポは参加台数が少なすぎてスリップがほとんどなかったですからね。決勝日は練習走行がなく、いきなり予選なのが不安です。

翌日土曜日はわれわれは休息日。ピットでマシン整備に1日費やしました。さあて明日はいよいよ決勝です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST マシンメンテ

練習走行会で元気がなかったOHしたてのエンジン。

チェックのために7Cさんに戻して待つこと3週間。

診断の結果は

焼きつきやかじりなどはなく、ギリギリの油膜は保っていたが、各部の当たりが強い。
それと相当温度が上がったようで、ノックピンは見たことも無い色になっていて・・・各パーツがなまった可能性もある。
クランクは元々の出来が悪かったようで修正不可。その他各パーツは使えないことはないが・・・というレベル。

で、どうする?どうするって、どうしましょう?

いつもの自分なら決定的にダメなものだけ交換して、後はそのままというパターンで、最終的には後悔するという結末を迎えるんですが、今回は違います。やれることは全部やってもらいました。ミニモトは1年に1回。ここで後悔すると今後1年間辛いですからね。これでエンジンはバッチリOKです。

次に

仕上がったエンジンを使ってマフラーのテスト。RUN R&Dさんのダウンマフラーとセンター出しを比較します。使用するのはセンター出しと決めているんですが、2タイプとも持っているのでしっかり比較しておこうと。

センター出しタイプはパワーカーブが相当下振りです。7000~9300rpmがパワーバンド。一般的なマフラーに比べて1000rpmくらい低いんじゃないでしょうか。これまで体感で8000~9800rpmを使うようにしてましたが、もっと下でしたね。鈴鹿のS字は5速じゃ回転が下がりすぎるので4速9500rpmでぎゃんぎゃん回してましたが、これじゃパワーバンドはずれてますね。5速を使うべきでした。これが熱ダレを誘発したのかもしれません。

それとピークパワーがダウンタイプに比べ0.2PS劣ってました。メーカーのRUN R&D氏に確認したら、「ピークパワーは同じはずだ。サイレンサー内のウールが焼けてしまっているのかも。」ということで、本番までに新品サイレンサーを用意してもらうことに。

さらに

CDIのテスト。これまで某有名メーカーのデジタルタイプを使ってまして、ロングコースではより進角したマップが体感的にも良いと思っていたのですが、ベンチ上では全く違ってました。ノーマルに近いあまり進角していないマップのほうが良かったんです。いや~体感って・・・どうなの?
最後にSEDさんにミニモトのために作ってもらったCDIをセットするとそれまで使っていた某有名メーカーのものを0.2PSほど上回りました。う~ん、素敵。

エンジンがバッチリ決まって、サイレンサー新品でパワーを取り戻し、CDIで上乗せできました。

最後にオイル。

レース本番も真夏のような気温の可能性があるということで、ワコーズさんのオイルの中から耐熱ダレ性能の高いものを2種類用意していただきました。

7Cさん、SEDさん、ワコーズさん、RUN R&Dさん、皆さんありがとうございます。

ここまで皆さんにご協力いただいたからには、私も手が抜けません。

少しでもエンジンが冷えるようにアンダーカウルの取付方法を変更したり、Fフォーク、ブレーキのメンテもしっかり行いましたし、リヤサスはもて北チャンプM山さんから以前にいただいていたものを装着。バックステップもせっせと作って新品に。ハンドル、レバーはもちろんのことあらゆるパーツのスペアを用意。あれこれやりすぎて鈴鹿へ出発する時間に間に合わなくなってしまいましたが、それくらいの作業量でした。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST ライダー特訓

ダメダメのタイムで撃沈した練習走行会。

マシンに問題があったのだろうか・・・それはエンジンをチェックするしかない。これは7Cさんにお願いすることにして、エンジンを送る。

ライダーはどうだったんだろう?ベストタイムを3秒縮めないといけないけど、それだけの走りが出来ていたんだろうか?

鈴鹿で重要なコーナーといえば・・・

2コーナー、デグ2、西シケイン、シケインと思います。

全部右コーナー。

右コーナーを苦手な私は、これを克服しないことには鈴鹿でのタイムアップは実現しないと。

そこで右回りの地元京葉スピードランドで特訓。

まずは苦手意識の無い左コーナーとどのような違いがあるのかをチェック。

・外足の太もも内側でのホールド
・Fブレーキのリリースポイント
・バンク角

以上が気付いた点。

倒しこみのスピードが足らないんです。それは分かっていたんですが倒れないんですよ。フルブレーキング後やフル加速中の倒しこみがどうしても遅くなってしまうんです。一生懸命ステップバーを踏み込むんですが倒れないんです。そこで外足の太ももでタンクを押して倒しこむ方法にチェンジ。こっちの方が一体感があるかな。

低速コーナーではFブレーキを離すのがほんのちょっと早い。本当にちょっとだけなんですけどね。Fが沈んだ状態をキープしたままバンクに入れるとすごく安心感があるんですよ。
その安心感があるともちょっと深くバンクさせられるんです。

何年も走って出来上がった今のスタイルですから簡単に治るものではない。ですが、上記の点を意識しただけで、自己ベストが出ました。まだ完全には治し切っていませんが、すぐにタイムが上がったところを見ると、上記の点に問題があったのは間違いないでしょう。
問題は鈴鹿でも改善できるかということです。

テクニック以外にも特訓を続けたおかげで、長く続いていた体調不良も回復傾向に。

ライダーは上向きになってきました。次はマシン面です。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST 練習走行会

7月29日、公式日程的にはSTクラスとしては最後の練習走行会。
走行量が圧倒的に不足している当チームとしては当然のように参加しました。

が、RUN R&D氏は所用により欠席。私とS浦氏、ピットクルーSED氏の関東組のみの参加です。
が、しかし、私は体調不良により乗れそうにもありません。
S浦氏に全枠乗ってもらい、OHしたエンジンの確認とS浦氏自身のタイムアップを図ってもらう予定。

鈴鹿に向かう途中の高速道路はところどころ豪雨。あ~

でも鈴鹿についてブリーフィングを終えると雨は上がっていて、路面もみるみる乾いていきます。

1本目はまだチョイ濡れですが、S浦氏の体重によるトラクション効果でしょうか?順調に走って3分42秒。

2本目は完全ドライで、OHしたエンジンでどこまでタイムアップするか、期待してましたが・・・
2周目に3分37秒に入るのですがその後タイムが伸びず40~42秒台。チョイ濡れ路面と変わらないじゃないか~?
3本目も2周目が3分39秒でベストでその後は43~46秒台。

走り込んで鈴鹿での走行量が増えるにしたがってタイムアップしないといけないのに、徐々にタイムダウン。

熱ダレしたんだろうか。

このマシンには油温センサーをつけていなかった。だってSTクラスはオイルクーラー付けられない。なら油温を知ってもしょうがないじゃないか?と。おかげで熱ダレなのかどうかの判断も出来ず・・・

とりあえず、S字で10000回転近く回しているので、リヤスプロケを1Tロングにしてみようとセッティングを変えたところで、また雨が降ってきて、この日は終了。

8月2日、この日はミニモトOPENの練習日でしたが、まだまだ練習量が足らないのでエントリー。
RUN R&D氏にいたってはこの日サーキット初走行です。前回体調不良で走らなかった私も不調のエンジンの確認のためにも走らねば。

RUN R&D氏は125のオープン車両を持ち込んで4枠全部走って、疲れた様子も無く、楽しい楽しいを連発。初走行で楽しいと思えたのは良かったです。もうイヤだ!ってなってたらミニモトも出れませんからね。

関東組は1本目、3本目を私が、2本目、4本目をS浦氏が走りますが、私3分35秒、3分34秒、S浦氏3分42秒、3分40秒とかな~り痛いタイムを刻んで終了です。

走行後ロガーを見直してみますと、昨年のデータとの比較でストレートで900回転ほども回ってません。
ライダーとしては昨年より頑張っているんですけどね。かなり凹んで最後の走行会は終了しました。

う~ん、どうしたらいいのだ・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HSTのためにやるべきこと

やるべきこと・・・

●ライダーは鈴鹿の走行経験が少なすぎる。

残りの練習走行会(7月29日)は1回ですからこれは参加必須。が、RUN R&D氏が所用で参加できないとのこと。
げ~本当ですか?
でも代わりに8月2日開催のミニモトオープンの走行会を予約したと。
ほっと一安心。さすがにぶっつけ本番は避けたかったですからね。
私とS浦氏の関東組も7月29日の走行会に加え、8月2日のオープン枠も追加予約しました。

これでも足りるかな~。特にRUN R&D氏はサーキット走行自体がゼロですからね。
ということで、他のサーキットのレースカレンダーを調べてみたら、8月中旬に富士スピードウェイショートサーキットで6時間耐久があるのが分かり、打診したら、チームメンバー全員速攻OKで、これも参加することに。

RUN R&D氏はチームとは別に個人でも走行量を増やすために、公道仕様を作って峠を走ったり、美浜サーキットを走ったり。出来る限り走行量を増やしていただきました。

S浦氏も、もてぎショートコースで練習やレースに参加し走行量を積み上げました。

私ももてぎショートコースでの練習・レースや京葉スピードランドでの短期集中特訓で、老体に鞭打って頑張りました。

各自やれることをやった感じです。



やるべきことのその2は

●マシンのメンテナンス

です。

ミニモトにおいて、エンジンを中心としたマシンのメンテはとても重要です。昨年エンジンをOHしたらメンバー全員が5秒近くタイムアップしましたからね。なのでエンジンのOHは必須と考えていました。良い状態のエンジンで走らないとファイナルも決まらないので、7月29日の走行会までにフルOHしようということで、ピットクルーのSED氏の紹介で7Cさんに依頼したのが7月中旬。

ちなみに7Cさんとは・・・全日本で125CCやGPMONOを走らせているチーム。多分私より皆さんの方がよくご存知なはずの有名チームです。

いいのでしょうか。。。私のような市民ライダーがエンジンのOH依頼しちゃっても。しかもエイプエンジンです。100CCの町乗りバイクのエンジンですよ。きっと見たことも無いんじゃないか?おまけに全日本でのノウハウなんか全くつぎ込めない完全ノーマルのST仕様なのに。全日本のレースやテストでお忙しいって時に割り込んじゃってまずく無いですか?依頼する前からプレッシャーが巨大でしたが、快く引き受けてくださることに。ありがとうございます。

受けてもらったらもらったで「もしかしたら全日本レベルの金額が請求されてくるんじゃないか?」という不安や、「あ~、やっといたから~」と素人に何言ってもどうせ分からねーだろ的な態度されたりするんじゃないかと心配になったり。

10日ほど経って出来上がったエンジンを受け取りに行ったら、担当のF澤さんが、キレイな(いや、本当にキレイでした)エンジンと交換した部品と各部を測定したシートを渡され、詳しく説明してくれました。その説明は、どうせわからねーだろ的にはしょるのではなくて、詳しすぎてこちらが付いていけないくらいでしたが、分からない部分も噛み砕いてくれまして。それまで感じていた不安は杞憂に終わりました。

同時に受け取った請求書は金額を見るのが怖くてその場では開封できませんでしたが、会社に戻ってみてみたら常識的な金額で(笑)。こちらもほっとしました。

最後にオイルのアドバイスを頂いていたのですが、その銘柄が近くの用品屋になく、仕方なく別のオイルを入れた・・・それが・・・もしかしたら・・・結果的には今回のレース活動を1段階引き上げたことになったと思います。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HST目標設定

ライダー・ピットクルーの体制が決まりました。

当初は数合わせのつもりだったので気分的に楽だったのですが、気付けば唯一ミニモト経験者になってしまった私。ゲストから急にホスト役になってしまい、ここからプレッシャーを感じる毎日になりました。

この段階でライダーは
・私=もとから速くない・ブランクあり・体力ない・頭弱い
・S浦氏=鈴鹿1回のみ経験(転倒して終了)・体重い
・RUN R&D氏=サーキット未経験、つなぎ無い・体大きい

こんな3人なので目標の順位を掲げることなど全く出来ません。怪我なく無事に完走し帰宅してもらうこと。これがチームとしての目標です(ま、チームみんなで決めたのではなく、私が勝手に思っていただけですけどね)。

もちろん個人的な目標もあります。「予選通過タイム」をクリアすること、です。
今のミニモトはエントリーさえ受理されれば予選タイムに関係なく4時間のフルレースに参加できるのですが、以前は予選落ちがありました。落ちると4時間のレースには出れず、1時間のコンソレーションレースだったんです。
予選通過が見えるようになったらエントリーしようと、そう思ってました。
現在のミニモトでいえば、予選で60番以内になって、時差スタートの前半組みに入るというのが現実的な目標ですかね。
昨年の場合、予選60位のタイムが3分27秒~29秒。
ということで、3分26秒台が私の個人目標。自己ベストが昨年の特スポでの3分29秒台ですからあと3秒も短縮しないといけません。かなりのプレッシャーです。

目標を定めたら、それを成し遂げるために、やるべきことをリストアップします。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

2010鈴鹿ミニモト4HSTクラス参戦経緯

今年初めの段階ではミニモトSTへの参戦は考えていなかったんです。なので、練習走行会へも参加せず。。。
レース本番が近づいてきたらユーザーサポートへは行こうと。そんな感じのシーズンオフを過ごしておりまして・・・。

そんな時にもてぎのレースで当店パーツをたくさんご利用いただいているお客様のIさんから「ミニモト出たいんですけど」というご連絡を頂きまして。。。
「ミニモトへはどうせユーザーサポートに行きますから、万が一ライダーが足らないようでしたら、数合わせに入れていただいてもいいですよ」とかる~くお返事したのが、全ての始まりでした。

その後Iさんチーム側では鈴鹿まで遠征できるライダーがいないということで、「ではこちらで探してみましょう」ということになりまして、今年の秋の筑波耐久茶屋に一緒に出ることになっていたS浦さんに打診をしたらOK!とのこと。この時点でレギュレーションの最低人数3人がそろいました。これが6月上旬。

しかし、Iさん、S浦さんとも鈴鹿は未経験。私の経験から言って鈴鹿ミニモトでぶっつけ本番はありえません(まあどのレースもぶっつけ本番はよろしくないと思いますが、鈴鹿ミニモトだけは絶対ダメと思ってます)。残る練習走行日は6月、7月の2回のみ。これに特スポも走れば最低限の走行経験は積めるかな(戦うというレベルではなく安全に走るための最低限)。

が、Iさんから「練習走行、行けそうにない」との連絡が。練習走行日は平日ですからね、お仕事休んで行ける人は限られますよね。特スポだけではレースを安全に走るための走行量が足らないと判断して、この時点でIさん離脱。ライダーが2人となりこのままではエントリーは出来ません~。

それでも6月の練習走行会は、S浦さんと私の2名で参加。
1本目ウエットをS浦さんが鈴鹿初走行。無難に終了。2本目ハーフウェットを私が走行。昨年のミニモト以来の鈴鹿。ブランクありあり&体調不良&チョイ濡れ路面に気分も燃え上がらず。3本目ウェットでS浦さんがスプーン2個目で転倒。ハンドルをセパハン並みに垂れさせて終了。タイムが出ないとか転倒したとか、そんなことより、3人目のライダーが見つからないままなのが一番の問題。

3人目のライダー・・・

関東方面から鈴鹿まで遠征できる人ってそう多くない。練習走行日もあと1回しかないので、鈴鹿未経験者は誘えない。中部・関西方面の方で鈴鹿ミニモトに過去参加経験があって、でも今年は出る予定がない、という方がベスト。実際にそのような候補者が数名お客様の中にいらっしゃったのですが・・・

その方々にお声を掛ける前に、声を掛けるべき2名がおりまして。

その1 SED氏。DE耐には過去2回当店ライダーとして参加。過去の鈴鹿の練習走行会も5~6回一緒に走りましたし、昨年のミニモトではピットクルーを務めてくれましたし。当店のマシンには彼が作ったラップタイマー「ez-Lap」が装着されているし、CDIも作ってもらう予定だし。。。ということで、SED氏が3人目のライダーとなればすべてま~るく収まるのです。
で、お誘いすると
「無理無理~!!あんな恐ろしいレース ...。出てはいけないレースランキングNo.1です。わはは!!」(原文転載)と却下されました。
でもピットクルーとしては協力してくれるとのこと。ありがとうございます~。

その2 RUN R&D氏。当店で販売しているマフラーメーカー社長様です。開発のためにも販売促進のためにもユーザーと同じフィールドを経験するのは良いことと思っている私。RUN R&D氏が鈴鹿未経験どころかサーキット未経験・つなぎも持っていないなんて知らずに(いや、うすうす気付いていましたが)お誘いすると、こちらも速攻却下。そりゃそうですな。本番まで2ヶ月ちょっとしかないんですからね、無理ですよね。

こうなったら最後の手段。当店のお客様で「今年は走らない」と言っていた鈴鹿ミニモト経験者さまへ打診するしかない。(いや、よく考えたら、エントリーしないという選択肢もあったのではないかと、、、)
しかし打診するのも気が引けます。だって、こっちはライダー=速くない・経験少ない。1週間ほど打診するかどうか悩んでおりました・・・

そんな折、RUN R&D氏から電話で「それでも(鈴鹿未経験・サーキット未経験・つなぎも持っていない・これからの練習会少ない、などなど)出てみようと思うんですけど」と。

え~、本当ですか?私から誘ったくせに、参加OKとなると、一番私が驚いちゃいました。

レース経験は豊富ですが鈴鹿の練習会に行けないという理由で離脱したIさんの代わりに、サーキット走行未経験のRUN R&D氏が加わるという、意外中の意外な展開。

ということで、

ライダー 私、S浦氏、RUN R&D氏
ピットクルー SED氏

という体制で参加することが決まりました。これが6月21日のことです。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

鈴鹿ミニモトSTはすごい!

久々のブログ更新

スズカミニモトST、行ってきました~

メンバー全員、無事に帰宅できて、幹事役?としてはほっとしてます。

準備のことや現地でのことはこれから少しずつ書いていきますね。

今回のレース参加に当ってご協力いただきました皆様には感謝申し上げます。

・当店ユーザー様
・ピットクルーSED様、M兄様、M弟様、K様
・エンジンメンテナンス 7C様
・オイル ワコーズ様
・ライダー S浦様、RUN R&D様

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ボルトオン可倒式ペダルノブと-5mmステップバー

ボルトオンタイプの可倒式ペダルノブ。
P1050420_20100907220212.jpg
ゴムタイプとアルミタイプの2種類。丸2日かかってこれだけしか作れません。
1個3000円とノブとしては非常にお高いお値段をつけてますが、もっと効率的に作れる方法が見つからない限り、これ以上お安くは出来ないんです。3000円と高価なパーツなのですが、使ってみるとそのありがたさを実感していただけるようで、リピート注文いただいております。今回アルミタイプは若干仕様変更してみました。磨り減ったら継ぎ足し出来るかも?仕様です。上手く行くかな?

ミニモトへ向けて自分のマシンを触りたいのですが、なかなか時間がありません。
そんな超忙しいタイミングで、エストレヤ☆パワーレーシングSumi氏が「5mm短いステップバーを作れ」と。
レギュラーの長さのステップバーなら作り置きがあるのですが、長さ違いとなると在庫がありません。仕方なく作ります。
P1050421_20100907220211.jpg
お望みの仕様にしましたからね、今週末のレースの結果でお返しください。ま、ノルマは6位以内ですね。

さあ、明日はOHエンジンを受け取りに神奈川へ早朝お出掛けです。その場でエンジン積んでベンチテストもする予定ですが、車体を全く整備してません。というか、前回のレースから倉庫に入れっぱなしです。どうするんでしょうか?ほぼ間に合わない雰囲気です。そのマシンにつけるバックステップも出来てません。
去年はこんな状況で徹夜×2~3日が出来たんですけどね・・・今年はなぜか気力が持ちません。

もう帰ってしまおうと考えている自分がいます。ヤバイ・・・

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ミニモト使用ブランドアンケート

いよいよミニモトですね。台風が日程的にきわどく横切りそうですが、参加の皆さん頑張りましょう。

届いた受理書類をせっせと見ております。去年はゲスト的ライダーだったので、事務系の苦労は全く無く楽チンでした(その分ライダーとしてのプレッシャーは相当なものがありましたが・・・)。

アンケートがた~くさん入ってます。
冠スポンサーの南海さんに有意義なデータを提供できないといけませんからね。まじめに書くわけです。

で、そのアンケートの「今回のレースで使用するステップの銘柄は?」という項目ですが・・・

選択肢がすでに書いてあって、該当するものを○で囲めばよいのですが

純正・TTS・キタコ・HRC・Kファクトリー・SP忠男・アグラス・クロダヤ・武川・ストライカー・オーバー・シフトアップ・オーバー・AlloyStyle・ビート・Gクラフト・バーニングブラッド・バトルファクトリー・WR’S

ね~ね~

「ダイレクト・ドットコム・レーシング」という選択肢がありませんよ!
まあ吹けば飛ぶような零細メーカーですから、上記のような大手さんのなかに並べてもらえるとは思ってもいませんけど・・・
でも良く見たら、「オーバー」は選択肢の中に2つもあるじゃないですか~。ならそのうちの1つ消して、ダイレクト・ドットコム・レーシング入れてくれ~(笑)。

ま、実績が足らんということでしょうね。選択肢に入れるように頑張って商売します!!

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ちょっとDE耐練習第2回

昨日はもて北でした。来週もてぎショートコース選手権Rd4が行われるため、多くの方が練習に来ていましたね。この暑さの中ですがみんな精力的ですね。当店ユーザー様も、たくさんいらしてましたね。

当店はもてぎショートコース選手権Rd4には参加できませんが(ミニモト4H参加のため)、11月開催のちょっとDE耐に向けてのマシン開発のために、ピットクルーを含めてメンバー4人全員が集まっての練習走行です。

ちょっとDE耐マシンでは、リヤサスリンク周りの部品を開発中で、8月下旬にもテスト走行していたのですが、仕様変更を施し、今回2度目のテストです。

メンバーの、Hさん、Nさんが細かな調整を繰り返し、ほぼOK!なセッティングがでました!ありがとうございます。
その良い状態のマシンに乗らせてもらいましたが、しっかり車高が上がっていてブーツをすることもなく、Fの旋回性も良くて、いきなり自己ベストでした。
その後も微調整を繰り返しましたが、いじるたびにマシンの性格が変わるので面白いです。今までは何を変えてもあまり変化がなかったのですが・・・

それと、ちょっとDE耐での開発項目のもう一つ、オリジナルエンジンですが、こちらもまずまずでした。まだやるべきことの1/3もやっていない段階でのこのパフォーマンスなら、今後が楽しみです。

次回メンバーが集まっての練習が10月30日もて北。1ヵ月半以上ありますが、きっとあっという間でしょう。怠けずに開発進めます~

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

リヤサスリンク

頭悪いので理屈がいまだに分からないリヤサスのリンク。
分からないのに分かろうとして時間ばかり経過・・・

今日はもて北でリヤサスリンクのテスト・・・だというのにまだそのテスト品が出来ていなかった。

P1050417.jpg

時間が無いので、作り方はプレートを切り出して、そこにスリーブを圧入という手抜きパターン。
手抜きでも4時間掛かってます。もうへろへろ・・・

組み込んでみたら、まあ前回の試作品よりは常識的な範囲に収まっているかな・・・という感じ。正直走ってみなきゃ分かりません。

ただ今午前4時。今から寝ちゃうともう起きれないので、このままもてぎに向かいます。

さあ、結果は如何に?


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

鈴鹿ミニモトST

いよいよ1週間後に迫ってまいりました、鈴鹿ミニモトST4H!

今年もユーザーサポート実施します。

が、今年は当店独自チームにてレース参戦するので、レースウィークにユーザー様にピットに伺う余裕がございません。
もしわたしがすでに十分な速さを持っていたなら、もっと余裕があるんでしょうけど・・・

速さがないだけでなく、経験も不足気味、チームメンバーも同様なので、多分バタバタしていると思われ・・・

ということで、粗品をご用意してますので恐れ入りますが、当店ピットへお越しいただけないでしょうか?
(本来なら私が伺うべきなのに本当にごめんなさい)

10日金曜日~12日日曜日まで
・29番ピットにいる予定です。
・当店は12日決勝です。
・10日の特スポは走ります。
・11日は29番ピットでマシン整備しているんじゃないかと思います。
・携帯090-1046-3049です。

バックステップ補修パーツを中心に持っていってますので、万が一の際にはご利用ください。

とりいそぎユーザーサポート情報でした!


↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

右コーナー開眼するか!?

右コーナー、苦手です。
しっくり来ません。違和感感じます。なので攻められません。
何が原因なのか、それが分かれば、苦手解決の糸口もつかめるのですが、今まではそれが全く分からず・・・

皆さんから頂く画像や動画を見ても、遅いという事実は見えるのですが、その原因が分からなかったんです。

それが・・・

今日も京葉スピードランド1時間枠練習をしてまして、

「もしかして、ブレーキ離すのが早すぎる?」

Fサスが戻った状態でアプローチするので、Fタイヤに設置感が無く、それゆえ寝かし込めない。おっかなびっくりで腰が引けて前傾姿勢が取れない。前傾できないからRが振り出せない・・・そんな悪循環なんじゃないかな~と。

意識して走ってみると、やっぱり左コーナーよりFブレーキを離すのが早い。もう少しバンクしてGがサスを沈めるくらいまでFブレーキを握っておかないといけないんだろうなあ。

そう分かったからといって、すぐに対処できるほど器用じゃないのですが、そこを意識するだけで、でました!ST仕様自己ベスト35秒台!
P1050415.jpg

トルク感の薄い某有名メーカーのマフラーで出ちゃいました。じゃあRUN R&Dつけたら、一体何秒出るんだ!今後の練習が楽しみです。

それと新品ブーツ試しました。このブーツ、柔らかくって使いやすいです。
P1050416.jpg
1回でなくなると思っていたブーツスライダーですが、ステップバーの根っこを踏むようにしたら、これくらいの減りですみました。新品ブーツ、1回でつぶすわけには行かないですからね。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

9月4日はもて北

9月4日はもて北です。ちょっとDE耐に向けてメンバー全員そろって練習です。
メンバーがこんなにも早い段階で全員そろうなんて、当店らしくありませんが(笑)。

主な内容は開発中のリヤサスリンク部品のテストです。車高を上げて擦らなくするのと同時に旋回性やサスの特性にも好影響が出るものを、と考えてます。
先月私以外のメンバーさんがテストしてくれたのですが、サスの伸び切り~1Gまでに問題があるようです。1Gより奥の方向はまずまずのようですが・・・。まあ、何も考えずに適当に作った部品でしたからね。作り直さないといけないのですが、なかなか時間がとれず・・・ちょっとあせってきましたよ~

もて北では他にもテストしないといけないものがありまして・・・

油温センサー取り付けボス・・・アルミで作ってテストしているのですが、どうも温度が低い。走り出すとすぐに温度が下がるので、走行風が当って冷えちゃっているのかな~。放熱性が高いアルミなのが原因かも?ということで材質を変えてテストの予定。

オンボードカメラ・・・富士スピードウェイで1コマさえ撮れず。何かしらの原因で電源が落ちるのですが、その時にそれまで撮っていた映像が保存されずに消えてしまうようです。せめて電源が落ちるまでの映像が残るようにならないものかな?現状6時間容量のメモリーとバッテリーが意味のないものになってます。

何か1つでも上手く行くものがあって欲しいものです。

翌週がもて北Rd4ですので、練習に行かれる方も多いことでしょう。全然涼しくなることは考えられないので結構つらい走行条件ですが、みなさん気をつけて頑張りましょう。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop

ブーツを新調

これからレースが続きます。出費、出費、出費です。レースで収入はありませんので、出費を抑えていくしかありません。

そんな状況なのに・・・

ブーツ、終わりました。
自作ブーツセンサーなどで延命処置を施しながら使い続けること5年。いよいよ使えなくなりました。
P1040400.jpg
P1040401.jpg
左足はブーツセンサーを貼り付けようにももうその部分がありませんし、足裏は両方とも穴が開いてます。

ここまで使えばブーツも喜んでくれたことでしょう。

で、ブーツを買いまして・・・ XPD VR6 @27300円
P1040402.jpg

私、余計な凹凸が無いのが好きです。あと簡単にはけるのも好き。あとは柔らかいこと、安いこと。

その点ではこのブーツ、良さそうです。

でもトゥーセンサーはあっけなく削れちゃうでしょうね。

もともと付いているのはプラスチック製のスライダーで走行1回で終わりそうなので、金属製のものも買いました。@2625円

しかしブーツもバカになりませんな~。

ステップバーへの足の置き方を変えないといけないかも。

↓↓↓ランキングアップにご協力ください!

←クリックお願いします


■当店webSHOPはこちら←お買い物もヨロシク、です

PageTop